【タブー全開!政界斬鉄剣】(66) 想像を絶するほどハードな国会議員の年末年始とは?

池田「新年を迎え、もうすぐ通常国会が始まりますが、国会議員はどのような年末年始を送っていたのでしょうか? 実は、昨年の臨時国会が閉会してから通常国会が開会するまでの期間は、国会議員にとって最も過酷で辛い日々なのです。地元での行事が目白押しで、選挙区に張りついて非常にしんどい活動を熟す必要があるからです」

――そんなに大変なの?
池田「今年のように、『年明け早々にも解散・総選挙があるかも』と噂される年は尚更です。強固な後援会組織に支えられ、政党の支援が無くても選挙に圧勝できる議員は、全体の5%もいません。今や、与野党共に公募で集まった議員ばかりで、政党の人気次第で当落が決まる。自前の強固な支援組織を持たない彼らにとって、選挙区で自らの顔を“広く浅く”でも売ることの重要性は、昔よりも逆に高まっているのです」

――具体的にはどんな活動を?
池田「11月後半から2月後半ま では忘年会シーズン。地元企業・各種団体・町内会等の忘年会は、自分の名前を売る絶好のチャンスです。友人・知人同士の小規模なものも加えると、どこの選挙区でも数百件ほどの忘年会が行われています」

――そ、そんなに多いの!?
池田「しかし、殆どの忘年会は政治家なんか招待していません。だから、秘書・支援者・友人・知人から集めた忘年会情報を基に、呼ばれてもいない忘年会に勝手に顔を出す訳です。参加者から冷たく罵られたり断られたりすることもしょっちゅう。でも、そんなことで心が折れていては選挙などできません。『日頃、お世話になっている○○さんが忘年会をやっていると伺ったので、ちょっとご挨拶を!』等と言い訳をしながら、ちゃっかりと全員に名刺やパンフレットを配る訳です」

――心が鍛えられるなぁ…。
池田「夜間はそんな忘年会巡りを繰り返しつつ、日中も大忙しです。企業・団体・町内会の年末行事から、各町内の公民館や消防団の車庫の大掃除に至るまで、普段の生活では気付かないような実に様々な年末イベントに参加して、名前と顔を売る。そして漸く、忘年会シーズンが終わったと思えば、今度は支援者たちのお宅へと“年末のお礼回り”が待っています」

続きを読む

スポンサーサイト

テーマ : 政治家
ジャンル : 政治・経済

【カオスを飲み干せ!挑発的ニッポン革命計画】(94) ロシアと西側右翼が結託する世界で日本は踏み止まれるか?

世界各国でポピュリズムの嵐が吹き荒れた2016年。民主国家に暮らし、“自分の選択肢”を持っている筈の人々が、次々と反既存権力・反エリート的な気持ち良さに酔い痴れ、世界の安定的な秩序を脅かす動きに加担しました。アメリカ大統領選然り、イギリスのEU離脱投票然り、更に『フランス国民戦線(FN)』を始めとするヨーロッパ各国での極右政党の台頭然り。そんな中、相対的に見て国際社会に対する影響力を明らかに高めているのが、ロシアのウラジーミル・プーチン大統領です。巧みな戦略に基づくプロパガンダ(※アメリカの専門家曰く“兵器級プロパガンダ”)は、弱点だらけの西側先進国の奥底に入り込み、今や各国の右派と共鳴しています。アメリカのドナルド・トランブ、イギリスのナイジェル・ファラージュ、フランスのマリーヌ・ル・ペンといった西側の極右ポピュリストが、ロシアの強権主義とフィードバックし合う――。20世紀には、“ソビエト連邦と結託した右翼”というのはあり得ない構図だったのですが。

多様性とグローバルトレードによる恩恵を無視して、寧ろ「それこそが国を弱める元凶だ」と強引に結論ツケる。モスクでもブルカでも不法移民でも、マナーの悪い中国人観光客でも、どうでもいい“断片”を抓んで一部の人が騒ぎ立て、攻撃する。その“断片”をポピュリストが政治利用し、排他性という燃料を基にして世論に火を点ける。こんなことが繰り返されれば当然、社会は暴走し、自壊します。こうした潮流に対し、“怒れる有権者”等という新しいカテゴリーで解釈しようという動きもあります。しかし僕は、「この問題はもっと人間の根源的な本能に根差している」という直観がある。我々が未だ見たくないもの、だけどそこにあるもの。それが“強権的なものへの憧れ”なのか、それとも別の何かなのか、未だはっきりと言葉にはできませんが、「人々は根源的な衝動に突き動かされているのではないか」と思うんです。若しかすると、人間は有史以来ずっとそうだったのかもしれませんが、いつまで我々は“衝動の奴隷”であり続けるのか。今、世界はそんな究極の課題を突き付けられているのではないでしょうか。

続きを読む

テーマ : 国際政治
ジャンル : 政治・経済

【私のルールブック】(84) なんとなくの礼儀なんてない! 見習うべきはひたむきな姿勢!

インタビューされるのが苦手なのである。合わせてスチール写真撮影も苦手なので、取材となるとダブルで苦手ということになってしまうのだ。ただ、注釈を付けるならば、どちらも相手次第であって、100%拒絶している訳ではない。最近もこんなことがあった。私が書籍を出版するにあたり、取材をして下さると。有難い話である。ホテルの一室でインタビュアーの方とご対面。時間も限られているので早速、ボイスレコーダーのスイッチが入れられ、取材開始。で、そのインタビュアーさんが凄かった。何が凄いって、初っ端の一言が、「先程、坂上さんの新書を何となく読ませて頂きました」ときたもんだ。あははははっ、あ~ははははははっ! そうですか、何となく読まれたんですね。では、こちらも何を訊かれても何となくでしか答えられませんよね! “言い方”ってあるでしょ。確かに、時間が無くて何となくしか読めなかったのかもしれません。でも、いい歳こいたおっさんが“何となく”を正直に言ってどうすんだって!

取材を受ける際の私の判断基準は、至ってシンプル。“本当に訊きたい気持ちがあるかどうか”、その一点である。但し、訊きたい気持ちを沸き上がらせる為には最低限、“取材対象となる人物を知ろう”とする準備作業が必要となる訳で、今回の場合は当然、“新書をある程度読んでおく”ということになります。誰が何と言おうと、これが最低限の礼儀であり、準備作業な訳です。それを“何となく”ってね。“何となくの礼儀”なんて無いんですよ。「何となくの挨拶は挨拶のうちに入らない」って、私は口を酸っぱくして言っているんです! 大体、訊きたい欲があるか無いか、ちゃんとしている人なのか、いい加減な奴なのかなんて、最初の一言でわかっちゃうもんなんだから。だから、出だしが肝心なんだから。案の定、質問を重ねても何を訊きたいのか今イチ掴めず。私がいくら質問に答えても、そこから話を膨らませるというインタビュアーの本分である作業も施さず。となると、流石にこちらとしてもお手上げ状態なので、質問されては早口で端的に答えて…の繰り返しで、時間内に済ませ、とっとと帰ってきました。

続きを読む

テーマ : 俳優・男優
ジャンル : 映画

【タブー全開!政界斬鉄剣】(65) 政官の巨大“カジノ利権”が発生する瞬間を見逃すな!

池田「あけましておめでとうございます。新年最初は、前回でも解説した“カジノ法”(特定複合観光施設区域の整備の推進に関する法律)の“闇”について、もう少し踏み込んだ解説をしたいと思います」

――前回は、「主導する省庁を決めずに“基本法”だけを成立させても、数多くの省庁に管轄が跨る“個別法”の整備が進まず、いつまでもカジノは実現しない」という話だったね。
池田「個別法とは、用地買収・許認可・自治体への納付金や税金等を決める個々の法律のことです。これらは国土交通省・財務省・総務省・警察庁等、所管する省庁が多岐に亘る。どの省庁を中心に調整するのかを先に決めないと、各省庁が利権を巡る主導権争いを始め、永遠に纏まらない訳です」

――今後はどのような展開になるの?
池田「カジノ法案自体は、実は20年以上も前から存在していました。しかし、ずっと棚晒しの状態だったのです。それが、この前の臨時国会で突然、成立した。不思議ですよね。その理由を読み解くカギが、私の手元にあります。“カジノ型リゾート”の誘致に早くも手を挙げている自治体のリストです。注目すべきは、東京都・橫浜市・大阪市、和歌山市の4都市。勘の鋭い人なら、もうお気付きでしょう。この4都市には、カジノ法案を強力に進めたであろう4人の政治家が絡んでいます」

――東京都の場合は?
池田「約20年前に“お台場カジノ構想”をぶち上げた石原慎太郎元都知事です。今となっては豊洲新市場の問題で“無責任な逃亡キャラ”が浸透しましたが、当時は人気も影響力も絶大でした。その時代から、東京都庁の役人や都議会議員たちは、カジノに新しい天下り先や利権を求め続けてきた。彼らは今、心を躍らせていることでしょう」

続きを読む

テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも
ジャンル : 政治・経済

【カオスを飲み干せ!挑発的ニッポン革命計画】(93) “脱属性”・“脱国家”が流行の予感…でも、それじゃ世界は変わらない

アメリカのトランプ旋風、イギリスのブレグジット(EU離脱可決)、そしてヨーロッパ各国の極右政党の台頭…。2016年、国際社会で起きたこれらの政治的事件の共通項は“排他性”、つまり、特定の属性を持つマイノリティーに対する攻撃性です。リアルにせよSNSにせよ、残念ながら、様々な局面で人間の持つ攻撃性が発露される時代になりました。「それならいっそ、全ての属性から脱してしまおう」――。そんな動きが、今年は生まれてくると思います。「何かしらの政治性に身を置いたことで攻撃対象になるくらいなら、タンポポの種のように、風に吹かれて散りゆく“浮遊層”になろう」と。LGBTの世界では、そうした傾向が既にあります。例えば、“パンセクシャル”。便宜的に“全性愛”と日本語訳されることもありますが、要するに男でも女でもない極めてニュートラルな存在を指すジェンダー用語で、これを自称するアーティストが現れ始めている。

過去の差別の歴史から、LGBT界隈ではどうしてもリベラル左翼的な活動が強いのですが、そうした枠組みから離れて、“しめやかにトランス”しようという動きです。これはセクシャリティーの枠組みからの離脱ですが、これからは「“国家”という枠組みから離脱しよう」という人も増えるでしょう。嘗ては、“国家が皆を豊かにする”という約束があった。「1人ひとりが“違う人たち”であっても、国家の為に互いに協力し、皆が豊かになろう」という無形の愛があった。しかし今では、その豊かさへの約束が到底信用できないばかりか、寧ろ“国家”を強調した瞬間、そこにヘイトが現れるという“負の象徴”になりつつある。であれば、いっそ、愛国心を放棄する、つまり「“脱国家”を宣言しよう」という訳です。「ヒト・モノ・カネが国境を超えるグローバリスムから更に進んで、人間のアイデンティティーそのものが近代国家という枠組みから離れていく」という訳です。扨て、この動きは果たして、世界を変えられるでしょうか? 実は、これは約四半世紀前の僕自身のメンタリティーなのです。

続きを読む

テーマ : 国際問題
ジャンル : 政治・経済

【私のルールブック】(83) 労働に勤しみ、ハメをはずし、グレーゾーンの信頼を得る!

あけおめ~! あ~あ、2017年になっちゃった。昨年同様、今年の正月休みもな~んもしてません。食っちゃ寝、食っちゃ寝の繰り返しです。因みに、競艇場にも行っていない。ただ、行っていないだけで、やってはいるんです。インターネット投票でね。でも、ご安心下さい。今年は正月休みは敢えて避け、別日にこっそり行く予定なので…えぇ。なので、結果報告は暫しお待ち下され。それにしても、休暇ってどうしてこれほどまでに駆け足で過ぎて行くんでしょうね。全く身体を休めた感覚がありませんから。とはいえ、世のお父様方は貴重な休みの時ですら家族サービスに費やしている訳で、私風情が愚痴を零している場合ではないのです。「文句を垂れている暇があるなら働け!」ですから。

えぇ、言われなくても働いていますよ。新年早々、生放送に駆り出されて、今年もず~っと生放送で晒し者になって、偶に問題発言して説教食らって…。恐らくまた、そんな1年になるんでしょうね。元日にラーメンを食べに行きました。大して美味くもないラーメンでした。と、目の前に家族連れがおりました。お爺ちゃんにお婆ちゃん、息子夫婦にお孫さんが2人とお見受けしました。大して美味くもないラーメンを、お孫さんは「美味しい!」と言いながら、汁を飛ばし飛ばし食べておりました。まぁ、子供の味覚なんてその程度ですから。ですが、そこにはほっこりした何かがありました。まぁ、家族ってことですよね。私は、今年の正月も身内には会っておりません。母親の口座に兄貴の娘2人分のお年玉を振り込んだだけ。母親がくすねていなければ、お年玉は姪たちに届いていることでしょう。たとえ母親がくすねていたとしても、ソレはソレですから。何も無いんだよな。表立った家族の繋がりみたいなものが…。

続きを読む

テーマ : 俳優・男優
ジャンル : 映画

【異論のススメ】(22) 退位問題に思う…天皇制と民主主義の矛盾

天皇陛下が退位の願いを強く滲ませたメッセージを発せられて以来、退位の是非についての議論が続いている。私には、それほど強い意見もない。制度としての皇室制度の存続と、天皇の生身の身体の間には、どうしても不都合を生じる可能性がある。戦後の天皇は、『人間宣言』によって、現人神ではなく生身の人間であることを宣言されたのだから、人間としての天皇が、天皇制度という制度の中で果たす役割に限界を生じることはあり得る。従って、「退位を可能とする方向で、天皇制度を確かな形で存続させることこそが肝要な点だ」と考えるだけである。ところが実は、その“天皇制度を確かな形で存続させること”が、ある意味では大変に難しいのであり、そこに極めて重要な問題が潜んでいる。というのも、戦後憲法の下では、天皇の地位は飽く迄も国民の総意に基づくものであり、その地位の継承や安定性は『皇室典範』によって規定され、その皇室典範は通常の法律と同様に、国会で改正できるからである。つまり、天皇の地位やその在り方は、専ら国民の意思に委ねられている。端的に言えば、国会の意思によって皇室の在り方を改変できるのみならず、“国民の総意”によって憲法改正を経れば、天皇制度を廃止することもできるのである。これに対し、戦前の皇室典範は憲法の外にあり、国会によって改正できるものではなかった。それは一方で、明治国家は西洋型の立憲君主制を模倣しつつ、他方では飽く迄も天皇に対し、“神聖にして侵すべからざる”存在としての神格を与えたからである。天皇は、立憲主義の範囲に収まる部分と、それを超え出た部分の二重性を持っていた。これは一種の矛盾であり、その矛盾が統帥権の独立等という形で現れもした。では、戦後はどうか。天皇の神格性を否定し、イギリス型の立憲君主制の枠の中に収め、更に一切の政治的行為から切り離した。戦後日本の“国の形”は、象徴天皇による形式上の立憲君主制であり、実体上は民主主義(国民主権)ということになろう。飽く迄も、民主主義によって支えられる天皇制(君主制)ということになった。

ところが、話はそう簡単ではない。憲法にはまた、「皇位は世襲であり、皇室典範に従って継承される」とある。つまり、日本国及び日本国民の統合の象徴としての天皇は、単なる王家の一族でもなければ、単なる制度でもなく、日本の歴史の持続性・国民統合の継続性を示すものとされている。それが、“皇位は世襲される”ということの意味であろう。すると、ここで天皇の神格性は否定されているものの、また別の問題が発生する。「“皇位を世襲する”という国民統合の歴史的継続性を示す原理と、国民主権の民主主義は、決定的なところで齟齬を来たすのではないか」という厄介な問題が出てくるのだ。天皇の位置は、明らかに民主主義の原理からは外れている。つまり、その外にある。何故なら、「皇室は表現の自由も選挙権も信教の自由も持たない」、つまり「基本的人権を持たない」という意味で、“近代憲法の枠外の存在”という他ないからだ。この難問を解決しようとするなら、原理的には次の2つしか無かろう。1つは、「“天皇の地位は国民の総意に基づく”という場合の“国民”を、今ここにいる自由な“私”の集合体としての“国民”ではなく、日本の歴史的伝統を背負い、その遺産の受託者としての“国民”として理解するか」、若しくは、「天皇を近代憲法や国民主権の原理から外し、それを超えた、飽く迄も形式的で象徴的な日本国の主宰者であるとするか」であろう。このどちらも難しい。私は、「日本の“国の形”は、後者のようなものと理解すべきだ」と思う。だが、このことが示しているのは、「日本の天皇制度と、西洋から導入した近代的な立憲主義や民主主義の間に、何か根本的に食い違いがある」という事実であろう。日本の政治体制は、基本的には君主国であるイギリスに近いが、それでも大きな違いがある。

続きを読む

テーマ : 天皇陛下・皇室
ジャンル : 政治・経済

【タブー全開!政界斬鉄剣】(64) カジノ法だけ成立させても実現には程遠い意外な裏事情

池田「今週は“カジノ法案”について解説しましょう。一般的な報道では、国会での強行採決や、カジノによる経済効果、或いはギャンブル依存症への懸念について取り沙汰しています。しかし、これらの議論は、完全に本質からズレていると言う他ありません。結論から先に言うと、今回の法案が正式に成立しても、実際にカジノが開設される可能性は低いでしょう」

――どうして?
池田「今回の法案は、国際観光産業振興議員連盟(カジノ議連)という超党派の議員連盟に属する国会議員が中心となって提出した、議員立法の形を取っています。立法は議員本来の責務なので悪くないのですが、彼らは肝心な要素を見落としている。今回のカジノ法案は、政策の理念と基本方針だけを定めた、所謂“基本法”に当たります。しかし、基本法だけでは政策を実施できません。実際には“個別法”と呼ばれる、行政を行う為の個々の法律が数多く必要なのです」

――具体的に個別法とは?
池田「カジノ型リゾートを整備する場合、用地買収・建築・カジノの許認可に関する法律は勿論、地方自治体への納付金・入場料設定・犯罪やセキュリティー対策から、広告・教育・税金に至るまで、ありとあらゆる幅広い個別法が必要になってくる。当然、関係する省庁も国土交通省・経済産業省・総務省・財務省・警察庁等、多岐に亘ります」

――国会だけで決めても、霞が関を抱き込まないと実現の可能性が低いということ?
池田「まさにその通り。カジノ議連の人たちは、日本の政治・行政を実質的に支配している霞が関の役所に対する理解が根本的に足りない。今回のカジノ法案は、主管省庁(※中心となる役所)を決める調整をしないまま、焦って国会の内閣委員会で審議してしまった。このままだと内閣府が中心になってしまうのですが、抑々、内閣府は各省庁からの寄せ集めで構成された組織で、カジノ法案を主管できるような規模も実態も無い役所なのです」

続きを読む

テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも
ジャンル : 政治・経済

【カオスを飲み干せ!挑発的ニッポン革命計画】(92) 血に飢えた大衆の情念を権力の源泉とする“極右枢軸”が世界を覆う?

2017年1月20日に就任する第45代アメリカ大統領は、どこまで権力を振り回すことになるのでしょうか。12月6日、ドナルド・トランプ次期大統領は、アメリカに総額500億ドルの投資と5万人の雇用を創出するプランを手土産に、ニューヨークの『トランプタワー』を訪れた『ソフトバンクグループ』の孫正義社長と会談。集まった記者団に「マサは素晴らしい人物だ」とご満悦で話し、同社関連の株価も一時、急騰しました。また同日、社長がトランプの経済政策を懸念する発言をした『ボーイング』を批判。新たに開発が予定されている大統領専用機『エアフォースワン』の注文をキャンセルするという脅しのツイートを流しました。すり寄れば“褒美”を与え、気に食わない相手は問答無用で切り捨てる。まるでガキ大将です。一方で、トランプ自身が選挙戦でぶち上げた公約を見ると、率直に言って、その多くは実現性に乏しい。就任後は“現実的判断”を強いられ、方針転換するケースが増えるでしょう。

特に、トランプの支持基盤である貧しい労働者層の経済状況を向上させられるとは思えず、彼に期待した人たちは“裏切り”をじわじわ実感していくことになりそうです。トランプは彼らの怒りの矛先を逸らす為に、様々な“花火”を打ち上げるしかない。選挙戦同様、ムスリム・不法移民・中国・イラン等、国内外のスケープゴートに人々の怒りを向け、血に飢えた大衆の情念を権力の源泉とするような手法を取り続けるでしょう。但し当然、それはサステナブルなエコシステムではありません。例えば外交面では、既に中国に対して強硬な発言が目立ちますが、現在のグローバル社会で中国のマーケットを無視し続けることなど、できる筈がない。言うだけ言って、結局はカネの力に屈服する…というシナリオが予想されます。こうした軽はずみな発言と、それをしれっと撤回することを繰り返すと、どうなるでしょうか? そう、トランプ個人というより、国際舞台におけるアメリカの存在感が損なわれていくことになるのです。「外交的には孤立主義傾向が強い」と言われるトランプですが、約100年前のアメリカの孤立主義とは、中身が全く違います。

続きを読む

テーマ : 国際政治
ジャンル : 政治・経済

【私のルールブック】(82) さらば激動の2016年

あと数日で2016年が終わる。連載2度目の年越しである。となると、やはり振り返ったほうがいいんですかね、2016年を…。先ずは芸能界でいうと、悲しいかな、“不倫”ということになってしまうんでしょうか。何たって、年頭のゲス不倫をきっかけに、あっちでもこっちでもって感じでしたからね。連日、生放送のスタジオに立っている身としましては、かなり複雑な心境でして、時事を扱う番組の性質上、取り上げない訳にはいかず、「取り上げたからには中途半端なコメントをするべきではない」って性分ですから、どこかのタイミングで覚悟を決めた記憶があります。薬物関係も多かった。ただ、こちらに関してはれっきとした刑事事件ですから、躊躇は無かったように思います。とはいえ、芸能界という広い括りで見れば同業者ですから、残念な想いと腹立たしさがごちゃ混ぜになったような、何とも言えない後味の悪さでした。

政界も、芸能界に負けず劣らず色々あったな~。舛添さんの一連の不透明な政治資金流用疑惑の際は、「今日も舛添さんですか?」「えっ、明日も舛添さん?」みたいな感じで、「ちょっとしつこ過ぎるんじゃないの?」とも思いつつ、後から後から問題が発覚するので続けざるを得ず、続けるということはそれなりの知識も得ておかないと専門家さんたちには太刀打ちできませんから、慌てて購読新聞を2紙増やす羽目になりました。そういえば、リオデジャネイロオリンピックもありましたね。ブラジルのジルマ・ルセフ大統領が180日間の職務停止の為に不在の中、「本当に大丈夫なの?」と心配になりましたが、開幕してしまえば何事も無かったかのように盛り上がるもので、我が日本もメダルラッシュ。2020年東京オリンピックへの期待が一気に高まりました。一方、私のプライベートはと言いますと…ほぼ無風に等しかった。な~んも無いっすよ。あるとすれば、ワンちゃんが2匹増えて計10匹になったぐらいで、浮いた話もゼロ。キャバクラすら1回も行っていないんじゃないかな?

続きを読む

テーマ : 俳優・男優
ジャンル : 映画

Categories
Profile

Author:KNDIC
Welcome to my blog.

Latest articles
Archives
Counter
I'm participating in the ranking.

FC2Blog Ranking

information
Search
RSS Links
Link
QR Code
QR