【カオスを飲み干せ!挑発的ニッポン革命計画】(99) 日本メディアのトランプ記事が伝えないこれだけのこと

「もどかしい」――。ドナルド・トランプ大統領に関する日本のマスメディアの報道を見るにつけ、そんな思いが募ります。例えば今月1日、カリフォルニア大学(以下“UC”)バークレー校で、トランプを支持する識者に対する大規模な抗議デモが発生し、一部が暴徒化した件。朝日新聞デジタルは同月3日、『反トランプデモが暴徒化、米大学閉鎖 講演会場に花火も』との見出しで、次のように伝えています。「【前略】トランプ大統領を支持する英国人コメンテーターが講演することに反対する若者たちのデモが暴徒化し、大学が閉鎖された。【中略】講演する予定だったのは、保守的なニュースサイト“ブライトバートニュース”のミロ・イアノポウロス氏。数千人が集まったデモは、当初は平和的だった。ところが黒装束姿の数十人が加わり、調演会場に花火などを投げつけたり、窓ガラスを割ったりした。講演は中止された。【後略】」。…間違ったことは書かれていません。しかし、逐語訳過ぎて、物事のニュアンスや事件の背後関係が全くわからない。

先ず、講演する予定だったイギリス人コメンテーターの名前ですが、ギリシャ系イギリス人なので、“ミロ”ではなく“マイロ・ヤノブルス”(※或いはヤノポロス)という発音になります。既に出ている他の日本語記事でも、そう表記されています。彼はトランプを強力に後押しする極右勢カ『Alt-right』のアイドル的存在で、ブライトバートニュースは“保守的”どころか、あらゆるマイノリティーや女性への差別を隠そうともしない“極右”なニュースサイトです。更に言えば、今回の講演会はマイロが2015年末から続けてきた“デンジャラスファゴット(危険なオカマツアー)”なる全米行脚のファイナル。一方、UCバークレー校は言わずと知れたリベラルの総本山。そしてその5日前には、トランプが一部イスラム圏国からの入国禁止令を出したばかり…と、どこから見ても炎上する要素満載でした。また、暴徒化した黒装束の正体も記事ではわかりません。彼らは『ブラックブロック』といい、元は1980年代のヨーロッパで生まれたアナーキスト集団。トランプの大統領就任日にも彼方此方で暴徒化していたように、要は古くからの左翼活動家が“トランプ祭り”に便乗して暴れているという図式です。これを見て「反トランプデモが暴徒化した」というのは、あまりに乱暴過ぎます。

続きを読む

スポンサーサイト

テーマ : 報道・マスコミ
ジャンル : 政治・経済

【私のルールブック】(89) 一度信じると自分を裏切れない…哀しくも楽しい人間の性

結局、今年の正月は競艇場に足を運ぶことはなかった。只管、飲んでは寝ての繰り返し。日頃は5時間程度の睡眠時間なのだが、細かく寝起きを繰り返して、8時間は寝ていたと思われる。しかし、競艇場に行かなかったからといって、買わなかった訳ではない。困ったもので、今時はパソコンで買えてしまいますからね。態々出向かなくとも、全国24の競艇場全ての舟券が買えてしまう便利な世の中なのです。とはいえ、1日に使用できる上限金額は設けられておりまして、一定の金額以内で済ませなくてはならない。まぁ、それでも結構な額なんですが、歯止めにはなります。普通の人ならね。元日早々、焼酎片手にパソコンで舟券を買いまくる私。例年なら競艇場で生観戦しながら勝負!勝負!…の連続買いとなるのですが、如何せん上限は決まっている。ですが、見方を変えれば明日以降も買うことができる訳です。休みは4日間。私は、4日間での長期戦勝負と決めました。

となると面白いもので、初買いとなる初日は、「今年を占う意味でも最悪チャラ、できれば少しぐらい勝ちたいな~」という気になりまして、珍しく堅めの予想に終始しました。結果はチョイ浮き。予定通りといいますか、幸先の良いスタートと言っていいでしょう。問題は2日目です。前日に画面上とはいえ、エンジン相場は日に焼きついていますから、探りながらの初日よりは勝負はし易くなる。勿論、勝負にいきましたよ。前半レースでスマッシュヒットを2連発! 資金に余裕ができれば予想にも影響を及ぼしますから、後半も期待が持てます。何か、久しぶりに大勝ちの予感がしたんですよ。たま~にあるんですよね、怖いぐらいに当たってしまう時が。「その時の感覚に近いものを感じた」とでも申しましょうか、即ち、それは「行け!」ってサインですから、男だったら行くしかないでしょ! で、えぇ、その…要はこれなんですよ。抑々、「大勝ちの予感って何なんだ?」って話なんです。

続きを読む

テーマ : 俳優・男優
ジャンル : 映画

【タブー全開!政界斬鉄剣】(70) 防衛費増で日本にアメリカの兵器を買わせることが真の狙い!

池田「今週はやはり、日米関係の今後に触れるべきでしょう。このコラムの締め切りは日米首脳会談前なので、会談の詳細はわかりません。でも、会談の内容も結果も、それに対する日本のマスコミの反応も大体わかり切っています」

――今回はトランプが相手だから、いつもと違うのでは?
池田「そういう考え方こそ、アメリカ側の思う壷なのです。この先どうなってしまうのか、事前に日本人を不安な気持ちにさせておけば、『今までと何も変わらないよ』と言ってあげるだけで大喜びしてくれる。こんなに楽でコストパフォーマンスの高い外交手法はありませんよ。恐らく日本の報道では、『日米同盟の重要性が再確認され、寧ろオバマ政権時より強固になった』との間違った分析が多く出回ることでしょう」

――間違っているの?
池田「外交上、アメリカが最優先させたいのは日本ではなく、中近東の制圧です。トランプ政権はIS(イスラミックステート)を殲滅させて、イランも封じ込めたい。中近東に集中する為に東アジア問題を後に回したいのが本音なのです。だから、ジェームズ・マティス国防長官は先ず韓国を訪問し、中国と北朝鮮を牽制した。次に訪問した日本では、『アメリカ軍の駐留経費負担も、尖閣諸島の問題も今までと変わらないよ』と言って大喜びさせる。そうすれば、東アジアを暫く放置できるからです」

――しかし、マティス長官と稲田朋美防衛大臣による共同会見では、重要なコメントがあったんだよね。
池田「稲田大臣は、『日米同盟の抑止力・対処力を一層強化する必要があるということで一致いたしました。その上で、地域の平和と安定の為に、我が国としても積極的に役割を果たしていくこと、また、同盟における我が国の役割を強化していくことをマティス長官にお伝えした』と述べました」

――どこが重要なの?
池田「これは、官僚が作った原稿を基にした発言なのでわかり難いですが、日常会話風に訳してみると、こうなります。『日米同盟の名の下、日本は兵器と兵力を今まで以上にガンガン増強して抑止力を強化します。そうして、急速に緊張度が高まっているアジア地域で、日本がアメリカの代役を果たせるよう、全カで頑張ります』と」

続きを読む

テーマ : 軍事・安全保障・国防・戦争
ジャンル : 政治・経済

【カオスを飲み干せ!挑発的ニッポン革命計画】(98) トランプの黒幕が『ホロコースト記念日』に現した極右の本性

先月27日は、国連の定める『国際ホロコースト記念日』でした。1945年1月27日、旧ソビエト連邦軍によりポーランド南部(※当時はナチスドイツ占領下)の『アウシュビッツ強制収容所』が解放されたことに因み、2005年に制定された国際デーで、憎悪・偏見・差別感情の危険性を人類に警告することを目的としています。ところがこの日、僅か1週間前に就任したばかりの新大統領、ドナルド・トランプの言動は、控えめに言っても“相当ヤバい”ものでした。先ず、トランプは次のような大統領令に署名しました。「シリア難民の入国を禁じ、難民受け入れプログラムを4ヵ月間停止し、更に中東やアフリカの7ヵ国からの入国を一時的に完全に禁じる」。ホロコーストの時代、多くのユダヤ人が命辛々外国へ逃れたことは言うまでもありません。その記念日に、よりによって中東等からの難民を拒否する大統領令に署名した訳です。この記念日に際し、トランプが発表した声明の内容も非常に際どいものでした。問題は、“何が書いてあったか”ではなく、“何が書かれていなかったか”です。声明を隈なく読んでも、そこには“ユダヤ人”、或いは“反ユダヤ主義”という言葉が1つも見当たらなかったのです。日本人には理解し難いところかもしれませんが、国際ホロコースト記念日の大統領声明が、600万人以上が命を奪われた“ユダヤ人”や、その虐殺の元凶である“反ユダヤ主義”に言及しないのは極めて異例。“事件”と言っていいほどです(※昨年まではブッシュもオバマも当然のように言及してきました)。ナチスによるユダヤ人の大量虐殺(=ホロコースト)という歴史的事実の一部、若しくは全体を否定する――。こうした主張は“ホロコースト否認論”と呼ばれます。

多くは反ユダヤ主義に紐付いた“歴史修正主義”の発露で、「600万人も殺されていない」「ガス室で大量殺戮した事実は無い」「アドルフ・ヒトラーの指示は無かった」等、様々な流派があります。その1つに、「殺されたのはユダヤ人だけじゃない」というタイプがあります。戦争とは多くの人の命を奪うものである→ユダヤ人が多く亡くなったのは事実だが偶然だ→ナチスはユダヤ人を殲滅しようとした訳ではない→ユダヤ人の被害だけを特別視するのは如何なものか…といった具合に、このタイプの主張はどんどん転がっていきます。そして、こんな疑念が出始めています。「国際ホロコースト記念日の声明で、“ユダヤ人”や“反ユダヤ主義”に一切触れなかったトランプ政権は、こうした“歴史修正”を試みているのではないか?」。これは決して、根拠の無い邪推ではありません。トランプ政権のホープ・ヒックス報道担当は、声明の真意を問われ、こう回答しています。「ホロコーストでは非ユダヤ人も500万人殺されている」「ユダヤ人だけでなく、全ての犠牲者に配慮した」。一見、正論のようにも思えますが、これは反ユダヤ主義者がよく使う詭弁です。“多くの非ユダヤ人も殺された”のは事実でも、その根底にはナチスの優生思想・反ユダヤ的思想があった訳ですから。では、この声明の裏に潜む黒幕は誰か? それは恐らく、遂に『国家安全保障会議(NSC)』の正式メンバーにまで出世した“トランプ旋風の仕掛け人”ことスティーブ・バノン首席戦略官でしょう。何度も紹介してきましたが、バノンは極右系ニュースサイト『ブライトバートニュース』の元会長で、昨夏にトランプ陣営の選対本部長に就任し、そのまま政権中枢に入り込んだ人物。彼に対するトランプの信頼は特別なものがあると言われます。しかし、過去の言動を見ても、バノンの思想が極めて危険であることは疑いようがありません。白人至上主義・反ユダヤ主義・反LGBT…。あらゆる差別のオンパレード。彼がホワイトハウスの中枢にまで入り込んだことで、今後はその極右思想が政策の端々に顔を出し、徐々に“ノーマライズ”されていく(人々がそれに慣れていってしまう)ことでしょう。「その第一歩が、あの国際ホロコースト記念日の声明内容だったと考えていい」と僕は考えます。

続きを読む

テーマ : 国際政治
ジャンル : 政治・経済

【私のルールブック】(88) 立ち食い蕎麦屋が与えてくれる究極の幸せタイム

連日の帯番組を引き受けて以来、数は減ったものの、新幹線を利用する機会は未だに多い。私はJR品川駅で乗車するのですが、駅近辺に立ち喰い蕎麦屋が数軒あり、必ず立ち寄るのが私のルーティーン。お気に入りの蕎麦屋は2軒あって、朝早い列車の場合はおじさんが作ってらっしゃるお店と決めている。正直、味はもう1軒に比べて劣るのだが、雰囲気がいいのよね。先ず、FMラジオが結構な音量で流れているのです。コレを聴くと朝感が増すと言いますか、気象情報等が流れると、私もサラリーマンになったような気がしまして…。ラジオの音色、サラリーマンの皆さんが啜る蕎麦の響き、汁を最後まで飲み干した時のおじさん特有の「あぁ~」という呻き、何だか知らないけどいいもんなんですよ。

因みに、立ち喰い蕎麦とはいえ、私はうどん派でございます。蕎麦屋に入れば当たり前のように蕎麦を頼むのですが、立ち喰い屋さんは蕎麦そのものに拘るというより、早い・美味い・安いが売りですから、腹持ちのいいうどんでいいかなと。で、長葱は多めに入れて頂き、トッピングはちくわ天。何が何でもちくわ天。最悪、ちくわ天が無かった場合はかき揚げ、或いは紅生姜天、若しくはわかめ+生卵。生卵の黄身を崩すのは、うどんを大体半分ほど食べ終えてからです。最初から崩して汁を濁らせるような真似はしません。半分ぐらい食べた頃には、白身も透明からうっすらと白んできて、見た目にも美味さが増しますからね。昔はうどんにミニカレーも付けておりましたが、流石に食べ切れなくなり卒業しました。で、朝早い列車ではない場合はといいますと、おばちゃんたちが営んでいる立ち喰い蕎麦屋さんに入ります。こちらのお店は、昼時になりますとトッピングが1つサービスされるのです。例えば、ちくわ天をオーダーすると、きつねでもコロッケでも、何でも好きな物を1つプラスできるのです。ありがたい話でしょ。且つ、長葱も自分で入れられるシステムで、おしんこ等も取り放題ときたもんだ。男子にはたまらないお店と言えるでしょう。

続きを読む

テーマ : 俳優・男優
ジャンル : 映画

【タブー全開!政界斬鉄剣】(69) 安倍首相は“本当のアメリカ”を全く理解できていない!

池田「今週は、トランプ政権の先行きについて解説しましょう。色々な報道を見ても、“今後のアメリカが不透明だ”ということしかわからないのではないでしょうか? その理由は簡単です。外交の専門家を自称する人たちも、その情報源である日本の外務省やアメリカの主要マスコミも、トランプ氏の勝利に心底驚かされた人たちばかりなのだから、先行きもわかる訳がないのです。4年後以降のことを予言すると、仮に不人気のトランプ大統領が再選されなかったとしても、より過激な人が新しい大統領になるだけでしょう。アメリカの保守化は、もう止まりません。アメリカ大統領選と同時に行われた連邦議会選では、上下院共に共和党が過半数の議席を獲得した。多くの州知事選でも、超保守派ばかりが当選したからです」

――それが意味することとは?
池田「『選挙制度が原因でトランプ氏が当選したけど、得票数はヒラリー氏のほうが数百万票も多いから、本当は過半数の人がトランプを支持していない』なんて論調をよく聞きますが、だから何だというのでしょうか? アメリカの進路を決める大統領選・州知事選・上院選・下院選と、4つの重要選挙で超保守派の共和党が勝利した。これは決して一時の気紛れではなく、明確にアメリカ国民の意思が示された結果なのです」

――あらゆる選挙で共和党が圧勝したことによる影響は?
池田「実は、共和党も民主党も、“国益を最優先させる”という基本的な方針は同じなんです。ただ、その手法が違うだけ。国際協調を重視するかしないのか等。そして昨秋、『他の国など放っておいて、兎に角、アメリカの豊かさと強さを回復してくれ!』という国民の意思が、正式に選挙で示されたのです。だから、トランプ氏個人の資質はどうあれ、アメリカ全体が進む方向性には変わりがない。過激にも思えるトランプ氏の政策は、全てじゃなくても多くは実行に移されるでしょう」

続きを読む

テーマ : 国際政治
ジャンル : 政治・経済

【カオスを飲み干せ!挑発的ニッポン革命計画】(97) 映画『Repo Man』の名ゼリフを忘れたアメリカの怒れる群衆

1984年にアメリカで公開された映画『Repo Man(レポマン)』(ユーロスペース)をご存知でしょうか? 全米、いや世界を大混乱させているドナルド・トランプ現象について考えていたら、ふと、この映画のことを思い出しました。レポマンとは、自動車ローン滞納者の車を力ずくで回収するチンピラ稼業。ロサンゼルスに住むうだつの上がらない無職のパンクス青年が、中年のレポマンに“仕事”を教わりながら、人生の厳しさを学んでいくというB級青春ムービーなのですが、印象的なのは、中年レポマンがパンクス青年に、こう語りかけるシーンです。“An ordinary person spends his life avoiding tense situations. A repo man spends his life getting into tense situations.(普通の人間はヤバい状況を避けて人生を送る。レポマンはヤバい状況に自ら飛び込んで生きていく)”。要するに、「つまらない人生を送りたくないならリスクを取れ!」という話。当時、この映画を見たアメリカの若者たちの多くは、ある種の人生訓としてこの言葉を受け止めました(※僕もそうです)。

しかし今、50歳前後になった僕と同世代の、嘗てこのセリフに心震わせた元パンクスたちが、グローバリズムが齎す恩恵(※多様なニーズが満たされる、自由な働き方やライフスタイルを追求できる等)を無視し、只々そのリスクに対して怒りの声を上げている。何とも残念な気持ちです。自分が苦しいのは移民や外国のせい。悪いのは社会や政治――。そうやって“諸悪の根源”を他者に求め、只管に責任を転嫁し、排外的なリーダーに依存する。怒りを爆発させるその手に握られたスマホには、事実ですらない“フェイクニュース”が表示されている。理想の世界を追求した最初期の“グローバリズムの設計者たち”は、こんな世の中になるとは想定しなかったでしょう。勿論、グローバリスムを悪用する多国籍企業を擁護したい訳ではありません。バランスを度外視した徹底的なコストカットで利益を極大化し、租税はできる限り回避する等、ルールすれすれのフェアではないやり方で世界の富を強奪していったのは大きな問題です。

続きを読む

テーマ : 国際政治
ジャンル : 政治・経済

【私のルールブック】(87) 自分を疑い、準備を怠らないことが仕事の大敵“慣れ”を防ぐ

準備不足の男が理解不能なのである。いや、許せないのである。私の移動手段は、連日の生放送の番組に向かう際はハイヤーにお願いし、それ以外は事務所の車で移動している。運転は9割方、現場マネージャーが務めており、残りの1割は現場マネージャーを休ませる為、見習い君にお願いしているのである。で、見習い君担当の日のこと。生放送を終えて後部席に乗り込むと、腰を下ろした途端に空気の違いを感じた。何というか、見習い君の後頭部辺りから“慣れ”の臭いを嗅ぎ取ってしまったというか、車内が必要以上にリラックスした空気に満ちていたのだ。別に悪いことではない。過剰に緊張した状態でハンドルを握るより、自然体に精神状態で運転をしてくれたほうが、乗る側としても安心というもの。しかし、「リラックスと慣れは微妙に違う」と私は考える。で、直感的に嫌な予感がしてしまったのよね。私の嫌な予感って、結構な確率で当たってしまうのです。

高速道路に乗りました。降り口まではものの10分足らずです。私はパソコンのキーを叩きに叩いて原稿書きに勤しんでおりました。すると、何の気なしにパソコン画面の右下に刻まれた時計に目をやると、15分を過ぎているじゃありませんか。見習い君の後頭部に目線を移します。心なしか硬直しているように映りました。私は見習い君に問い掛けます。「何か言いたいことがあるんじゃないのか? 伝えるべきことがあるんじゃないのか?」。見習い君は、か細い声で言いました。「すみません、通り過ぎてしまいました」。いいんです、誰にだって間違いはあるんですから。自ら過ちを告白しなかったことも、今回は百歩譲って許しましょう。ですが、私が車に乗った際に感じた慣れの空気だけは許しません! 私が我が社の全スタッフに口を酸っぱくして言い続けていることは、「慣れるな!」ですから。ノウハウを覚えることは大切です。というか当たり前です。でも、車の運転と同じで、「慣れた頃が一番危ないんだ」と強く自身に言い聞かせないといけません。

続きを読む

テーマ : 俳優・男優
ジャンル : 映画

【タブー全開!政界斬鉄剣】(68) 私が首相官邸内で目撃した国の中枢の腑抜け過ぎる実態

池田「遂に、アメリカのドナルド・トランプ政権が始動しましたね。気になる今後を予測する前に、今週は日本側の対応について解説したいと思います。結論から先に言うと、日本政府は今、完全に“思考停止”の状態に陥っています。この現象は、決して初めて起こったことではありません。日本外交の歴史は昔から、世界が激動の時代に入ると必ず思考を停止させ、常に間違いを繰り返してきた歴史なのです」

――どういうこと?
池田「アメリカと旧ソビエト連邦による東西冷戦が終わり、今と同様に世界情勢が激変する中、1991年、イラクによるクウェート侵攻が原因で湾岸戦争が勃発しました。この戦争が進行中のある日、故松岡利勝元農水大臣の秘書を務めていた私は、首相官邸にある内閣官房長官室を訪ねる用事がありました。その時に私が驚いたのは、有事の際に国の方針を決める国家の中枢である筈の場所に、何の緊張感も無かったことでした」

――どんな雰囲気だったの?
池田「官房長官も、霞が関から派遣されている秘書官たちも、その他の官邸職員も、全員がアメリカのCNNニュースに見入っていただけでした。彼らは口々に、『何か凄いね、これ。これからどうなるんだろうね?』等と話していた。昼休みのサラリーマンたちが定食屋でテレビを見ながら交わす会話と同じテンションだったのです」

――信じ難い舞台裏だ…。
池田「普通、各方面からの報告がバンバン入ってきて、それらへの対応に追われて緊張感溢れる光景を想像しますよね? 違うんです、この国の実態は。当時の自民党本部では、外交部会と国防部会の合同会議が連日開催されていました。当然、報道では流れていない重要な情報が外務省や防衛庁(当時)から開示され、それについて国民の代表である国会議員が話し合い、日本の針路が決められるものと信じていたのですが…」

――…違ったんだね?
池田「残念ながら。外務省北米局の幹部官僚たちが与党議員に行う説明は相変わらず、『アメリカ政府からの情報では…』と『今後の情勢を静観するしかありません』の2点だけ。つまり、自分たちで情報を集めて考えたのではなく、アメリカ側の方針決定を待ち、ただそれに従うだけなのです。当時、若かった私にもわかりました。『これでは、アメリカが間違えば自動的に日本も間違ってしまう』と」

続きを読む

テーマ : 軍事・安全保障・国防・戦争
ジャンル : 政治・経済

【カオスを飲み干せ!挑発的ニッポン革命計画】(96) 「トランプ政権の誕生は日本にとってチャンス」って正気ですか?

ドナルド・トランプ政権は、日本にどんな影響を及ぼすのか? 色々な見立てがありますが、日本の一部論客(※主に右派)から漏れ聞こえる希望的観測――「トランプ大統領の誕生は日本にとってチャンスだ」といった軽々しい言説には危うさを感じます。特に首を傾げざるを得ないのが、“中露分断による中国包囲網”というストーリー。「トランプ政権とプーチン政権の急接近で、中国とロシアの仲が分断され、アメリカ・ロシア・日本等で中国を包囲するのである」と。…これ、本気で言っているんでしょうか? あらゆる国益が反する中、「ロシアとアメリカが結託できる」という前提もおかしいし、“米露接近”が何故“中露分断”となるのかもわからない。加えて、「トランプのおかげで日本とロシアの仲が改善する」だとか、「これを機に日米同盟を再解釈して自主防衛だ」等と妄想を膨らませている人もいる。

こういった言説のベースにあるのは、“敵の敵は友”という論理展開なのですが、国際社会はそんなに単純ではありません。どう考えても辻褄が合わない。抑々、「ロシアと中国がこれまで一枚岩だった」というのが事実誤認。また、仮にアメリカとロシアが“結託”と言えるほど近付くなら、アメリカの他の同盟国が黙っていません。例えば、既に報道されているレベルの話ですが、米露でインテリジェンスの機微に関わる情報(インテル)が共有されれば、イスラエルのインテルがイランに筒抜けになってしまう危険性がありますし、イギリスの情報機関が独自で行っている対ロシアの諜報活動が無意味になってしまう可能性もある。また、トランプ陣営が選挙戦でロシアの“協力”を得ていた可能性や、トランプ個人がロシア当局にスキャンダル情報を握られている可能性も指摘されている。更に、日本もアメリカも、経済面では中国の巨大市場に依存している。こういった多様な視点が、“米露接近→中国包囲網論”では完全に無視されています。今の国際情勢は、「欧米各国の右派ポピュリストたちが、ロシアを蝶番にして連携を夢見ている」という奇妙な状況です。

続きを読む

テーマ : 国際政治
ジャンル : 政治・経済

Categories
Profile

Author:KNDIC
Welcome to my blog.

Latest articles
Archives
Counter
I'm participating in the ranking.

FC2Blog Ranking

information
Search
RSS Links
Link
QR Code
QR