FC2ブログ

【私のルールブック】(249) 外出できない今だからお薦めDVDを紹介します!

DVDを狂ったように観ている。外に出ることができませんからね。この機会に本を読み漁ろうかとも思ったのですが、そこまでの気合いが湧かず、DVDになってしまいました。ただ、流石にハズレに当たりたくないとの思いから、これまで観た作品で、「これは面白かった!」から、「そこそこ楽しめた記憶がある」といったものまで、纏めてレンタルしている感じ。因みに、古い作品が100円でレンタルできることを、初めて知りました。ということで、自粛期間中に私が観たお薦め作品を、今回はご紹介したいと思います。先ずは『ウインド・リバー』。主演はジェレミー・レナー。今となっては『アベンジャーズ』の印象が強いかと思いますが、ハリウッドのど真ん中に辿り着く前までは、結構な良作に出演していたんです。本作も然り。雪深い田舎町で起きた少女殺害事件を軸に、田舎町ならではの歪な人間関係を丹念に描いた秀作です。

監督&脚本のテイラー・シェリダンは本作で、第70回カンヌ映画祭の“ある視点”部門で監督賞を受賞しました。続いてのお薦めは『ハート・ロッカー』。こちらは第82回のアカデミー賞で、作品賞や監督賞を始めとする9部門にノミネートされ、6部門も受賞していることから、既に観た方も多いかと思いますが、好きなんですよね~。これまでも名うての監督さんが戦争映画を散々撮ってこられましたが、微妙にアプローチが異なるといいますか、空気感が独特なんですよね。で、気になったので、映画館で観終わった後にパンフレットを買って目を通してみたところ、何と監督さんが女性でして。キャスリン・ビグローさんというのですが、監督としては結構苦労されていて、大作を撮ってはコケての繰り返し。ですが、本作で見事にヒットを飛ばし、何とアカデミー賞ではジェームズ・キャメロン監督作の『アバター』と賞レースを争うことになるのです。

続きを読む

スポンサーサイト



テーマ : 俳優・男優
ジャンル : 映画

【タブー全開!政界斬鉄剣】(224) 検察庁法改正案の本当の狙いは公務員全体の定年延長だった!

池田「検察幹部の定年を内閣の判断で延長できるようにする法改正について、各界の著名人も加わってSNSが盛り上がり、“#検察庁法改正案に抗議します”というタグがトレンド入りするほど話題になりました。多くの人が問題視しているのは、『総理さえも逮捕できる検察最高幹部の人事を内閣が握るのは如何なものか』とか、『三権分立の精神に反している』とか、『それ、新型コロナウイルスで大変な時にやるほど緊急性ある?』といった部分です。しかし、この法改正案が持つ本当の問題点は、決してそういった部分ではありません」

――どういうこと?
池田「野党もメディアも“検察庁法改正案”という呼び方をしているのですが、実はこの法案の正式名称は“国家公務員法等の一部を改正する法律案”です。つまり、特定の検察官だけを優遇したいが為の法案ではなく、国家公務員全員の定年延長を目指した法案なのです」

――ああ、そういうことか!
池田「先ず先に国家公務員幹部の定年延長を実現して、続いて国家公務員全体→地方公務員幹部→地方公務員全体…と適用範囲を拡大させる流れです。つまり真の狙いは、国と地方の公務員全体の定年引き上げなのです。地方公務員の巨大労働組合である自治労や日教組らが支持しているのは野党側ですから、この法改正で安倍首相や自民党に利益はないんです」

――言われてみれば。
池田「だから、この法案を成立させたいのは安倍政権ではなく、役人たちなのです。新型コロナウイルスのような危機が訪れても雇用は確実に保証され、給料も上がり続け、年金の受給額も高水準という超特権的な身分を5年も延長させることで、更に5年分の年収と退職金と年金の受給額も加算させようという魂胆です」

続きを読む

テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも
ジャンル : 政治・経済

【カオスを飲み干せ!挑発的ニッポン革命計画】(252) トランプ大統領は何故“武漢研究所起源説”を声高に叫ぶのか?

https://wpb.shueisha.co.jp/news/politics/2020/05/25/111338/


キャプチャ  2020年6月1日号掲載

テーマ : 中国問題
ジャンル : 政治・経済

【私のルールブック】(248) こんな時だからこそ改めて感じる動物たちのありがたさ

自宅に、います。4月の頭に緊急事態宣言が発出され、5月6日まではステイホーム状態なので。この原稿が皆さんの目に触れる時までに、果たして解除されているのかどうか…。正直、このような状況下で、連日の『バイキング』(フジテレビ系)出演はしんどいです。だって、私だって怖いですから。何が怖いって、自分が感染することもそうですが、他人様にうつしてしまった時のことを考えると…ね。ただ抑々、『笑っていいとも!』(同)を引き継いで、バラエティー路線で勝負しようとしていた番組を、時事ネタも扱う情報番組への路線変更をお願いしたのは、他ならぬ私ですから。なので、言い出しっぺとして、その時から有事の際も休むことはできないと、覚悟は決めていましたので…はい。ですが、悪い事ばかりではありませんでした。だって、土日は休みになりましたから。不謹慎かもしれませんが、何年間もろくすっぽ休みなく働いていた身としては、棚から牡丹餅といいますか…ええ。

ただ、だからといって暇になったわけではなく、14頭のワンコと3匹のニャンコのお世話に追われているので、忙しさは相変わらずな感じです。でも、彼女さんとはきちんと話をしました。緊急事態宣言が解除されるまでは、どんなことがあっても喧嘩をすることは止めようと。私たち、何気にしょっちゅう喧嘩をしておりまして。しかも、どちらも中々引かない性格から、激しくなることもしばしば。まぁ、言いたいことをぶつけ合えば、後に引き摺ることはないんですけどね。ですが、流石にこの時期の喧嘩は頂けないのではないかと。ワンコ&ニャンコにとっても宜しくないだろうと。彼女さんも了解して下さり、おかげ様で想像以上に仲良くさせて頂いております。というか、こんな時だからこそ、マイナスをプラスに持っていかなければやっていられないですから。で、災い転じて福となすではないですが、日頃の思いやりの足りなさに気付かされたり、何でも正面から向き合うのではなく、躱すことを覚えたりと、気付きの時間が得られている感じです。

続きを読む

テーマ : 俳優・男優
ジャンル : 映画

【タブー全開!政界斬鉄剣】(223) 国民が一致団結して経済的な死に向かう自粛は今直ぐ止めるべきだ

池田「5月4日、安倍首相は緊急事態宣言の延長を発表しました。安倍首相の対応は、新型コロナウイルス発生の初期段階から遅く、今も判断ミスを連発している。そうなった最大の原因は、経済産業省の現役官僚である今井尚哉秘書官を筆頭とした側近の役人と、各種専門家や日本医師会の意見を安倍首相が鵜呑みにしていることです。役人は役所と所管する業界の利益を守る視点に立って意見を言うし、医師会の専門家は医療業界のことを最優先に考える。安倍首相は国の代表者として国民全体の視点で考えて結論を出すべきなのに、彼らの偏った意見を聞いているから、国民の目線からズレてしまうのです」

――そうかもねー。
池田「例えば、ウイルスが発生した初期段階では、経産官僚がインバウンド景気を支える中国に過剰な気遣いをしたせいで、対応が遅れました。直ぐに中国からの全便を止めて、中国からの人の流入を制限していれば、今のようにはならなかった。しかも、インバウンドの経済効果などGDPの1%程度しかないので、そこまで景気に深刻な影響はなかった筈です。安倍首相と役人たちは“小”に気を取られて、“大”を見失ったのです」

――判断ミスだなぁ。
池田「そのせいでウイルスの大量流入を許し、外国人ではなく、日本人の生活を大幅に制限して、経済的な犠牲を与えることになってしまった。それでも、安倍首相の判断ミスを導いた今井秘書官らは、責任を取ることも批判に晒されることもなく、今も平気な顔で官邸内を闊歩している」

――ムカつくなー。
池田「医療の専門家たちからの助言に関しても、安倍首相は解釈を誤りました。『ウイルス感染を抑制するにはどうすべきか?』と専門家に問えば、『人の移動の停止です』と答えるに決まっているし、間違ってはいない。でも、医療の専門家はあくまでも医療崩壊の阻止を最優先に考えていると理解した上で、話を聞かなければなりません。彼らは経済的な理由で国民の生活が事実上死ぬこととか、多額の補償で国の財政が破綻するといった心配など、一切しないからです」

続きを読む

テーマ : 経済
ジャンル : 政治・経済

【カオスを飲み干せ!挑発的ニッポン革命計画】(251) コロナショックで日本のメディアは変われるか?

https://wpb.shueisha.co.jp/news/society/2020/05/18/111291/


キャプチャ  2020年5月25日号掲載

テーマ : 報道・マスコミ
ジャンル : 政治・経済

【私のルールブック】(247) 世間様からどんな目で見られようとやらなきゃいけないことをやるのみ

先日、いつものように朝早くからワンちゃんたちのお散歩をしていると、恐らくご近所さんだと思うのですが、これまで面識がなかった方に声を掛けられたんです。「本当に、ご自分で散歩をされているんですね」と。私はどう答えていいかわからず、「あっ、一応」と曖昧にしか返事ができなかったのですが…。その日の夜、彼女さんと晩御飯を共にしたので、その話をしてみると、「知らなかったの。私たちにしてみればびっくりだけど、そう思っている人、結構いるみたいよ」と言うのです。いやいや、ちょっと待って下さいよ。私は毎朝4~5時の間に起きて、一年中、夜明けと共にワンちゃんたちのお散歩を5組に分けてしているじゃないですか。ブログだって朝の4時から更新する芸能人って、私の他にいるんだろうかと思うぐらいマメにやっていますし。夜だって仕事が終わったら疾風の如く帰宅し、ワンちゃんたちとお庭を走り回って相手をし、自分のプライベートな時間なんてこれっぽっちもないぐらい、お世話に明け暮れているんですから。

勿論、私と彼女さんで話し合い、困っている動物たちの面倒を生涯かけて看ていこうと決めた結果、ワンちゃん14匹、ニャンコが3匹の大家族になったわけで、何かしらの犠牲を払ってでもお世話をするのは当たり前のことなんです。だからこそ、当たり前に日々責任を果たしているだけなのですが、それを私たちが人任せにしていると思っている人がいるって? 勘弁して下さいよ~。ただ、確かに我が家のように多頭飼いをされている芸能人の中には、お世話はお手伝いさんや専門の方に任せている方もいらっしゃいます。ですが、私はそれもひとつのやり方だと思っているので、批難するつもりはありません。大切なことは、動物と暮らすと決めた以上、でき得る範囲で動物が幸せに暮らせる環境を整えることですから。私と彼女さんにはその発想がなかっただけといいますか、自分たちでお世話をしないと気が済まない性質だったんだと思います。抑々、私も偉そうにこんなことを書いていますが、我が家は彼女さんの協力なくして成立しないので。

続きを読む

テーマ : 俳優・男優
ジャンル : 映画

【タブー全開!政界斬鉄剣】(222) ピント外れな政策が続く安倍首相に悪影響を与え続ける謎の官邸幹部官僚

池田「安倍首相が打ち出すコロナ対策は、国民の感覚からズレているなと感じる人が多いようです。何故そうなってしまうのかを考えた時、首相官邸内のパワーバランスの変化が最大の原因かなと私は考えています。官邸の最高権力者は勿論、安倍首相で、ナンバー2は菅官房長官です。しかし、3年前程前から急激に菅さんの存在感が薄くなってしまいました」

――存在感が強くなったのは?
池田「首相補佐官と筆頭の総理秘書官を兼任する今井尚哉氏です。彼は経済産業省の現役官僚でもある。通常、筆頭の総理秘書官には、首相の秘書を長年務めてきた人物を政務秘書官として就かせるのが一般的です。小泉元首相時代の飯島勲さんのように。しかし、安倍首相は2012年の第2次政権発足時から官僚である今井氏を、7年半にも亘って起用し続けている。しかも、昨年9月から首相補佐官も兼務させる、前代未聞の異常な重用ぶりです」

――どうしてそんなことに?
池田「第2次安倍政権発足から暫くは、安倍首相と菅官房長官のタッグが上手く機能していました。菅さんの重要な役割は、与党議員の元に日本中から集まってくる要望や苦情、実態等を細かくタイムリーに把握して、安倍首相に伝えることでした。だから、安倍首相は役人からの話だけじゃなく、幅広い情報や国民の声を知ることができた。しかし、2017年から菅官房長官の存在感が薄くなってしまった」

――何があったんだ?
池田「そこには、省庁による秘書官を通じた政治家操縦術が影響しています。官僚の大臣秘書官とSPは、首相や大臣に一日中密着します。彼らは政治家に、『付き纏われているようで最初は慣れないでしょうが、我々を空気だと思って、普段通りの活動をして下さい』と最初に告げます。政治家も人間ですから、馴染みの飲み屋や密かな趣味を持つ人も多い。最初は恐る恐る同行させますが、いつまで経っても行った場所や誰と会っていたか等の情報が誰の耳にも届かないことに気付きます。彼らは本当に口が堅く、大臣の家族や秘書にも断じて行動を明かしません」

続きを読む

テーマ : 安倍晋三
ジャンル : 政治・経済

【カオスを飲み干せ!挑発的ニッポン革命計画】(250) コロナ後の国際社会に本当の“正義”は現れるだろうか?

https://wpb.shueisha.co.jp/news/politics/2020/05/11/111247/


キャプチャ  2020年5月18日号掲載

テーマ : 国際政治
ジャンル : 政治・経済

【私のルールブック】(246) 私が楽屋の窓から外を見ない理由

私は今、フジテレビの楽屋にひとりいる。『バイキング』の生放送を終えたところで、時間は14時9分。実は、14時からとある番組の打ち合わせが入っている為、楽屋で待っているのだが…。相手さんが来ないんですよね。嫌な予感がしたのでマネージャーさんにメールしてみたのですが、こちらも返信は無し。扨て、どうする? 待つの、苦手なんだよな。まぁ、好きな人はいないでしょうが、兎に角、苦手なんですよね。どれだけ美味しいものであろうが、行列に並んでまで食べる気はしません。並ぶぐらいならファストフードで充分です。ゲームにしたってスマホにしたって、並ぶぐらいなら廃れるまで待ちます。ただ、今の私が置かれている状況は、打ち合わせといえど大事な仕事に変わりないので、待つしかないんですよね。若かりし頃ならば、速攻でマネージャーさんに電話を掛け、責任の所在を明らかにするまで徹底的に追及していたでしょう。

しかし、50歳を過ぎた私に、その元気は最早無く…。逆に、一度仕事場に足を踏み入れると、ひとりになる時間など皆無に等しいので、どこかホッとしている自分がいます。あっ、マネージャーさんから返信が来ました。ふむふむ、どうやらこちらの責任ではないようです。ということは、相手さんの勘違いか、行き違いかのどちらかなんでしょう。いいんです。こちらに落ち度が無ければ。たとえ相手さんに非があったとしても、責める云々の話にはなりません。こちらがご迷惑さえ掛けていなければ、それでいいんです。いや、そう言ってしまうと良い人過ぎるから、信頼している相手さんだからこそ、そう思えるってことで…はい。それに、待ちぼうけを食らったからこそ原稿を書く気になれたわけですからね。原稿を書くって、そこそこ大変なんですよ。たかだか1頁、「何となく適当なこと書いてりゃいいんだろ」と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、連載ともなると、ジワジワとその1頁が重く伸し掛かってくるんです。

続きを読む

テーマ : 俳優・男優
ジャンル : 映画

Categories
Profile

KNDIC

Author:KNDIC
Welcome to my blog.

Latest articles
Archives
Counter
I'm participating in the ranking.

FC2Blog Ranking

information
Search
RSS Links
Link
QR Code
QR