尊重し合う生き方、冨原眞弓さんに聞く――ムーミンに学ぶ寛容さ、違い受け入れる心を

今年は児童文学『ムーミン』シリーズを書いたフィンランドのトーベ・ヤンソン(1914~2001年)生誕100周年。記念行事の開催などで、ムーミンが改めて話題になっている。ムーミン人気の秘密は、ムーミンに学ぶ人間の生き方とは。翻訳や研究でムーミンに詳しい冨原眞弓聖心女子大教授(60)に、東京・広尾の大学キャンパスにある研究室で聞いた。

続きを読む

バス・電車、地方にリース――国交省、自治体と共同会社…公共交通維持、企業を支援

国土交通省は2015年をめどに、地方のバスや鉄道会社に車両を貸し出す仕組みをつくる。地域単位で自治体や金融機関と共同出資会社を設立。高齢者らが乗り降りしやすい新型の車両を調達してリースする。地方の交通会社は利用者の減少で経営が悪化し、車両を更新できない例が目立ってきたため、従来よりも踏み込んだ支援策が必要と判断した。

地方自治体や地域金融機関との共同出資で特別目的会社(SPC)を設立する。これを通じて、乗降口の段差をなくしたバスや、床が低く高齢者に優しい次世代型の路面電車(LRT)などを希望する交通会社に貸し出す。10~15年程度のリース期間が終われば、その時点の簿価で売却する。こうした高齢者に優しい車両は1台あたり数千万~数億円程度と通常の車両より高額だ。今も国と地方自治体が導入費用を補助する仕組みはあるが、事業者も一定の初期投資が必要になるため導入をためらいがち。老朽化した車両を使い続けるケースも多い。

続きを読む

特別講義・エンタメ国防論――戦意高揚に音楽や映画は欠かせない、ソフトパワーから軍靴の響きが聞こえる

有事に当っては、国民に戦争の目的について心から納得してもらうことが大切です。いかに強力な軍隊を持っていても、国民が「こんな戦争は無意味だ」と思えば、戦争の継続は困難になってしまいます。逆に、国民が「断じて戦うぞ」と思えば、長く厳しい戦争さえも可能になります。国民の戦意は、時に数個師団に勝る威力があるのです。

そこで平時から国民の国防意識を高める広報が必要になるわけですが、政府が押し付けがましいプロパガンダをやったのでは、却って反発を招くでしょう。そうではなく、音楽や映画などエンターテインメントを楽しむ中で、自然に国防の大切さが国民の心の中に染み込んでいく。これこそ、最も理想的な広報のあり方だということができます。実際、昔から多くの国々でその方法が論じられ、実行されてきました。昭和戦前期の日本には、「音楽は軍需品なり」「映画は“弾丸”である」というスローガンがあったほどです。まさに音楽や映画のようなエンタメも、国防のための重要な武器であるという意味です。陸軍省情報部長を務めた清水盛明も、1938(昭和13)年に次のように言っています。「由来宣伝は強制的ではいけないのでありまして、楽しみながら不知不識の裡に自然に環境の中に浸つて啓発教化されて行くといふことにならなければいけないのであります」

では、楽しく国防の意義を説く、理想的な『国防エンタメ』とは具体的にどのようなものだったのでしょうか。

続きを読む

【耕論】 異分子よ、いでよ 

安倍晋三首相が人事でライバルを取り込み、長期政権に向けた地歩を着々と固めつつある。1強のもとで一色に染まってゆく政治。それに抗する“異分子”はいないのだろうか。

■異論、受け入れる包容力を  常井健一さん(ノンフィクションライター)
内閣改造で石破茂前幹事長が安保法制担当相の打診を断り、安倍晋三首相に物申す「異分子」になるかと思われました。しかし石破氏は「組織人として従う」と入閣します。国民がいま政治に求めるのは安定だと考えた結果なのかもしれません。では自民党の組織人とは、“安倍1強”体制に身内から異議を唱えず、トップの言いなりになるような者を意味するのでしょうか。それは違います。

続きを読む

清水建設、夜間照明の生態系への影響評価

清水建設は工事期間中の夜間照明が生態系に与える影響を評価するシステムを開発した。使う照明の種類や形状、数、工事期間、周囲の環境などから死んでしまう虫の量を予測した上で蛇や猛きん類などの餌がどの程度不足するかを計算する。周囲に保護すべき野生動物がいるダムやトンネル工事で活用し、工事受注につなげる。







c.jpg

システムでまず工事期間、周辺環境が森か水田かを入力し、保護すべき生物をクマタカなどの猛きんや両生類のサンショウウオなどから選ぶ。さらに工事で使う照明の種類を選択する。照明には水銀灯・ナトリウム灯・発光ダイオード(LED)などがある。価格は水銀灯が最も安く、ナトリウム灯で約20倍、LEDは約30倍程度だ。それぞれ何割ずつ組み合わせるかなどを決めると、照明にかかるコストと、環境への影響の指標が示される。指標が1以上になった場合、保護すべき生物に対して餌の不足が発生する。計算にはこれまでの生態系の調査のデータもあわせて使う。例えば工事現場の近くにクマタカがいる場合、クマタカの餌のうち4割が蛇、その蛇の餌のうち半分がカエル、カエルの餌のうち照明に引き寄せられる昆虫が何割といった具合だ。さらに工事期間中に照明のせいで死ぬ虫の総重量を照明の種類や周辺環境から推定する。

清水建設は今後入札などの際にシステムを利用し、生態系に影響がなく、費用を抑えた工事照明の提案で受注獲得を狙う。虫は照明の明るさに吸い寄せられ、方向感覚を失って死んでしまう。水銀灯は多くの紫外線を出す。虫の中には紫外線を可視光よりはっきり見る種類が多く、水銀灯にはたくさんの虫が集まる。 (小河愛実)


キャプチャ  2014年9月18日付掲載

肩、自然体つくる“オレの朝”――シンガー・ソングライター、所ジョージさん

常に肩の力が抜けている。しかもいい具合に。その自然体ぶりが黒澤明監督に気に入られ、遺作『まあだだよ』に出演した。作家・内田百閒を慕う陽気な教え子役。「そのままでいい」と言われ、厳しい演技指導で知られる黒澤監督からほとんど注文がつかなかった逸話が残る。「なんで肩の力が抜けてると思われるんだろうね」と苦笑しながら続ける。「好きなことやって、それが仕事にもなってるって、表面だけ見てあこがれちゃう人もいる。けれど、僕と3日も過ごしたら、きっといやになって帰っちゃうぜ」

続きを読む

声・特集版…朝日新聞に読者のみなさまから

慰安婦を強制連行したとする吉田清治氏(故人)の証言に基づく関連記事に加え、5月20日に報じた東京電力福島第一原発事故の『聴取結果書』(吉田調書)についての記事の取り消し。さらに、ジャーナリスト池上彰さんの連載コラムの見合わせ。朝日新聞の一連の問題に対し、『声』に寄せられた投稿は1000通を超えています。多くは厳しい批判です。きょうは『声』特集版で、みなさまの意見を紹介します。(『声』編集長 小森保良)

続きを読む

増える“庭ない保育園”…代わりの公園大混雑、室内で鉄棒・ヨガ

待機児童の解消に向けて、保育園の増設が相次ぐ首都圏で、園庭のないところが増えている。園庭の代わりに利用する公園は大混雑で、時間をずらして利用するケースも。子どもの体力づくりに欠かせない遊び場所をどう確保するか、現場では模索が続いている。

「みんなが後から『入れて』だよ」。横浜市鶴見区の芦穂崎公園で、認可保育所『ビーンズ保育園』の保育士が声をかけた。約40人の園児は「はーい」と返事し、一斉に走り出した。園児たちが公園に着いた午前10時すぎ、他の2園の園児計約20人が先に遊んでいた。幼い子ども向けの遊具と砂場は満員。保育士がその2カ所は「バツ」と伝えると、遊びたくても近付かない。思い切りブランコをこいでいても、小さい子が歩いてきたらすぐ止める。他の園と一緒に遊ぶ園児たちのルールだ。

続きを読む

強引な訪問販売・投資商法…悪質商法から老親を守る、“最先端商品”“劇場型”に注意

強引な商品の売りつけやえたいの知れない投資商品の被害に遭う高齢者が増えている。高齢者だけの世帯の増加で、悪質業者が標的にしている形だ。被害を防ぐために本人や家族ができることは何か。

「ご主人のためにも改修すべきですよ」。テコでも動かない住宅リフォームの訪問販売業者を前に、専業主婦のAさん(愛知県在住・78)は困り果てていた。Aさんの夫は脳梗塞で入院中。息子は静岡県に住んでおり目下一人暮らしだ。そこに言葉巧みに訪問販売業者が近づいてきた。話を熱心に聞いてくれたので「つい気を許してしまったのがいけなかった」とAさんは反省する。「夫が間もなく退院する」と話すと、おもむろに介護用設備の購入も含めたリフォームを勧めてきた。見積書を見ると数百万円と予想外の金額。内容の詳しい説明を求めたが、簡単な説明をするばかりで、強引に勧誘する。Aさんは契約問題に詳しい司法書士の船橋幹男氏に相談。代わって内容の説明を受けた船橋さんによると、とてもまっとうな業者ではなかったという。自宅に介護用設備を取り付けたり改修したりする費用については、介護保険の助成や市区町村からの支援が得られる場合があるが、「その説明は一切なく設備を高く売りつけることだけを考えているのは明白だった」(船橋氏)。取引は断ったという。

続きを読む

オバマも注目…『21世紀の資本論』が米国で40万部も売れた理由

2013年9月、専門書は1万部出ればベストセラーといわれるフランスで950ページを超える(厚さ4.4cm!)トマ・ピケティ著『21世紀の資本論』が、発売1週間で6000部も売れ、週刊誌『レクスプレス』はいち早く「経済問題はフランス人を熱中させる」と書いた。しかし、驚くにはまだ早かった。今年4月、アメリカで英語版が発売されるや、それに輪をかけた大旋風が巻き起こった。英語版では活字を小さくしたりレイアウトを変えたりして700ページにおさえているが、漬物石のようなボリュームに変わりはない(こちらの厚さは5cm)。それが発売から3ヵ月で、40万部を超えるベストセラーになっている。オバマ大統領はピケティが訪米したとき、財務長官や経済補佐官に会わせ、ノーベル経済学賞学者ポール・クルーグマンは「おそらくここ10年間で、もっとも重要な経済書」と絶賛した。なぜこんなことになったのか?

続きを読む

Categories
Profile

Author:KNDIC
Welcome to my blog.

Latest articles
Archives
Counter
I'm participating in the ranking.

FC2Blog Ranking

information
Search
RSS Links
Link
QR Code
QR