ウルトラマン&仮面ライダー…“国民的ヒーロー”のとまどいと覚悟の現在地

昨年誕生した最新の『ウルトラマンギンガ』は現在、単独ではテレビ放映もされず、イベントでしか姿を見せない不遇の状況を強いられ、先日まで公開されていた映画『仮面ライダー大戦』を観た大人層のファンの中には、“平成ライダー”に不満がある人もいると聞く。そこで、『ウルトラマン』の生みの親・円谷英二の孫にあたり、ベストセラーとなった『ウルトラマンが泣いている』(講談社現代新書)の著者・円谷英明氏と、『仮面ライダー』を再構築し続けてきた東映株式会社に話を聞き、原点を守りながらも進化を模索する、ヒーローのいまに迫った。

1966年7月17日、午後7時19分。茶の間に集った子供たちは、テレビのブラウン管に吸い込まれるように身を乗り出した。そこには、いままで見たこともない巨大な宇宙人が胸を張っていた。光の国の戦士、ウルトラマン。子供たちは身じろぎもせず、邪悪な宇宙怪獣・ベムラーと必死に戦うウルトラマンの勇姿を見守り続けた――。そして1971年4月3日、午後7時33分。ブラウン管の中では、青いレーシングスーツに身を包んだ本郷猛が富士山の麓の公道をオートバイで疾走していた。その姿を追う不気味な集団。世界征服を狙う悪の組織・ショッカーが本郷に牙をむいた瞬間だった。子供たちはショッカーに捕らえられ改造手術を受ける本郷の姿に、恐怖とともに改造後の変身した姿を想像し、激しく胸を躍らせた――。『ウルトラマン』の放送開始から、すでに48年。『仮面ライダー』は43年目となる。ご存知のように、ウルトラマンも仮面ライダーも、子供たちからの圧倒的な支持を集め続けシリーズ化され、途中で中断の時期はあったものの現在も最新作が放送中だ。

では、国民的2大ヒーローの作品の源流に何が秘められていて、約半世紀にもわたり、それぞれの世界観を構築できたのか。それを解き明かすキーポイントは“子供たちのために”という制作者側の熱き志と“スポンジ”という言葉に集約されるのではないか。

続きを読む

スポンサーサイト

天候デリバティブで日照不足備え、太陽光発電向け脚光――損保、需要開拓へ地銀と連携…固定価格買い取り追い風

降雨や曇天が続き日照時間が短くなると、太陽光発電では発電量の減少につながる。こうしたリスクを軽減するために発電事業者が活用するのが天候デリバティブ(金融派生商品)だ。太陽光発電の急拡大とともに注目を集めている。同商品を手掛ける損害保険各社は販売提携先となる地銀との連携を強化するなどで、事業者の需要に応えている。

「再生可能エネルギーの固定価格買い取り制度ができ、状況が一変した」。天候デリバティブを扱う三井住友海上火災保険の担当者は驚きを隠さない。2013年度に天候デリバティブ関連の問い合わせ件数が約300件あり、その多くが太陽光関連だった。東京海上日動火災保険でも2013年9月~2014年8月の照会件数のうち半数超が太陽光だった。問い合わせがすべて契約に結びつくわけではない。それでも、損害保険ジャパン日本興亜では2013年度の契約件数(当時は損保ジャパン)が2012年度に比べ倍増。太陽光向けがけん引役になったという。

続きを読む

【曽野綾子vs百田尚樹・憂国放談】(前編) モンスター化する親と子…この国の悪しき『平等論』

歯に衣着せぬ発言で、ときに物議を醸す2人の作家。それでも、撤回などしないのは、真実を突いているからだ。だからこそ、2人が書く小説・エッセイはベストセラーになるのだろう。閉塞感が漂うこの時代に、あえて“不平等”を肯定する。人権ばかりが叫ばれる戦後教育が生み出したのは、“バカ親とドラ息子”、そして“甘えの構造”であった。

曽野 私、じつはブラジルあたりへ“亡命”しようかと考えたことがあるんですよ。書きたいことが、日本じゃもう自由に書ける場所がなくなるだろうなと思ったことがあるんです。

書くべきことは書く。いったん公にした言葉はけっして撤回しない。曽野綾子氏(82)の作家としての矜持は、何十年にもわたるマスコミの言論弾圧との戦いの結果だった。一方の百田尚樹氏(58)も、発言を朝日新聞をはじめとするメディアに執拗に攻撃され続けてきたが、自説を曲げることはなかった。

百田 朝日は8月5日の慰安婦検証報道で自ら墓穴を掘った。こんな記事あかん、すぐ購読をやめるという読者で8月の終わりまでに部数が10万部くらい減ったらしいですわ。9月になって「今月からやめます」という読者が出てくるから、その倍は減るでしょう。でも、僕は朝日に恨みがありますから、容赦しません。曽野先生はどんな言論弾圧を受けたんですか?

続きを読む

もう1つの火薬庫…『吉田調書』“誤報”で朝日はもはや生き残れない

従軍慰安婦報道に続き、朝日の新たな火薬庫になりつつあるのが、『吉田調書』“誤報事件”だ。福島第1原発の吉田昌郎所長に取材し、現場の壮絶な死闘を描いたノンフィクション『死の淵を見た男』の著者・門田隆将氏が朝日の欺瞞を糾明し、その終焉を予見する。

「日本のマスコミも、まだまだ捨てたものではない」。私は今、しみじみとそう感じている。そして同時に、マスコミ・ジャーナリズムの世界が、“新しい時代に入った”ということを改めて認識させられている。それは、“真実”をそっちのけにして、自らのイデオロギーや主張に沿って大衆を誘導しようとする“朝日的手法”が通用しなくなった、という意味である。その点で、ここのところのマスコミ各社の朝日糾弾記事の意義は大きいと思う。

続きを読む

朝日新聞、うわべだけの謝罪を看破する!――“池上彰コラム”一転掲載を自画自賛した朝刊編集長を嗤う

まさに、朝日新聞の“9.11”事件と言うべき出来事である。11日の記者会見で木村伊量社長ら経営陣は否定してきた“誤報”を認め深々と頭を下げたのだ。だが、朝日の報道は本当に変わるのだろうか。作家の百田尚樹氏が“謝罪”の裏側を語り下ろす。

読者の皆さんは、朝日新聞社の“謝罪会見”を見てどう思われたでしょうか。満場の会見でフラッシュを浴びて頭を下げる経営陣を見て、『朝日』も捏造と誤報を反省し、報道姿勢を大転換するはずだと映ったでしょうか。残念ながら私はそう思わない。言葉では謝っているけど、本気で謝罪する意思はないとしか見えなかった。なぜなのか。その理由をこれからお話ししましょう。

続きを読む

私と日本人を貶めてきた『朝日新聞』に告ぐ! “歴史”というリングの上で“真実”の拳を受けよ!

32年たってようやく朝日新聞が慰安婦報道の誤りを訂正した。だが、検証記事は言い訳ばかりで謝罪もない。それどころか、他メディアの批判も許そうとしないのだ。自らも『朝日』の攻撃を受けてきた作家の百田尚樹氏が徹底的に語り下ろす。

これは“歴史的事件”です。8月5日・6日の両日に朝日新聞が掲載した慰安婦報道の検証記事は、それほどインパクトがあるものでした。吉田清治という“職業的詐話師”が吹聴した作り話を16回も紙面に載せた朝日新聞は、嘘だということが分かっても、それを認めることはありませんでした。そのため、「なぜ訂正しないのか」と知識人からもずっと批判され続けてきたのです。「1回だけ訂正しておいたら、もう批判されなくても済むだろう」と考えたのでしょう。そこで、32年たってようやく検証記事を載せたわけですが、記事は撤回しても謝罪はしなかった。これによって朝日はさらに十字砲火を浴びることになってしまったのです。朝日は8月28日にも追加の検証記事を掲載しています。《慰安婦問題 核心は変わらず》《河野談話、吉田証言に依拠せず》という言い訳のような記事でしたが、これはもう開き直りというしかない。

続きを読む

アングロサクソンはなぜ最強なのか――ヨーロッパの田舎国が生み出した300年続く支配の論理

近年、日本でも「アメリカの衰退」「覇権の終焉」などという言葉をよく耳にするようになりました。たしかに外交・軍事的にはイラク・アフガニスタンからの撤退、経済的にはリーマンショックなど、一見、アメリカの力は後退しているように見えるかもしれません。しかし、それだけで世界の大勢を判断するのは、あまりにも表面的に過ぎるのです。グローバル時代を生き抜くには、まず“正しい世界地図”を手に入れることから始めなくてはいけません。

私の考えでは、広い意味で見た場合、アメリカの力はおよそ30年前、冷戦の末期と比較しても決して衰えてはいません。それどころか、21世紀にはますますその力を増していく可能性が高いと考えています。どうしてそうなるのかを説明するには、そもそもアメリカの覇権とは文明的にどういう特質を有しているか、そして、その歴史的成り立ちに目を向けなければなりません。

続きを読む

フジ系不倫ドラマ、三竿プロデューサーに聞く――昼顔、奥底の本音「私にも」…思い出すかつての恋

フジテレビ系のドラマ『昼顔~平日午後3時の恋人たち~』が話題だ。18日放送の第10話の視聴率は16.7%と最高を記録した。夫を会社に送り出した後、家事をきちんとこなし、昼間にほかの男性と恋に落ちる主婦“平日昼顔妻”が主人公。はまっているのは既婚未婚問わず20~40代の女性たちだ。不倫ドラマはこれまでもあるが、心引かれるのはなぜか。あすの最終回を前に、プロデューサーの三竿玲子さんに聞いた。「候補はいろいろあったんです。女2人のバディものとか。でも、女性が主人公のラブストーリーを作りたいという思いがあった」。三竿プロデューサーは振り返る。きっかけは、脚本家の井上由美子さん、監督の西谷弘さんと企画会議をしていたときのこと。情報番組で“平日昼顔妻”の特集を見たとぽろっとこぼしたことから始まった。「話は盛り上がり、主婦の恋愛でいこうと」

続きを読む

定年夫“昼別居”のススメ、亭主はずっと元気で留守がいい――家事は自立、妻の時間大切に

亭主元気で留守がいい――。この言葉が世の夫たちに問いかけるのは、実は老後の過ごし方なのかもしれない。定年後は『濡れ落ち葉』などと妻から厄介者扱いされることもあるだけに、円満さを保つ努力が欠かせない。家事を分担したり、できるだけ家以外の居場所を作ったり。老後に男を上げるため、夫たちに必要な心得を考えた。

「毎日午前10時から午後2時ぐらいまでは外出する。妻が昼食の支度をしなくて済むからね」。夫が話すと妻もにっこり「四六時中、家にいてほしくない」と言い切った。大阪市内に住む河南昌宏さん(62)と、妻の厚子さん(56)。円満な関係の秘訣は、昌宏さんが2年前にビルの保守・点検会社を定年退職して以来続ける生活スタイルにある。ポイントは昼食は別々に取るということだ。

続きを読む

MJ1200人アンケート、マック離れ深刻6割――鶏肉問題、カフェへの流出…カサノバ社長“苦戦”

日本マクドナルドの社長兼最高経営責任者(CEO)にサラ・カサノバ氏(49)が就いて1年あまり。既存店売上高が前年実績を上回ったのは今年1月だけ。仕入れ先だった中国の食肉加工会社が使用期限切れの鶏肉を使用していた問題だけではない。価格・サービスに対する顧客満足度が低下していることも見逃せない。日経MJは約1200人の消費者アンケートを実施、“マック離れ”の深層を探った。

9月中旬の平日午後、マクドナルド渋谷東映プラザ店(東京・渋谷)は会社員や学生らでにぎわっていた。100席を超える座席はほぼ埋まり、カウンターに行列ができることもあった。ただ、利用者に声をかけると、7月下旬に発覚した鶏肉問題が消費行動に影響していた。女子大学生(19)は『マックシェイク』を買った。「鶏肉問題があってからチキンは食べない。シェイクならいいかな」と話した。女性パート従業員(23)も「“チキンマックナゲット”は食べないようにしている。今日は“てりやきマックバーガー”を注文した」。彼女は2週間に1回程度のペースで利用してきたが、鶏肉問題以降、足が遠のいたという。

続きを読む

Categories
Profile

Author:KNDIC
Welcome to my blog.

Latest articles
Archives
Counter
I'm participating in the ranking.

FC2Blog Ranking

information
Search
RSS Links
Link
QR Code
QR