【小保方事件で失ったもの】(前編) トップ研究機関・理研は立ち直れるか

2014年、STAP細胞の話題が世間を独占した。30歳の“リケジョ”が画期的な研究結果を出したとして、日本中がその業績を讃えたが、その論文に不正が見つかると、世論は牙を剝いた。報道は過熱し、ついに自死者まで出ることになった。問題がここまで大きくなった原因には、理化学研究所(理研)の対応のまずさがある。STAP細胞の“事件”は、日本のトップ研究機関である理研、ひいては日本の研究体制に大きな欠陥があることを示している。 (榎木英介)

理研は日本資本主義の父と呼ばれる実業家・渋沢栄一らの尽力により、1917年に財団法人として設立された。戦前から『主任研究員制度』を設け、研究者の自由裁量にまかせた研究が行われるなど、“科学者の楽園”とさえ言われた研究機関だった。戦後は体制が何度か変わり、2003年に独立行政法人になり現在に至る。ノーベル賞受賞者の野依良治博士が独立行政法人の初代理事長になり、以来11年にわたり理研を率いている。理研は文句なしに日本のトップ研究機関である。トムソン・ロイター社が発表した『インパクトの高い論文数による日本の研究機関ランキング』によれば、理研は大学を含めた日本の研究機関の5位に位置し、旧帝国大学の半数以上を凌駕する。政府が理研を『特定国立研究開発法人』に指定しようとしているのも、自他共に納得行くものだった。

ところが、そんな理研で研究不正事件が発生した。研究不正自体はどの研究機関でも発生している。STAP細胞の件で撤回された論文は2報(3月に発表されたSTAP細胞の作製方法の論文をあわせれば3報)であり、50報を超える論文に疑義がある東京大学の不正事件に比べれば、数としては少ない。問題は理研の対応である。

続きを読む

前開き、男用パンスト市場開く――おしゃれ・ぽかぽか・動きやすい、“反ももひき派”注目

パンストを愛用する男性が増えている。これまで女性のものと思われてきたパンストだが、男性向けは前開きがついていたり、伝線しづらいようにつま先が補強されていたりと、女性向けとは全く違う仕様。ちょっぴり恥ずかしさを感じながらも、外回りの営業やレジャーなどに欠かせなくなっているようだ。 (浦崎健人)

「足の大きい私に合う商品がなくて困っていた。やっとちょうどいいものが見つかった」――。通販サイトのコメント欄に、パンスト購入者の喜びの声が投稿されていた。よく見ると投稿者は男性。パンストといっても、男性用の売れ筋は、タイツと大差ない厚さで脚が少し透けて見える程度の商品だ。「毎日はけるように6本ほど持っている」。こう話すのは、千葉県松戸市に住む建設資材メーカーの営業マン・松田貢一さん(35)。寒い日の営業にパンストは必須のアイテムだ。特に建設現場に出向くとき、つま先まですっぽり覆うパンストをはいておけば、寒さ対策はばっちり。防寒タイツに比べて生地が薄いため、細身のスーツを着ても着ぶくれしない点が気に入っているという。防寒対策としてズボンの下にはく『ももひき』は、主に60歳を超えた男性に愛用者が多く、タイツも同様だったという。だが、最近は「スポーツをするときにレギンスをはく習慣が定着し、今の若者は腰からつま先まで覆う下着に抵抗がない」(下着大手)ため、20~30代の間にもパンストやタイツが徐々に浸透してきた。「最初にはくときも特に抵抗はなかった」(松田さん)というように、“格好悪い”という印象は薄まっている。

続きを読む

独サッカー磨く“12番目の選手”――SAPのビッグデータ技術、1試合4000万件…即座に解析、超高速処理が武器

欧州IT(情報技術)業界の雄・独SAPがビッグデータ技術を核に新市場の開拓を急いでいる。切り札はデータを瞬時に超高速処理する独自技術だ。顧客を大企業中心からスポーツや医療に広げる。今や世界最強と呼ばれる独サッカーを支える黒子的な存在だ。

「今日のトーマス・ミュラーの平均時速は3km。パス成功率は83.3%」。SAPのデモ画面でドイツ代表の中心選手のパフォーマンスが映し出された。昨年、SAPはスポーツ・娯楽・メディア産業を“25番目の有望な業種”と定め、特にドイツで盛んなサッカー分野で浸透を図ってきた。ビッグデータを活用し、“ITサッカー”を支える。その集大成が今年のサッカー・ワールドカップ(W杯)ブラジル大会だった。ドイツは強靱な体力・精神力という伝統的なスタイルに加え、スペインを思わせるパスワークも持ち合わせ世界を制覇した。

ドイツのITサッカーを実現したのがビッグデータを高速処理するSAPの技術『HANA』と、それを駆使した解析サービスだ。HANAは大量データをサーバーのメモリー上でリアルタイム処理する超高速処理技術だ。従来のハードディスクなどを使った処理技術よりも1万倍以上速く、わずか数秒で必要なデータを利用できるという。ドイツ代表の練習中にピッチに置かれた8ヵ所のカメラが選手の動きを毎秒とらえ、走る速度・位置・ボール保持時間などのデータをHANAに集める。1試合で集まるデータは実に4000万件。データをコーチ陣が分析し、その場で選手に動き方を指示する。“見える化”で選手も納得感を得ながら練習に取り組む。パスの意識を植え付け、平均のボール保持時間は2005年の2.8秒が1秒に短縮した。“高速パスサッカー”を進化させた。データ解析により、選手の疲労状況や回復のタイミングの予測も可能だ。「我々の技術はピッチ上の12番目の選手だった」とSAPのビル・マクダーモット最高経営責任者(CEO)は誇らしげに語る。

続きを読む

「そんな会社には…」のひと言で迷走…親が反対、内定ブルー――企業も対策、子の決断尊重を

就職活動を勝ち抜いて内定式に臨んだ大学4年生。あとは入社まで学業や思い出づくり、という人は多いだろう。ただ内定を得てから親の反対に遭い、方向転換を迫られたケースが最近目立つ。親密さを増した親との関係に、内定先企業との板挟みもあって学生の悩みは深刻だ。入社直前まで続く親子模様を追った。

「『そんな会社に入るとあなたの経歴に傷がつく』と言われて」――。東京都内の私立大学に通う木村真帆さん(仮名・22)は最初の内定を得た夏、母親から掛けられた厳しい言葉を今も思い出す。人材・教育分野に興味があったが、大手の選考では苦戦。やっと内定したのは研修支援のベンチャー企業だった。しかし両親の反対で渋々就活を続けることに。何社かは最終面接まで進んだが、身が入らなかった。「勉強を続けたら?」という父の勧めに、結局は米国留学を決めた。留学自体は憧れていたので今は気持ちが切り替わったが、割り切れない思いは残った。入社先を変えた学生も少なくない。埼玉県から都内の私立大に通う山本清志さん(同・23)は飲食業界に内定したが、客を装って店をチェックしてきた母に「もっといい会社があるわよ」と言われ、口論に。後に内定が出た小売業への就職を決めた。

続きを読む

玄界灘を超えて、韓国現地取材――女子会のテーマは「We love Japan!」

本誌女性記者が、ソウルで「日本のいいところを教えて!」と聞き回ったところ、多くの人が挙げたのが、想像どおりアニメやゲームだった。でもそれだけ? 日韓関係がこれ以上ないほど悪化するなか、韓国人がひそかに感じている“憧れの国ニッポン”への思いとは? (取材・文 瀬川牧子)

産経新聞の前ソウル支局長が朴槿恵大統領の記事を書いて起訴されるなど、日韓関係は最悪なまでに冷え込んでいる。実際、日韓の民間団体が今年7月に実施した世論調査では、相手国に悪い印象を持っている比率は、日本で54.4%・韓国は70.9%と、かなりの数字になっている。では実際のところはどうなのか。女性記者がソウルに飛び、韓国人の“本音”を聞いてみた。

ソウルに着いてまず向かったのは、多くのお土産物店がひしめく仁寺洞。お粥屋でアルバイトをしていた朴曙英さん(20)は、いきなり「私をそよ風と呼んでください」と、流暢な日本語で話しかけてきた。「私は日本の明治大学に入学したくて去年受験したんだけど、落ちちゃったんで、来年も再チャレンジします。留学したくて日本語を3年間勉強しています。韓国には数えきれないほどの日本語塾があって、月謝は1万円くらい。私は日本のアニメや漫画がとても好きで、満開の桜の下で主人公が自転車で通学するとか、そういう柔らかい風景描写に心から感動します。“君に届け”とか“彼氏彼女の実情”とか美しい漫画がお気に入り。じつは学園漫画って、韓国にはないんですよ」

続きを読む

本誌45周年記念対談――気概・執念・実行…永守氏と柳井氏、経営者の持論

世の経営者はほかの誰を評価し、自分の参考にしているのか。その実態を知るために、本誌は東証1部上場企業の経営者にアンケートを実施した(結果および詳細は本誌2014年11月17日号に掲載)。今回の調査で高く評価されたのが、永守重信氏(日本電産会長兼社長)と柳井正氏(ファーストリテイリング会長兼社長)だ。強烈な個性を持つ2人。貪欲に世界トップを狙う経営は、互いに通じるところも多い。M&Aから後継者まで、持論をぶつけ合った。 (聞き手は本誌編集委員 山川龍雄)

──お二人ともソフトバンクの社外取締役として定期的に顔を合わされているそうですね。
永守「そっちは柳井さんが先輩ですね。私も以前から頼まれていたんですが、自分の会社を放置してよその社外役員はできないのでお断りしておったんです。ただ今回は、孫さんの大胆な経営を勉強させてもらおうかと。柳井さんはソフトバンクが大赤字を出した苦しい頃から続けておられる。社外取締役は会社が赤字になると逃げ出すものですが、そのまま残って発展を支えてこられた」
柳井「自分はもともと永守さんのファンだったんです。本を読んで、お会いしたいなと思っていたところにパーティーか何かでお会いしたのが最初です。その後、僕も講演に行ったし、永守さんにも私の講演に来てもらった。日本の経営者を信用していませんが、永守さんは一生懸命に経営している数少ない人物で、僕にとっては先生です」

──お二人とも成長にかける執念では日本の経営者の中でも傑出しています。
永守「我々の業種は世界で一定のシェアを取っていかないと健全な利益が出ないんです。最近はグローバルな供給体制が求められているので、小さな会社でいいということはあり得ない。ゼロから会社を立ち上げ、今は1兆円に向かっていますが、一番苦しかったのはゼロから10億円の間です。当時は借金したら同額の生命保険に入ったわけで、命が懸かっていました。それを思えば、これから何があってもたかが知れている。1兆円を10兆円にするのもそれほど難しくないと見ています」
柳井「グローバルプレーヤーでなければ生き残れない点は、小売業でも同じですね。働く人も経営者もサプライヤーさんも、成長しない会社に何の楽しみがあるんですか。それに、規模が大きくなってもやることは変わらないんですね。同じことをやって、より多くの人を幸せにできて、社会に貢献できる。利益を伴っている限り、成長するほどいい。孫さんじゃないですが、1兆円・2兆円は豆腐の1丁・2丁と同じつもりでやらないと」

続きを読む

【創論】 生殖補助医療どう法整備――参議院議員・古川俊治氏、東京財団研究員・橳島次郎氏

自民党のプロジェクトチームが生殖補助医療についての法案をまとめた。第三者からの精子・卵子提供のほか、代理出産を限定的に認める内容だ。法制度がないまま実態が先行してきた現状に、どう向き合うべきなのか。PT座長の参議院議員・古川俊治氏と、東京財団研究員の橳島次郎氏に聞いた。 (聞き手は編集委員・滝順一、辻本浩子)

――なぜ第三者がかかわる生殖補助医療についての法律が必要なのでしょうか。
「海外に渡航し行われている実態があるからだ。例えば、日本では卵子提供は学会が事実上禁止している。そのため海外で提供を受け、妊娠するケースが年100組はあるといわれる。きちんとしたルールのもと、国内で安全に、無償で行われる必要がある」
「初婚年齢が高まり、40歳ぐらいから不妊治療を受ける人も多い。卵子の提供を受けるという選択肢がないために、高額な治療をひたすら続けているのは非合理だ」

――代理出産(代理懐胎)も限定的に認めています。
「出産というリスクを他人に負わせることであり、多くの問題がある。そのため、先天的に子宮がない女性などごく限定的な条件のもと、国が指定する医療機関だけで行うこととした。夫婦と代理出産する女性との法律関係を明確にし、争いも起こらない形に、と考えている」
「問題が多いために、フランスなど禁止した国もある。ただその場合は、海外に行ってやってしまう。それは好ましいことではないだろう。きちんとルールを決め、それ以外は認めないと明確にするほうがいい」

――代理母として想定されるのはどんな人ですか。

続きを読む

【若者50年の足跡】(08) 熱狂、新宿(アバンギャルド)から秋葉原(オタク)へ――街、祝祭の舞台変遷

毎日夕刻、新宿の靖国通りに面したジャズカフェバー『DUG』に写真家の中平穂積(78)がふらりと現れる。彼は同店の経営者。1961年に前身のジャズ喫茶『DIG』を25歳で開店し、以来50年以上、新宿に根を下ろしてきた。常連には物書きや写真家・映画関係者が多い。「1960年代には唐十郎はじめアバンギャルド(前衛的)な表現者が集まる、刺激的な街だった」。中平は回想する。和歌山の高校生時代にジャズに興味を持ち大学進学で上京。ジャズ喫茶に通い詰めたが「レコードもよくない、コーヒーもまずい」。ならば自分で理想の店を作ってやれ――。最初の店を開くやジャズ好きな学生のたまり場となった。戦前から盛り場文化が栄えた新宿。戦後の1950年代後半には再開発のエネルギーが充満した。米国発の民主主義により封建的な家制度から解放された若者、地方から首都に押し寄せた若者が、庶民的で飾らぬ街に引き寄せられた。

続きを読む

【防げ“老年破産”】(04) 老後の保険を再点検! 「60歳で入れる」は要注意

“掛け替え”はひと苦労、“更新”は負担激増、“解約”は物騒…定年を前にすると、保険にはさまざまな選択肢が生まれるが、いずれも待ち受けるのは困難だ。しかし、なかでも最悪なのは“放置”。では、安心な老後はどっち!?

次男が大学を卒業したとき、ちょうど保険の更新時期が重なったHさん(53)は、勤務先に現われた保険代理店の営業マンにこう提案された。「これまで4000万円かけていた生命保険を、1000万円にダウンサイズしませんか」。働き盛りのHさん。一家の大黒柱としてフル回転してきた。「自分の価値まで4分の1になってしまうような気持ちになりましてね。担当者に『さては保険金を出し渋っているんだろう』と言ってしまいましたよ」。訝しむHさんをなだめつつ、営業マンは続けた。「男性はみんな最初はそうおっしゃるんです。でも、生命保険より入院保険を手厚くしましょう。現状では入院3日めから保険金が給付されることになっていますが、今後は即日に受け取れたほうがいい。ガン保険も最新の治療に対応したものにしましょう」。Hさんの保険料は月額約2万5000円とほぼ同じままだったが、生命保険と医療保険の構成比は大きく変わった――。

続きを読む

【ふるさと再訪】福島・いわき(08) 四倉の海で、地魚愛…風評に挑む

名物だった魚の天日干しの板が撤去されて、3年8ヵ月がたつ。いわき市北部の四倉町。『サンマのみりん干し』のルーツと言われる当地で創業60余年の大川魚店の裏では、冷凍庫を改造した乾燥機がフル稼働している。放射性物質の付着を防ぐためだ。「本当は天日が一番よく旨みを引き出すんですが……」。3代目社長の大川勝正さん(40)の声は、思いのほか明るかった。原発事故の影響は大きい。いわき市漁業協同組合の試験操業は昨年10月に8魚種から始まり、最近は55種。大川魚店の売り物は地魚とかす漬けなどだが、長らく地魚は消えた。当初から試験操業で採った魚を仕入れ特設コーナーで販売している。「最初は全く売れなかったが、かす漬けも含め検査データを公開し、最近は地魚が売れます」。問題は風評被害だ。震災後の初夏、東京の百貨店の物産展である出来事があった。青森産ホタテのかす漬けを買った女性が翌朝、「主人と息子に怒られた」と恐縮しつつ、返品に来た。「材料は県外産でも福島ブランドはダメなのか?」

続きを読む

Categories
Profile

KNDIC

Author:KNDIC
Welcome to my blog.

Latest articles
Archives
Counter
I'm participating in the ranking.

FC2Blog Ranking

information
Search
RSS Links
Link
QR Code
QR