【若者50年の足跡】(09) “聴く”“歌う”から“創る”へ――音楽、舞台はネットに

“聴く”だけの立場から“歌う”体験を経て、みんなで“創る”ものへ――。この50年、若者と音楽の関わりは劇的に変化してきた。背景に経済情勢の変化と技術の進歩がある。人は思春期や青春期に聴いた音楽を一生聴き続けるとも言われる。今の若者と音楽のかかわり方からは、何十年後かの未来も垣間見える。

音楽市場を“レコード盤やCDなどパッケージソフトの売上高”とするなら、今は深刻な不振にある。ピークの6074億円(1998年)から2704億円(2013年)へ半分以下に減っているからだ。CDの不振を補った『着うた』などの有料配信も、2009年の909億円が2013年には416億円へと、やはり半分以下に。若者人口の減り方を上回る縮小ぶりだ。若者は音楽と縁を切り始めたのか。そうではない。年長者の見えない形で音楽を楽しむ姿がカラオケの人気曲ランキングでわかる。エクシングの通信カラオケ『JOYSOUND』の集計では2013年、10代が歌った上位20位のうち10曲、20代では20曲中6曲が音声合成ソフトによる歌、通称“ボカロ曲”だったのだ。

続きを読む

スポンサーサイト

巨人・阿部慎之助も被害者か!? あの“ちょい悪オヤジ”は刑事告訴を――芸能・スポーツ界“女体恐喝”、訴えられた男直撃!

阿部慎之助の愛人騒動をはじめ、数々の芸能・スポーツ界の事件への関与が噂されるX氏。ある“女体恐喝”事件の“主犯”として告訴され…被害者はあの有名編集長だった!

「俺さ、誰が仕組んでいるのか分かってんだよ。知ってるぜ俺。誰がやってるか、知ってるぞ!」。読売巨人軍の阿部慎之助捕手と、元グラビアアイドルの小泉麻耶(26)の長年の愛人関係について報じた『週刊文春』。文春記者の問いかけに、阿部はこのように答えたという。阿部のコメントの真意を巨人軍関係者がこう明かす。「阿部が言っているのは格闘技関係会社元社長のXです。阿部は小泉との情事を“記録”されているのではないかと、心底、怯えていました」。文春の報道によると、小泉は以前所属していた事務所関係者に“性接待”を強要されたとトラブルに。事務所関係者と小泉の情事を記録したとされるビデオの一部も文春に掲載された。この一連の騒動で、小泉側の背後にいたといわれているのがX氏だ。当時、阿部も小泉との情事を記録したビデオが流出することを懸念していたという。「もっとも阿部は、知人からXの仕業と聞いただけのようで、金銭の要求や接触はないということです」(同前)。小泉の現在の事務所にX氏の関与を確認するとマネージャーはこう答えた。「すでにこの件の事情を社長が小泉から聞いておりますが、小泉からXさんの関与は聞いていません。阿部さんとは、もう別れたということです」

関係者の間で、小泉のビデオの流出元がX氏であるといわれるのには、それ相応の根拠がある。「ある大物歌手の薬物騒動や、別の歌手が脅迫で逮捕された事件などで関与が噂されたのがXです。トラブルを聞きつけて、というよりも、トラブルを起こさせてから仲介に入るというのが手口。Xは、プロ野球選手を多く輩出している高校野球部OBで、巨人軍のエース級投手をはじめ、プロ野球選手とのつき合いも多いようです。過去には、ある投手の女性トラブルでも名前が浮上していました」(警察関係者)。マスコミ業界では、ある意味“有名人”だったX氏。じつは、本誌の取材で、ある恐喝事件で再びその名前が取り沙汰されていることが判明した。

続きを読む

年収1億からドン底へ、周りが全部債権者に見えた…それでもまた成功したい!――『マネーの虎』たち、転落後の地獄の10年を全告白

「ノーマネーでフィニッシュです」。俳優・吉田栄作(45)の声が冷たく響く。絶望・諦め・号泣……様々な表情を浮かべるチャレンジャー(出資希望者)に、虎たちが容赦なく吠える――。「その顔としゃべり方が、めっちゃ腹立つ。開き直ってるじゃないですか。謙虚になれよ!」「あなたは悪意のない泥棒だよ。悪意のない泥棒が、一番タチ悪い」「ヒジョーに浅い、人間が浅いわ」。ITバブル最中の2001~2004年に放送された異色の“投資バラエティ番組”『マネーの虎』(日本テレビ系)。各業界で成功した経営者=“虎”たちが時にキバを剥き、時にネコになりながら提案された新事業を審査し、出資するかどうかを決めていた。毎週、辛辣な意見で出資希望者をこき下ろしてきた“虎”たち。番組終了から10年が経過した今、彼らはどこで何をしているのか。

とんこつラーメン店『なんでんかんでん』で一世を風靡した、川原浩史(50)。絶頂期には年収1億円超を稼ぎ出していた。当時よりも痩せたが、ギラギラした眼光は変わらない。「あの頃は、街を歩いてるだけで話しかけられるようになったね。突然『ごちそうしてくれ』って言われて、牛丼をおごったこともあるよ。ピーク時は年商3億、僕の給料も月に1000万くらいはあったからね。番組に出演できなかった人が、直接店に融資のお願いをしにくることもありました。実際に出したこともありますよ。“被るだけで毛が生える帽子”とか。2000個作ったけど、全然売れずに今も残っていて、大損。1個3000円で作ったから600万。講演会などで手売りしたけど、まだ千数百個残っているんです。売り方を変えてもう1回売り出しますよ」

続きを読む

【ふるさと再訪】福島・いわき(09) 感動の伝道師、手品で生み出す笑顔

その人は“火の車太郎”の芸名を持つ。まず、いわきの歴史を知らなければ、と9月初旬に訪ねたのが『いわき市暮らしの伝承郷』。いわきニュータウン(中央台)の県立公園内に、江戸時代後期から明治初期までの伝統的な民家を移築し、民具・農具も保存した体験学習施設として1999年に開園した。昨年4月から館長を務めるのが、小野浩さん(60)だ。話は立て板に水。江戸時代以来の歴史、『一山一家』の文化を築いた常磐炭鉱の歴史や、東日本大震災後の市内の現状などを解説してくれた。最後にもらったのが祭りのチラシ。「今夜、私も出るので来ますか?」。いわき駅の南にある『薬医神社』へ行くと、秋の例大祭が行われていた。神社には舞台が設けられ、人々の熱気で溢れている。メインイベントが『いわき芸能倶楽部』のマジックショー。小野さんは“火の車太郎”としてタキシード姿で現れ、トランプやリングなどを使った手品を披露し、笑いと喝采を浴びた。

続きを読む

【テレビ、見てますか?】(後編) 大河ドラマ『花燃ゆ』、吉田松陰の激しい生涯

2015年のNHK大河ドラマのタイトルは『花燃ゆ』。吉田松陰の妹で、久坂玄瑞の妻となった文が主人公だそうである。どこか既視感があるのも致しかたない。2013年の大河ドラマ『八重の桜』は、会津藩士・山本覚馬の妹にして、2度目の結婚で新島襄の妻となった八重を主人公としていた。このドラマは会津藩の立場から幕末を描き、巷間に流布する薩長中心のものとは違う歴史像を示してくれた。長州藩はあざとく政略的な存在として描かれた。それからわずか2年、今度は長州藩から見た幕末維新像が語られることになるのだろう。この2作とも、表舞台に立った男たちではなく、妹として妻として、彼らを支えていた女性を主人公に据えるあたり、『男女共同参画社会』を推進する平成の御代の政府方針に忠実で、さすがNHKである。ただ、山本八重が、戊辰戦争ではみずから鉄砲を放って西軍兵士を倒し、夫の死後は同志社の発展に尽くし、また篤志看護婦としても活躍した女傑だったのに対して、杉文のほうは、久坂玄瑞が禁門の変で戦死してからしばらく孤閨を守ったのち、姉の夫であった楫取素彦と再婚して夫を支えたくらいで、青史に遺る偉業を成しとげた人物とは言いがたい。したがって、文の兄・吉田松陰が、大河ドラマ前半の実質的な主人公となることが予想される。

では、松陰とはいかなる人物だったのであろうか?

続きを読む

【テレビ、見てますか?】(前編) 『花子とアン』『あまちゃん』…大ヒット朝ドラはこう作る

朝ドラは正式には連続テレビ小説という番組名で、現在放送中の『マッサン』で第91作になります。第1作は1961年度放送の『娘と私』。50年以上にわたるロングセラーの番組は、制作する我々にとって毎回が勝負であり、決してヒットが約束されているわけではありません。数年前までは、内容のマンネリが指摘され、視聴率の長期的凋落に歯止めが利かない状況が続いていました。それが奇跡のV字回復を始めたのは『ゲゲゲの女房』(2010年度前期放送)からです。朝ドラはもともと朝8時15分からの放送でした。それを15分繰り上げて朝8時からの放送にしたのは『ゲゲゲの女房』からです。このおかげで、それまでは7時のニュース→8時からの民放のワイドショー→8時15分から朝ドラと、視聴の流れがチャンネルをまたいでいたのが、7時のニュース→8時から朝ドラ→8時15分から『あさイチ』というシンプルな流れになりました。この放送時間の移設がV字回復のまずもっての大きな要因です。

次に、新しい“柱”の発見も、ヒットの要因と言えるでしょう。そもそも、朝ドラには外してはならない鍵があります。それは「朝ドラはホームドラマである」という大原則です。朝ドラは毎作、様々な題材をとりあげていますが、必ず主人公が家族の中でどのように成長していくか、あるいは結婚して自分の家族をどう築き上げていくかを描いてきました。そして幅広い世代の視聴者に共感してもらえるよう、ドラマの中ではおじいちゃんやおばあちゃんから孫まで揃う大家族を基本としてきました。ところが深刻なことに、現代の日本では『ホームドラマ』の成立が難しくなっています。いまや各世代が揃う大家族はユートピアです。現実では親と子の関係が複雑になっており、肉親同士で殺し合うという凄惨な事件も珍しくありません。さらに、若いヒロインが夢に向かってまっしぐらというドラマは、リアルな日本の現実からはかなり浮いた設定になっています。この内容面での制約が朝ドラの長期的凋落傾向の最大原因でした。

続きを読む

【原発事故の現在】(後編) 福島県、内部被曝のレベルは非常に低い

放射性物質を体内に取り込むことによる被曝することを内部被曝と呼ぶ。我々の身体には放射性カリウムに代表される放射性物質が元々存在し(カリウム40は体重あたり約50Bq程度)、それらからの内部被曝を日常的に受けているが、東京電力福島第1原発事故にて、セシウム(最も代表的な放射性物質であり、追加被曝の9割以上を占める)を含む放射性物質が環境中に放出されたため追加の内部被曝を受けることとなった。ホールボディーカウンター(WBC)による内部被曝検査は、そのような放射性物質が被験者の体内に存在するかを調べる検査である。これまで市町村主導・個人・福島県・JAEA・各大学によるものなど様々な場所で行われてきた。福島県内だけで一般住民を対象としたWBCは既に40台以上配置されており、50万人以上の検査が終了している。事故から半年後の2011年9~10月のWBC検査では、50%以上の被験者から検出されていたセシウムは2014年春現在、小児から検出されることはほぼ皆無、大人からも検出限界を超える率は数%以下となった。南相馬市では学校検診としてWBC検査が導入され、98%以上の小児が2013年5月から8月にかけて検査を受け、全員が検査限界以下を維持している。大人の検出率も年々低下し、低い状態を維持している。福島県内の他の場所でも同様の結果が得られている。

慢性的な内部被曝、言い換えると現在の福島県内での生活上でのセシウム摂取は非常に低いレベル(以前より我々が日常的に受けている内部被曝より2桁以上低いレベル)を維持していることを示している。内部被曝のリスクは空気では無く汚染食品摂取が主であるが、今現在流通している食品に関して大きなリスクはない。この状況はチェルノブイリと大きく異なり、福島県の農家の方々・多くの父母たちの努力の結果である。検出されないことは、県内の現状の日常生活にて1日あたり平均数Bqのセシウム摂取すらしていないことを示している(より細かく計測すれば1Bqも無い)。これは食品の放射能検査からも支持される。その一方で事故とは関係なく、ビール缶1本とポテトチップス1袋を食べれば、40Bq程度の放射性カリウムを摂取することになる。

続きを読む

【原発事故の現在】(前編) 福島第1原発廃炉の決め手は“凍結”と“ロボット”

福島第1原発の汚染水問題がまた難航している。地下水が建屋に入り毎日数百トンも増え続ける汚染水。今、最大の危機とされるのが、建屋海側の地下にある配管が通るトンネル内の高濃度汚染水だ。建屋との隙間から汚染水がトンネルに流れ込み、一部が海に流出していると見られる。東京電力は汚染水を凍らせて壁を作り、隙間をふさいでトンネル内の汚染水を抜き取る対策を始めたが、その見通しは甘く、凍っていない(2014年9月中旬現在)。原因は汚染水に流れがあるためだ。そこで東電は凍らない部分にセメントなど詰め物をする追加策を検討中だが、うまくいくかどうかは事前に現場の状況を忠実に再現した試験が必要で東電が実施中だが、原子力規制委員会も東電任せにせず、試験の条件に見落としがないか現場に出向いて調べるなど、もっと積極的に関わっていく必要があると思う。

というのも地下トンネル内に溜まった汚染水を抜かないと、汚染水対策の切り札とされる『凍土壁』にも影響を与えかねないからだ。凍土壁とは建屋の周り1.5kmの土を凍らせることで、建屋への地下水の流入を大幅に抑えることができるとされ、国が建設費を負担する。懸念されるのは、地下トンネルの何千倍もの規模になる凍土壁が技術的に可能なのかという点だ。東電は、試験で凍ることを確認したと説明するが、実際の数十分の1の規模にすぎない。地中は均一ではなく、凍らない場所があれば、そこに地下水が集中して流れが早まり、いつまでたっても凍らないおそれもある。凍土壁の周りを実績のある粘土などの壁で囲う必要があると指摘する地盤工学の専門家もいる。今回、凍結工法の難しさがわかったわけで、凍土壁がうまくいかなかった場合に備えて、追加の対策を今から検討しておく必要があると思う。このように汚染水問題に手こずっているのが現状だが、実はこれはまだ廃炉工程の入り口にすぎない。

続きを読む

ぐでたま女子、だる~い本音――やる気ない卵のキャラ、言動に共感広がる

サンリオが考案した卵をイメージしたキャラクター『ぐでたま』にハマる20~30歳代の女性が急増している。ぐでたまの特徴は「忙しい現代人の本音を代弁する、やる気の無い言動」だ。休日は一歩も家から出ず、ソファからも動かないというぐでたまを体現したような“ぐでたま女子”も登場。海外からも共感の声が寄せられるほどの人気ぶりだ。 (中川竹美)

東京都中野区の大学4年生・久門れい子さん(22)は、ぐでたまをインターネットサイトで知った。「人間のような言動が面白くて好きになった」。ぐでたまがよく発する「無理」や「めんどくさい」「安定志向」といったネガティブな言葉にひかれたという。バイトや買い物などの予定が無い休日は「前日から、その日はだらっとすると決め、ソファから動かない」(久門さん)。1980年代に社会現象となったポテトチップスを食べながらテレビを見る『カウチポテト族』とは異なり、何かを食べたり、テレビをだらだら見たりはしない。テレビは録画したバラエティーをとりあえず流しておき、手元のスマートフォン(スマホ)に集中する。そして夜になり1日を無駄にしたと後悔するが、ぐでたまを見て「自分よりもさらにだめな存在がいた」と安心するという。普段は授業やバイト・サークル活動に忙しい久門さんだが、月に2~3度はこうした休日を過ごしており、自身を“ぐでたま女子”と認める。

続きを読む

【小保方事件で失ったもの】(後編) 科学者たちはなぜ『STAP細胞』に騙されたのか

STAPという名の幻の細胞があった。というのが、いまとなっては正しい言い方だろうか。少なくとも、当初発表された方法では作れそうにない。いまさらそんな細胞を論じても大した意味がないかもしれない。しかし、一時的にとはいえ、その存在が信じられたのだ。どうしてそんなことになったのだろう。 (仲野徹)

我々の体は、たった1個の受精卵から発生してくる。その過程において、200~300種類もあるさまざまな細胞へと分化する。受精卵はすべての細胞になりうる性質を有しているので、全能性である、という。そして、通常、細胞分化はこのように一方向性で逆戻りはしない。ご存じiPS細胞は、分化した細胞に遺伝子導入などをおこなうことによって作成される多能性細胞である。科学における用語の使用法は厳密だ。ES細胞やiPS細胞は、ほとんどすべての細胞になりうるが、胎盤の細胞になる能力がないので、全能性ではなくて多能性という。ちなみに、万能性というのは科学用語ではなくてマスコミ用語である。何らかの方法を用いて、分化した細胞を全能性や多能性の細胞へと逆戻り、いわば“先祖返り”させるのが『リプログラミング』である。リンパ球などを酸性溶液に浸すなどのストレスで“簡単に”全能性――多能性ではなく全能性――の細胞へリプログラミングできる、というのがSTAP細胞の“売り”であった。

もしも、であるが、iPS細胞がなければ、STAP細胞が信じられることはなかったに違いない。作成の方法はまったく異なっているけれども、山中伸弥教授らの研究で、細胞というのはリプログラミング可能であるということが、科学者の“常識”として定着していた。だから、STAP細胞も、ひょっとしたらありえるかもしれないと受け入れられた。捏造データが使われたとはいえ、どうして多くの研究者が騙されたのだろうか。これには、関連分野の研究者として、私も深く反省しなければならない点がある。

続きを読む

Categories
Profile

Author:KNDIC
Welcome to my blog.

Latest articles
Archives
Counter
I'm participating in the ranking.

FC2Blog Ranking

information
Search
RSS Links
Link
QR Code
QR