【2015年の世界を読み解く】(02) 第2次冷戦を回避するために…一触即発の世界情勢を立て直すには、すべての国を巻き込む協力体制を整えるべきだ

2014年が終わりを迎えようとする今、誰の目にも明らかなことがある。1989年以来守られてきた欧州や国際社会の政治構造が、この1年で崩れ去ったということだ。東西冷戦が終結して以来、世界情勢がこれほど緊迫し不安定化したのは初めてのことだろう。大国同士の断絶が深まるなか、欧州や中東で流血の惨事が続いている。今や世界は“第2次冷戦”勃発の瀬戸際に立たされているようだ。いや、既に新たな冷戦時代の幕が切って落とされたのかもしれない。にもかかわらず、世界平和の鍵を握るはずの国連安全保障理事会はその役割を果たせず、武力衝突や虐殺を止めるための具体的な対策を打ち出せずにいる。安保理はなぜ、危機を食い止める国際的な枠組みの構築に全力を傾けないのか。一番の理由は、冷戦終結を可能にした相互努力による信頼が崩れ去ってしまったことにあると思う。相手への信頼がなければ、グローバル化した今の世界で平和的な国際関係を築くことは不可能だ。ただし、信頼の崩壊は最近になって突然始まったわけではない。現在の危機的状況のルーツは1990年代にさかのぼる。

冷戦の終結は、欧州が生まれ変わり世界がそれまでより安全になるターニングポイントとなるはずだった。しかし、NATO(北大西洋条約機構)が1990年のロンドン宣言で掲げた約束、「欧州の安全保障を担う新組織の設立と欧州の非軍事化」は実現しなかった。逆に西側世界(特にアメリカ)は東側への勝利を宣言し、西側の指導者らは高揚感に酔いしれた。ロシアが弱体化して対抗勢力が不在だった状況に乗じて、彼らは国際社会における権力の集中に警鐘を鳴らす声に耳を貸さなかった。最近の世界情勢の緊張関係は、他国の利益を無視して自国の要求ばかりを近視眼的に主張してきた長年の姿勢の産物だ。そうした姿勢は、NATOの東方拡大やユーゴスラビア紛争・ミサイル防衛計画・イラク戦争・リビアやシリアなどさまざまなシーンで繰り返されてきた。その結果、当初の水ぶくれが今や重傷になっている。

続きを読む

【2015年の世界を読み解く】(01) “不安の時代”は2015年も続く…アメリカの影響力低下と代わりのリーダー不在が、暴力行為の蔓延する不安定な世界を生みだした

「もし人類史上のどの時代に生まれるかを選択しなければならないとしたら、選ぶべき時期は今だ」。2014年夏にバラク・オバマ米大統領はそう語った。この言葉に違和感を覚える向きもあるだろう。2014年の出来事を振り返ると、イスラム教スンニ派テロ組織『ISIS』(自称イスラム国・別名ISIL)の台頭・ウクライナ危機・エボラ出血熱・パレスチナ自治区ガザへの空爆……。平穏な世界秩序が維持されたとは言い難い。むしろ2014年の特徴は、不安定さと暴力の増加だった。そして残念ながら、2015年は違うと考えるべき理由はほとんどない。

私たちは“不安の時代”に生きている。世界経済は近年の混乱から回復し始めているが、至る所で潜在的な弱さや恐れの感情が見受けられる。21世紀はまだ、前世紀に匹敵する惨禍は経験していない。世界大戦の勃発もなければ、核戦争の危機も全体主義体制の暴虐と同等の殺戮も起きていない。それでも、世界は暴力的志向と完全に決別したわけではない。ISISの残忍で野蛮な行為や、シリアという国家の破壊、彼らの犠牲となった大量の遺体がそれを雄弁に物語る。この世界は厄介な場所だ。冷戦終結後には、これからはうまくコントロールできるという希望が生まれたが、今にして思えば甘い期待にすぎなかった。世界はグローバル化したが、同時に予測不能で不安定な場所になった。“力の分散”が進み、NGO(非政府組織)や企業、あるいはテロリストが新たな主役に躍り出た。その結果、政府に対する私たちの期待、特に外交政策への期待値は大きく低下した。だから、アメリカの大統領が「今は人類史上最高の時代だ」と語り掛けても、簡単には信じる気になれない。この不確実性の根底には、アメリカの存在がある。世界は過去数年間の経験から、アメリカの政策の一貫性と確実性に大きな信頼を置けなくなった。

続きを読む

付加価値失った軽薄短小商品――売れるのは“小より大”、根本から変わる商品開発

70年前の焼け野原から驚異的復興を果たした日本。その原動力のひとつが製造業の小型実装技術にあったことは間違いない。家電を中心にあらゆる商品を軽く、薄く、短く、小さくする。軽薄短小化は日本のお家芸となり、日本メーカー躍進の礎となった。だが、新興国市場で日本企業が苦戦している原因のひとつは“製品の小ささ”にある。アジア市場を攻める各国ベンチャーの中には、商品の大型化で勝負する動きが出始めた。大型商品が人気を集める傾向は、核家族化が進む国内市場でも、顕在化しつつある。 (編集部 宇賀神宰司・西雄大・齊藤美保)

「このまま日本にいては自分が作りたいモノが作れない」──。そんな思いから2013年、ソニーを退職し、台湾の音響機器ベンチャーに身を投じた日本人技術者がいる。水倉義博氏、61歳。1972年に入社し、一貫してオーディオ開発を担当してきた。1990年代にヒットしたコンポ『Pixy』を筆頭に様々な先進的商品を世に送り出し、2004年にはオーディオ事業本部統括部長に就任。ソニーのオーディオ事業を長年支えてきた。そんな水倉氏がソニーを辞めてまでやりたかったこととは何か。それは、時代の流れに逆行し、“大きな音響機器”を作ることだった。2015年3月、水倉氏の思いを乗せた製品が形になる。それは“やたらと図体の大きいオーディオ機器”。外見は大型ラジカセ風で、横45cm・縦25cm。7インチモニターと40ワットのスピーカーを備え、価格は350ドル(約4万円)する。CDプレーヤーでもラジオでもないこの不思議な機械は、インドネシア市場向けに開発された家庭用カラオケ機器だ。

インドネシアでは、渋滞の激しさなどからカラオケボックスやスナックに行かず、家でカラオケを楽しむ人が多い。その際、大抵の人はスマートフォン(スマホ)でユーチューブの映像を見ながら歌っているが、片手にスマホ、片手でマイクでは、せわしない上に音が小さく盛り上がれない。だから、モニター・無線LAN・マイクを一体化した機械があれば間違いなく売れる──。知り合いのインドネシア人の言葉をヒントに、水倉氏がカラオケ機器の開発を思い立ったのはソニーに在籍していた3年前。が、提案は却下された。「音響機器の軽薄短小化が加速している今、そんなばかデカいモノを開発する余力はない」というのがその理由だった。確かにこの機器は小型化できない。モニターが小さいと画面が見えないし、スピーカーも大きくないと迫力がない。それ以上に事前調査で多くのインドネシア人から「4万円も出すなら、まず本体をスマホより何倍も大きくしてほしい」という声が上がっていた。諦めきれない水倉氏にチャンスの場を提供したのが、台湾に拠点を置くイーステックエレクトロニクスだ。水倉氏は今、同社新規事業部門のバイスプレジデントとして、現地発売へ向け最終準備を進めている。「既に予約が舞い込んでいるほか、アジアの電機会社がOEM(相手先ブランドによる生産)の検討を開始した」(水倉氏)という。水倉氏の挑戦がどこまで成功するかは未知数。ただ、間違いなく言えるのは、軽薄短小を優先する製品開発を続ける限り、水倉氏が見つけた鉱脈は絶対に発掘できない、ということだ。

続きを読む

純愛ノンフィクションの“不純な”思惑を追及!――32万部ベストセラー『殉愛』騒動と“たかじん利権”、これが真相だ!

2014年11月に発売されるや、たちまち32万部のベストセラーとなった百田尚樹『殉愛』。同年1月3日に他界したやしきたかじんと3番目の妻の闘病生活をつづったこの“純愛ノンフィクション”、調べるほど実に生臭い“たかじん遺産”囲い込みの思惑が透けて見える。 (本誌『殉愛』騒動取材班)

浪花の視聴率王・やしきたかじんが食道がんで世を去ってから1年。10億円とも言われる遺産と“たかじんブランド”の利権をめぐる関係者の争いは、ここに来て新たな局面に突入したようだ。引き金になったのは、2014年11月7日に発売された1冊の本『殉愛』(幻冬舎)。帯の言葉を借りれば「誰も知らなかった、やしきたかじん最後の741日」「かつてない純愛ノンフィクション」という内容で、著者は『永遠の0』『海賊と呼ばれた男』などで知られるベストセラー作家の百田尚樹。たかじんの2年間にわたる闘病生活を支え、壮絶な最後を看取った3番目の妻・家鋪さくら氏の証言と看護日記、さらに病床のたかじんが書き残したという1000枚を超えるメモを元に取材を敢行し、この本を書き上げたという。生前のたかじんとはほとんど交流がなかったうえに多忙な百田が執筆したことも驚きだが、それ以上に驚かされたのが、この本に未亡人のさくら氏が全面協力していたこと。さくら氏に関しては、たかじんが亡くなった直後から様々な話が囁かれていたが、それまで表立ってマスコミの取材に答えたことはなく、周辺から聞こえてくる話もネガティブなものばかりだった。

たとえば『週刊文春』(文藝春秋)は、「彼女はたかじんの死を彼の実母や実弟にも伝えず、火葬は参列者わずか5人ですませてしまった」「火葬場でたかじんの骨を見て『うわ~、焼き上がったマカロンみた~い』と言い放った」「未亡人が(関西の)テレビ局への関与を強め、過去の映像使用にも介入している」といった記事を2回にわたって掲載。その後も総額10億円とも言われるたかじんの遺産をめぐる争いでは、たびたび名前が取り沙汰されており、8月には『女性自身』(光文社)がこんな内容の記事を書いている(要旨)。「たかじんさんはマネージャーに、『俺が死んだら冠番組は全部終わらせてほしい。事務所は好きなようにしろ』と言ったそうです。12月末には遺産配分に触れたエンディングノートの存在も明かし、長女についても金を渡すと明言していたそうです。しかし、遺言状は未亡人が総取りのような内容で、『娘には一切遺産を相続させない』と書かれていた。これに対し娘は、『父親は正常な判断力を失った状態で書かされた』として無効の訴えを起こした」「たかじんの事務所“P.I.S”をめぐって、元マネージャーのK氏と主導権争いを繰り広げ、最終的には新会社“Office TAKAJIN”を設立。たかじんの遺言状をタテに、テレビ局から振り込まれるたかじんの名前を冠した番組の看板料をP.I.Sから新事務所に変更させた」――こうした報道を見る限り、たかじんの唯一の子供で長女のHさんや元マネージャーK氏といった関係者を排除し、遺産を独り占めしようとする悪妻ぶりは、まるで“後妻業のプロフェッショナル”のようでもある。ところが、『殉愛』に描かれたさくら氏の姿は、まったく違ったものだった。

続きを読む

『殉愛』騒動“異聞”…一周忌メモリアル切手に、やしきたかじん親友写真家「青天の霹靂」

百田尚樹氏のベストセラー『殉愛』で、やしきたかじん氏(享年64)への献身愛が描かれた妻・さくらさん。亡夫の秘蔵写真をあしらったメモリアル切手に、「青天の霹靂」との声が上がった。一体、何が起きたのか。 (本誌 徳丸威一郎)

大阪市北区の『リーガロイヤルホテル(大阪)』。実母の左肩を優しく抱き、リラックスした柔和な笑顔で写り込むたかじん氏。そして、2人を囲むようにして並ぶ6人の家族たち――。本誌が入手したのは、2009年のたかじん氏の還暦パーティーで撮影された貴重な1枚である。撮影者は、たかじん氏と10年以上も公私にわたって親しく付き合った米ハワイ在住の写真家・A氏である。A氏は『殉愛』第2部第4章で氏名を誤記された人物。たかじん氏がハワイに所有するコンドミニアムの鍵を預かるほどの親しい仲だ。ゴルフや音楽・ワインなど共通の趣味嗜好で親交が深く、家族ぐるみの付き合い。還暦パーティーに親族が集合したのは、『殉愛』に登場するたかじん氏の個人事務所『パブリックインフォメーションスタイル(P.I.S)』のKマネジャーによる「サプライズ演出」(A氏)だったという。「たかじん氏の親族が一堂に会する機会はめったにありません。『せっかくだから撮りましょうよ』と皆さんに呼びかけて撮影した思い出の家族写真です。この写真でよく分かりますが、たかじんファミリーは真の家族。“殉愛”では、たかじん氏と絶縁関係にあるかのように書かれた長女も、たかじん氏から悪口や絶縁話など聞いたことがない。たかじん氏は長女を愛していたと思います」(A氏)。事情により掲載はできないが、家族写真を見る限りでは、親族とたかじん氏が情愛の通い合う関係だったことが十分伝わる。

続きを読む

Sorry...

This article I was deleted at the request of groundless from Setagaya Gakuen.

変態教師はそこにいる! 急増する学校での性被害、教師による“生徒喰い”の実態

教師から教え子へのわいせつ行為は、決して特別なものではない。この25年で、わいせつ行為により処分された教師の数は40倍に増加している。学校での知られざる性被害の実態をリポートした『スクールセクハラ なぜ教師のわいせつ犯罪は繰り返されるのか』(幻冬舎)の著者・池谷孝司氏(共同通信記者)による特別寄稿。

わいせつ行為で処分される教師が急増している。1990年度に懲戒免職になった公立小中学校のわいせつ教師はわずか3人。それが2012年度にはなんと40倍の119人に達した。停職などを含めたわいせつ行為の処分者全体でも、1990年度の22人から2003年度に196人と急増し、高止まりが続く。被害者の半数は教え子だ。教師の質が急に落ちるはずはなく、処分が厳しくなって表面化しただけだ。それでも発覚するのは氷山の一角で、闇から闇に葬られる被害は多い。教師のわいせつ事件は毎日のように報じられる。中3少女(15)の買春容疑で2014年11月下旬に逮捕された26歳の男の勤務先・東京都小平市立上水中学校では、わいせつ事件の逮捕者が3年半で3人目となった。男は出会い系サイトで援助交際募集に応じた少女の年齢を知り、LINEで「我ながらやばい扉を開けちゃうかな」と送っていた。こんな時、校長は判で押したように言うが、上水中の校長も「勤務態度は熱心だった」と話す。

3人のうち、2011年6月に逮捕された理科教師は最も悪質だ。出会い系サイトで知り合った高1少女に2日で約100通のメールを送り、無理やり裸の写真をメールで送信させたうえに脅迫。ホテルで避妊薬と偽って睡眠導入剤を飲ませ、行為に及んだ。自宅からこの少女を含めた99人とのわいせつ映像が写ったDVDが押収され、75人は18歳未満とみられた。中学時代、この男の前任校で授業を受けた女子高校生(17)は、離任式での挨拶が忘れられないという。「壇上で『制服のスカートが短いと聞いてドキドキして来たけど、そうでもなかった』と残念そうでした。いつも授業で開いていたパソコンにはわいせつ画像が入ってたのかも。携帯のプロフで大勢の女の子を誘い、同級生も誘われました。同じ学校だとわかったはずですが」。逮捕者が1校に集中したのは偶然だろう。ただ、市教育委員会の関係者は「もしかして」と話す。「3人のうち最初の2人が逮捕されたのは転勤してすぐ。前任校で問題があって異動になった可能性は否定できません」と。「まずい」と気づいても、管理責任を恐れ、校長が黙って異動させる例は珍しくないからだ。

続きを読む

“弱い者いじめ”“責任転嫁”“愚痴・悪口”連発の超トラブルメーカー…女性に受け入れられず心を病んだ『中年童貞』が職場を滅ぼす!

見合い結婚の減少・婚姻率の低下で、近年『中年童貞』が増えていることをご存じだろうか。女性に受け入れられず、童貞を捨てる機会を失った男たちは、心にあった穴を埋めようと常軌を逸した行為に走る。弱い者いじめや現実逃避でしか満たされない『中年童貞』の実態とは? (取材・文 中村淳彦)

中年童貞の増加が深刻な問題になっている。中年童貞とは言葉のとおり、女性と一度も性行為をしたことのない中年男性である。社会保障・人口問題研究所などの調査では、30歳以上の未婚男性の26%が童貞という結果が出ている。バツナシ未婚男性は、日本全国におおよそ800万人。30歳を超えた童貞を中年童貞と定義すると、中年童貞は長野県の総人口とほぼ同数の210万人も存在していることになる。私は自分自身が介護事業に携わり、人手不足の労働集約事業の末端での現場労働と、そこで勃発するさまざまな人間関係のトラブルを経験し、「中年童貞は社会の大きなお荷物になっているのではないか?」「大きな社会損失を生んでいるのではないか?」という疑問を抱くようになった。深刻な人手不足に悩まされる現在の介護職には、失業者やすでに社会から弾かれた人材が流れ込んでいる。警備・農業・林業・建築・製造業・コンビニ・飲食店など労働集約型産業の非正規雇用の人材にも、同じような傾向があると想定できる。

2014年初頭、ある出版社で中年童貞をテーマにしたウェブ連載を開始した。すると、記事をアップした瞬間から毎回想像をはるかに超える反響があった。中年童貞を問題視したことで、私は「ヘイトスピーチ」「異常な偏見」などと厳しく批判された。そして、中年童貞がナイーブな問題であることをあらためて実感した。確かに、性交経験の有無や頻度は回数はパーソナルな問題である。他人が口を出すべきではないし、どうしようと個人の自由だ。しかし、中年童貞の存在を見過ごすことはできない。我々は日常の中で、日々様々な問題に直面する。その問題の中には中年童貞の存在が影響しているが、彼らの存在がきちんと認識されていない現状では誰もそれに気づかない。性経験のない男性の存在は、少子高齢化はもちろん、セクハラ・パワハラ・いじめ・虚言・対立・離職・職場の混乱・無責任・クライアントからの苦情・著しい業務の遅れ・仕事が終わらないための長時間労働など、ネガティブな問題と密接につながっているという現実がある。

続きを読む

NHKスペシャルで話題沸騰…60歳が20歳に若返り、出産も可能に!?――夢の長寿薬『NMN』を発見した博士がすべてに答えた

世界同時株安で始まった5日の株式市場で、日清製粉の株価は前週比75円高の1245円をつけた。前夜放送されたNHKスペシャルで、子会社のオリエンタル酵母が生産している試薬『NMN(ニコチンアミドモノヌクレオチド)』が大きく取り上げられたことが、買い材料につながったとみられる。「30年後の2045年には平均寿命が100歳になる」「60歳の女性が20歳に若返り出産も可能になる」――番組は近未来の超長寿社会をこう描いたが、そのカギを握る“夢の長寿薬”として登場したのが『NMN』だった。NMNの効果を2007年に発見したのが、番組にも登場した米ワシントン大学医学部の今井眞一郎博士である。今井博士のグループが老化して糖尿病になったマウスにNMNを投与したところ、症状に劇的な改善が見られたという。また、老化したマウスの神経細胞を増やす働きもあった。さらに、米ハーバード大学のデイビッド・シンクレア教授による実験では、人間なら60歳に相当する生後22ヵ月のマウスに1週間NMNを与えた結果、筋肉細胞の働きが生後6ヵ月(人間なら20歳)にまで若返ったという。これが60歳の女性でも出産が可能になるという根拠だ。

それにしても、この長寿・若返りはどういう仕組みなのか、今井博士に質問してみた。今井博士がまず着目したのは、“長寿遺伝子”といわれるサーチュイン遺伝子だ。「サーチュイン遺伝子はあらゆる生物が持っていて、老化と寿命を制御しています。人間は活性酸素や免疫の暴走など、100種類以上もの老化の原因を抱えています。これを“掃除”していくのがサーチュイン遺伝子の役割です。たとえば、マウスで働きを強めてやると寿命が16%ほど延びます。このように、老化が遅れて寿命が延びることから長寿遺伝子とよばれるようになったんです」。これを人間にあてはめれば、平均寿命は100歳にまで延びることになる。ただし、ふだんはスイッチがオフになっていてサーチュイン遺伝子は眠った状態になっている。「ところが、食べ物が減り飢餓状態になると、NADと呼ばれる物質が増えてサーチュイン遺伝子が活性化するんです。栄養が少ないなかで子孫を残すのは大変で、下手したら死んでしまう。それを防ぐため、飢餓状態のときは細胞が生き延びられるよう、サーチュインがいろいろな体の機能を守る働きをします。“腹八分目”というのはその点でも意味があったんです」。つまり、NADがあれば若返り遺伝子は機能するのだが、その原料となるのがビタミンB3である。ビタミンB3がNMNに変化し、それがNADを作るのだ。

続きを読む

郵政上場・カジノ&リニア・ロボット銘柄…注目テーマで見えた今年動く“株”――6月“日経平均2万円超え”に今から備えよ!

世界的な株安で始まった2015年の株式市場。しかし、景気腰折れの気配はまったくない。昨年を上回る100社の新規上場、流入する年金マネー…期待が膨らむ1年を見通した!

昨年末、ニューヨークダウは一時1万8000ドルの大台を突破。日経平均株価も1万8000円寸前まで戻した。しかし――。30日の大納会では1万7450円止まり。明けて5日の大発会も1万7408円。6日にはさらに下げて1万6883円と暴落。原油価格の大幅安が原因だが、予想以上の波乱の幕開けとなった。が、経済評論家の須田慎一郎氏はこう見る。「2015年の株価は明るい方向にいくと思います。国内株は日本郵政が上場するので投資意欲は上がるでしょう。それと円安の恩恵を直接受ける輸出企業が、引き続き株価を引っ張るはずです」。試練の幕開けとなった2015年だが、アナリストたちの見通しはけっして暗くはない。「“未年は辛抱”といわれ、例年相場的にはあまりよくないとされますが、僕は日経平均株価は1万7500円から2万1250円のレンジと見ています。6月から7月にかけて2万円を超えるでしょう。その後は夏枯れで下げて、9月・10月には郵政3社が上場して再度上昇に転じる。それが引けたら1万9000円程度というのが僕の日経平均株価の予想です」。そう語るのは、SBI証券投資調査部シニアマーケットアナリストの藤本誠之氏。

経済誌が「バブルがやってくる!」と声高に報じているように、今年は好材料が揃っている。経済評論家の上念司氏はこう語る。「日銀による第2次追加緩和と、安倍政権の大型財政政策が車の両輪のように日本経済を引っ張るでしょう」。今年は、政府が運用する年金マネーが日本国債から日本株へと大幅に切り替わる。約20兆円が株式市場に流れ込むことも、株高を後押しする。本誌は藤本氏に加え、株式投資情報サイト『日本インタビュ新聞社』の犬丸正寛代表取締役社長、同社シニアアナリストの水田雅展氏の3氏に注目銘柄を挙げてもらった。なかでも下の3社は、各氏の推奨が重なり合ったきわめて注目度が高い銘柄。奇しくもすべてが産業用ロボット関連銘柄となった。

続きを読む

Categories
Profile

KNDIC

Author:KNDIC
Welcome to my blog.

Latest articles
Archives
Counter
I'm participating in the ranking.

FC2Blog Ranking

information
Search
RSS Links
Link
QR Code
QR