【日日是薩婆訶】(11) 毎日、朝から晩まで津送の準備に明け暮れる日々が…

前回は、父である先住職の密葬までをご報告した。今回はその続きをレポートしたい。余所の寺の葬儀の話が面白いとは思えないが、どちらの和尚さんにとっても一度は通る盛儀、何か少しでも参考になればと思う次第である。先ず、前回のご報告にも書いたように、法類会議で導師を臨済宗円覚寺派の南嶺老師と決めた。脇導師は、同宗妙心寺派の宮城福島教区所長である塩釜の慈雲寺さん、そして会津柳津の圓蔵寺さんである。そのように決め、円覚寺に拝請にお邪魔する日程も決めてあったのだが、ここで不慮の出来事が起こった。花園大学で耳にされたらしく、静岡県からA老師が態々弔問に来られたのである。実は、先住職の津送という場合、導師の決め方には幾つかのパターンがある。うちの場合、「父が修行した円覚寺から、現在の老師にお越し頂こう」と思った。しかし、場合によっては、現住職である私の修行した天龍寺から来て頂くこともある。実際、祖父の葬儀では、父の師匠である朝比奈宗源老師に円覚寺から来て頂いた。無論、福聚寺は妙心寺派のお寺だから、妙心寺派の老師をお呼びすることも充分あり得る。そうした幾つかの可能性の中から、今回、私は父の修行した円覚寺からお願いすることにしていたのだが、そこにひょっこり静岡の妙心寺派のA老師が現れたのである。A老師は実に腰の低い方で、しかもどこへでも気軽に行かれる。まるで燃費のいい軽自動車のような老師である。その時も玄関に突然現れ、女房が応対に出たのだが、A老師の顔も存在も知らない女房が、慌てて私のところへ来て言った言葉が面白かった。「立派な和尚さんが玄関に…。早く行って」。そして昼食後だった為、作務着で向かう私を呼び止め、女房は更に「あの和尚さん、普通の和尚さんやないわ」と大阪弁で付け加えたのである。確かに、普通の和尚さんではない。老師なのだから特別である。しかし、単なる挨拶を交わしただけでそれを見破った女房も中々ではないか。それは兎も角、直ぐに私は本堂の下間まで案内し、A老師が祭壇のお経を唱え始めたので、唱和しながら、私は心中存分に困っていた。

通常、弔問に来られた和尚さんには拝請状を出すことになっている。既に75通程の拝請状は郵送してあったのだが、A老師には一体どうすればいいのか――。私は、そういう内容の困惑を、読経の内に深めていったのである。老師を新たに呼ぶとなれば、少なくとも脇導師にはお願いしなくてはならない。しかし、既に脇導師は2人とも決まっており、電話でのお願いもしてあった。「あぁ、これは困った」と思いながら、私は玄関で老師を見送りつつ、「近く、お邪魔します」と申し上げたのである。実は近々、静岡県沼津市で講演予定があった。その日に合わせて円覚寺にも拝請にお邪魔する予定にしてあったのだが、同じ日にA老師のお寺にもご挨拶にお邪魔し、今回はお呼びできない旨お詫びに伺おうと考えたのである。沼津の講演は、同じ妙心寺派の静岡東教区の和尚さんたちが相手である。その打ち合わせを電話でしている内に、事務局のK寺さんが実はA老師のお寺と法類なのだと発覚した。「お出でになるなら連絡しておきますよ」。K寺さんはご好意でそう言って下さり、あれよという間にまた連絡があって、「老師はその日、京都へ行く日なので、沼津の講演会場に顔を出すそうです」とのこと。「態々お出で下さった御礼とお詫びに伺おうというのに、老師のほうからまた出向いて頂いては恐縮過ぎる」。私はそう思ったが、お寺に伺っても上洛していて留守だとわかってしまった。それを知りつつ訪ねるのも失礼と思い、ぐずくずする内にとうとうその通りになってしまったのである。つまり、当日、鎌倉から沼津のホテルに行くと、既に老師がお待ちかねだったのだ。これ以上書いても蛇足だから止めるが、臨済宗にはこういう老師もいらっしゃる。本当に有難いと思う。因みに、津送が終わった後、A老師に引き物だけはお送りしたのだが、ご丁寧にも筆書きの礼状を下さった。驚くほどマメな老師なのである。また、それ以前に私は円覚寺を訪ねたのだが、こちらの青松軒老師も凄い方である。当日、私は「近隣の御寺院への引き物に…」と、老師に“御染筆料”を包み、色紙20枚程をお願いしてきた。父の略歴等を書いた文章も持参し、香語もお願いしたのだが、何と私が沼津から戻ってみると、その日の夕方に自坊に色紙が届いたのである。もう、何と言うべきか分からない。無常迅速、疾風怒濤、モハメド・アリの如き一撃であった。

続きを読む

スポンサーサイト

テーマ : 仏教の教えと世界観
ジャンル : 心と身体

【タブー全開!政界斬鉄剣】(48) アベノミクスの失敗を誤魔化す道具にオリンピックを利用する安倍政権

池田「リオデジャネイロオリンピックでは、日本勢の大活躍は勿論、世界中のトップアスリートが繰り広げる熱い戦いに感動しました。しかし、4年後の東京大会を思うと、スポーツファンとして非常に楽しみなのと同時に、暗澹たる気持ちにもなってしまいます。何故なら、安倍政権がオリンピックの経済効果に過剰な期待を寄せているからです。先に断言しておきますが、オリンピックが日本経済全体に寄与することは殆どありません」

――ど、どういうこと!?
池田「自国開催のオリンピックを最大限に活用したい人たちは、大きく分けて3者います。“メディアと企業”“東京都”“永田町の政治家”です。メディアと企業に関しては、高額な放映権料やスポンサー料を払うので、どれだけポジティブに盛り上げても問題は無い。彼らは利益追求団体なのだから、当然の行動です」

――東京都に関しては?
池田「東京都は人口・予算規模共に、スウェーデン1国に匹敵する巨大都市です。財政的にも黒字で豊か。だから、都議会や都庁といった予算を決める側の金銭感覚が非常にルーズです。従って、無軌道な予算の膨張を許してしまい、そこに巨大な利権が発生する。オリンピック予算を大きな争点として勝利した小池百合子新都知事は、徹底したコストの管理と透明化を行うことが必要でしょう」

――最大の問題は永田町だね?
池田「その通り。彼らはオリンピックを契機として、日本経済が復活するかのような幻想を国民に抱かせようとしている。大間違いです。外国人観光客が沢山来日するといったって、たった2週間の話です。今後、幾つかのホテルが開業しますが、外国資本のホテルばかりで利益はあまり日本に落ちない」

続きを読む

テーマ : 安倍政権
ジャンル : 政治・経済

【カオスを飲み干せ!挑発的ニッポン革命計画】(76) モーリーが考える現代日本に相応しい“正しい極右政治”

戦後71年間、日本という国を支えてきた社会システムは、どこをどう切り取ってみてもサスティナブル(持続可能)ではなくなっています。にも拘らず、多くの日本人は濁流に削り取られつつある狭い中州に立ち尽くし、ただ足場が崩れていくのを眺めるだけ。「向こう岸まで橋を架けよう」とか、「せめて土嚢を積もう」といった前向きな議論さえ、変化を恐れて潰してしまう。この行き詰まりを打破するには、どんな劇薬が必要なのか? 今回は、僕が考える“リベラルな顔をしたファシズム政治”――もっとわかり易く言えば、“現代日本版正しい極右政治”を紹介します。先ずは、“美しい日本”に代表される情緒的ナショナリズムを排し、超属性的なナショナルアイデンティティーを政治軸とします。それは、“多様性の徹底”。従来の日本が“違和感排除社会”なら、出身地・人種・性別等あらゆる属性を超越した“違和感歓迎社会”への転換です。

具体的には、移民の受け入れから始めます。といっても、人道的観点から誰でも受け入れるのではなく、オーストラリアやカナダがやっているように、日本に経済的・知識的利益を齎す優秀な人材を優先的に入れるような構造です。人種や民族に関係無く、優秀なら日本で心地よく暮らせる。望むなら日本人になれる。逆に、そういう移民を排除しようとするレイシストは全力で取り締まります。僕の考えるファシズムにおいては、右だろうが左だろうが、多様性を受け入れない人たちは即座に退場です。勿論、日本人でも優秀なら幾らでもチャンスがあります。あらゆる属性のマイノリティーを覚醒させ、才能のある人間が輝けるようにします。逆に言うと、才能が無いのに“食い込む”ことで高い地位を得ている人は、容赦無く引きずり落とします。大事なことは、才能を無駄にしないこと。現状の既得権を毟り取らない限り、埋もれた才能に対する“新たな利益”は生まれません。…扨て、ここまで読んでどんな感想を持たれたでしょうか? ワクワクしましたか? それとも嫌悪ですか? 勿論、僕も、こんな強権的な暴政が実現するとは思っていません。ただ、それほどまでに現代日本の“病気”は深刻なんです。

続きを読む

テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも
ジャンル : 政治・経済

【私のルールブック】(64) 待機時間のもの思い

私は今、駐車場にいる。正確に述べると、車を100円パーキングに駐車させ、車内で時間を潰している状態。いつものように生放送を終え、朝から身体が重かったのでテレビ局近くの病院へ行き、にんにく注射を打ってもらい、次の番組のロケ現場へ移動。が、収録まで小一時間空きができたので、車内待機となった次第。偶にポカッと時間が空く時がある。ぼ~っとできる貴重な時間。ぼ~っとしていると、日頃考えないようにしている幾つかのことが浮かんでは消える。「いつまで働くんだろうな」だったり、「未だ留学を諦めた訳ではない」だったり、「子供を持つことは諦めたが、本当にそれでいいのだろうか?」だったり、「それ以前に、俺はマジでEDなんじゃないか?」だったり、「流石にそろそろ試したほうがいいんじゃないか?」だったり、「だったら、ウン十年振りにラブホテルに行ってみたいな」だったり、「いや、若しバレたらあの師匠のような気の利いた会見は開けないから、やっぱり止めておこう」だったり…。無駄に“だったり”だらけなのである。

私が駐車している100円パーキングは、只今満車となっている。車が5台しか停められない小さな100パー。坪にして35坪程か…。とはいえ、この辺りだと坪単価は200万ぐらいだろうから、土地だけで7000万~8000万円はする計算になる。やはり、東京都心に家を建てるということは並大抵のことではないのだ。陽が傾いてきた。私は助手席側の後部席に座っているのだが、ほぼ直射を受けている状態。数日前、ドライバーの子に「空いているところに停めればいいというものではない。1時間程車の中で待機する訳で、眩しくないか程度を計算して停めるのが気遣いの常識だ」とダメ出しをした筈なんだが…。携帯電話のバイブレーターがひっきりなしに震えている。どうせ仕事関係のメールに決まっている。手にしたら最後、仕事モードに戻ってしまうのがオチ。折角ぼ~っとできているんだから、優先順位は仕事ではなく“ぼ~”である。電源切っちゃお。

続きを読む

テーマ : 俳優・男優
ジャンル : 映画

【宮崎哲弥の時々砲弾】 リベラル再装填のために part.11

「左派的な経済政策とはどんなものかというと、不況のときは、ケインズがいったように、国のお金をどんどん出す(財政出動です)。公共事業を行い、雇用を生み出し、一方では社会福祉を充実させる。左派は労働者や貧困層の味方なのだから、最低賃金を上げ、公共住宅を整備し、教育費や医療費や介護費にも補助を出す。当然それは“大きな政府”になるわけです」――斎藤美奈子氏の新著『学校が教えないほんとうの政治の話』(ちくまプリマー新書)に、こう断言されている。斎藤氏と言えば、東京新聞連載の『本音のコラム』を一読すれば瞭然だが、文芸評論という枠を超えたリベラル左派の論客であり、妥協の無い明快な語り口で知られる。これは10代後半向けの新書の一節で、保守とリべラルの相違点を平易に解説した章に含まれている。私は思わず膝を打った。そして嘆息した。「世界的に見れば当たり前過ぎるこの常識が、どうして日本のリベラル陣営では中々通用しないのか」と。

つい先日も、出鱈目な経済評論家のマクロ政策否定論を鵜呑みにした毎日新聞政治部のバカ記者が、民進党に「経済成長を放棄し、消費税増税も視野に入れた財政再建という原点に立戻る」よう指嗾していた(小山由宇『記者の目・2016参院選 民進党の今後-次世代への責任 語れ-』7月28日付朝刊)。この記者は、トマ・ピケティらによって散々立証された「先進成熟経済国においては、ある程度の名目GDP成長率を維持しなければ、雇用はどんどん悪化し、格差は一層拡大し、直接税の税収が減る為に財政は悪化し、社会福祉も行き詰まる」という単純な事実を一向に理解していない。膨大に見える公的債務も、名目成長率が3%程度に達し、安定すれば管理可能となる。これは、悪名高き格付け会社ですら認めるところである。逆に言えば、年率3%の名目経済成長率を実現できなければ、どんなに増税しようとも日本の政府債務の管理は困難なのだ。先の参議院議員選挙で民進党は“分配と成長の両立”を打ち出したが、これ自体は間違っていない。ただ、両立といっても、成長を一歩先行させないと実行は難しい。例えば、最低賃金の引き上げは失業率を十分に改善し、雇用の逼迫を顕在化させた後に実施しなければ上手く機能しない。旧民主党政権のように、高い失業率の下、ミクロ政策だけで分配を推し進めようとしても無理なのだ。風車に息を吹きかけて回してみても、風が起こる訳はない。

続きを読む

テーマ : 経済
ジャンル : 政治・経済

【タブー全開!政界斬鉄剣】(47) 霞が関が造った会見用原稿を新大臣が棒読みする本当の理由

池田「地味な内閣改造も終わりましたね。今週は、大臣に就任した人が味わう高揚感と現実について解説しましょう。私自身も、秘書時代に長年仕えた松岡利勝さんが農林水産大臣を務めたので、その前後の舞台裏を間近で目撃してきました」

――「入閣濃厚だ」と噂されても、実際には指名されないパターンもあるんだよね?
池田「まさに。“郵政解散選挙”の直後、第3次小泉内閣の時がそれでした。当時、松岡さんは農水大臣就任が確実視されていました。報道だけではなく、松岡さん本人が親しくしていた農水省の官僚からも『ほぼ間違いない』と聞かされていた。最後まで安心はできないのですが、周囲以上に本人の期待感は膨れ上がっていきましたね」

――どんな風に?
池田「例えば、大臣指名に備えて新調したモーニングを、未だ一度も着ていないのにクリーニングに出したりとかですね。内閣改造人事の発表が行われる当日は、官邸からの電話を待つしかありません。しかし、松岡さんは大物の族議員だったので、通常時でも1日300本以上の電話が事務所にかかってくるんです。大臣指名の日も、他の電話は鳴り続ける。その度に本人から『俺にかっ!?』と大声で問われ、秘書たちは『違います…』と返す重苦しいやり取りが数時間続きました」

――自分が大臣になれないことを知るのは、どの段階で?
池田「官邸から、大臣に指名しない旨の連絡が来ることは無い。松岡さんの場合、官房長官が新閣僚名簿を持って記者会見場に入る様子がテレビに映し出された瞬間でしたね。本人が『今回は無いな…』と呟き、大臣指名の電話を受ける瞬間を撮影する為に集まった取材陣に『待たせて悪かったね…』と話しかける背中は、明らかに意気消沈していました。今でも鮮明に覚えています」

――逆に、大臣になれた瞬間は?
池田「翌年の第1次安倍内閣の時、官邸の塩崎恭久官房長官から電話があり、『農水大臣に』と打診がありました。勿論、その瞬間は親分も私も喜んだ。しかし、驚かされたのは、その電話から5分も経たない内に、農水省の官房長や秘書課長等の幹部たちが、事務担当の大臣秘書官を伴って議員会館の事務所にやって来たことだった。本人でさえ5分前に大臣就任を知ったのに、官僚たちは随分前から知っていた訳です」

続きを読む

テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも
ジャンル : 政治・経済

【カオスを飲み干せ!挑発的ニッポン革命計画】(75) 「世界文化遺産の美術館を建てたのはファシスト」って不都合な真実?

上野公園の『国立西洋美術館』を含む、フランスの建築家であるル・コルビュジエが手がけた7ヵ国・17作品が世界文化遺産に登録されることが決まりました。ル・コルビュジエは“住宅は住む為の機械”という思想の下、鉄筋コンクリートを使った建築作品を数多く発表しており、近代建築の礎を築いた20世紀の偉人として、その評価は揺るぎないものになっています。一方、欧米のメディアが注目しているのは、「ル・コルビュジエはファシストだった」という“不都合な真実”。第2次世界大戦中のドイツ占領下のフランスにおいて、ル・コルビュジエは対独融和を推し進めたフィリップ・ペタン元帥率いるヴィシー政権に非常に協力的だったのです。因みにペタン元帥とは、フランス国内ではナチスへの協力者(=フランスから見れば裏切り者)として度々批判される人物です。

抑々、ル・コルビュジエの“美しい世界観”を実現する為には、個人の価値観等というものは邪魔でしかありませんでした。例えば、1925年に彼が提案した都市計画は、パリの歴史的な街並みを悉く破壊し、全く新しいものにするもの。これは実現に至りませんでしたが、彼のビジョンは巨大で独裁的な力を借りることで、初めて成り立つものだったのです。言い換えれば、ル・コルビュジエは自分の“仕事”を遂行する為なら、たとえナチスの側に就くのも厭わなかった。ある専門家によれば、彼は約20年間に亘ってファシズムに漬かり、権力者に住宅建設や都市開発の助言をする等しながら活動していたとのことです。しかし、彼を崇拝する人たちは、そうした報道を「単なるセンセーショナリズムだ」と切り捨てます。昨年、パリのポンピドゥーセンターで開催されたル・コルビュジエの特設展でも、そういった事実には一切触れられていません。恐らく、“信者”たちは「彼の政治的思想や自国に対する裏切り行為が、建築家としての業績に傷を付けてしまうものだ」と思っているのでしょう。

続きを読む

テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも
ジャンル : 政治・経済

【私のルールブック】(63) 親父から教わったいくつかの大切なこと

数日前に、ご近所さんに鯵の干物を頂いた。めちゃめちゃ美味しかった。因みに、自分で言うのもなんですが、私は魚の食べ方が結構巧いのである。何故かというと、子供の頃に親父に煩く躾けられたから…。魚は種類によって骨の硬さは勿論、骨の入り方が異なる。釣りキチの親父はとても詳しく、食べ終わった後は見事に頭と骨と尾が残るだけ。そんな作法を知る由もない幼き時分の私は、毎回身をかき集めるように食べ散らかし、親父から「魚に失礼だ」と言われ、一から食べ直しを命じられていたのである。正直、嫌でした。面倒臭いったらありゃしない。食べた気が全然しなかった。でも今思えば、教わっておいてよかったかなと…。そんなことを、鯵の干物をつまみに焼酎をやりながら、何とな~く思い出しちゃったのよね~。で、「他にも親父に教わったことってあったかな~」と記憶を辿ってみると、これが意外とありまして…。

食繋がりでいうと、味噌汁ですかね。親父が作る味噌汁で一番驚いたのは、オカラをしこたま放り込んだ味噌汁。初めて目にした時は「ウチってそんなに貧乏なのかな?」と暗い気持ちになりましたが、食べてみると美味いのなんの。何とも言えないトロトロ感とザラザラ感が舌の上で絡み合って、その上、かさましではないですが、オカラですから満腹感もあり、今でも偶に作るほどの美味でございます。後は…そう、親父は下駄や雪駄を履いていたので、鼻緒が切れた際の応急処置の仕方も教わったな。それと物書きだった為、万年筆のインクの入れ替え方や筆先の走らせ方も…。日本酒の燗のつけ方も教わりました。「特級はぬる燗で充分だけど、2級酒は熱めがいい」とかね。それと…「お酒が行き過ぎると女性に手を挙げる腐った男もいるんだな」ということを、実演でも見せて頂きました。勿論、加害者は親父で、被害者は私の母でございます。競艇行って勝てば焼肉、たとえ負けても母に無理矢理お金を出させて、寿司屋の暖簾を潜る。「勝っても負けても変わんねぇじゃねぇか!」ってね。

続きを読む

テーマ : 俳優・男優
ジャンル : 映画

【タブー全開!政界斬鉄剣】(46) 霞が関がこの国の閣僚人事を事実上コントロールしている!

池田「今回は、今週に行われる予定の内閣改造人事の解説をします。このコラムが読まれている時には新東京都知事が決まり、その動向ばかりが報道されていることでしょう。しかし、日本人全体に与える影響で言えば、内閣改造のほうが断然大きいからです」

――でも、安定軌道に乗った安倍政権は、特に思い切った人事をやらないんじゃないの?
池田「今回注目したいのは、人事の内容ではなく、人事の決定プロセスです。今も昔も、内閣改造の噂が流れ始めると、そわそわと落ち着かなくなる議員がいます。当選5~6回(衆議院の場合)の“大臣待機組”と呼ばれる人たちです。嘗ては首相と派閥の親分たちが話し合って人事を決めていたので、派閥の親分に気に入られるか否かが重要だった。だから、大臣待機組議員の中には、親分のご機嫌を取る為に、1日中ついて回る露骨な人も珍しくなかった。しかし小泉政権以降、派閥の影響力が著しく減退した。現在は、首相が単独で決定する官邸主導の人事が定着してきました」

――それの何が問題なの?
池田「本当に首相が決めているのか否かが問題なのです。その答えは、イエスでもありノーでもある。勿論、最終的な決定は首相が行いますが、決断の為の判断材料は霞が関の省庁が提供しているのです」

――政治家の人事を決める為の判断材料を、何で霞が関が?
池田「第一に、政治家は政治家同士で評価し合うことに不向きだからです。同じ党に所属する議員同士は、仲間でもある半面、政敵でもあります。当選回数が同じくらいの議員に人物評を聞いても、それが正しい評価なのか、ライバルを蹴落とす為の評価なのかわからない。好き嫌いで選んでしまうと、嫉妬・怒り・恨みを買う原因になる」

――なるほどー。
池田「また、どの議員がどの分野の政策に精通しているのか、首相にもなると、大臣候補者たちと“格”が離れ過ぎていてよくわからない。各ジャンルの政策を議論する場は、党内の各部会です。小泉進次郎氏が農林部会の部会長をやっていますよね。部会には、主に当選1回から4回くらいまでの議員が参加します。つまり、首相と大臣候補者たちとは当選回数に開きがある為、同じ時期の部会に居合わせていないのです」

続きを読む

テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも
ジャンル : 政治・経済

【カオスを飲み干せ!挑発的ニッポン革命計画】(74) 芸能界に蔓延りそうな“ビジネス媚中”は資本主義が生んだカルマ

先日、日本のある女優が「過去にインターネット上で中国を侮辱していた」として、中国のSNS上で謝罪動画をアップしたことが話題となりました。報道等を見る限り、彼女がやったのは「知人が投稿した天安門に中指を立てた写真に、よく見ないまま“いいね!”をした」だけ。とても“侮辱”とまでは言えず、晒し者のように謝る必要があるとは思えません。ただ近年、こういった話は珍しくありません。今年頭には、台湾出身のアイドルが韓国のインターネット番組で、台湾独立派の象徴とされる“中華民国旗”を振ったとして謝罪動画を公開。また、少し古い話ですが、2008年には四川大地震に関して、ハリウッド女優のシャロン・ストーンが「チベット弾圧に対するカルマだ」と発言したとして大炎上。彼女を広告に使っていたブランドの不買運動が起こり、中国国内での広告から外される結果となりました。

何れも不用意といえば不用意だったのかもしれませんが、構造は同じです。ある言動が魔女狩りのように部分的に切り取られ、言いがかりのような怒りを浴びせられ、過剰な対応を余儀なくされる…。外国の有名な女性がカメラの前で“俺たち”に謝っているという“ショー”は、まるでポルノのように溜飲を下げてくれるのでしょう。何故、こんな馬鹿げた問題が続出するのかといえば、中国という巨大市場を誰もが無視できなくなったから。モンスター化した客に媚びてでも市場を失いたくないから。これからも益々“ビジネス媚中”は横行するでしょう。日本では今後、アイドルは予め“中国の歴史観”や“中国の人たちが怒る地雷”を養成時代に叩き込まれ、“お客さまサービス”を事前に体得することになるのかもしれません。ただ、これを「中国の民度が低いから」等と上から目線で片付けるのも理屈に合いません。ここまで中国をモンスター化させたのは、何十年間も中国の安い労働力をコンビニエンスに利用してきた西側資本主義陣営だからです。

続きを読む

テーマ : 中国問題
ジャンル : 政治・経済

Categories
Profile

KNDIC

Author:KNDIC
Welcome to my blog.

Latest articles
Archives
Counter
I'm participating in the ranking.

FC2Blog Ranking

information
Search
RSS Links
Link
QR Code
QR