【タブー全開!政界斬鉄剣】(68) 私が首相官邸内で目撃した国の中枢の腑抜け過ぎる実態

池田「遂に、アメリカのドナルド・トランプ政権が始動しましたね。気になる今後を予測する前に、今週は日本側の対応について解説したいと思います。結論から先に言うと、日本政府は今、完全に“思考停止”の状態に陥っています。この現象は、決して初めて起こったことではありません。日本外交の歴史は昔から、世界が激動の時代に入ると必ず思考を停止させ、常に間違いを繰り返してきた歴史なのです」

――どういうこと?
池田「アメリカと旧ソビエト連邦による東西冷戦が終わり、今と同様に世界情勢が激変する中、1991年、イラクによるクウェート侵攻が原因で湾岸戦争が勃発しました。この戦争が進行中のある日、故松岡利勝元農水大臣の秘書を務めていた私は、首相官邸にある内閣官房長官室を訪ねる用事がありました。その時に私が驚いたのは、有事の際に国の方針を決める国家の中枢である筈の場所に、何の緊張感も無かったことでした」

――どんな雰囲気だったの?
池田「官房長官も、霞が関から派遣されている秘書官たちも、その他の官邸職員も、全員がアメリカのCNNニュースに見入っていただけでした。彼らは口々に、『何か凄いね、これ。これからどうなるんだろうね?』等と話していた。昼休みのサラリーマンたちが定食屋でテレビを見ながら交わす会話と同じテンションだったのです」

――信じ難い舞台裏だ…。
池田「普通、各方面からの報告がバンバン入ってきて、それらへの対応に追われて緊張感溢れる光景を想像しますよね? 違うんです、この国の実態は。当時の自民党本部では、外交部会と国防部会の合同会議が連日開催されていました。当然、報道では流れていない重要な情報が外務省や防衛庁(当時)から開示され、それについて国民の代表である国会議員が話し合い、日本の針路が決められるものと信じていたのですが…」

――…違ったんだね?
池田「残念ながら。外務省北米局の幹部官僚たちが与党議員に行う説明は相変わらず、『アメリカ政府からの情報では…』と『今後の情勢を静観するしかありません』の2点だけ。つまり、自分たちで情報を集めて考えたのではなく、アメリカ側の方針決定を待ち、ただそれに従うだけなのです。当時、若かった私にもわかりました。『これでは、アメリカが間違えば自動的に日本も間違ってしまう』と」

続きを読む

テーマ : 軍事・安全保障・国防・戦争
ジャンル : 政治・経済

【カオスを飲み干せ!挑発的ニッポン革命計画】(96) 「トランプ政権の誕生は日本にとってチャンス」って正気ですか?

ドナルド・トランプ政権は、日本にどんな影響を及ぼすのか? 色々な見立てがありますが、日本の一部論客(※主に右派)から漏れ聞こえる希望的観測――「トランプ大統領の誕生は日本にとってチャンスだ」といった軽々しい言説には危うさを感じます。特に首を傾げざるを得ないのが、“中露分断による中国包囲網”というストーリー。「トランプ政権とプーチン政権の急接近で、中国とロシアの仲が分断され、アメリカ・ロシア・日本等で中国を包囲するのである」と。…これ、本気で言っているんでしょうか? あらゆる国益が反する中、「ロシアとアメリカが結託できる」という前提もおかしいし、“米露接近”が何故“中露分断”となるのかもわからない。加えて、「トランプのおかげで日本とロシアの仲が改善する」だとか、「これを機に日米同盟を再解釈して自主防衛だ」等と妄想を膨らませている人もいる。

こういった言説のベースにあるのは、“敵の敵は友”という論理展開なのですが、国際社会はそんなに単純ではありません。どう考えても辻褄が合わない。抑々、「ロシアと中国がこれまで一枚岩だった」というのが事実誤認。また、仮にアメリカとロシアが“結託”と言えるほど近付くなら、アメリカの他の同盟国が黙っていません。例えば、既に報道されているレベルの話ですが、米露でインテリジェンスの機微に関わる情報(インテル)が共有されれば、イスラエルのインテルがイランに筒抜けになってしまう危険性がありますし、イギリスの情報機関が独自で行っている対ロシアの諜報活動が無意味になってしまう可能性もある。また、トランプ陣営が選挙戦でロシアの“協力”を得ていた可能性や、トランプ個人がロシア当局にスキャンダル情報を握られている可能性も指摘されている。更に、日本もアメリカも、経済面では中国の巨大市場に依存している。こういった多様な視点が、“米露接近→中国包囲網論”では完全に無視されています。今の国際情勢は、「欧米各国の右派ポピュリストたちが、ロシアを蝶番にして連携を夢見ている」という奇妙な状況です。

続きを読む

テーマ : 国際政治
ジャンル : 政治・経済

【異論のススメ】(23) グローバリズムの時代に…保護主義は本当に悪か

ドナルド・トランプ大統領の“アメリカ第一主義”政策が、予想通りの波紋を広げている。経済で言えば保護主義政策が俎上に上げられる。勿論、論議の大半は批判である。私は、この批判に必ずしも納得している訳ではない。ただ、「『このグローバリズムの時代に保護主義などとんでもない』というのが一般的な通念だろう」と想像はつく。何せ、先日のスイスでの『ダボス会議』では、あろうことか、中国の習近平主席が「自由貿易とグローバリズムを守らねばならない」と演説したのである。つい噴き出してしまうが、それほど保護主義は分が悪い。私は、特に天邪鬼でもないが、こうした通念はつい疑いたくなってしまう。我々はいつのまにか、“自由貿易は善、保護主義は悪”と思い込んでいる。だが、それは本当に正しいのであろうか。どうしてトランプが大統領に選出されたのかを、改めて思い出してみよう。最大の理由は、アメリカの製造業の衰退によって白人労働者の仕事が奪われたからであった。では、それを奪ったものは何か。1つは、労働節約的に作用する技術革新である。だが、グローバリズムがその一因になったことも否定できない。グローバル化の中で先進国の製造業は、新興国との激しい競争に曝される。その結果、企業は労働コストを下げようとする。その為に先進国の賃金は下方圧力を受け、雇用は不安定化するだろう。況してや、先進国の企業が生産拠点を海外に移せば、国内では産業空洞化が進む。つまりグローバル化は、競争力を失いつつある先進国の産業や労働者に大きな打撃を与える。この状況の下で自由貿易をやればどうなるか。安価な製品が新興国や競争相手国から流れ込んでくる。こうなると、ある種の産業は衰退を余儀なくされる。それが自動車のように、アメリカの誇る製造業の中核産業であれば、アメリカは確かに大きな打撃を受けるだろう。元はといえば、急激なグローバリズムや自由貿易が、アメリカの製造業の白人労働者層に打撃を与えていたのだ。しかも、冷戦以降のグローバリズムを推進したのも、またアメリカであった。皮肉なことである。

自由貿易論者は言うだろう。「抑々、アメリカが自動車のような競争力の低い産業に固執するほうがおかしいのだ。自由貿易とは、各国が其々の得意分野に特化して貿易するという国際分業体制である。すると、両国でウィンウィンの関係を結べる」と。しかし、話はそれほど簡単ではない。昔、日本が未だ半導体で世界をリードしていた頃、よく引きあいに出された例がある。「仮に、アメリカの土壌がジャガイモに適しており、日本の労働者が半導体の生産に適していたとしよう。すると、アメリカは専らポテトチップを生産し、日本はシリコンチップを生産し、両国が貿易すればよい。これでウィンウィンになる」というものだ。だが勿論、アメリカは世界に冠たるポテトチップ大国では満足できない。そこでどうするか。政府が半導体産業を支援したり、或いはIT等に投資して先端産業を育成するだろう。つまり、自国の優位な産業を政府が作り出すのである。こうなると、自由貿易の正当性は崩れてしまう。しかも、グローバリズムの下では、資本も技術も情報も極めて短期間で国境を越えて移動する。すると、新興国の政府も率先して資本や技術を導入し、教育の質を高め、競争優位を発揮できる産業を育成するであろう。今日の中国や韓国を始めとする新興国も、まさにそうしたのであった。

続きを読む

テーマ : 経済
ジャンル : 政治・経済

【私のルールブック】(86) 面倒だけど可愛らしい“酔っ払い”を楽しむ

恐ろしいほどの二日酔いである。というのも昨夜、私が演出する舞台に出演して下さった常連組の方々を集めての飲み会がありまして…。30名ほどお集まり頂いたと思うのですが、その中に1人、酒癖の悪い方がおりまして。とはいえ、酒癖が悪いと言ってもレベルは様々です。しかし、その御仁は、100人中97人は「悪い」と思えるほどの、正真正銘の酒癖の悪さでございます。簡単に、どのような酒癖の悪さかと言いますと、面倒臭いことを言い始める→協調性が無くなる→意固地になる→帰ってしまう…といった感じでしょうか。で、そのおじさん、1軒目の居酒屋まではマシだったのですが、2軒目に行ったカラオケ屋さんの暖簾を潜ると、様子がおかしくなり始めます。俗に言う、目が据わる状態でございます。私はすかさず、そのおじさんと馬が合う芸人君を呼び寄せ、「そろそろ酔ってきたみたいだから、カラオケでも唄わせて発散させてくれ」と頼みました。ところが、です。ここからなんですよ、このおじさんの面倒臭いところは。

私から命を受けた芸人君は、何とかおじさんに唄わせようと試みますが、おじさんは一向に首を縦に振ろうとはしません。どうやら、「俺が唄っても白けるだけだから」とのこと。因みに、私もカラオケは好きではありません。ですが、このような宴席の場合は嫌でも唄いますよ。好きとか嫌いとかじゃないんです。飲みの席での礼儀と言ってもいい。よって、そんな時用の曲も決めてあります。ちまちま時間をかけて選ぶことすら失礼に値すると思っていますから。盛り上げるなら『ガッチャマンの歌』、少々場の雰囲気を落ち着かせたい時は『雪国』です。っていうか、曲なんて何だっていいんですよ。だって、1回唄えば済むんですから、それだけのこと。なのに、おっさんは頑として唄うことを拒否するのです。そんなやり取りを見ていたら無性に腹が立ってしまい、気が付けば芸人君とおっさんの間に割り込んでしまったのです。店内に緊張感が走ります。私が参戦したということは、“これから説教が始まる”ということですから。

続きを読む

テーマ : 俳優・男優
ジャンル : 映画

Categories
Profile

KNDIC

Author:KNDIC
Welcome to my blog.

Latest articles
Archives
Counter
I'm participating in the ranking.

FC2Blog Ranking

information
Search
RSS Links
Link
QR Code
QR