【タブー全開!政界斬鉄剣】(79) 16年間連敗中のアメリカが北朝鮮を“イラク化”させる!

池田「今月7日、アメリカは米中首脳会談の最中に突然、シリア政府の施設にミサイル攻撃を仕掛けました。シリアは国連加盟国なので、宣戦布告も無く奇襲攻撃を行うことは完全に暴挙です。もう、日本の真珠湾攻撃に文句を言えませんね」

――それは新しい視点だ!
池田「今回の攻撃は、シリア軍が化学兵器を使用したことへの制裁が表向きの理由ですが、北朝鮮への威圧と、北朝鮮を制止しない中国への脅迫であったことは明らか。これに日本のメディアは大燥ぎです。『アメリカ海軍の空母打撃群が北朝鮮近海に向かっている』とか、『金正恩氏の斬首作戦が現実味を帯びてきた』とか、『アメリカ軍の精緻誘導ミサイルなら金氏が隠れている建物だけを狙える』とか…。そんなことはどうでもいいんです。日本政府もメディアも、日本が置かれている状況の認識と、“その先”への想像力が欠けている。金正恩氏を殺しても、それで終わりじゃありません。“その先”とは、朝鮮半島のカオス化です」

――イラクのようになると?
池田「そうです。アメリカは、2001年の同時多発テロを発端とした対テロ戦争に、連戦連敗を続けています。イラク戦争では、サダム・フセイン個人を打倒しただけで肝心の平和は訪れず、カオス状態のまま放置して撤退した。アフガニスタンでは、テロ組織のタリバン壊滅を狙うも失敗し、却って泥沼化させた。アルカイーダのウサマ・ビンラディン殺害の際には、パキスタンに無断で侵入してまで強行した挙げ句、テロが無くなるどころか、より強力なIS(イスラミックステート)の誕生を許してしまった。アメリカは16年間も負けっ放しなのです」

――アメリカ弱体化の原因は?
池田「貧困と無秩序に苦しむ国の人々にとって、ISでもゲリラでも、それに参加することで暮らしや人生に活路を見い出せるのであれば、そのほうがマシだと考えるのが自然です。そういう基本的な人間心理を理解できていないから負けるのです。アメリカは、国家元首やテロリスト個人は殺害できても、対テロ戦争には勝てない。イラクではテロの恐怖が一向に衰えず、『サダム・フセイン時代のほうがマシだった』と思えるほど悲惨な状況であることは、世界中が知っている。北朝鮮でも同じことを繰り返すのでしょうか? 約2500万人の北朝鮮国民はどうなるのか? アメリカに押し付けられた体制を大人しく受け入れ、平和に暮らすとでも思っているのでしょうか?」

続きを読む

スポンサーサイト

テーマ : 北朝鮮問題
ジャンル : 政治・経済

【カオスを飲み干せ!挑発的ニッポン革命計画】(107) ラジオ&音楽業界の“没落の過程”から学ぶ現在のサバイバル哲学

北欧のノルウェーでは現在、FM放送を段階的に廃止し、今年末までにデジタルオーディオ放送(DAB)に完全移行する計画を進めています。つまり、ノルウェーでは間もなく“FMラジオ放送”というものが姿を消すことになる訳です。僕はこのニュースを見て、15年以上前に自分の身の回りで起きていたことを思い出しました。日本でもインターネットが一部の先進的な人々に恨付き始め、音楽配信サービスが生まれ、ベンチャー企業等が挙ってその“旗の奪い合い”をしていた時代です。当時、ラジオを中心に活動していた僕は、音楽や放送の世界が大きく変わることに確信を持っていました。現場のディレクターから有名ラジオ局の役員クラスまで、多くの関係者に来るべき“新時代”の姿を熱く訴え、変化を促しました。しかし、何を言っても彼らは首を縦に振らないどころか、そうした革新的な提言を番組で取り扱うことすら避け続けた。早い話が、一致団結して変化を拒んだのです。

「データを圧縮したら音が劣化する」「音質の悪いものをリスナーは好まない」「送信可能化権が整理されていない」「大口の取引相手が嫌がる」等々、その言い訳は様々でしたが、その後、日本のラジオ業界や音楽業界が過去の栄華から転落し、縮小していったのはご存知の通りです。彼らは決して、新しい時代が予見できなかった訳ではないと思います。寧ろ、わかっていたからこそ、目の前にぶら下がった小さな成功ばかりを追い、そこから透けて見える“自分たちのいない未来”を恐れた。その為、あらゆる“変われない理由”を無意識のうちに考え出し、変化の芽を摘もうとしたということでしょう。こうした話を“オワコン業界の末路”と笑う人も多い。しかし実は、現代を生きる殆どの日本人にとって、他人事では済まされない話だと僕は思っています。ルールに縛られ、変化を拒み、見て見ぬ振りをした結果、成長する活力を失い、大きな波に呑み込まれていく…。まさに今、グローバリズムに直面している日本人そのものです。

続きを読む

テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも
ジャンル : 政治・経済

【私のルールブック】(97) “借りを作らない”という考え方でも礼儀は身体に染みついていく

ケンドーコバヤシが好きだ。何がいいって、出しゃばる訳でもなく、自然とそこに存在してくれるから。要するに佇み方が見事なのである。しかも、男気をしっかり持っている方なので、更なる安心感を共演者に与えてくれる。若干発言に下ネタが多いような気もするが、それも含めてケンコバは男前なオスなのである。先日、初めて『おぎやはぎ』の矢作君と飲んだ。改めて「面白い男だな~」と思った。テレビに映るイメージのまま、今イチ掴みどころが無い。かといって、相手を不快にさせる臭いは一切無く、どんな話題にもすんなりと対応して、ゆらゆらと漂うように溶け込んでくる。あの独特の力の抜け加減が、何とも言えず心地いいんですよね。天性のものなのか? 計算なのか? 計算だとしたら凄いことだな。

『バナナマン』の日村君には、会うほどに頭の下がる想い。あのキャリアで私の楽屋に挨拶に来られても恐縮してしまうだけなのだが、これまた嫌味が無いんですよね。マジで礼儀正しい。つい先日も、とある番組の飲み会で一緒になりまして、私はいつもの如くワンちゃんのお散歩があるので中座させて頂いたんですが、何故か日村君は表まで追いかけて来て、「色々お世話になっています。また宜しくお願いします」と…。挨拶が綺麗な方を悪く言う人はいませんから。私などは特に見習わなきゃいけません。矢作君同様、『バイキング』(フジテレビ系)でご一緒させて頂いている、ヤッくんこと薬丸裕英さん。実は私たち、若い頃はあまり巧くいっておりませんでした。ヤッくんは言わずと知れたトップアイドル。私は恥ずかしながらロックバンドを組んでいた時期がありまして、歌い手として数回共演したこともあるのですが、お互い若気の至りでかなり尖がっており、直接ぶつかったことは無いものの、快く思っていなかったことは明白でした。

続きを読む

テーマ : 俳優・男優
ジャンル : 映画

【タブー全開!政界斬鉄剣】(78) 警察は交通違反の反則金を天下り先の為に稼いでいる!

池田「丁度今、全国で春の交通安全運動が行われていますね。皆さんも、彼方此方の交差点等で警察官が取り締まり行為をする光景を目にしたことでしょう。ということで今週は、日本の警察が如何に“悪の組織”であるかを解説します」

――それは興味がある!
池田「やはり、交通取り締まりという身近な例で説明しましょう。毎年この時期になると、市民の安全を守る為という“建前”で、日本中の道路や交差点に警察官が溢れ、軽微な違反の取り締まりを盛んにやっています。例えば、一時停止の標識を見逃せば、陰険にも物陰に隠れた警察官に止められ、『すみません運転手さん、今、一時停止を止まりませんでしたよね?』とか言いながら、免許証の提示を求められる。そして“青キップ”と呼ばれる反則切符を渡され、7000円の反則金が発生。更に免許証の違反点数も2点。よくある場面ですが、実はこれ、警察庁が勝手に作った仕組みが隠されているのです」

――警察が勝手に?
池田「ここから少しだけ難しい話になります。交通違反取り締まりの根拠となる道路交通法は、国会が作った“法律”ですが、実は成立しただけでは運用できないのです。現実には、法律に基づいて各省庁が実際に業務を行う為の“政令”という規則と、それを守らせる為の“命令”という権限が必要になるのです。森友学園問題を巡る国会答弁等でも、『法令に基づいて云々…『というやり取りを耳にしたと思います」

――法律と政令と命令と法令か。よくわからないぞ…。
池田「そう。役人たちは意図的にわかり難くして、自分たちが好き勝手にできる環境を作り出しているのです。“法令”というのは、“法律”と“政令”や“命令”を組み合わせた役人による造語です。国会で作らせた法律を基に、現実の権力である政令と命令を自由に作って行使するのは、国民から選ばれた訳でもない省庁の役人たちなのです」

続きを読む

テーマ : 警察
ジャンル : 政治・経済

【カオスを飲み干せ!挑発的ニッポン革命計画】(106) あのドクちゃんが36歳で広島に…知られざる国内事情とは?

“ベトちゃんドクちゃん”で知られるグエン・ドクさんが、今月から広島国際大学の客員教授に就任。平和や命の大切さ等を講義することになったそうです。現在36歳となったドクさんが何故、広島で“平和や命”を語ることにしたのか――。その本心は知る由もありませんが、彼の母国・ベトナムの国内事情や政治的背景は、殊の外複雑です。ドクさんは、兄のベトさんと下半身が繋がった“結合双生児”として生まれ、後に分離手術に成功(※ベトさんは2007年に死去)。これは、ベトナム戦争でアメリカ軍が大量散布した枯れ葉剤の影響とされています。誤解を恐れずに言えば、“ベトちゃんドクちゃん” はアメリカの非人道的行為の被害者として、社会主義国ベトナムの反米プロパガンダの象徴的存在となりました。尤も、ベトナム国内において反米機運が主流派を占めていた時代までは、ですが。

この20年、ベトナム社会は大きく変容しました。1995年の米越国交正常化により、両国は急接近。出生率の凄まじい上昇で、“戦後生まれ”が既に多数派となった現在のベトナムでは、若者らは反米どころかアメリカへの憧れを隠そうともしません。首都・ホーチミンの『マクドナルド』や『スターバックス』には行列ができ、ベトナム戦争で使用された枯葉剤の製造メーカーである『モンサント』でさえ、ベトナムの農業ビジネスに深く食い込んでいます。極めつきは昨年5月、ベトナム戦争終結時から続いたアメリカによる武器禁輸措置が全面解除されたこと。それまでロシア頼みだった軍事分野でも、ベトナムはアメリカと協力関係を築くことになった訳です。その背景には、膨張を続ける中国の脅威があります。1979年の中越戦争以降、2国間では南シナ海の領有権を巡り、何度も軍事衝突が発生。近年は海底油田の開発も絡み、緊張は高まる一方です。国民の反中感情も深刻で、若者を中心とした反中デモが頻繁に起きています。嘗ての敵国であるアメリカと組んででも、“今そこにある危機=中国”に対抗したい。そんな思惑を持つベトナム政府は、アメリカ政府に枯葉剤被害者への補償を求めこそすれ、声高に謝罪を要求するようなことはしていません。「自国の地政学的立場を考えれば、超現実路線(※米越連携による対中戦略)を取るしかない」との判断でしょう。

続きを読む

テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも
ジャンル : 政治・経済

【私のルールブック】(96) “政治”から“家探し”まで全ての仕事は“自分”と繋がっている

先日、家でぼ~っとテレビを観ていた時のこと。療し系の芸人さんが司会をされていた。「この方が司会を務めている番組は、ほのぼのとしているものが多いよな~」と、何となく思った。チャンネルを変えると、今度はベテランの芸人さんが司会を務めている番組が目に留まった。ふと思った。「この方が司会を務めている番組は、ロケVTRを観ることもなく、喋り倒して笑いに徹している番組が多いよな~」と。テレビを消して考えてみた。「では、私はどのような起用のされ方のイメージを視聴者の皆様から持たれているのだろうか?」と…。先ず、生放送のイメージが強いことは否めない。連日の『バイキング』(フジテレビ系)だけに留まらず、特番でも生放送の依頼が結構な本数あるからである。そして、やはり討論系の番組を抱えている印象は色濃くあるだろう。私自身は毒舌という自覚は無いのだが、黙っていられない性格から、“言いたい放題のおっさん”と思われても致し方あるまい。

しかし、その内容はというと、芸能から政治まで時事を扱う一方、ギャンブルからグルメから動物から家探しと、かなり幅広いと言える。で、喋り押しの番組が目立ち易いかもしれないが、ロケVTRを観ながら楽しくわいわいのレギュラー番組にも出させて頂いているので、私の中では半々ぐらいの感覚でいる。因みに、同業者の方に未だに驚かれるのは、「よくそれだけレギュラー番組を抱えていてロケに行きますね」ということ。だってロケ好きなんだもん。スタジオだけじゃ息が詰まっちゃうんだもん。確かに、スタジオよりも効率は悪いのかもしれないけど それこそ心のバランスが大事ですからね。とのことから、「結局、私って何でも屋なのかな」と…。端から見れば一貫性が無いように映っているのかもしれない。悪く言えば仕事を選んでいないということ になるんでしょう。けど、政治は新聞記者上がりの親父の影響で、子供の頃から身近でしたし、これまた親父の血なのかギャンブルも大好物ですし、料理は16歳から独り暮らしをしていますからできて当たり前。

続きを読む

テーマ : 俳優・男優
ジャンル : 映画

【異論のススメ】(25) 道徳の教科化、教えがたい社会生活の基本

4月になると、学校では新学期が始まる。来年以降、小中学校で道徳が教科化される。数年前に起きた大津での中学生の苛め自殺問題を発端にしたようで、“礼儀”や“感謝”や“生命の尊さ”等を学習するようだ。これを聞いて、私は些か居心地の悪い気分になる。私は「“道徳的なもの”を身に着けることが教育の基本だ」と思っているので、「学校教育による道徳的なものへの関心は極めて大事だ」と思っている。しかしまた、教科化によって週に1時間の“学習”だけではどうなるものでもない。寧ろ、それで「生命の尊さを教えました」等と形だけ整えるということになりかねない。戦前の国家主義と結び付いた過剰なまでの道徳主義の反動で、戦後は逆に、道徳を、前近代的で、恰も封建社会の残影のように見做す傾向があった。それは学校だけではなく、社会全体の風潮である。反道徳的であることが進歩的であるかのような空気が支配していた。その影響を最も強く受けたのが学校であり、子供たちである。そのうちに、子供たちは学校で暴れ出し、苛めが横行するに至る。そこで道徳教育の必要性が唱えられるようにもなるのだが、如何せん、道徳教育の最大の問題は、「道徳的な態度こそが教育の根幹であるにも拘わらず、それを教育することは至難の業だ」という点にある。道徳的な態度とは、目上の者に対する礼節、権威あるものに対する敬意、最低限の規律や秩序への同調、公共的な場所での自己抑制等を含む。そして、それが無ければ学校のような集団生活は成り立たない。だから、道徳的な態度は、学校教育が成立する前提となる。にも拘わらず、学校教育の中でそれを“教える”ことは不可能に近い。これは、道徳教育の持つ根本的なジレンマなのである。ただ、“道徳”を教えることはできないが、“道徳的な感覚”まで伝授不可能だとは、私は思いたくない。

大学に奉職していた頃、内村鑑三の『代表的日本人』で取り上げられている5名の日本人を知っているかどうか、学生に訊ねてみた。知っているのは大抵、西郷隆盛だけである。二宮尊徳・上杉鷹山・中江藤樹・日蓮など、先ず知らない。勿論、時代は変わる。“代表的日本人”も変わる。イチローや稀勢の里が入っても構わない。しかし、僅か100年ほど前に取り上げられていた人物の名前も知らないというのは、あまりに不自然なことである。その不自然を生み出したのは、戦前と戦後の間の断絶である。そして、内村が名前を挙げた人たちは全て、私心を擲って社会や国や親や貧窮者の為に奉仕した人である。つまり、公共心と無私の精神を体現した人であったことを考えれば、戦後という時代は、この種の公共精神を排除する方向へ歩んだことになろう。ところが面白いことに、内村の『代表的日本人』を読んだ学生たちは結構、感動したりしている。序でに新渡戸稲造の『武士道』等も、彼らには寧ろ大変に新鮮に響くらしいのである。来年の道徳の教科化においては、19から22個の道徳的項目を取り入れるという。道徳的項目が20個にも及ぶとは、私には思えない。道徳の基本はといえば、私には次のようなものだと思われる。卑怯なこと(※例えば弱いもの苛め)はしない、友人を裏切らない、世話になったものへの恩義を大切にする、社会に対しては礼節を疎かにしない、嘘は(※必要な場合を除いて)吐かない、不正に対しては(※力に応じて)戦う勇気を持つ――。凡そこんなところである。単純な話である。これは社会生活の基本である。嘗ては、これぐらいのことはほぼ常識であった。

続きを読む

テーマ : 教育問題について考える
ジャンル : 学校・教育

【タブー全開!政界斬鉄剣】(77) 実は野党議員も陳情されると役所に圧力をかけまくっている!

池田「今週は、森友学園問題で争点になっている、政治家による省庁の行政への“関与”について解説します。皆さん、意外に思われるでしょうが、実は日本共産党を除くほぼ全ての野党議員も、日常業務として省庁に様々な依頼や口利きをする等の“関与”をしています」

――えっ、そうなの!?
池田「私は、嘗ての日本社会党や民主党(※現在の民進党)の国会議員とも親交がありました。私が驚いたのは、彼らの事務所に舞い込む陳情の内容です。息子や孫の就職から、『保健所に申請した営業許可を早く出させてほしい』と頼む飲食店経営者、『地元で発注される公共工事に下請けでも参加できず、助けてくれないなら次から自民党を応援するぞ』と露骨な要求をする工務店の親方まで…」

――俗物的な内容ばかりだ。
池田「政治家に陳情するような個人や企業というと、自動的に自民党の支持者というイメージが湧きますが、実際には違う。野党議員だって選挙を戦っています。自民党を敵に回して戦う立場だからこそ、“珍しく”自分を頼ってきた個人や企業を大事にしようという気持ちは、人として自然だとも言える。だから、彼らは陳情されると、当たり前のように担当する省庁に問い合わせや依頼をするのです。そして、役人の対応が冷たいと、『俺が与党議員じゃないからナメているのか? 委員会で自民党と癒着していると問題にするからな!』等と、お決まりの脅し文句を繰り出して、依頼者の要望に応えようとするのです」

――気持ちはわかるけどね…。
池田「その熱意は、与党議員のそれを上回るかもしれません。そんな民主党が政権与党になった時の燥ぎっぷりは凄かった。私がある民主党議員の事務所を訪ねた時のことです。その議員は、私がいるのも忘れ、電話してきた支持者にこう言いました。『与党になりましたし、これからは役所も言うことをききますから、何でも言ってきて下さい!』と。堂々たる“口利き宣言”ですよ」

続きを読む

テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも
ジャンル : 政治・経済

【カオスを飲み干せ!挑発的ニッポン革命計画】(105) 森友&豊洲問題、“視聴者はバカだ報道”はメディアの断末魔

学校法人『森友学園』への国有地売却を巡る問題と、築地から豊洲への市場移転問題。どちらの問題に関しても、テレビを中心とするマスメディアは、よく考えてみれば何の正当性もない“正義”を掲げ、ひたすら次元の低い“見せ物報道”を繰り広げました。明らかに危険水域を超えた北朝鮮問題他、国内外の多くの重要問題を差し置いて…。例えば森友学園。はっきり言えば、“おかしな幼稚園”の些末な問題でしょう。それなのに、各メディアは続々出てくる虚実綯い交ぜの情報に振り回され、大きな時間・スペースを割き、報道合戦を展開。軈て、問題の本質はどこかへ消え去り、安倍首相の失脚という“大団円”の為にスクラムを組む…。どう考えても無理筋ですよ。特に森友学園周辺から発信された、マスメディア側にとっては“伝聞”でしかない情報を、注釈も付けずにそのまま報じたことは、ジャーナリズムの本質から逸脱した自傷行為だったと言うしかありません。

豊洲移転問題も同様です。この問題を政治利用したい東京都の小池百合子知事と、そんな知事に乗りたい議員や活動家、更にそれを鵜呑みにする支持者…。よくある構図ですが、メディアがその流れを加速させてどうするんですか。豊洲新市場の安全性が問題ないと科学的にほぼ実証されても、「安心できない」と不安をかき立てる側に回る。原発事故に絡む放射能の問題と構図は似ていますが、ファクトを積み上げればもう少しすっきりする問題を、態々陰謀論的な展開に持っていく。取材も検証も俯瞰も放棄したメディアの成れの果ての姿を見せられている気がします。既に目を通した人も多いと思いますが、インターネット上で活動する一部の論客は、報道合戦が過熱する前から、これらの問題の論点を明確に整理した文章をアップしています。誰にでもアクセス可能なこうした文章を読めば、どちらの問題も基本的には“茶番”に過ぎず、政界を揺るがすような深刻なテーマではないことはわかる筈です。そうした書き手の多くはプロのジャーナリストではなく、普段は別の仕事をしている“素人”。しかし、その指摘はしばしば、どの報道より的確です。

続きを読む

テーマ : 報道・マスコミ
ジャンル : 政治・経済

【私のルールブック】(95) 身をもって実感する人間の環境適応能力

私は今、フジテレビの楽屋にいる。平日はほぼ決まった時間に楽屋入りし、決まったルーティーンの中で支度をし、支度を終えるとスタッフさんたちと打合せ。そして生放送を迎えるという毎日。先ず楽屋に入ると、スタイリストさんが用意して下さった数点の衣装の中から、当日着るものを選びます。時間にしてものの10秒で決断。で、選んだら直ぐに畳の上に寝っ転がってメイク開始です。因みに、この寝っ転がりながらメイクをして頂くというスタイルを採るのは、芸能界広しといえど私だけかもしれません。何故、このようなスタイルになったかと申しますと、メイクをして頂いている最中は目を開けることができません。ということは、台本に目を通すことはできない。ならば、「楽な体勢で少しでも身体を休ませたほうが得策なのでは?」と考えたからです。おかげ様で楽チンは勿論なのですが、その日の放送内容を頭の中でああでもないこうでもないと巡らせる時間にもなり、好都合と相成りました。

メイクの所要時間12~15分。メイクを済ませると次はヘアです。髪を拵えて頂いている間は目を開けていられるので、自ずとお勉強の時間となります。台本と睨めっこしながら、「このテーマの時はAさんにコメントをお願いしよう」とか、「このテーマはBさんは賛成だろうから、Bさんの次は反対意見を持っていそうなCさんにお言葉を頂載してみよう」等とシミュレーションを繰り返します。『バイキング』の最たる特徴は、専門家の方以外はどこで何を振られるかが一切台本に書かれていないことなのです。生放送感を色濃く出す為に辿り着いた1つの方法論なのですが、とのことから、どなたに振るかは私のシミュレーションが土台となり、その土台を元に生の会話の中でコロコロと変わっていく。レギュラーの皆さんは勿論、ゲストの方々の負担も大きいかと思われます。へアセット&お勉強の所要時間は25~30分。で、これを以て私個人の支度は完了となる訳ですが、終わるや否や、休む間もなく打合せとなります。

続きを読む

テーマ : 俳優・男優
ジャンル : 映画

Categories
Profile

KNDIC

Author:KNDIC
Welcome to my blog.

Latest articles
Archives
Counter
I'm participating in the ranking.

FC2Blog Ranking

information
Search
RSS Links
Link
QR Code
QR