ヨーロッパは3度自殺する――“現代最高の知性”エマニュエル・トッドが読み解くギリシャ危機の恐るべき本質

ギリシャが再び世界を揺るがせている。財政破綻の危機に喘ぐギリシャは、3度目の金融支援の条件となる緊縮策を巡って、EU (ヨーロッパ連合)等と対立。反緊縮を掲げるチプラス首相は、EU等が求める財政改革策の賛否を問う国民投票を7月5日に実施し、結果は「反対」が「賛成」を大差で上回った。ところが、この“民意”を梃子にEU側から譲歩を引き出そうとすると見られていたチプラス政権は、それが叶わないと悟ったのか、9日にはあっさり方針を180度転換。EUの緊縮案に粗沿った内容の財政改革案を提出したのである。これを受け13日、EUのユーロ圏首脳会議は、付加価値税の増税や年金改革・国有財産の売却等の徹底した緊縮案を含む財政改革案をギリシャが受け入れれば、3年間で最大860億ユーロ(約12兆円)等の新たな支援を行うことに合意。ギリシャ議会でこの財政再建案が可決された為、同国の財政破綻とユーロ圏離脱という事態は取り敢えず回避できたかに見える。だが、昨年末時点で既に3170億ユーロ(約43兆円)に膨らんでいる巨額債務の返済の目途は全く立っておらず、「問題は先送りされただけだ」とも指摘されている。

Emmanuel Todd 01
「IMF(国際通貨基金)も反対しているように、7月13日の合意は抑々実行不可能です。ギリシャ経済を再生させるには、部分的にしろ全面的にしろ、ギリシャの負債が減免されなければならないのです。この合意は、各国首脳が愚かにも地球と月を接近させることに賛成票を投じたようなものなのです」。こう喝破するのはエマニュエル・トッド氏。ソ連崩壊とアメリカの衰退、そして“アラブの春”を逸早く予見したフランスの歴史人口学者である。トッド氏は今年5月、『“ドイツ帝国”が世界を破滅させる』を上梓。冷戦終結・ヨーロッパ統合・統一通貨(ユーロ)導入に依って生み出され、1人勝ちを謳歌する“ドイツ帝国”が今、ヨーロッパをどのように“支配”し、それがどんな危機を招いているのか。また、彼らが今後、世界をどう動かしていくのかを、時に激越な語り口でリアルに洞察した。同書は13万部を超えるベストセラーとなっている。トッド氏はギリシャ危機についても、「ギリシャ単独問題ではなく、ユーロの問題だ」と説く。つまり、「ドイツは高い経済力に比して安いユーロを存分に活かして輸出を増やし、経常黒字を増大してきた。それがヨーロッパ内の略差を広げ、ひいてはギリシャ問題にも繋がっている」というのである。今回、IMFは「債務の免除や減額・返済猶予期間の“劇的延長”まで必要だ」という見方を示したが、ドイツが応じる気配はない。トッド氏が続ける。「7月13日の愚かな合意の最大の効果は、ヨーロッパに馬鹿げた政策を執る国が現に存在するということ、とりわけドイツの非合理性をはっきりと暴露した点にあります。ドイツ特有の荒々しいやり方が今日尚、過去のものになっていないということが、この機会にヨーロッパのメディアの至る所で話題になりました。ある意味で、この合意を強いることで、ドイツは他者と同時に自分自身に対して、遂に本性を現したのです」。日本の報道を見ていると、「合意に依って危機は終息に向かっている」という印象も受けるが、トッド氏に依れば全くそうではない。トッド氏は、ギリシャ問題の本質について、ベルギーの大手紙『ル・ソワール』(7月10日付)で以下のようにインタビューに答えている。その一問一答を再録する。




――ギリシャを巡る心理ドラマを、どう分析していますか?
「私が痛感するのは、今日のヨーロッパが最早、以前のヨーロッパではないということです。つまり、現在のヨーロッパは、ドイツとその衛星国であるバルト諸国・ポーランド・その他に依って掌握されているヨーロッパなのです。このヨーロッパはドイツの指揮の下、階層的で権威的で、“緊縮財政的”なシステムになっています。チプラスの行動に依って多分今、北欧と南欧のこの対立が鮮明になってきているのです。ぶつかり合っているのは、チプラスが代表するものとショイブレ(ドイツの財務大臣)が代表するものです。ヨーロッパは今、その真ん中で分裂しつつある。各国政府の公式発言を超えて私が賭けてもいいと思っているのは、イタリアやスペインやポルトガルの人々が、更にはイギリス人たちまでもが、チプラスに対して凄く共感を覚えているということです」

――左右の亀裂よりも、南北の亀裂という訳ですか?
「ドイツの社会民主党の連中の態度を観察してみてほしい。彼らは、ギリシャ人に対して格別に厳しい姿勢を取っている。フランス社会党の面々の言説は、極最近まで凡そ次のようなものでした。『今のヨーロッパとは違うヨーロッパ、左翼的なヨーロッパを作ろう。我々はドイツ社会民主党と極めて良好な関係を持っているから、今後は様子が変わるぞ…』。私は彼らに、『とんでもない。ドイツ社民党が相手だと、今より酷いことになるよ』と答えていたものです。社会民主党は、ドイツのプロテスタンティズムの地域に根づいているのです。彼らは南部の“陽気なカトリック”に比べ、より北のほうに偏っていて、南欧に対してより対立的なのです。ですから、浮かび上がってきているのは左翼・右翼の対立では全くなく、ヨーロッパと共に古い文化的な対立なのです。私は確信するのですが、若しフェルナン・ブローデル(フランスの大歴史家・1902~1985)の亡霊が墓から出てきたらきっと、『ローマ帝国の境界線が改めて現れてきている』と言うでしょう。ローマ的な普遍主義に本当に影響された国々は、本能的に穏当なセンスを持つヨーロッパの側に、即ち、嗜好や傾向が権威主義的であったり、マゾヒストであったりせず、緊縮財政のプランが自己破壊的であり、自殺的であるということを理解するヨーロッパの側にいる。その対面には寧ろ、ルター派的世界を中心とするヨーロッパがある。これがカバーするのはドイツの3分の2と、バルト三国の中の2ヵ国とスカンジナビア諸国等ですが、そこにポーランドという衛星国も加わるでしょう。ポーランドはカトリック国ですが、一度としてローマ帝国に属したことがありません。こういう訳で、ヨーロッパのとてつもなく深い部分に横たわっている何かが現れてきています」

――この南北の議論の中で、フランスの声があまり聞こえてきませんね。
「それが本当の問題なのです。フランスがこれから動くかどうか? フランスは二重構造になっています。一方には“シャルルモーラス”(20世紀前半に重きを成した極右ナショナリズムのイデオローグ)的な旧いフランスが、社会党のフランスに変身した姿で存在しています。実は、このフランスが分権主義的で、ヨーロッパ主義的で、ドイツ贔屓であり、システム全体を行き詰まらせているのです。しかし、深く分厚いフランスの3分の2は、明らかに南ヨーロッパの側にあります。何かが変調を来し、フランスの政治システムはこのところ、ヒステリー症の男(※サルコジを指す)の後に無力症の男(※オランドを指す)というように、滑稽な大統領ばかり生み出しており、本来の役割を果たしていません。システムが作動しなくなっているのです。現在までのところ、フランスはドイツとペアになって、ドイツが剣呑な警官をやっている時に、宥めたり執り成したりする役回りの警官を演じてきました。オランドにとって、今こそ真価の問われる時です。若し、彼がギリシャ人たちを見捨てれば、彼は歴史の中でペタン元帥(第1次世界大戦時の英雄的指揮官だが、1940年にはヴィシー政権の首班としてヒトラーに屈服し、フランスを対独協力へと導いた)への全権委譲に投票したあの社会主義者たちの一員となります。若し、ギリシャ人たちがフランスの共犯と協力を伴う何らかのやり方で皆殺しにされるならば、権力の座にあるのが実はペタン元帥的なフランスだということが、誰の目にも明らかになるでしょう」

――ギリシャがユーロ圏を離脱すれば、ユーロの終わりが早まるでしょうか? 貴方はかなり以前から、「ユーロは軈て終わる」と予見していましたよね?
「ギリシャの離脱は、最終的には殆ど確実に全体の崩壊を導くでしょう。ありそうだと思えるのは、ドイツがオーストリア・スカンジナビア諸国・バルト諸国と共に、そして現在のところユーロ圏の中にいないポーランドの支持を受けて、1つの通貨圏を構成するだろうということです。他方で、若しかするとシステムのバランスを取るべく、フランスとイギリスのパートナーシップが復活するかもしれません。2011年以降に我々が見てきたのは、ヨーロッパのエリートたち、特に新ヴィシー派的なフランス人エリートたち、即ち、信仰を失ったけれども文化的にカトリシズムの影響を受けている人々と、民衆を見下す銀行家や高級官僚たちとの混合部隊が、信じられないほどの拘りを持って、機能しないシステムを存続させようとする有り様です。ユーロは、世界経済に空いた暗黒の空洞のようなものです。ヨーロッパは経済的に破綻した、ちょっと信じ難い態度に固執しました。この態度は実のところ、狂気を思わせます。我々は非合理と狂気に取り囲まれているのです。合理性の一種の行き過ぎが、集団的非合理を生み出しています。一方では、それが今後尚も長く続くかもしれないと思われます。でも、他方から見ると、これこそ私がドイツ人の内に、またギリシャ人の内にだけではなくヨーロッパ人一般に感じたものなのですが、ある種の眩暈、危機に魅惑されるような現象が始まっています。誰一人として、『これでは上手くいかないのだ』と敢えて言うことをしない。誰一人として、失敗――ユーロの歴史は唖然とするばかりの失敗の歴史です!――の貢任を取ろうとしません。ところが、当事者たちの内に『もう終わりにしたい』というような気持ちが垣間見えます。『終わりの無い恐怖よりは、恐ろしい終わりのほうがまだマシだ』という気分です。この場合、ギリシャは起爆剤になるでしょう。人々は、状況が現実に悲劇的なのだということを意識するかしないかの瀬戸際にいます。今日の状況が現実に悲劇的だというのは、ヨーロッパが20世紀において、ドイツの指揮下で周期的に自殺する大陸であるということです。先ず、1914年の第1次世界大戦があって、次に第2次世界大戦がありました。今日、この大陸は嘗てよりも遥かに豊かで、遥かに平和的で、非軍事化され、高齢化し、リュウマチに罹っています。このスローな文脈の中で、まるでスローモーションフィルムのように展開しているのは、どうやらヨーロッパの3回目の自己破壊のようです。またしてもドイツの指揮下で…」

――それなら、ギリシャについては?
「5年かかるか、それとも10年かかるかはわかりませんが、何れにせよギリシャはユーロ圏の外で、よりよい気分で生き始めることになるでしょう。ギリシャ人たちは非常に知的で、適応力を具えており、その上、立ち直りの要因として愛国心の支えも持っていますからね。扨て、そうなった時にこそユーロにとって耐え難い状況となるでしょう。ギリシャがユーロ圏を離脱するのを放置すれば、『ユーロ圏の中にいるよりも、外にいるほうがいい』ということの証拠の生まれるリスクが大きくなるからです。狂ったヨーロッパの内部にいると、反ギリシャ的な力が圧倒的な多数派だという印象を受けます。しかし、世界各国の新聞を読めば、皆がギリシャ人に味方しているということがわかります。例えば、アメリカの新聞を読んでみればいいのです! そこでは、『ブリュッセルやストラスブールやベルリンの連中は、完全にどうかしている』という風に見られています。凄く大勢の人にとって、ギリシャを立ち直らせるほうが利益があるのです。アメリカ人にしてからがそうです。ギリシャの戦略的重要性を考慮に入れる時、あの国がボロボロに疲弊していくのを腕組みしてただ見ている訳にはいかないのです。夥しい数の人々がギリシャを助けようとしている以上、今度の緊縮策合意で“一件落着”とはなりませんよ」 (翻訳は堀茂樹)


キャプチャ  2015年9月号掲載


スポンサーサイト

テーマ : 国際政治
ジャンル : 政治・経済

Categories
Profile

KNDIC

Author:KNDIC
Welcome to my blog.

Latest articles
Archives
Counter
I'm participating in the ranking.

FC2Blog Ranking

information
Search
RSS Links
Link
QR Code
QR