「政治は厄介」、そうやって愛想を尽かすのはまだ早い…今こそ政治の本当の意味と魅力を知ろう

politics 01
「『政治に愛想を尽かすな』って? 余計なお説教は止めてくれよ。抑々、政治なんて七面倒臭いドタバタ劇をお偉方が勝手に演じているだけ。そんなものとはなるべく関わらないほうが幸せなんじゃないのかい?」――そう思う人は、きっといるだろう。反対に、こんな人もいる。「毎週、首相官邸の前へデモに行き、政府に対する怒りの声をツイッターで毎日、発信している俺。忙しいけど、これだけはやっているんだよ。愛想を尽かしているなんて一体、誰の話なんだ?」。当誌読者には意識の高い人が多いだろうから、後者の占める割合が高いかもしれない。しかし、敢えて乱暴に言おう。この対照的な両者はどちらも、“政治”という営みの持つ本当の意味と魅力をわかっていない。後者の人も、実際に経験しているのは“政治”そのものではなく“運動”だろう。一地方・一国・一地域・世界全体等、其々の領域に応じて全体のあり方を構想し、その実現に向けて他者と交渉しながら権力を行使する。そうした意味での“政治”そのものについて理解していない点では、どちらの人も同じである。このように書くと、真面目な読者からは「では、“政治”がわかるようになる為には、政治学を勉強しないといけないのでしょうか?」という質問が来るかもしれない。職業的な政治学者である当方としては「その通りです」と答えて、「政治学を全国民の必修科目にしたい」という利害関心が蠢き出すところではあるが、そのように言い切れないところが“政治”の厄介な特色なのである。

学問としての政治学については近年、川出良枝・谷口将紀編『政治学』(東京大学出版会)、久米郁男ほか『New Liberal Arts Selection 政治学(補訂版)』(有斐閣)、杉田敦・川崎修編著『西洋政治思想資料集』(法政大学出版局)、河野有理編『近代日本政治思想史』(ナカニシヤ出版)といった優れた概説書・入門書が幾つも刊行されている。こうした本は文献案内も充実しているから、政治思想・政治史・地方自治・国際政治等、政治学の其々の分野で自分の関心のあるところを選んで、更に様々な読書に進む手がかりにもなるだろう。手前味噌ながら紹介すれば、拙著の『ヒューマニティーズ 政治学』(岩波書店)、宇野重規さん・中本義彦さんと共に編集した『政治学をつかむ』(有斐閣)という本もある。前者は大学に入る前の人、後者は大学の一般教養課程で政治学を学んでいる人を対象にして作ったもの。先に挙げた数冊の本を読む前に、ご覧になるのも役立つかもしれない。だが、「経済学を学べば有能な経営者になれる」とか、「日本文学で優秀な博士論文を書いた人が優れた小説家になれる」とかいうことは、必ずしも起こらない。それと同様に、“政治”を巡る様々な思想や事実について学問上の知識を得ることが、実践としての“政治”に関する深い洞察をその人に齎すとは限らないのである。それはまた、何度も熱心にデモに参加する経験を積めば、自ずと身についてくるものでもない。捉えるのに厄介であるが、しかし、人間の生存にとって不可欠である“政治”。その性質について、政治学者の永井陽之助はこう説明した。

かつてアリストテレスは、「人間はポリス(政治)的存在である」といったが、それは、動物と神のみが、ポリス外的存在となりうるという意味である。もし神ならばプラトンの哲人王の構想も可能であろうし、動物ならば動物界の自然的秩序にも満足できよう。しかし、神と動物の中間にあって、上昇と下降の不断の緊張に生きなければならない人間は、人間であるがゆえに、「政治」を必要とする。それは、あたかも性の世界における恋愛(love)が自由人の唯一の答であるように、政治(politics)は、暴力の世界における自由人の最後の言葉なのである。

(篠原一・永井陽之助編『現代政治学入門』第1章・政治学とは何か
有斐閣・1965年・所収)

人間が神のように完全な存在でもないし、動物のように本能としての欲望のままに行動する生きものでもない――その中間の存在であることについては、殆どの人に納得してもらえるだろう。だが、“政治”が恋愛と同じように、人間の生き方のある面にとっては“唯一の答”だとはどういうことか?




politics 02
「“暴力”の世界における“自由”人の最後の言葉」という限定がついていることに注意しよう。人間の秩序がどうして成り立っているのかについて、身も蓋もない答えを返すならば、それは最終的には赤裸々な実力に依って保障されている。そのことは、誰も否定できないだろう。だが、「全ては生々しい力関係に依って決まるのだ」と開き直ってしまえば忽ち、「人と人との関係は実力闘争が全てだ」ということになり、最大の暴力を行使し売る者とそれに挑戦する者との争いが永遠に続くだろう。これも、ある種の秩序ではあり得るかもしれないが、人間らしい秩序とは言えないし、歴史上の事実としても、そういう状態のまま長く続いた政治体制は人類史上に存在しない。ここでは、人間が人間らしく生きられる条件として“自由”が重要視されている。実は、この“自由”と“政治”の結びつきこそが、“政治”という概念そのものの出生地である西洋の政治思想の伝統が、常に前提としていたものであった。どんなに“暴力”が交錯する社会であっても、そこに生きる人同士が共存し、共に生きる為の秩序を作り上げる為には、お互いの間で議論し、交渉し、取り引きする営みが、人間の“自由”を保つ上で不可欠なのである。その営みを通じて共通の権力を動かしていく行為こそが、“政治”に他ならない。それは、西洋由来の“政治”の概念と制度を受容したことで成り立っている、今の日本の現実政治においても同様である。勿論、自由な社会に生きているのならば、なるべく“政治”に関わらないようにするのも、熱心に“運動”に時間と体力を費やすのも、其々に個人の生き方だから、他人がとやかく介入するべきではない。しかし、デモクラシーの社会では、一般の市民1人ひとりが“政治”に対して、その目利きのウォッチャーとして最低限の関わりをすることが、秩序の健全な運営の為に不可欠である。その為には、“政治”がどういう営みで、“政治”に関わる人はそこに如何なる意味を見い出しているのか、知っておく必要があるだろう。こうした“政治”の営みについて、その魅力に全ての人が巻き込まれ、皆が目を輝かせて生き生きと参加していく社会――社会科の教科書が記す民主主義の理想には、そんなイメージが付き纏う。だが、そんな状態は、この膨大で複雑化した社会では実現不可能だろうし、若し実現すれば、それはそれで誰もが常に“政治”に邁進していないといけない、息苦しい世の中だろう。

少数の政治家・官僚・市民運動家等を除けば、大体の人が“政治”とは距離を取りながら生活するのが、現代の社会では通常のあり方である。このことを、政治学者の丸山眞男は『政治的判断』(1958年刊行『政治の世界 他十篇』 岩波文庫・2014年・所収)という講演の中で、“悪さ加減の選択”と呼んだ。この言葉は、福澤諭吉が1893年に発表した論説で、当時の日本では始まったばかりの議会政治に接する為の国民と政治家の心構えとして述べたものを、引用している。「政治はベストの選択である」という考え方は、往々にして政府――「お上が何でもやってくれる筈だ」という過度の期待と結びつき易い。そして、それが少しでも裏切られると“手酷い幻滅”(或いは失望)に転化してしまう。よく言われる政治的な無関心にも、抑々“お上”に対するそうした期待が強過ぎたが故の幻滅という要素が潜んでいるだろう。そうではなく、“悪さ加減の選択”と見極めた上で、現実にあり得る選択肢のうち、悪さがより少ないものを選んでいくこと。これは、実は政治家が日々実践しているべき“政治的リアリズム”であるが、1人ひとりの市民もまた、その思考法を身につけて政治的選択に臨むべきだ――そう、丸山は説いた。“政治”が否応無しに人々の生活に影響を与える中で、少しでも賢い市民として“政治”に関する選択を行う為には、“政治”というものの持つ意味と魅力を、自分なりに理解していることが重要になる。「何で、あの連中は“政治”等に身を捧げているのかわからない」という構えでは、“政治”に対する適切な関心も、また健全な批判も生まれてこないだろうから。

politics 03
ここからは、煩わしいので“政治”からカッコを外して書くことにしよう。政治を生きる人は、どうやってその中へ身を投じていったのか? それを説得的に語る本は、実は意外に少ない。政治家の回想録は数多くあるが、大抵が「政治への志を立てるのが人として当然だ」という、政治家になった後で確立した実感に基づいているので、実際に政治に身を投じた時の心理が既にわからなくなっているし、抑々そうした心の動きを分析して語る手法を持っていない。その限界を超えた稀有な例が、マイケル・イグナティエフの『火と灰 アマチュア政治家の成功と失敗』。大学とジャーナリズムの第一線で活躍していた政治思想史家が、一転してカナダの大政党の党首になり、選挙で大敗・挫折するまでの苦い回想である。国際政治において、外交や軍事の政策決定を担当する人がどういう風にものを考えるかを教えてくれるのが、ダニエル・ドレズナーの『ゾンビ襲来 国際政治理論で、その日に備える』。ゾンビの大量発生というフィクションを借りながら、国際政治の様々な問題についてリアルに語っている。戦後、そして今の日本の国内政治を題材にして、政治について深く知りたいのなら、中北浩爾の『自民党政治の変容』と御厨貴の『政治の眼力 永田町“快人・怪物”列伝』との2冊を。前者は“55年体制”の成立から始まる歴史の中で、政権政党に依る政治指導の仕組みがどのように変わって今日に至るのかを、大掴みにして教えてくれる。そうして生まれた政治の世界で、1人ひとりの政治家が如何にして生き残ってきたのかを、後者は個々の例に則して面白く分析する。だが、「そんな政治家や外交官の世界にしか関心がないのはエリート主義だ。“市民”が声を上げて政治に参加するのを励ますような本が欲しい」と言う人もいるだろう。そういう方には、宇野重規の『民主主義のつくり方』がお勧め。「一般の“市民”が政治を担うのが正しいあり方だ」という主張を、この21世紀という時代にどうやって支えるのか。この本は、プラグマティズムの哲学を手がかりに、新たな展望を切り開こうとする。

現代において、このデモクラシーの仕組みを支える“代表制度・議会制度”についてどう考えるか? 住民投票に表れる一般の“市民”の意向と、代表者である議会の意向が食い違った時にはどうすればいいのか? 早川誠の『代表制という思想』は、政治理論の最新の動向を紹介しながら、問題を読み解いてみせる。この議会制度とデモクラシーの原理との間には、本来は鋭い対立があることを鮮やかに説いた古典が、カール・シュミットの『現代議会主義の精神史的状況』である。その議論に潜んでいる毒も含めて、現代の政治を考える際に必ず振り返るべき一冊だ。シュミットが指摘した“議会主義とデモクラシーとの違い”は、リベラリズムとデモクラシーの違いと言い換えることもできる。実は近代、とりわけ戦後の日本においてはデモクラシーが高く評価され、理想とされるのに対して、リベラリズムに対する理解は一貫して乏しい。政府のやり方を批判して積極的に運動しているグループが、その中での異論の並存を許せず、延々と内部論争を繰り広げたり、少数意見を排除したりする例は今でもお馴染みだろう。井上達夫の『リベラルのことは嫌いでも、リベラリズムは嫌いにならないでください』は、「様々な意見の共存を支える“正義”に支えられたリベラリズムこそが、今の日本に必要な政治原理だ」と説く。同時に述べられる憲法第9条についての卓抜な議論も重要だ。最後に、今の政治の場で熱心に議論されている問題に関する書物として、佐瀬昌盛の『いちばんよくわかる集団的自衛権』と服部龍二の『外交ドキュメント 歴史認識』の2冊を挙げる。其々、国際法・国際政治と外交史の最新の研究に基づいて、大抵の報道記事や評論では見落とされている要点を指摘した、信頼できる本である。

■政治に愛想を尽かさないための10冊  選・苅部直 
①マイケル・イグナティエフ『火と灰 アマチュア政治家の成功と失敗』(添谷育志・金田耕一訳 風行社)
②ダニエル・ドレズナー『ゾンビ襲来 国際政治理論で、その日に備える』(谷口功一・山田高敬訳 白水社)
③中北浩爾『自民党政治の変容』(NHKブックス)
④御厨貴『政治の眼力 永田町“快人・怪物”列伝』(文春新書)
⑤宇野重規『民主主義のつくり方』(筑摩選書)
⑥早川誠『代表制という思想』(風行社)
⑦カール・シュミット『現代議会主義の精神史的状況』(樋口陽一訳 岩波文庫)
⑧井上達夫『リベラルのことは嫌いでも、リベラリズムは嫌いにならないでください』(毎日新聞出版)
⑨佐瀬昌盛『いちばんよくわかる集団的自衛権』(海竜社)
⑩服部龍二『外交ドキュメント 歴史認識』(岩波新書)


苅部直(かるべ・ただし) 東京大学法学部教授(日本政治思想史)。1965年、東京都生まれ。東京大学大学院法学政治学研究科博士課程修了。著書に『丸山眞男 リベラリストの肖像』(岩波新書)・『移りゆく“教養”』(NTT出版)・『安部公房の都市』(講談社)・『秩序の夢 政治思想論集』(筑摩書房)、『歴史という皮膚』『物語岩波書店百年史3 “戦後”から離れて』(共に岩波書店)等。


キャプチャ  2015年9月号掲載


スポンサーサイト

テーマ : 政治
ジャンル : 政治・経済

Categories
Profile

KNDIC

Author:KNDIC
Welcome to my blog.

Latest articles
Archives
Counter
I'm participating in the ranking.

FC2Blog Ranking

information
Search
RSS Links
Link
QR Code
QR