【変見自在】 侮日の終わり

もはや戦後ではない昭和30年代初め、『戦場にかける橋』が封切られた。頭のいいイギリス人捕虜のアレック・ギネスが、頭の悪い日本軍にクワイ川に架ける橋の作り方を教えてやるといったストーリーだ。実際は、タイとビルマ間約400kmの鉄路建設は、1万5000人の鉄道部隊が設計・施工した。橋はクワイ川の他に600もあった。この工事の手伝いをしたのが、約7万の連合国軍捕虜。開戦直後、自分たちの盾にしたインド兵らがやられると直ぐ降伏し、収容所でただ飯を食ってきた連中だ。お礼奉公と思えばいいのに、「基督教では労働は罰」とか言い、日本人にやらされたのを盛んに恨んだ。それで、早川雪洲以下の日本人は只管愚鈍で残忍に描かれたが、映画は何故か日本で当たった。街には随分長い間、クワイ川マーチが流れたものだ。同じ頃に封切られた『王様と私』が「王家を侮辱している」とタイで上映禁止になり、ジョディ・フォスターのリメイク版も含め、未だに禁が解かれていないのと好対照を見せる。日本でのヒットはアメリカの10州分の興収に相当するから、ハリウッドも喜んだ。おまけに、侮日ものはヨーロッパでも喜ばれる。ヨーロッパ諸国はあの戦争で植民地を失い、昔の貧乏国に逆戻りさせられた。イギリスは僅かなカネを貰う為に、王室も総出で習近平を大歓迎する屈辱にも耐えている。

で、ハリウッドは『戦場にかける橋』を書いたピエール・ブールに続編を頼んだ。それが猿、つまり日本人がゴリラ(黒人)を部下に白人を奴隷にするという『猿の惑星』だった。日本人は、他人が悪意を持つ等とは考えもしない。無邪気にこの映画を楽しみ、11州分もの興収を上げた。その流れが、『パール・ハーバー』で少し変わったと言われる。映画はいつも通り、“野蛮な日本軍機”が病院を爆撃したり民間人を殺したり。しかし、逃げる石原慎太郎少年に機銃掃射したのは、残忍なアメリカ軍操縦士だった。インターネットにこの映画のスレッドが立ち、興収は米国の1州分にも達しなかった。それでも、ヨーロッパ市場を考えれば侮日ものは欲しい。ハリウッドが次に目を付けたのが、ローラ・ヒレンブランドの小説『Unbroken(アンブロークン)』だった。捕虜になったアメリカの元オリンピック選手が、金属のバックルで殴られて失神するとか、丸1日仲間に殴り続けられるとか際限ない苛めを受ける。そして終戦。帰国する旅の途次、列車の窓から焼け野原の広島を見て“心からの清涼感”を感じる。しかし、日本兵のズボンは紐で止める。下士官でやっとズックのバンドがつくが、バンド止めはアルミ製でバックルなど無い。いや、そんな嘘はどうでもいい。小説は『ニューヨークタイムズ』で14週もベストセラーを続けたし、原爆も正当化できる。映画化が望まれ、何とアンジェリーナ・ジョリーがメガフォンを取ることが決まった。『猿の惑星』並みのヒットが予感された。




撮影は快調だった。南太平洋をゴムボートで漂流する主人公を鮫が襲い、更に零戦が繰り返し機銃掃射を加える。日本人は、『プリンス・オブ・ウェールズ』の乗員を助ける僚艦を攻撃しなかった。駆逐艦『雷』は、スラバヤ沖海戦で沈めた米英の駆逐艦乗員422人を救助した。恩を仇で返す描写だが、零戦はゴムボートに穴すら開けられずに消えていく。馬鹿な描写は捕虜収容所でも続く。所長は佐官級なのに、軍曹が所長を務める。この軍曹がさんざ酷いことをしながら、戦犯にもならない。牛蒡を食わせた仲間が死刑だというのに。斯くて、「有色人種は猿ではなくて獣」と主張する彼女の映画は昨年、アメリカ等で封切られたが、日本では前評判付き映画としては史上初の上映無しで終わった。朝日新聞が「来年、反日専門館で公開」と嬉しそうに伝えたが、日本人も少しは他人の悪意に気がつくようになったようだ。ブルース・ウィリスも支那製の反日映画に出る。夢は見ないほうがいい。


高山正之(たかやま・まさゆき) ジャーナリスト・コラムニスト・元産経新聞記者・元帝京大学教授。1942年、東京都生まれ。東京都立大学法経学部法学科卒業後、産経新聞社に入社。警視庁クラブ・羽田クラブ詰・夕刊フジ記者を経て、産経新聞社会部次長(デスク)。1985~1987年までテヘラン支局長。1992~1996年までロサンゼルス支局長。産経新聞社を定年退職後、2001~2007年3月まで帝京大学教授を務める。『高山正之が米国・支那・韓国・朝日を斬る 日本人をますます元気にする本』(テーミス)・『アジアの解放、本当は日本軍のお陰だった!』(ワック)等著書多数。


キャプチャ  2015年11月5日号掲載


スポンサーサイト

テーマ : 洋画
ジャンル : 映画

Categories
Profile

KNDIC

Author:KNDIC
Welcome to my blog.

Latest articles
Archives
Counter
I'm participating in the ranking.

FC2Blog Ranking

information
Search
RSS Links
Link
QR Code
QR