<画像3枚> ソフトバンクホークス・王貞治会長、稲田朋美似の美女と日本一の成熟同棲――ホークス監督時代に出会い、付き合って既に20年になる彼女の薬指にはキラリと指輪が…

20151106 01
スーパーで買い物を終え、レジで会計する恋人を温かく見つめる王氏。2人の将来は…。

20151106 02
王氏の前を歩き、買い物するAさん。商品を王氏に持たせることは一切無かった。




20151106 03
スーパーを出た2人は、寄り添い合ったまま帰路へ就いた。時折見つめ合い、楽しげに会話する場面も。

圧倒的な強さで2年連続の日本一に輝いた『福岡ソフトバンクホークス』。その陰で、この常勝軍団を作り上げた男は“流石”の日々を送っていた。10月下旬の夜7時過ぎ、東京都港区赤坂の街を歩いていたのは同球団会長の王貞治氏(75)だ。その傍らには、輝く黒髪にキリッとした瞳が印象的な1人の女性――どこか自民党の稲田朋美議員に似た、艶やかな美女が寄り添っていた。2人が向かった先は焼き肉店。2006年に胃の全摘出手術を受けた王氏だが、現在は焼き肉を楽しめるまでに回復したらしい。そんな王氏と親しく言葉を交わすこの女性こそ、20年に亘り“世界の王”を支えてきた女性・Aさんなのである。「王さんは1995年にホークスの監督に就任したが、就任後1~2年は成績不振でファンの風当たりも強く、精神的に参っていた。そんな中、王さんを励まし続けたのが、彼が贔屓にしていた中洲の老舗料亭の女将で、10歳ほど年下のAさんだったんです」(王氏の知人)。2001年に王氏の妻・恭子さんが亡くなり、暫く経つと、2人の関係は良き友人から恋人へと変わった。2009年には、2人が福岡市内のマンションで同棲生活に入ったことが週刊誌で報じられている。そして今年、福岡の自宅マンションが改築されるのを機に、王氏は生活の拠点を東京に移し、Aさんも福岡から呼び寄せ、都内の高級マンションで暮らし始めたのだ。この日、焼き肉店で食事を終えた2人が次に足を運んだのはスーパー。Aさんが「アレがないのよ~」と言いながら足早に売り場へ向かうと、王氏は近くの陳列棚を眺めながらのんびり待つ。Aさんが目当ての品を籠に入れて戻ってくると、王氏は「明日、おつゆを温めるでしょ? お豆腐を…」と話しかけ、その言葉に頷いたAさんは再び陳列コーナーへ向かい、王氏はその後ろを付いて行く。テキパキ買い物を熟す妻と、優しく見守る年上の夫――まるで、絵に描いたような“熟年夫婦”の姿がそこにあった。

後日、再びAさんと外出した王氏を直撃し、改めて関係について尋ねると、「一緒に住んでいますよ」と堂々と回答。隣にいたAさんも、「幸せですよ。ウフフフ」。満面の笑みで話すと、それに対して「幸せかどうか知らんけど(苦笑)」とツッコミを入れる王氏。まさに、2人の息はピッタリ。更に、Aさんの左手薬指には指輪が。王氏に聞くと、「(彼女にはこれまで何も)与えていないからね」と優しいトーンで答えるのだった。「王さんがこれまで再婚に踏み切れなかったのは、2人の結婚に難色を示していると言われる次女・理恵さんを気遣っていた為。でも、Aさんを東京に呼んだのを機に、周回には『入籍するつもりだ』と漏らすようになりました。遂に覚悟を決めたようです」(前出・知人)。御年75歳にして、人生の新たな一歩を踏み出すとは…流石は“世界の王”。「あっぱれ!」なのである。


キャプチャ  2015年11月20日号掲載


スポンサーサイト

テーマ : 芸能界のニュース
ジャンル : アイドル・芸能

Categories
Profile

KNDIC

Author:KNDIC
Welcome to my blog.

Latest articles
Archives
Counter
I'm participating in the ranking.

FC2Blog Ranking

information
Search
RSS Links
Link
QR Code
QR