「あなたは人を殺す勇気がありますか?」――死刑囚の写真を撮影するトシ・カザマ氏の問いかけ

20151115 04
「皆さんは人を殺す勇気がありますか?」――アメリカを中心に死刑囚の写真を撮影している写真家のトシ・カザマさん(56)が来日し、10月に東京都内で開かれた死刑制度について考える国際シンポジウムで、そう語りかけました。死刑囚だけでなく、その家族・被害者遺族・執行人にも会い、事件現場・死刑執行室・注射器等の死刑器具の写真も撮影してきたカザマさんの発する問いかけは、非常に重いものがありました。「死刑は議論の上で成り立つものではない。死刑は生きている人間を殺すこと。『僕がピストルで、その人の頭を撃ち抜くことができるかどうか?』ということなのです」。シンポジウムでは死刑囚の肖像写真と共に、電気椅子・執行室・最後の食事の場所・シャワー室等の写真を示しながら、話をしました。聴衆は息を呑むように、写真に見入りました。電気椅子の写真は、椅子の座る部分の中央に少し黒ずんだ跡がありました。「これは焦げ跡。死刑囚の尾骶骨が焼けた跡です」とカザマさんは解説。更に、「これには2つのスイッチがある。2人の執行人が同時にスイッチを入れる。どちらの線が(電気椅子に)繋がっているかわからないようにしている」と付け加えました。日本の死刑は絞首刑です。執行室の横にボタン室があり、そこでボタンが押されると床が抜けて死刑囚が上から吊るされます。日本でもボタンは複数あって、誰が実際の執行をしたかはわからない形式になっています。誰が執行したのかわからないようにしているというのは、同じです。

カザマさんは台湾では大統領の特別許可を得て、死刑の現場を撮影しました。仏陀の絵がかけられている刑場には、黒い砂が一面に敷かれているそうです。「死刑囚はシーツを敷いて、その上に横たわり、執行人は死刑囚が死ぬまで銃を撃ち続ける」とカザマさんは話しました。写真を見せながら、「臓器提供する時は首の後ろ、提供しない時は心臓の後ろを狙って撃つ。黒い砂を敷いているのは、飛び散る血がわからないようにする為です」と説明しました。台湾では、写真家としては初めて撮影を許されたとのことです。カザマさんは時々沈黙を交えながら、溜め息を吐きながら、言葉を絞り出すように話しました。「『残虐な酷い事件があった。だから死刑が必要だ』と人は言います。しかし、その死刑の重さは全て執行人に伸し掛かっている」。カザマさんが会った執行人たちは、苦悩を話してくれたそうです。日本でも、アメリカでも。アメリカの執行人は、カザマさんが見たこと感じたことを「世界中の人に伝えてほしい」と言いました。「(それで死刑が廃止されれば)俺は人を殺さなくていい」と。カザマさんにとって、死刑はどこか遠いところで行われている、他人事ではなくなっています。「僕にとっては、(死刑は)現実的なもの。議論の上のものではない。僕は人を殺す勇気はない。皆さんは人を殺す勇気がありますか?」。カザマさんが死刑囚の写真を撮り始めたのは、1996年です。最初に撮影したのは、16歳の時に殺人事件を起こしたとされる17歳の少年でした。カザマさんは元々、死刑についてそれほどの関心があった訳ではありません。ふと目にしたテレビで、死刑が執行される直前の刑務所の前でビール片手に「やれ、やれ」という人たちと、蝋燭を手に賛美歌を歌っている人たちが相対する姿が流れました。それがきっかけで、死刑に興味を持ちました。




20151115 05
死刑に関わる1つひとつの事件を見ていくと、銃・教育・貧富の差・愛の欠如等、ありとあらゆる社会の問題が詰まっていることに気付きました。未成年の死刑囚がいることにも驚き、「もっと学びたい」と感じ、「2~3人の死刑囚の撮影をしてみよう」と考えました。「正直なところ、2~3人撮影して『ニューズウィーク』『タイム』等の雑誌で発表すれば――写真家のトシ・カザマにはこういう一面もあるとして――自分のキャリアのステップアップになるかな」という思いもあったそうです。しかし、撮影を始めるとそんな思いはふっ飛んでいきます。カザマさんが最初に会った少年は、2つの事件の犯人として死刑を言い渡されていました。1つは、76歳の女性が首を絞められ、火をつけられて殺された事件。彼女は強姦もされていました。そしてもう1つは、70歳の男性が斧でズタズタに切断されて殺されていた事件。カザマさんは彼に会うまで、「こんな2つの事件を起こしたとされる死刑囚の少年は、モンスターのような少年なのだ」と勝手に思っていました。ところが、足を運んだアラバマ州の刑務所で目の前に現れたのは、極普通の少年でした。息子のクラスにいても可笑しくないような子供でした。この少年はIQ67で、知的障害がありました。カザマさんに依ると、「この少年だけが『自分が現場にいた』と自白した」と言います。現場には彼以外の指紋や足跡があったけれども、彼だけが逮捕され、裁判にかけられたとのことです。彼はカザマさんに、「お母さんが薬をやって、家に帰ってこない」等と話したそうです。この17歳の死刑囚に会った時、カザマさんの胸に、これまで抱いたことのない感情が湧き起こりました。「若しも、僕が彼だったら…」。それまで、カザマさんは他人に対してそんなことを考えたことは一度もありませんでした。日本橋生まれのカザマさんは15歳で単身渡米し、1人で生きてきました。実力でのし上がり、有名なファッション雑誌の仕事を熟し、コマーシャル写真や有名アーティストのレコードジャケット等を手がけてきた広告業界の第一人者です。「僕は自信をもって生きてきた。『若しも僕が…』なんて、そんなことを思うような人間じゃなかったんだけど…」とカザマさんは吐露しました。

その彼が死刑囚の少年と会った時、「僕がこの少年に生まれてきたら、死刑囚だったかもしれない」と思ったのです。「それから人生が変わっちゃった」。以降、カザマさんはアメリカ6州と台湾で20人を超える死刑囚に会い、彼らの肖像写真・刑場・事件現場を撮影しました。死刑囚の家族・被害者遺族、そして死刑執行人にも会ってきました。既に19年です。撮影した死刑囚のうち、半数が死刑を執行されたそうです。また、1人は撮影の2年後に冤罪とわかり、釈放されて、今は弁護士になることを目指して大学で勉強しているとのことです。2005年には、カザマさんが撮影した少年死刑囚を巡る裁判で、最高裁が18歳未満の未成年の時に罪を犯した被告人への死刑の適用を“違憲”とし、アメリカ全州での少年死刑が廃止となりました。死刑廃止は世界的な潮流です。死刑廃止国は、10年以上執行していない事実上の廃止国も含めて150ヵ国以上です。これは、世界の7割以上を占めます。OECD加盟国34ヵ国の中で死刑制度を存置しているのは、日本・アメリカ、そして韓国だけです。しかし、その韓国では16年以上執行が停止されています。カザマさんが死刑囚の撮影を始めた当時、アメリカでは38州で死刑が存置されていたそうです。しかし、毎年のように死刑を廃止する州は増えています。日弁連に依ると、2014年10月現在で存置しているのは32州。18州が廃止しました。また、停止している州も少なくなく、2013年に死刑を執行した州は、存置する32州のうち9州に留まっています。アメリカは、確実に死刑廃止の方向に動いています。「アメリカでは、あと10年もしない内に廃止になるだろう」。それがカザマさんの見通しです。何故、そのような動きになっているのか。カザマさんは、「被害者遺族が『死刑は何の為にもなっていない』ということを公に語っている。これが非常に大きな力になっている」と背景を語りました。

日本では、「被害者が極刑を望んでいる」ということが強調されています。カザマさんに依ると、「それは嘗てのアメリカも同じだった」とのことです。それが、今は遺族が声を上げ始め、世論が変わってきているそうです。「事件が起きた直後は、遺族は怒り、悲しみ、復讐心さえ持つ。時間と共にその気持ちは変わっていくが、日本人はその遺族たちの当初の憎しみや怒りの表明しか見ていないのではないか」と疑問を投げかけ、「被害者遺族に本当に必要なのは、安っぽい同情ではなく、経済的・精神的援助だ」と言い切りました。カザマさんは、自らが犯罪の被害者でもあります。2003年10月10日午後3時。9歳の娘を学校に迎えに行く途中で、暴漢に襲われました。後ろから羽交い締めにされ、道路に叩き付けられました。頭蓋骨複雑骨折。意識不明に陥りました。医師から家族に告げられたのは、「死亡する危険性が極めて高い。生きても、車椅子の余生である」ということだったそうです。5日目に目を覚ましたカザマさんは奇跡的に回復、約1年かかって歩行器なしで歩けるようになりました。しかし、カメラを手で持つことはできなくなりました。今も右耳は耳鳴りがして、聞こえません。後遺症に苦しんでいます。退院後は仕事ができなくなり、収入はゼロになりました。医療費は数百万円に上りました。「被害者に本当に必要なのは精神的・経済的な支援」というのは、カザマさんの実感から来るものでもあります。しかし、それほど大きな怪我をし、死の淵にいたにも拘らず、彼は昏睡状態を脱した時、恐怖に慄く表情で近づいてきた3人の子供たちに、こう言いました。「犯罪は憎め。でも、人は憎むな」。何故なら、「加害者は僕を傷付け、家族を傷付けた。でも、そこで『僕が仕返しだ』と言うと、僕の愛する家族は一生憎しみを持って生きなくてはならなくなる。それは耐えられない」と思ったからだそうです。

20151115 06
カザマさんは20人近くの被害者遺族に会ってきました。中には、家族全員が殺された人もいたそうです。まだ怒りや悲しみに包まれている人もいました。撮影ができない人もいました。様々な遺族がいました。その経験からカザマさんは、こう言います。「日本の人たちは勘違いをしている。『被害者は皆こうだ』と決めつけているのではないだろうか。人間は憎しみと怒りだけでは生きていけない。生きていこうと思ったら、自分の怒り・憎しみ・復讐心を和らげ、解放しなくてはならない。憎しみから解放されることは、決して犯人を許すことにはならない。そのことに罪悪感を持つことはない。遺族や被害者は日々葛藤している。憎しみ・悲しみ…人間は色んな感情を持っているから。でも、その中のいいものを磨いていくことが大切じゃないだろうか。濮だって後遺症があって、時々、加害者に対する怒りがうーっと強くなる時がある。でも、そこに集中しては自分にとって何のプラスにもならない。1人ひとりの遺族の気持ちの変わり方やそれにかかる時間は、其々に異なる。温度差がある。でも、『生きていく』ということを選ぶなら、その人たちは幸せにならなければならない。日本の社会は、そこをもっと尊重するべきではないだろうか。被害者遺族が『加害者を許したい』『死刑反対』等という心を持つと、『酷い遺族だ』と決めつけて見ていないだろうか。日本では、遺族を1つの型に嵌めていると感じる」。被害者遺族を1つの型に嵌め、被害者遺族が望んでいるからとして、社会が思考を停止して、死刑そのものに向き合い、考えることをしていないというのが、カザマさんの指摘です。被害者や被害者遺族への支援について、私たちはもっと考え、議論していかなくてはなりません。以前に比べれば改善されたとはいえ、日本では、事件が起きた直後やその後の被害者や被害者遺族への支援が十分だとは言い切れません。きちんと支援されていれば、もう少し違う意見や思いが遺族から出てくるのかもしれません。

カザマさんは、撮影した死刑囚の写真を出版していません。講演で見せるだけです。「被写体にリスクのあることはしたくない。『何の為に撮影したのか?』ということを考えたい」。撮影した死刑囚の写真は、自分の利益の為には使わないということを決めているのだそうです。死刑には、国に依って様々な方法があります。絞首刑・電気椅子・薬物注射・銃殺…。石を投げつけるという方法もあるそうです。「どの方法がいいなんて思わない。それは皆、人を殺す方法。犯罪が起こって人が殺される。そして、それと同じように、人を殺すのが死刑。死刑執行人は加害者になり、死刑執行された人の家族は遺族になる。死の連鎖は止まらない」。閉ざされた世界で行われている日本の死刑。突然、その日の朝に執行を告げられる死刑囚。実際にボタンを押し、死刑を執行する人たち。その実情を、私たちは殆ど知りません。また、本当に死刑の判断を下した事実認定に間違いは無いのでしょうか? 最近も、小6の娘を保険金目的で焼死させたとして無期懲役を言い渡された母親と内縁の夫の再審請求が認められました。20年ぶりに2人は保釈され、冤罪だった可能性が極めて高くなりました。昨年は、死刑判決を受けた袴田巌さん(79)が再審開始を認められて、保釈されました。袴田さんは48年も拘束された後遺症で、今も苦しんでいます。死刑を言い渡された人たちに、冤罪の可能性は全く無いのでしょうか? 若し、万が一にも冤罪があるならば、無実の人が殺されることになります。若しそんなことが起こったら、取り返しがつきません。裁判員制度が導入され、誰もが死刑判決に関わる可能性がある時代です。冤罪という側面は、見過ごすことはできません。日本では、死刑について議論されることが殆どありません。そういう状況だからこそ、カザマさんの問いかけはその第一歩として、1人ひとりが自分のものとして受け止める必要があるのではないでしょうか? 少なくとも、私は彼の問いかけにドキリとしました。「死刑とは、人の命を奪うもの、人を殺すことである」とカザマさんは強調しています。貴方は、人を殺す勇気がありますか?


大久保真紀(おおくぼ・まき) 朝日新聞編集委員(社会担当)。1963年、福岡県生まれ。盛岡・静岡支局・東京本社社会部等を経て現職。著書に『買われる子どもたち 無垢の叫び』(明石書店)・『こどもの権利を買わないで プンとミーチャのものがたり』(自由国民社)・『明日がある 虐待を受けた子どもたち』(芳賀書店)・『ああわが祖国よ 国を訴えた中国残留日本人孤児たち』(八朔社)・『中国残留日本人 “棄民”の経過と、帰国後の苦難』(高文研)等。


キャプチャ  2015年11月13日付掲載


スポンサーサイト

テーマ : 刑事事件・裁判関連ニュース
ジャンル : ニュース

Categories
Profile

KNDIC

Author:KNDIC
Welcome to my blog.

Latest articles
Archives
Counter
I'm participating in the ranking.

FC2Blog Ranking

information
Search
RSS Links
Link
QR Code
QR