日本で唯一! 愛媛県伊予市にある庫裡ダーツバーが話題に

20151212 12
店内に並んだ日本酒・焼酎・ウイスキー。そして、ダーツを楽しむ人々。カウンターの中では、マスターがカクテルを作る――。愛媛県伊予市灘町のダーツバー『ドラゴンボウズ』は、郡中港の入り江が見える人気スポットだ。が、実はここはお寺。浄土真宗本願寺派光明寺の庫裡の1階。マスターは何と、同寺の坪内一乘住職(38)なのだ。「バーを始めたのは7年前。毎日夕方6時から深夜12時まで開けています」と坪内住職。常連の檀家は、「ここのご住職にはすんなり話せる。独り身で葬式とか墓とか心配だけど、お寺だと本音で聞けないじゃないですか」と言う。光明寺は約400年前、松山城主の加藤嘉明の弟・唯明に依る創建で、開基は正善法師。祖父の後を継ぎ、坪内住職は平成15(2003)年、24歳で晋山した。「若者が地元のお寺で遊ぶ場所があれば、地域の経済も潤うと考えました」。料理の心得もあり、一大決心して始めると、訪れる若者が挨拶1つせず、黙って店の椅子に座る。そこで、住職が考えたのがダーツだった。「ダーツは夜遊びの印象ですが、本来は礼儀を重んじるスポーツ。遊びで挨拶を学べると思いました」。これが大成功。若者たちは、ダーツ効果で積極的に挨拶をするようになった。しかも、老若関係無く仲良くできるのがお酒とダーツ。檀家や近在の人以外に、タンカーの船員や海軍、そして海外からも実に幅広く、一晩に平均10組は訪れる。坪内住職は近々、松山市にも新店を出す予定だ。新店は宗派問わず、カウンターに多くの僧侶を誘い、お客さんも交えて僧侶同士の交流や語らいの場にもしていきたいという。恐らく日本で唯一、庫裡のダーツバーが布教の実を挙げつつある。


キャプチャ  2015年11月号掲載


スポンサーサイト

テーマ : ダーツ
ジャンル : スポーツ

Categories
Profile

KNDIC

Author:KNDIC
Welcome to my blog.

Latest articles
Archives
Counter
I'm participating in the ranking.

FC2Blog Ranking

information
Search
RSS Links
Link
QR Code
QR