【東京いい店やれる店】(33) ベッキー・川谷絵音に倣って、『LDH』の店で不倫はいかが?

hoichoi 65
新年早々勃発したベッキー・川谷絵音の不倫騒動で、マスコミ業界は大騒ぎ。彼方此方の広告代理店から、テレビCMの差し替えやらラジオのパーソナリティー番組の提供クレジット外しやらで、悲鳴が聞こえた。と同時に、業界でもう1つ話題になったのが、「2人が昨年11月から密会を重ねていたという、ベッキーの親友である上戸彩の旦那・HIROが経営する(正確には『EXILE』の芸能事務所『LDH』が経営する)中目黒の鳥鍋屋ってイケてるの?」という話。その鳥鍋屋とは、目黒川沿いのビルの3階に2008年5月にオープンした『KIJIMA』。7年前に行った印象では、クラブの中で食事をしているような黒で統一された清潔感に欠ける内装を除けば、値段はリーズナブルだし味も真面だし、ちっともゲスな感じはしない店だった。ホームページに依れば、LDHはKIJIMAを含め、居酒屋の『三盃』、焼き鳥の『鳥佳』、出雲蕎麦の『錦織』と、東京都内で4店(宮崎県の『鳥雅』を加えれば全国で5店)の飲食店を経営しており、事務所が中目黒にあるせいか、4店は中目黒・恵比寿界隈に集中している。その中で一番新しいのが、昨年3月にKIJIMAの隣のビルの2階にオープンした『錦織』だ。ベッキーたちは、こっちにも行っていたんじゃないッスかね? 如何なるきっかけかは知らないが、HIROは島根県に興味を持ち、島根を舞台にした『劇団EXILE』の青柳翔主演の映画『たたら侍』(今年公開予定)をプロデュース。

hoichoi 66
その映画のロケハンで一昨年1月に島根を訪れた際、出雲蕎麦に魅了されたんだとか。店名の『錦織』は、『たたら侍』の錦織良成監督から取っており、映画のプロモーションの為の店のようだ。が、その割には蕎麦打ち台の下が石造りだったり、個室の仕切りが木の格子だったり、壁一面に御猪口を並べた棚があったり、内装にはかなりカネがかかっている印象。目黒川側がガラス張りになっていて、桜の季節には絶好の花見ポイントになる(これはKIJIMAも同様だ)。蕎麦も酒肴も種類は豊富で、2人で酒肴や割子蕎麦を食べて、勘定は1万316円とリーズナブルだった。その前にオープンした焼き鳥の『鳥佳』にも行ってみたが、こちらは恵比寿駅西口から駒沢通りを渡って路地を入った先のガチャついた飲食街の中のビルの2階。普通の高級焼き鳥店だが、客層だけは只者ではない様子。勘定は、2人で7本ずつ焼いてもらって、酒肴を数点と酒をたっぷり飲んで1万3586円と、これまたリーズナブル。こうして見ると、LDH経営の飲食店はどこも価格がリーズナブルで、料理も真っ当。恐らく、HIROの下に飲食のプロがついているのだろう(序でに言うとHIROは和食好きで鶏好きに違いない)。今なら、若いコに「ベッキーと川谷絵音が密会したLDHの店に行ってみない?」と誘えば、大抵の娘はついて来る。そこで、「KIJIMAは皆が行ってて混んでいるから…」と言って、敢えて外しての『錦織』か『鳥佳』――これは中々の上級技である。


キャプチャ  2016年2月2日号掲載


スポンサーサイト

テーマ : デート
ジャンル : 恋愛

Categories
Profile

KNDIC

Author:KNDIC
Welcome to my blog.

Latest articles
Archives
Counter
I'm participating in the ranking.

FC2Blog Ranking

information
Search
RSS Links
Link
QR Code
QR