【中外時評】 “記述式”の暴走が心配だ――あわてるな大学入試改革

2020年に間に合うかどうか――。といっても、東京オリンピック・パラリンピックのメインスタジアムとなる新国立競技場の話ではない。新たなデザインが決まった新国立の建設も綱渡りだが、それにも増して難しそうな“2020年問題”がある。新しい共通テスト(仮称・大学入学希望者学力評価テスト)を導入する大学入試改革だ。文部科学省の『高大接続システム改革会議』が示すスケジュールに依れば、新テストは今の中1が受験する2020年度から始まり、2024年度以降は新学習指導要領に対応していくという。ところが、肝心の中身が揺れ動いている。現行の大学入試センター試験を廃止し、もっと論理的思考力や問題解決能力を測れる内容に改める。同時に、各大学毎の試験を丁寧なものにする。こういう方向性は予て打ち出されていた。

その延長線上で改革会議が拘っているのが、所謂“記述式問題”である。文科省は昨年暮れに“問題イメージ例”を公表した。例えば、交通事故の統計資料に基づく議論を紹介しつつ、想定される主張を書かせる。図書館の在り方についての新聞記事を読んで、自分の考えを展開する――といった具合だ。兎に角、文章を書かねばならないから、マークシート式より思考力を掴み易いのは確かだろう。しかし、課題はあまりにも多い。こんな手間のかかる問題を毎年毎年作り続けられるか? 50万人を超す膨大な受験生の解答をどう読み込み、公平に採点するのか? その為の労力と時間は…? ならば、と文科省が検討しているのが、記述式試験の日程を現行のセンター試験より前倒しする案である。新テストのうち、マークシート式の試験は現行に近い日程で実施するが、記述式は早めに済まして採点作業の時間を確保しようというのだ。遅くとも10月、念入りな採点には8月が望ましいという。つまり、受験生は夏から秋にかけて記述式、正月頃にマークシート式、2~3月に各大学の個別試験に挑むことになる。記述式の試験の為に全体のスケジュールが長期化し、誰もが酷く疲弊すること必定だ。何とも奇妙な本末転倒の展開である。




ここは、原点に戻って考えなければなるまい。抑々、新テストの導入構想は2013年秋の教育再生実行会議の提言に始まる。その時の大枠は、

(1)センター試験のような一発勝負型の選抜から、何回か受けられる試験へと転換する。
(2)各大学が個別の2次試験を抜本改革する。

といったものだった。「共通テストは、なるべくスリム化を図る。その上で、受験機会を複数化するのが基本的な認識だった」と関係者の1人は言う。「ところが、その後の議論は記述式導入等の理想論に傾いていった。話が進むほどに理念が“先鋭化”している」。センター試験の弊害を省みてスリム化を目指した筈の新テストが、受験生にも高校・大学にも負担の重いものになっていくとすれば、新国立競技場の旧計画並みの暴走と言う他ない。当初目指した“受験機会の複数化”も不可能になるだろう。

思えば、選抜の歴史は改革と挫折の繰り返しだ。戦前の旧制高校の入試は猫の目のように変わった。戦後も、共通テストの魁である“進学適性検査(進適)”や共通1次試験を経て、現行のセンター試験に辿り着いた。もっと思考力を問いたい。もっと知力をトータルに測りたい――。入試制度改革の狙いはいつの時代も同じだが、失敗もまた多いのである。昭和20年代に7年間続いた“進適”について調べると、その思想が今回の新テストと似通っているのに驚く。推理小説のような設定で事件関係者の証言を列挙し、そこから導かれる推定を答えさせる等、実にユニークな出題が多い。まさに論理的思考力を問おうとしたのだろう。それでも、結局は弊害が色々出てきた上、受験産業が対策作りに乗り出して理念倒れに終わった。今度の記述式試験も、必ずや“書き方のコツ”等が伝授されるだろう。あまり共通テストに理想を求めても見透かされるだけではないか。そこは歴史に学ばねばならない。改革会議は「今年度中に最終報告を纏める」と言うが、このまま見切り発車で記述式を導入すれば大いに禍根を残すだろう。ここまで混迷しているからには、“2020年ありき”で急ぐべきでもない。個別試験の充実とセットで、改革を仕切り直す時である。 (論説副委員長 大島三緒)


≡日本経済新聞 2016年1月24日付掲載≡




<style>#fc2_text_ad{margin: 14px 0;}#fc2_text_ad span {display: block;float: none;background: transparent;margin: 0 0 2px;}#fc2_text_ad a {padding: 2px;display: block;}</style><!-- general ad -->
<link href=
スポンサーサイト

テーマ : 教育問題について考える
ジャンル : 学校・教育

Categories
Profile

KNDIC

Author:KNDIC
Welcome to my blog.

Latest articles
Archives
Counter
I'm participating in the ranking.

FC2Blog Ranking

information
Search
RSS Links
Link
QR Code
QR