【経済の現場2016・マネー迷走】(04) 中国市場“爆弾が破裂”

20160223 04
「機内持ち込みの荷物が多過ぎます。これ以上は買い物できませんよ」。旧正月(春節)連休中の今月9日。羽田空港で航空会社の職員が、大型の旅行鞄を多く抱えた中国人観光客に声を張り上げた。“爆買い”は尚、日本経済に恩恵を及ぼしているが、中国本土に目を向ければ、“官製バブル”の崩壊で痛手を被った人が少なくない。「資産の1割が消えた」。北京市内の証券会社の店頭。退職後に株の取引を始めた65歳の女性は、大幅な値下がりで市場の取引が停止したことを示す株価ボードの前で力無く語った。先月4日、年明け最初の取引で上海・深圳両株式市場の株価は7%も急落した。「時限爆弾が破裂した」。年明けの株安を予測していた金融専門家は呻いた。昨年夏に株価が急落した“チャイナショック”を受け、証券当局は上場企業の大株主に対し、“半年間の株式大量売却禁止”を通知した。それが、先月8日に期限が切れる“時限爆弾”であった。大株主が大量の売りを出す前に、個人投資家が売り抜けを図った。別の市場関係者は、「穴が開いた船から、投資家が我先にと逃げ出した」と話す。中国の代表的な株価指数である上海総合指数は、昨年末から約20%下落。ピークだった同年6月の粗半分の水準に落ち込んだ。先月14日には、証券当局トップの肖鋼氏が「1億人近い個人投資家らの財産権を保護する職責を怠った」として個人投資家に提訴された。先月下旬。著名なアメリカ人投資家のジョージ・ソロス氏が、スイスで語った刺激的な言葉が追い打ちをかけた。「(2008年の)リーマンショックはアメリカが発端だった。今回は中国だ。中国経済はハードランディングが避けられない」。ソロス氏の率いるへッジファンドは昨年夏までに、保有する中国の電子商取引大手『アリババ集団』や検索大手『百度』の株式の大半を売り払っていた。説得力は十分である。中国政府の焦りを物語るように、共産党機関紙『人民日報』を始め、各紙が連日、「あり得ない」と反論を繰り返した。

官製バブルのきっかけは2014年11月に遡る。『中国人民銀行』(中央銀行)が2年4ヵ月ぶりに利下げに踏み切った。国営メディアも投資を推奨する記事を載せた。不動産バブルへの国民の不満が体制批判に繋がることを避け、株式投資に目を向けさせる。それが中国政府の狙いだった。2014年初めに2100ポイント程度だった上海指数は、同年末には約1.5倍に上昇。昨年3月には、証券口座が2億件を超えた。個人投資家の売買は全体の8割を占め、「全国民が株式投資中」とまで言われた。だが、個人の大半は「噂で路柄を選ぶ」(市場関係者)レベル。元手が足りない投資家に高利でお金を貸す“ヤミの業者”も暗躍し、市場は見せかけの活況に沸いた。上海指数が昨年6月に5000ポイントを超えた後、バブルは突如として弾けた。証券当局が、信用取引の規制に乗り出した為だった。その後も止まらぬ株安に、証券当局トップの肖氏は先月、年間業務を総括する会議でこう述べた。「株式市場や取引制度の未熟さを露呈してしまった」。会議は、肖氏が投資家に訴えられた2日後に開かれた。政府は、幹部が反省を口にする異例の事態を、中国メディアに大きく報道させた。インサイダー取引が疑われる証券会社等の摘発も強化した。国民の不満を解消する狙いが透けて見える。今月14日。李克強首相は国務院常務会議(日本の閣議に相当)で、「当局の市場安定化策は正しかった」と強弁する一方、「技術的な対応が不十分だった。関連部門は教訓として総括すべきだ」と語った。景気減速を受けて習近平指導部は、今年の経済成長率の目標を、これまでより低い“6.5~7%”に引き下げる方針だ。国民の間では、通貨・人民元を手放す“元離れ”も広がる。元がドルに対して値下がりすれば、将来、ドルを元に戻した時に利益を得られる。ドル預金をする日本人が、円安になるほど儲かるのと同じ理屈だ。「政府の対策は信用できない。株が駄目なら為替で儲けるしかない」。上海のある男性(60)は最近、家族3人の年間制限額の上限に当たる15万ドル(約1700万円)分の人民元を両替したという。世界株安の震源地となった中国。経済の動向は全世界に影響する。異質な巨大市場に対し、国内外の投資家が厳しい目を向けている。


≡読売新聞 2016年2月20日付掲載≡


スポンサーサイト

テーマ : 経済・社会
ジャンル : ニュース

Categories
Profile

Author:KNDIC
Welcome to my blog.

Latest articles
Archives
Counter
I'm participating in the ranking.

FC2Blog Ranking

information
Search
RSS Links
Link
QR Code
QR