【言論の不自由】(08) 野球選手に“お涙頂戴ドラマ”を何故求める?

20160228 01
「魔が差した」としか言いようがない。2015年10月22日木曜日、プロ野球ドラフト会議の日。平日の夜に家で飯を食うことなど滅多に無いのに、この日は約束がキャンセルになり、偶々早く帰っていた。ドラフトを中継していたTBSで何やら特番をやるというので見始めたのだが、これが大間違い。ビールも不味くなる、まさに噴飯ものの番組だったのだ。スタジオに用意された特大ボードには、『ドラフト緊急生特番! お母さんありがとう 夢を追う親子の壮絶人生ドキュメント』と大書され、“亡き母と交わした2つの約束”“行方不明の父に会いたい”“病と闘い続ける父”といった文字が躍る。指名が予定される選手の中から、“壮絶秘話”“感動物語”がありそうな選手に密着し、指名決定の瞬間までを追うという趣向である。選手本人や家族のインタビューで回想するだけでなく、再現ドラマ付きという念の入りようだ。指名決定の後は、学校で結果を待っていた本人や家族と中継で繋ぎ、司会の堀尾正明アナウンサーや『SMAP』の中居正広が質問をぶつけていく。最後は、選手から親への手紙朗読まである。例えば、“亡き母と交わした2つの約束”というのは、専大松戸高校から『千葉ロッテマリーンズ』に5位指名された原嵩選手のケース。母親が癌で1年前に他界。しかし、「甲子園に出場してプロ野球選手になる」という約束も果たせそう。お母さんが天から力を貸してくれたんだね、有難う…というような話である。これは未だマシなほうだが、“行方不明の父に会いたい”の日隈ジュリアス選手(高知中央高校→『東京ヤクルトスワローズ』4位)の場合は、ちょっと痛々しくて見ていられなかった。ジュリアス君の父親はアメリカ海兵隊員で、9.11の時に帰国して以来行方不明となり、日本人の母親が女手ひとつで育ててきたのだが、番組スタッフがこの父親を発見し、彼のメッセージまで収録して番組内で母子に届けたのだ。「ジュリアス君、よかったね」と堀尾アナが振るが、当人は明らかに当惑気味。母親に至っては「複雑な気持ちです」。そりゃそうでしょう。父親の側にどんな事情があったにせよ、連絡も寄越さず、自分たちから逃げていたのは間違いないのだから。そんな事情がわかっていながら“感動”を強要する無神経さ――。全編、こんな具合である。

抑々、“ドラフト特番”と銘打ちながら、野球選手としての実力を全く見せないのが凄い。野球とは関係ない“お涙頂戴ドラマ”ばかりで、選手たちの戦績も秀でた能力も、肝心のことが何も紹介されないのだ。勿論、1人ひとりの選手の事情にケチをつけたい訳ではない。其々の苦労はわかるし、「よく頑張ったな」と声をかけたくもなる。だが、“人に歴史あり”で、どんな選手にも其々に物語がある筈なのだ。それを“壮絶人生ドキュメント”という、番組にとっての“おいしさ”の基準で選び、野球と関係のないところでワイドショーのように消費してしまうところが堪らなく嫌なのだ。“壮絶人生”であろうがなかろうが、野球選手としての価値や魅力とは何の関係もない。それとも、「特別な事情を抱えていなければ野球選手にはなれない」とでも言うのか? こういう番組は、野球やスポーツに対する冒涜だとさえ思う。だがこの番組、視聴率は取れているようで、今回でもう6回目らしい。過去には『埼玉西武ライオンズ』の秋山翔吾・『読売ジャイアンツ』の菅野智之・『横浜DeNAベイスターズ』の山崎康晃等、現在活躍中の選手も登場しているが、中には鳴かず飛ばずどころか“転落”のケースもある。「養護施設育ちの少年 孤独を乗り越えプロへ 少年を支え続けた仲間 僕はひとりじゃない」とテレビ欄に書かれた2012年ドラフト組の相内誠選手(千葉国際高校→西武2位、2014年より登録名は誠)は、高校卒業前に無免許運転等で摘発され、プロ入りした後も未成年で飲酒・喫煙し、球団から処分されている。2015年の1軍出場は無い。これなどは、番組が勘違いさせてしまった“罪作り”な事例だろう。ただでさえ注目を集める彼らを、野球以外のことで更に注目させて何の意味があるのか? 抑々、ドラフトは人生のゴールではない。野球選手としてのスタートに過ぎないのだ。このような歪な持て囃され方の風潮が、今回の野球賭博問題ともどこか繋がっているような気がしてならない。野球選手は、野球選手だというだけで特別な存在なのだ。野球選手は野球をやりたまえ。


大口卓造(おおくち・たくぞう) フリーライター。1963年生まれ。論壇系メディアで雑用を熟しながら禄を食む。趣味は年表を眺めること。朝日新聞にツッコミを入れるのを日課とする。


キャプチャ  2015年12月号掲載
Crying Girl 泣き顔【2500円以上送料無料】

Crying Girl 泣き顔【2500円以上送料無料】
価格:3,024円(税込、送料込)



スポンサーサイト

テーマ : TBS
ジャンル : テレビ・ラジオ

Categories
Profile

KNDIC

Author:KNDIC
Welcome to my blog.

Latest articles
Archives
Counter
I'm participating in the ranking.

FC2Blog Ranking

information
Search
RSS Links
Link
QR Code
QR