【日曜に想う】 メインにならぬニッチでは

嶋聡氏(57)の場合、人生は回転扉のようなものだという。創生期の民主党の代表室で“3代の代表の知恵袋”と呼ばれて9年、『ソフトバンク』の社長室長に転じてこれまた9年、そして今夏の参院選で再び政界復帰を目指す。ただ、「本当に回転扉なら、党再建に苦しむ古巣に戻る筈だ」と思いきや、おおさか維新の会の比例候補を選んだ。「機を見るに敏とは言え、聊か現金過ぎるのではあるまいか」。そう思って話を聞くと実は、かなり本質的な民主党への懐疑が背景にあることを知った。尤もそれは、漸く民維合流へ重い腰を上げた嘗ての仲間たちへのエールでもある。

どの党から出るか、嶋氏が迷っていたこの年末年始、参院選の目標について岡田克也代表は、「3分の2の改憲勢力を阻止する」と語った。これが大きかった。「それでは55年体制下の社会党です。私たちはあの頃、3分の1を死守する万年野党を否定するところから始めた。改憲にせよ安保体制にせよ、自民党政権の批判だけでなく、それに代わる対案を必ず用意した。労働組合等の旧来の支持層だけでは政権は取れない。保守層や無党派層にウィングを広げる為、外に打って出ようと考えた。残念ながら、今の民主党はそれが感じられません」。確かに、政権交代前夜の民主党には、自民党には無い新しい“建設”の芽が幾つも感じられた。対案を網羅したマニフェストを選挙で訴え、実現の原動力とするやり方。総務会等の事前審査制で中々決められない自民党とは違う迅速な意思決定の進め方。年功序列や派閥均衡人事では出て来ない清新なリーダー候補の育成…。勿論、3年強の民主党政権時代にそれらを全うできなかった挫折の傷痕は大きいのだろうが、何でも反対の野党に先祖返りしていていい筈がない。嶋氏の実感はこうだ。「勝ち残った今の民主党議員は、決して選挙に弱いのではない。強過ぎると感じます。労組の支援が強過ぎる。だから、逆に意識が外に向かわない」




政界模様も変化した。その問題点や限界が明白になりつつはあるが、安倍政権は官邸主導でアベノミクスを迅速に進めようとしてきた。おおさか維新は、対案主義で官邸に政策を呑ませようとする。その現実をどう見るか。「これからはアイデア勝負の時代になる。『アベノミクスは破綻した』と非難するだけでは、まるで日本経済の失速を願っているような印象を残すだけだ。今回の私の決断は、再生エネルギーという目標を一番成し遂げ易い場所を選んだ結果ですが、野党はやはり“ポストアベノミクス”の具体的な対案が鍵です。同時に、それを迅速に実現できる組織の力とポスト安倍候補を国民に示すことです。その思いを民主党が取り戻せるかどうか」。最も民意を引きつけられる争点を提起し、自分の土俵に相手を引きずり込む。それが近年の選挙の帰趨を決めるポイントだった。2005年、党内で郵政民営化の急先鋒だった嶋氏は、当時の小泉純一郎首相が仕掛けた郵政解散・衆院選の荒波に埋没し落選した。だが、続く2009年衆院選では民主党が“政権交代”の争点化に成功し、大勝した。その点では今日、改憲もアベノミクスも安倍政権が用意したものだ。阻止と反対だけでは、土俵に引きずり込まれた結果、ウィングさえ広げられずに終わってしまいかねない。最後に聞いた。「政権交代可能な2大政党制はもう、諦めたんですか?」。少し考えて「これは孫正義(ソフトバンクグループ社長)の口癖ですがね」と言って、その言葉を教えてくれた。これを聞けば、嶋氏は尚諦めてはいないこと、ただ、その条件を“建設”に置いていることがわかる。「良薬は口に苦し――。『ベンチャーはニッチ(隙間)を狙え』と言う人がよくいますが、それは間違い。メインにならないニッチに将来は無い」 (編集委員 曽我豪)


≡朝日新聞 2016年3月13日付掲載≡


スポンサーサイト

テーマ : 民主党
ジャンル : 政治・経済

Categories
Profile

KNDIC

Author:KNDIC
Welcome to my blog.

Latest articles
Archives
Counter
I'm participating in the ranking.

FC2Blog Ranking

information
Search
RSS Links
Link
QR Code
QR