定年夫“昼別居”のススメ、亭主はずっと元気で留守がいい――家事は自立、妻の時間大切に

亭主元気で留守がいい――。この言葉が世の夫たちに問いかけるのは、実は老後の過ごし方なのかもしれない。定年後は『濡れ落ち葉』などと妻から厄介者扱いされることもあるだけに、円満さを保つ努力が欠かせない。家事を分担したり、できるだけ家以外の居場所を作ったり。老後に男を上げるため、夫たちに必要な心得を考えた。

「毎日午前10時から午後2時ぐらいまでは外出する。妻が昼食の支度をしなくて済むからね」。夫が話すと妻もにっこり「四六時中、家にいてほしくない」と言い切った。大阪市内に住む河南昌宏さん(62)と、妻の厚子さん(56)。円満な関係の秘訣は、昌宏さんが2年前にビルの保守・点検会社を定年退職して以来続ける生活スタイルにある。ポイントは昼食は別々に取るということだ。






例えば9月のある日、昌宏さんは朝食をすませると、午前10時に電車で1時間ほどの大学に向かった。そこで昼食をとり、その後公開講座を受講。午後3時半に帰宅した。外出時間は5時間30分。「ほどほどの外出が高血圧で糖尿病を患う私にはちょうどいい」という。定年後の生活で、厚子さんが何より恐れていたのは、夫婦で昼を過ごすことだった。昌宏さんの現役当時は、友人と出かけたり、趣味を楽しんだりする時間だった。それが夫の世話で奪われるのはたまらないというわけだ。そこで昌宏さんは定年と同時に外出を励行。最近は自らサンドイッチを作って出かけることもある。「料理を覚え、妻の大変さがようやくわかった」。厚子さんも「上から目線がなくなった」と夫の変化を、心から喜んでいる。

仕事一筋だった男性には定年後、家でゴロゴロ過ごすようになる人が少なくない。家事を手伝うこともなく、家にいる姿に妻は戸惑い、やがて心に負担を感じ始める。「昼食の世話はその典型」と、大阪市で主に更年期障害の患者の診療をしている、医師の石蔵文信さんは指摘する。熟年夫婦のカウンセリングを長年手掛けてきた経験から「定年後、夫は昼食を外でとるか、自分で作ってほしい。そうでないと本当に奥さんから見捨てられます」と男性シニアに発破をかける。そして、やはり自ら料理をすることが効果的とみる。石蔵さんが各地で開く『超初心者向け男の料理教室』を訪ねると、確かにその効果も見て取れた。9月初旬に大阪府吹田市で開いた講座のメニューは中華風の鍋物。野菜と肉を適当に切って、水の入った土鍋に放り込み、沸騰したらラーメンスープのもとを入れるだけの簡単なメニュー。だが、参加する夫たちは必死だ。定年から7ヵ月たった高見武夫さん(65)はその1人。料理は初めてだが「妻から今日も昼食を作るのかとプレッシャーをかけられている」と真剣そのもの。「話しかけないで。自分の分は自分で作れるようにならないと」と、慣れない包丁に汗をかく男性もいた。彼らがどんな定年後を描いていたのかはわからない。だが、妻との暮らしの現実の中で、自分を変える必要を感じているのは間違いない。

もちろん、料理以外にも妻と円満に過ごすための工夫はできる。例えばプチ別居だ。千葉市内に住む飯塚雅夫さん(仮名・63)は現在、妻とのプチ別居を実践中。定年退職した2011年8月に、自宅を住友不動産に依頼して全面リフォーム。1階の和室を妻の貴子さん(同・62)が華道教室を開けるようにした。貴子さんは以前から地元のコミュニティセンターで華道を教えていた。現在は月1~2回、朝9時30分から午後7時まで、1階の和室に生徒さんが入れ替わり立ち替わり訪れる。「時間に制約されず、おしゃべりもできて楽しい」(貴子さん)。その間、雅夫さんは2階の空き部屋にこもり、オーディオを楽しむ。昼食も外で済ませるという。雅夫さんは現役当時、海外出張が多く、貴子さんは1人で3人の子育てをしながら、華道の腕を上げてきた。雅夫さんは負担をかけた分、「これからは妻の趣味を尊重してあげたい」と話している。

厚生労働省によると、定年の時期にさしかかるとみられる、結婚20年以上の夫婦の離婚は、2013年で約3万8000件と離婚件数全体の16%を占める。しかも割合は年々高まっている。つまり、定年という転換期を乗り切れず、別離を決断する夫婦は決して少なくない。その意味で、定年後に互いを尊重してどのように暮らすかを、夫婦ともに早い時期から考えておくことは必要だろう。その時期はいつか。「子どもが親離れを始めるころ、妻は夫との2人きりの人生を考え始める。その時、夫がどれだけ妻に向き合うかが、老後の夫婦の行方を決める」。公益財団法人さわやか福祉財団会長の堀田力さんは話す。プチ別居に昼別居、それ以外のやり方でもいい。夫婦2人の暮らしは、どれだけ相手の時間を大切にして過ごせるかにかかる。定年後はのんびり暮らすというイメージだけでは、うまくいかないということを、男性陣はよくよく知っておいた方が良さそうだ。


キャプチャ  2014年9月24日付夕刊掲載
スポンサーサイト
Categories
Profile

KNDIC

Author:KNDIC
Welcome to my blog.

Latest articles
Archives
Counter
I'm participating in the ranking.

FC2Blog Ranking

information
Search
RSS Links
Link
QR Code
QR