その世界遺産って本当に必要ですか?――富岡製糸場の登録から約1年半が経ったが、住民たちは逆に困惑している

“世界遺産”と聞くと、「世界にその価値が認められた」と思われがちである。登録が決定すると地元では万歳三唱したり、マスコミも大騒ぎするのだが、改めて世界遺産条約を読んでみると、その国には遺産の「保護・保存・整備活用・次世代への継承」(第4条・翻訳筆者)が義務付けられる。遺産を失うことは全人類にとっての損失になるので、当該国は「できることはすべて行なう」(同前)との厳しい規定。認められたというより、態々国際的に保護責任を背負わされる訳で、何やら余計なことをしているような気もするのである。 (取材・文/ノンフィクション作家 髙橋秀実)

20160326 10
群馬県富岡市にある『富岡製糸場』。平成26年、日本で18番目となる世界遺産(文化遺産としては14番目)として登録された。何でも、年間約134万人(平成26年富岡市調べ)が見学に訪れているそうで、私も出かけてみることにしたのである。午前10時。小雨の降り頻る中、製糸場の正門前には行列ができていた。殆どの人がパックツアーで来ているらしく、旗を持ったガイドに先導されて中高年の男女が連なっていく。高齢者が目立つことから、地元の人はこの行列を“巣鴨通り”等と呼ぶらしい。入口で入場料1000円を払って中へ。教科書で見覚えのあるレンガ造りの東置繭所(繭の貯蔵庫)を目前にして、私は「これが有名な富岡製糸場か」と暫し感心したのだが、その先に進むと目立つのは“工事中”の建物ばかりだった。繭の乾燥場は「2月の大雪で半壊しました」との表示。奥にある西置繭所は全面にシートがかけられ、“保存修理(仮設・解体)工事”に入っているとのことで、それにかかる費用が“4億8708万円”だと大きく記されている。敷地の周辺部に並ぶ社宅群も相当傷んでおり、雨樋が今にも落ちてきそうである。聞けば、敷地内には建物が100棟あるが、公開できるのは2割程度。それ以外は、今後30年かけて修復する計画なのだそうだ。工事現場の見学に来たかのようなので、私は追加で200円を払って地元の解説員に依るガイドツアーに参加した。定年退職した学校の先生たち等が、富岡製糸場の歴史について講釈してくれるのである。「このレンガ造りは“フランス積み”と呼ばれています。長崎の“イギリス積み”とは違うんですね」。観光客たちは全く反応しなかったが、私は「ほう」と頷いた。「学ぶ姿勢でないと楽しめない」と思ったからである。因みに、富岡製糸場が世界遺産として認められた“顕著な普遍的価値”とは、“高品質生糸の大量生産を巡る国際交流”があり、“人類史上に刻まれる技術革新の舞台”であること。明治初期にフランスから技術を導入し、巨大な工場で生糸を大量に生産。絹文化を世界に広める役割を果たしたということなのだが、現在あるのは、昭和40年代から使われていた日産製の自動繰糸機で、設立当時のものではない。フランスとの交流にしても、解説員のおじさんが「フランス人は怠け者だったので、直ぐにカイコしました。カイコは一杯あるけど」とオヤジギャグにするように、契約満了前に続々と帰国してしまったらしい。記録に依れば、官営工場時代は赤字が続き、「到底利を得る能はず」(富岡製糸所長 速水堅曹/『速水堅曹資料集』・文生書院)と呆れるほど。働いていた工女(女子労働者)たちも「規則に縛せられ」「何の快楽も無し」、「情気を生」(同前)じて次々と退職してしまうと指摘されており、全体的に失敗した公共事業の印象なのである。

「復元といってもどこに戻すのか、未だわからないんです」――。富岡市役所世界遺産部富岡製系場保全課管理係の森田昭芳係長も、どこか困惑した様子である。富岡製糸場は明治5年に官営工場として操業を開始したが、明治26年には三井家に払い下げられ、その9年後に『原合名会社』に譲渡され、昭和14年に『片倉工業』に合併されて、昭和62年まで操業していた。その間、動力もボイラーから電気、燃料も石炭から重油に変遷しているし、民間企業は企業秘密もあって詳細な設計図も受け継がれていない。「例えば、現在工事中の西置繭所も2階は繭置き場なんですが、1階部分は石炭置き場として使われていたり、繭の選別や機械を入れて製糸工程の一部を担っていたこともある。『元に戻す』と言っても、『元っていつの時代?』となる訳です」。神社仏閣等の文化財と違って、工場は建物の用途も変わる。修復するにしても、文化財には元の材料を極力使用し、新たに加えた部分はそれとわかるようにしなければならないという“可逆性”が要求されるのだ。「そのままでは駄目なんですか?」。そう私が訊ねると、森田係長は首を振った。「先ず、耐震性の問題があります。見学して頂く為にも、耐震補強をしなければいけません」。30年がかりで修復する計画なのだが、その費用は100億円超とも見込まれている。基本的に国が50%、群馬県と富岡市が其々25%を負担する。更に、製糸場を維持する為の諸経費(警備員等の人件費や光熱費)は年間2~3億円。こちらは全て富岡市の負担になるので、人口5万人の富岡市にとっては財政的にかなり厳しく、それ故に入場料も当初の500円から1000円に上げざるを得なかったそうである。「全体を修復しても…」。私は思わず呟いた。繭も機械も無ければ、倉庫などもあまり代わり映えしないのではないかと。「しかし、去年より今年は見学範囲が広がっていくという面白さはあると思います」。微笑む森田係長。「今年は、ここまで見られる!」という演出も可能だという。「確か、『ディズニーランドは(永遠に)完成しない』という言葉がありましたよね。それと同じです。超プラス思考ですけど…」。工場の見学というより、工事進捗の見学ということか。富岡製糸場は、「文化財とは何か?」と考えさせられる文化財なのだろうか。




20160326 11
「何でこれが世界遺産?」「どうして?」「ホントになっちゃったの?」――。富岡製糸場周辺に暮らす人々も、一様に首を傾げた。未だに信じられない様子で、中には「だって、ただの工場でしょ?」と私を責めるような女性もいた。「歴史的に貴重なのでは…」と答えると、「これはカタクラですよ」とあっさり。彼らにとっては、この近辺に数多くあった製糸工場の1つ。片倉工業の“普通の工場”なのである。改めて調べてみると、事の発端は平成15年に当時の群馬県知事・小寺弘之氏が記者会見で、『富岡製糸場を世界遺産にする研究プロジェクト』を発表したことだという。群馬県企画部世界遺産課長(当時)の松浦利隆さんの記録(『“富岡製系場と絹産業遺産群” 世界遺産登録までの道のり』/『月刊文化財』第1法規 平成27年1月)に依ると、県民からは「なる筈がない」「県民を惑わすのは止めろ」等と罵声を浴び、県庁職員も「半信半疑」だったそうだが、ユネスコは平成6年に“グローバルストラテジー”、つまりヨーロッパ地域や建築物への偏りを是正する方針を打ち出していた。単に建造物の芸術性や巨大性ではなく、「人間の諸活動や居住の形態、生活様式や技術革新などを総合的に含めた人間と土地の在り方を示す事例や、人間の相互作用、文化の共存、 精神的・創造的表現に関する事例なども考慮すべき」(『文化庁』公式サイト)という方向に向かっていたのである。富岡製糸場にもチャンスはある。県では、「世界史上の重要な事件であるアジアの産業化の先鞭を付けた日本の産業革命、その旗手である製糸業の近代化の先駆」等と位置付けることにした。ところが、平成20年に候補だった岩手県の平泉が、“顕著な普遍的価値”の物的証拠が乏しい等という理由で登録を見送られてしまった。そこで、県はコンセプトを“近代化”ではなく、“生糸の大量生産”と“国際交流”に変更。それならば「論理的にわかり易く、物証もはっきりしている」と判断したのだ。県は建築史・近代史・経済史等の専門家からなる『世界遺産学術委員会』を組織して議論を重ね、ユネスコに提出する推薦書を入念に練り上げた。事前の保護体制も要求されるので、富岡市と連携して、片倉工業と交渉の末、製糸場に“国史跡”の指定を受ける。更には、富岡市が敷地を約17億円で買収し、県と市が管理に当たることになった。実際、私も推薦書(英文で240ページもある)を読んでみたが、大仰な人類史的経緯や完璧な保護体制が諄いまでに記されており、読むのに疲れるほど。ユネスコでも「パーフェクトに近い」と評価されたらしく、言うなれば極めて論理的に導出された世界遺産。しかし、論理的故にその価値は見ただけではわかり難く、論理的にわかっても現実との矛盾が気になってしまうのである。

「いいことなんか何にも無い」――。正門の直ぐ近くに店を構える商店主は、そうぼやいた。「でも、人は一杯来るようになったんですよね?」「店の前をゾロゾロ通るだけ。ただゾロゾロゾロゾロ。何も買わないんですよ」。通りに面して土産物屋が軒を連ねているが、それらは余所から来た人たちだという。何故か横川の“峠の釜めし”が販売され、茨城県から来た人が“富岡産シルク配合”の石鹼を売っている。「お土産だって買いませんよ」。商店主は続けた。観光バスの停車時間の関係で、観光客の滞在は約1時間(富岡市世界遺産部に依る)。乗り遅れまいと走る人もいるくらいで、地元では“トライアスロン”と揶揄されたりしている。「兎に角、観光客が道を塞ぐもんだから、我々としては不便でしょうがないです」。道は随所で“一方通行”にされ、車も出し難くなり、人込みがある為に馴染みのお客さんも来なくなったのだという。「ウチなんか『格子戸にしろ』と市から言われてる。看板下ろして屋根瓦で格子戸にしろって」。そう憤るのは、数軒隣の主人。因みに、富岡製糸場の周辺は世界遺産の“バッファゾーン(緩衝地帯)”に指定されている。バッファゾーンとは、遺産の“効果的な保護”の為に規制される“もうひとつの保護の網”(『世界遺産条約履行のための作業指針』・ユネスコ)。富岡市も「富岡製糸場を際だたせ、またこれに調和する街なみを形成します」(富岡市景観計画)と宣言しており、彼らは脇役にされてしまったのである。建築物は、高さの制限は勿論のこと、「落ち着いた色彩を基調とし」「歴史が感じられる和風建築の様式による意匠」が原則とされる。規制は条例に基づいており、違反すると「1年以下の懲役、または50万円以下の罰金」も科せられたりするのだ。「何で格子戸なんだ!」「確かにそうですね」。私も同感だった。これが法隆寺や白川郷なら、日本古来の伝統文化ということで納得できる。しかし、富岡製糸場は飽く迄も工場。工場の周囲には焼肉屋・ビジネスホテル・スナックの看板があったほうが自然ではないか。市の景観計画には「富岡製糸場への眺望を損ねている」とあるが、周囲に目立たないように配慮するのは工場のほうではないか。

実は、この辺り一帯は、昭和63年から区画整理事業に着手していた。幅が1.6mほどしかない道が縦横に走っており、緊急車両も入れないし、火事でもあれば忽ち延焼する。防災の観点から危険区域として、道路の拡幅等を行うことが決まっていたのである。用地の先行買収も進み、事業認可まで取得していたのだが、平成19年に許可を取消。何故なら、世界遺産のバッファゾーンになるべく、富岡市が“歴史文化的景観保全ゾーン”に指定したから。防災上危険なエリアが保存されることになったのである。町中は空き家も多いらしく、日が暮れると忽ち暗くなる。そこで、足早に狭い路地を抜けて広い通りに出ると、いきなり和服姿の女性に声をかけられた。「富岡製糸場のお話は如何でしょうか?」。地元のボランティアで、道行く観光客に製糸場について解説してくれるのである。市役所に“観光おもてなし課”が設立されたように、富岡市では“おもてなし”運動が推進されていた。商工会議所の『おもてなし五カ条』には、こうある。

①「とみおかにまた来たい」と思ってくれるまち。
②みんなで笑顔であいさつをするまち。
③おせっかいが大好きなまち。
④かみくずも無いきれいなまち。
⑤市民がみんなでおもてなし。

頭の文字を並べると“とみおかし”。群馬県の『上毛かるた』のような標語になっている。そして、“おせっかい”の中には「初めて富岡に来る人は、私たちが思っている以上に富岡のことを知りません。沢山おせっかいをしてあげましょう」と指南されており、市民が一丸となっておせっかいキャンペーンを展開しているのである。「お話は5分ですから。直ぐ終わりますから」と熱心に勧められ、私はお話を聞くことにした。市の案内所である“お富ちゃん家”に入り、奥の部屋でパイプ椅子に座って静聴する。「明治5年に設立された富岡製糸場に来た工女さんたちは、繭のように白く、美しかったんです。働く女性たちの先駆けです…」。開業当初は北海道・長野県・埼玉県・山口県からも武家の娘たちが富岡製糸場にやって来て、器械製糸を習得し、地元に戻って製糸業を全国各地に広めていった。所謂“伝習工女”たちの物語で、当時を記した『富岡日記』(和田英・著)に基づく美談だった。本当に5分で終わったので失礼しようとすると、別の語り部に「私の話も聞いて下さい」と声をかけられる。終わるとまた別の方から「私のもお願いします。本当に直ぐ終わりますから」と、私は次々と懇願された。「おせっかいとは、このことか」とも思ったが、彼女たちの熱心な姿に私は絆された。そのたどたどしい語りを聞くと、別の意味で切なくなってきたのである。

20160326 12
実は、世界遺産登録が決議された際、“女性たちの指導者あるいは労働者としての役割”についての追加調査が勧告されており、工女たちのエピソードは益々重要になっている。近所の呉服店でも当時の工女の衣装が借りられるサービス(5時間で3000円)が提供され、観光客も工女姿で町中を歩けるそうなのだ。「皆、やりたくてやっている訳じゃないんですよ」。ある商店主が打ち明けてくれた。「市のほうから『製糸場の歴史を学んだほうがいい』『外国人観光客向けに英会話を習ったほうがいい』なんて言われまして。言われたから仕方なくやっているだけでして…」。「しかし、改めて郷土史を学ぶのはよいことでは?」と私が言うと、彼は苦笑した。「実は、我々は富岡製糸場が好きじゃないんです」「好きじゃない?」「この辺りは昔、皆が養蚕農家でした。蚕を育て、其々の家で繭から糸を繰り出していたんです。これを座繰りと言うんですが、それで女性たちは現金収入を得ていた訳です。ところが、富岡製糸場ができて、繭は安く買い叩かれるようになった。富岡製糸場は余所から来た人が造った工場じゃないですか。反感を持つのは当然ですよね」。富岡の女性たちは富岡製糸場に対抗すべく、協同組合『甘楽社』を結成していた。『富岡史』(昭和30年)に依ると、軈て群馬各地の組合が次々と参加し、明治19年には社員数3000人、生産高は1万貫を超える大組織に成長している。富岡製糸場の生産高(1~4万貫)に迫る勢いで、彼らはアメリカにも生糸を輸出。フランス、アメリカ、ベルギーで開かれた万博で次々と金賞を受賞し、世界的な評価も得たのである。「我々が受け継いでいるのは甘楽社のDNAなんです」。確かに、話としてもこちらのほうが興味深い。「フランスから技術を導入して工場を造った」より、「女性たちが座繰りで世界を目指した」のほうが“国際交流”としても血沸き肉躍る。丁寧に繰れば、座繰りは工場より品質も高かったらしい。富岡製糸所長の速水堅曹等は「座繰製絲は工業の眞の道にはあらず」(前出の『速水堅曹資料集』)として、「手間の損失は非常なものである」と指摘していたが、今にして思えば工場製品より手作りのほうが価値も高そうで、今は跡形も無いが、甘楽社こそが彼らにとっては心の遺産なのだ。

「私は、この町が好きなんです」――。満面の笑顔でそう語ったのは、肌着や靴下の専門店『いりやま』店長の入山寛之さん。彼は商売の傍ら、『富岡げんき塾』という町作り運動を続けている。私が町内を歩く際も、彼らが作成した『富岡まちてくマップ』が欠かせなかった。彼らがげんき塾を立ち上げたのは、今から17年前。「世界遺産の“せ”の字も出てなかった頃」だという。「見て頂ければわかると思いますが、ここは案外、商店街が生き残っているんですよ」。中には空き家もあるが、通りには肉屋・食堂・呉服店や床屋が点在している。「昭和っぽいでしょ? この雰囲気は、出そうと思って出せるもんじゃありません。ここは歩いて回れるコンパクトな町。高崎駅への便も悪いし、交通網も整備されていない。外に出難いので、商店もやっていける。儲かる訳じゃないですけど、存在意義はある。人と人の繋がりが今もあるんです」。町を元気にすべく、彼らは町内のマップを作り、フリーマーケットや餅つき大会等を開催している。そこに突然、世界遺産の話が持ち上がってきたそうである。「町作りとしては最悪…」。そう呟く入山さん。「そうなんですか?」「観光客の人込みができるじゃないですか。込んでいるから不便ということで、町の人が敬遠するようになってしまいます。僕は、この町の人に来てもらいたいのに。それに、『儲かっているんでしょ?』とか言われて、風評被害にも遭う。世界遺産で経済活性化なんておかしいですよ。確かに、観光地の日光等が世界遺産になれば活性化するんでしょうが、ここは観光地じゃありませんから」。私が「では、どうすれば…?」と訊ねると、彼は「そのうち来なくなるでしょう」と微笑み、こう続けた。「観光客相手にできたお店も、町の為に店をリニューアルしてくれていると思うようにしているんです。あと3年もすれば誰も来なくなる。観光客が来なくなれば、町作りで活用できます」。世界遺産の遺産ということか。現状を嘆くより生き残る道を探るのが、座繰りのDNAかもしれない。

20160326 13
ところで、この度登録が決まった世界遺産の正式名称は『富岡製糸場と絹産業遺産群』。つまり、富岡製糸場以外にも、蚕種(蚕の卵)を自然の冷気で保存する『荒船風穴』。幕末から明治にかけて優良な蚕種を生産する“清涼育”(換気に注意して育てる養蚕法)を完成させ、蚕種をイタリアへ輸出したという田島弥平の『田島弥平旧宅』(右写真)。そして、温度と湿度をきめ細かく管理する“清温育”を確立し、養蚕技術の普及の為に教育機関を設立した高山長五郎の『高山社跡』も世界遺産に登録された。因みに、群馬県は世界遺産申請に備え、計84ヵ所の『ぐんま絹遺産』も指定していた。そのうち12ヵ所は“日本遺産”とのことで、遺産の為の遺産、遺産塗れの様相なのである。世界遺産の『荒船風穴』(下仁田町)は12月から3月まで見学不可。そこで私は、『田島弥平旧宅』(伊勢崎市)と『高山社跡』(藤岡市)を訪れることにした。高崎駅から田島弥平旧宅まで車で1時間。そこから高山社跡まで1時間。そして高崎駅まで1時間というコースで、同じ世界遺産群でもかなり離れているのだ。田島弥平旧宅は、屋根に換気の為の総櫓があることを除けば、極普通の古民家に見えた。現在もその子孫が暮らしており、庭にはサッカーボール、玄関先には犬がいる。外から眺めていると、空中で途切れた渡り廊下や傾いた門が目につく。修復というか、「早めに改築したほうがよいのではないか?」と心配になるくらいなのである。旧宅の直ぐ近くにはテントがあり、そこで地元の方たちが“本日ヤサイ大特価100円!! 大サービス!!”という張り紙を出して野菜を売っていた。まるで産地直売所のようだが、その隣に“資料館”の張り紙。覗いてみると、何故か水槽が並べられ、中には金魚やメダカが泳いでいた。「子供連れで来る人がいると、子供が退屈しちゃうでしょ? だから金魚を置いている」。観光客向けのアトラクションなのである。「世界遺産になって何か変わりましたか?」と訪ねてみると、「見ての通りですよ」とのこと。特に何も変わらないそうで、「それよりあれを見て下さいよ」と旧宅前の古びた病院や小屋を指差す。「瓦が今にも崩れそうでしょ? 危ないから直してほしいんですけど、駄目なんですよ。世界遺産だから」。ここでも、世界遺産は困った遺産のようなのである。

県のパンフレットには、田島弥平と富岡製糸場は「相互に連携し技術の交流を行っていました」とあるが、案内所の解説員に依ると、大正期に共同研究をしたことがあるだけで、「関連は無い」ときっぱり。近所のおじさん等は、「田島弥平はイタリアに物見遊山でついて行っただけ。抑々、蚕種の輸出もヨーロッパで病気が蔓延した為に日本のものが一時的に売れただけで、僅か10年ほどの間の大儲けですよ」とバブルを懐かしむように笑った。聞けば聞くほど、「何で世界遺産?」が深まっていくのだ。藤岡市の山里にある高山社跡も目下、工事中だった。ベニア板で囲まれた門を潜り抜けると1軒の古民家。高山長五郎の子孫が5年前まで住んでいたらしく、2階は明治の頃の養蚕の様子が窺えるものの、台所や洗面所等は現代の設えだった。家の中では、地元のボランティアが熱弁を振るう。「名主だった高山長五郎は私財を擲って、地元の人たちに尽くしたんです。養蚕技術の開発も何度失敗しても諦めなかった。武家屋敷も売り払って学校を造り、全国から集まる生徒に分け隔てなく技術を教え、学校(私立甲種高山社蚕業学校)も自分の子供じゃなくて人に譲ったんですよ。今の政治家にも見習ってほしい。本来の世界遺産は富岡じゃなくてこっちですよ!」。子供たちにも、「高山長五郎のように何事も諦めないで頑張れ!」と励ましているらしい。広い裏庭には、何故かポツリと便所と焚場(風呂場)がある。「庭にそれだけが残っていたので復元した」とのこと。ここには嘗て、様々な教育施設もあったそうだが、無いものは復元できず、石垣で囲んで更地に。無いからこそ、ボランティアも熱弁で功績を理解してもらうしかないのだろう。「これが世界遺産?」と思いつつ、私は更地に立ってみた。清々しい。思わず、私は深呼吸した。そして、何も無いことに高山長五郎の無私を感じ、ふとある格言を思い出した。「児孫のために美田を買わず」。子孫の為には遺産を残してはいけないという戒め。そう言えば、「清白を子孫に残す」という言葉もあった。残すべきは清らかな心のみ。形ある遺産は人心を惑わすばかりで、やはり充てにしてはいけない。


キャプチャ  2016年2月号掲載


スポンサーサイト

テーマ : 地域のニュース
ジャンル : ニュース

Categories
Profile

KNDIC

Author:KNDIC
Welcome to my blog.

Latest articles
Archives
Counter
I'm participating in the ranking.

FC2Blog Ranking

information
Search
RSS Links
Link
QR Code
QR