FC2ブログ

【若者50年の足跡】(13) それぞれの世代から20代へ

生まれた時にはすでにバブル景気が終わっていた。そんな若者たちがすでに大学を卒業し、社会で働き始めている。今の20代が大切にしているものは何か。大人の側はどう接すれば、無理なく社会の一員として迎え入れられるのか。連載を終えるにあたり、さまざまな年齢の専門家に意見を聞き、考えてみた。

■失ったものを取り戻して 和える代表取締役・矢島里佳氏(26)
伝統工芸の職人さんに赤ちゃんの食器や毛布を作ってもらう会社『和える』を立ち上げました。百貨店やネットで販売、多くの方が「こういうものが欲しかった」と言ってくださり今年直営店を開きました。同世代は起業や社会活動に熱心な人と大企業志向の人に二極化しています。親の影響でしょうか。バブル崩壊を経験し「何が起こるかわからない」から「好きなように生きろ」という親と「だから安全な道を」という親がいる。その違いが子に表れているんですね。会社に入った人は「他社から奪ってこい」と言われ、戸惑っています。他人から何かを奪う20世紀型の成長は続かない。皆が幸せになり、社会も良くなる仕事はゆっくりでも続く。起業家にはそういう姿勢の人が多い。年長者が築いてくれた豊かな社会で私たちは育ちました。経済成長の中でこぼれたものを取り戻すのが今の若者の役回り。ヒントは先人にあります。本当にいいものを作り、修理しながら使うとか。21世紀の日本が大事にすべきことを理解している同世代が増えています。今の日本は過渡期。10年後には今よりいい国になると信じています。


やじま・りか 慶大大学院修了。2011年、慶大法学部卒業と同時に会社設立。著書に『和える』。




■居場所、職場だけじゃない 甲南大学准教授・阿部真大氏(38)
今の若者は“居場所”を求めています。高度成長期からバブルまでの若者の目は消費に向いていました。あすは今日より良くなると思えたから故郷を出て上京し、親よりいい会社に入り、マイホームを建てたのです。低成長時代に野心を持つのは難しく、消費にもキラキラした夢を感じない。それなら地元でのんびり心の豊かさを探したいと思うでしょう。こうして居場所への関心が大きくなりました。非正規労働が増え、仕事を頑張っても報われないとの思いもあります。昔なら承認欲求(周りから認められる満足感)は職場で満たされた。今は他に自分を承認してくれる場所が要る。これも昔からの仲間がいる地元に目が向く理由です。ノンエリート層を中心に、労働者の流動性は高まらざるをえません。会社の寿命も短くなるでしょう。一生面倒をみるつもりもないのに、高度成長期のように会社を居場所にし、人生のすべてをささげろと若者に要求するのは酷です。“お客様の笑顔”のために頑張るのも、行き過ぎると、逆に労働者の働きがいを損なうようになります。格差が拡大し続けるなら、日本にも欧米のような“貧困層の文化”が必要になるでしょう。仕事は割り切ってこなし、夕方からは仲間と酒を飲みヒップホップ音楽を聴いて踊る。提供するサービスは賃金に見合うそこそこの水準でいい。手本は日本に比べて雑な面が多い欧米の接客サービス業です。そんなドライな職場をつくっていく必要もあると思います。


あべ・まさひろ 東大卒。バイク便ライダーの経験も。専攻は労働社会学。著書に『居場所の社会学』など。

■回り道にこそ意味はある マーケティングライター・牛窪恵氏(46)
今の若者は国も会社も守ってくれないと考える自己防衛意識が強い。特に30歳前後の草食世代は節約一辺倒で消費に罪悪感すら覚えた世代です。26歳から下の『ゆとり世代』は親がバブル世代なので、草食世代ほど萎縮はしていない。物選びの基準は安さより役立ち方やコストパフォーマンス。「何回使えるか」といった点を気にします。仕事も同じで損得、効率、結果が大事。目の前の仕事が会社や社会にどう役立つのか分かると、やる気を出す。年長者は丁寧に説明すべきです。彼らを理解するカギは親にあります。怒られず、守られて育った。親が心配するから海外旅行もしない。会社で初めて人に怒られて、うろたえる。守られてきた自覚があり、自信もない。そのうえ学校で“自分で自由に考える”教育を受けてきた結果、一部の能力の高い人以外は周りの顔色を読む癖がついています。マニュアルや手順を最初に教えると、効率的だと喜ばれます。家でも反抗期がなかったくらいだから、職場でも年長者に反抗しません。男性より女性に、すべてに対する“焦り”を強く感じます。結婚や出産にリミットもあり、婚活など“×活”系の情報に振り回され、母親に「手に職をつけろ」と言われ資格学校に通い、LINEに書き込むための体験に忙しい。本当は一見、無駄な体験から人は他人の価値観を理解できるようになるもの。そういう点を大人は示してあげるべきでしょうね。


うしくぼ・めぐみ 日大芸術学部卒。出版社勤務を経てライターへ。マーケティング会社インフィニティ代表取締役。著書に『おゆとりさま消費』など。

■個人から社会へうねりに 社会デザイン研究家・三浦展氏(56)
若い世代、特に女性を中心にシンプル志向が広がっています。そうした人たちを『シンプル族』と名づけました。物をあまり買わず、テレビを見ず、ネットで商品知識を集め慎重に吟味する。ユニクロや無印良品のようなシンプルな物は喜んで買う。そんな人々です。なぜシンプル族が生まれたのか。まず物が豊富にあり、急いで買う必要がありません。非正規雇用で賃金が低く、買いたくても買えない人もいるでしょう。環境意識への高まりで無駄な消費をしないし、社会意識が強まって消費よりもすべきことに目覚めたという面もあります。手仕事を重んじ、暮らしの基本をおろそかにしない傾向があります。ブランド志向から離れ、シンプルな生活の魅力に気づいた人は、景気が回復しても、浪費的な生活には戻らないでしょうね。個人から社会へ、私有からシェア(共有)へ、欧米から日本へ、都会から地方へという大きな志向の転換も見られます。ネット世代の興味の対象は物ではなく情報。物質的な豊かさは物を所有したり、高額な物をみせびらかしたりすることで享受します。しかし情報はため込むだけでは意味がない。交換することに喜びがあるんです。若い世代の大きな問題は雇用でしょう。リタイアした団塊世代は地域に帰り、小さなビジネスを立ち上げ、ニートやフリーターの人たちを雇用してはどうでしょうか。今のような日本を作った罪滅ぼしにもなりますし。


みうら・あつし 一橋大卒。パルコの『アクロス』編集長を経てカルチャースタディーズ研究所設立。著書に『下流社会』『第四の消費』『シンプル族の反乱』など。

youth.jpg

政治運動から自由な消費を経て、起業や社会活動など新しい働き方へ。時代とともに若者の関心は移ってきた。若者の最大の武器は人生の残り時間の豊かさだ。時代の先行きを感じ取り、社会に欠けたものを補う。モノよりコト、私有より共有、優越感より共感を彼らが求めているとしたら、そうした生き方や暮らし方が、これからの日本に必要となるからではないか。常識を欠く『ゆとり世代』。欲のない『さとり世代』。年長者はそんなレッテルを貼るが、ゆとり教育を強いたのは大人たちだ。消費の萎縮も根底には雇用や賃金での冷遇がある。親の心配が留学や新興企業への就職をためらわせる。上司もバブル時代と違い、若い社員に失敗を許さない。今の日本は若者にとって自信をはぐくみ、のびのび生きやすい環境か。疑問が残る。いつの時代も若者は年長者に見えない未来を見据え、新しい生活や文化を築いてきた。今の20代も同じはず。その動きや発想から、年長者の側が学ぶ姿勢を持ってもいい。 =おわり

               ◇

編集委員 石鍋仁美が担当しました。


キャプチャ  2014年12月28日付掲載


スポンサーサイト



Categories
Profile

KNDIC

Author:KNDIC
Welcome to my blog.

Latest articles
Archives
Counter
I'm participating in the ranking.

FC2Blog Ranking

information
Search
RSS Links
Link
QR Code
QR