【中外時評】 “メルケル流”政治の限界――難民危機で瀬戸際に

ドイツのメルケル首相の政治力に衰えが目立ってきた。高い支持率を背景に金融危機等を巧みに切り抜け、ドイツを“ヨーロッパの盟主”に引き上げたが、流入が続く難民の問題で、従来の政治手法が壁に突き当たっている。“反難民”の動きも勢いを増しており、支持率が低下、政権維持も難しくなりつつある。2009年の金融危機以降に、ヨーロッパでのドイツの存在は一際大きくなった。ギリシャ等の南欧諸国が高失業や銀行の不良債権問題等で緊縮財政を強いられる一方、ドイツはユーロ安等を追い風に巨額の経常黒字を稼ぎ、ヨーロッパ各国への影響力を強めて、“ドイツが主導するヨーロッパ”という構図が出来上がった。そこで威力を示してきたのが、メルケル流の政治運営だ。ドイツが指導力を発揮して単一通貨『ユーロ』の安定等、ヨーロッパ統合を推進するには国民の支持が欠かせない。ギリシャ等債務国への支援もドイツ議会の承認が必要で、外交と内政のバランスが重要だ。

政権維持が大前提なので、他国の金融危機等には直ぐには対応しない。金融支援等も渋りに渋る。遅れて動き、“最後の救い手”としてゆっくり登場し、借り手に恩を売る。時間をかけるので、支援に難色を示す国民も説得できる。絶妙の手綱捌きで、結果的にドイツの力が拡大した。燻り続けるギリシャ債務問題でも、この手法を自在に使ってきた。これを、リスク社会論で知られる社会学者ウルリッヒ・ベック氏は『メルキアヴェッリ(メルケル+マキアヴェッリ)の手法』と呼ぶ。マキアヴェッリはルネサンス期イタリアの政治思想家で、『君主論』『政略論』を書いた。その権謀術数の教えから、メルケル首相は“女帝”の心構えを学んだとベック氏は見ている。ユーロ危機を原動力に権力を拡大し、ヨーロッパの構図を転換した。原発推進から脱原発へ方針を大転換したように、選挙に勝つ為なら、今日は昨日の約束と正反対のことをしてもいい。マキアヴェッリ流で行動することで、ヨーロッパで更に力を付け、国内で人望も獲得できたのだという(島村賢一訳『ユーロ消滅?』)。




だが、“難民危機”では勝手が違ったようだ。ドイツには昨年、約110万人の難民が中東やアフリカから流入した。メルケル政権は受け入れに寛容な姿勢を取ってきたが、今や政策転換を求める世論に揺さぶられている。この問題でも『メルキアヴェッリの手法』が窺える。押し寄せる難民を直ぐには制限せず、時間をかけた。世論の動きを見ながら、人道的な措置である点を強調。70%を超える高い支持率を維持し、アメリカの週刊誌『タイム』が2015年の“今年の人”に選ぶ等、世界からも称賛された。だが、半年で状況は一変する。難民による暴行事件が起きたこと等で、排斥デモや政権への批判が強まった。対応が後手に回った首相の責任を問い、辞任を求める声も出る等、支持率は下がり続け、一時40%台にまで低下した。危機感を強めたメルケル首相は、やはりマキアヴェッリの教えで挽回を図ったようだ。『君主論』には、「(君主は)自らが慈悲・信義・誠実・人間性・敬虔の権化であるように見聞されるよう充分な心配りをしなければならない」「運命の変化の命ずるところに従って自らの行動を変更する心構えを持つ必要がある」(佐々木毅訳)とある。

“難民に寛容”という看板は掲げたままで、実際には出入国審査を厳格化し、国境管理を強化した。更に先月、『ヨーロッパ連合(EU)』とトルコが協議して、難民の流入ルートの一部を閉じた。体面は保ちながら、世論の回復を待っているようだ。だが、今のところ状況は厳しい。国民の不満は収まらない。メルケル首相は来年の総選挙で再び信任を得ることを目指しているが、その前哨戦となる先月の地方選挙で、反難民を掲げる民族主義政党が急伸。首相が率いる保守系の『キリスト教民主同盟(CDU)』が退潮する等、政権の弱体化に歯止めがかからない。マキアヴェッリによれば、危機は権力の拡大を齎すが、場合によってはその崩壊も招く。メルケル首相は難民で労働力不足を補い、新たな成長に繋げる戦略を描いているようだが、それには時間がかかる。その前に、大前提である国民の支持が崩れれば再選も無くなる。瀬戸際に追い込まれた『メルキアヴェッリ』。政策転換に踏み切るのかどうか。戦略を一歩間違えれば、政権だけでなく、ヨーロッパ全体を危険に晒す事態を招きかねない。 (論説委員 玉利伸吾)


≡日本経済新聞 2016年4月3日付掲載≡


スポンサーサイト

テーマ : 国際政治
ジャンル : 政治・経済

Categories
Profile

KNDIC

Author:KNDIC
Welcome to my blog.

Latest articles
Archives
Counter
I'm participating in the ranking.

FC2Blog Ranking

information
Search
RSS Links
Link
QR Code
QR