【政治の現場・野党融合】(02) 民共一体、試練の補選

20160406 04
3月8日朝、氷点下近くまで冷え込んだ札幌のベッドタウン・北海道恵庭市。衆議院北海道5区補選で民進党等の野党4党が推す無所属の新人・池田真紀氏(43・旧民主党道連常任幹事)は、日本共産党を支持する中小企業に足を運んだ。「誰もが安心して暮らせる社会を作ります」と頭を下げる池田氏の傍らには、案内役である同党恵庭市委員長の行沢政義氏がいた。旧民主・共産両党は選拳戦で敵対してきたが、約15人の従業員からは拍手が起こった。池田氏は日本共産党の“引き回し”で、この後も日本共産党支持の企業や支援者を訪問した。報告を受けた民進党関係者は「『ここの企業も日本共産党支持か』と初めて知ったところが多い」と、手の内を曝け出す日本共産党の本気度に驚いた。事実上の与野党対決となる4月24日投開票の同補選で、日本共産党は独自候補を取り下げた。“野党統一候補”となった池田氏の陣営では、民進・共産両党の融合が進む。民進党にとっては“初陣”となる。大敗すれば結党の出端を挫かれてしまう。民進党幹部は、「日本共産党と組むなんて考えられなかったが、自民1強に対抗する為、そうしなければいけないところまで追い込まれた」と語った。尤も、民進党が想定していたよりも深く、日本共産党カラーが浸透し、陣営には困惑も生まれている。3月19日、池田氏支援に動く市民団体『戦争法の廃止を求める当別の会』が開いた集会では、ビニール袋に入れて資料一式が配られた。その中身は、池田氏を紹介するリーフレットと、日本共産党北海道委員会の機関紙『ほっかい新報』の号外だった。池田氏は無党派を意識し、「野党共闘というが、飽く迄も“巨大与党vs安心で普通の暮らしを願う市民”の戦いだ」と訴え、一党一派に偏しない立場を強調した。ただ、日本共産党町議がこの市民団体の事務局に入り、実際は「日本共産党の支持拡大の場」(陣営幹部)となった。日本共産党は最近、志位和夫委員長の北海道入りを提案したが、民進党は拒んだ。共産党が前面に出過ぎると、保守層が離反しかねない。民進党幹部は道連に、こう指示した。「暫く、候補者を日本共産党幹部と並ばせるな」。“民共一体”の動きに、自民党公認の新人・和田義明氏(44)の陣営は公明党との結束を強めている。和田氏は3月13日、公明党の支持母体『創価学会』が札幌市内に1000人を集めた会合に出席し、「自公で勝たせてほしい」と低姿勢で協力を求めた。野党は、夏の参院選の1人区でも候補者の一本化を進めている。“自公vs民共”で争われる補選の結果は、その試金石となる。

20160406 05
■『新党大地』の票が鍵
衆議院北海道5区補選について、2014年衆議院比例選の得票数を基に試算すると、民進・共産・社民・生活の4野党が推薦する池田氏と、自民党公認の和田氏は接戦となる。4野党の合計は約13万票で、和田氏を支援する自民・公明・日本のこころを大切にする党の合計は約12万票だ。地域政党『新党大地』は、2014年衆院選では民主党候補を推薦したが、今回の補選では和田氏を推すことになった。2013年参議院比例選(5区内)で2万票を得た大地票が、勝敗の行方を左右しそうだ。


≡読売新聞 2016年3月31日付掲載≡


スポンサーサイト

テーマ : 民進党
ジャンル : 政治・経済

Categories
Profile

KNDIC

Author:KNDIC
Welcome to my blog.

Latest articles
Archives
Counter
I'm participating in the ranking.

FC2Blog Ranking

information
Search
RSS Links
Link
QR Code
QR