【GW芸能ワイド】(04) 画像1枚→「ペンの暴力ですよ!」――元『極楽とんぼ』の山本圭壱が本誌直撃にブチギレた!

伝説の淫行事件から約9年、遂に復活を果たした山本圭壱(48)。その近況を直撃すべく、ライブ会場前で張り込みした! (取材・文/本誌編集部)

20160428 06
――お疲れ様です!
「これは取材ではないですね? あー、これを載せるってことですか? いや、ちょっと先ず、どんな感じでっていうことなんですけど」

――先ずは、今日のライブの感想をお願いします。
「感想はもう、只々頑張りました。はい。東京は東京で、圧倒された部分もありましたんで、地元の広島に帰った事によって、のびのびとね」

――うちの読者宛てにプレゼントが欲しいのですが、ここにサイン戴けないでしょうか?

ここで、山本さんと金本知憲さんの対談が載っている『広島東洋カープ』応援雑誌『WE LOVE CARP』を差し出す本誌編集部員。と同時に、パシャパシャと写真を撮り始めるカメラマン。

「えっと、これは載せないですよね? この写真は」

――え、まずいですか?
「やっぱり、色々あるじゃないですか、書き方が。ペンの暴力があるじゃないですか。これを書くに至って、その前書きが色々あった上で、ここまで来たっていう書き方をされるじゃないですか。なので僕は一切、コメントはしないことにしているんです。今みたいなのがまた写ってしまうというのは、ちょっと正直な話、ダメですよね。それは、雑誌の出版社さんとか金本さんとかに対しての反則行為になってしまうので。こんなものにサイン書いて『出とったで』って言われたら、もう僕アウトですから」

――わかりました。じゃあ後ほど、ライブハウスから出るところの写真だけ撮らせて下さい。

ここで、外に移動する本誌取材班。山本さんの登場と共に、カメラマンがここぞとばかりに高速連写を開始する。だが、あまりにしつこく撮り過ぎた為か、山本さんの機嫌を損ねてしまったようだ。

「これもう、お名前だけすいません、お名刺か何か。いや、名刺無い訳ないでしょ。絶対無い訳ないでしょ」

カメラマンはガチで名刺を貰っていなかったのだが、本誌編集部員からちゃんと名刺を出しているので、それで勘弁してもらう。

「こういうのダメですよ。それだったらもう、全くノーだったんですから」

そう言って、横付けされた車に乗り込んだ山本さん。世間の風当たりはまだまだ厳しいとは思いますが、本誌は応援していますよ! =おわり


キャプチャ  2015年6月号掲載




スポンサーサイト

テーマ : 芸能界のニュース
ジャンル : アイドル・芸能

Categories
Profile

KNDIC

Author:KNDIC
Welcome to my blog.

Latest articles
Archives
Counter
I'm participating in the ranking.

FC2Blog Ranking

information
Search
RSS Links
Link
QR Code
QR