【カオスを飲み干せ!挑発的ニッポン革命計画】(74) 芸能界に蔓延りそうな“ビジネス媚中”は資本主義が生んだカルマ

先日、日本のある女優が「過去にインターネット上で中国を侮辱していた」として、中国のSNS上で謝罪動画をアップしたことが話題となりました。報道等を見る限り、彼女がやったのは「知人が投稿した天安門に中指を立てた写真に、よく見ないまま“いいね!”をした」だけ。とても“侮辱”とまでは言えず、晒し者のように謝る必要があるとは思えません。ただ近年、こういった話は珍しくありません。今年頭には、台湾出身のアイドルが韓国のインターネット番組で、台湾独立派の象徴とされる“中華民国旗”を振ったとして謝罪動画を公開。また、少し古い話ですが、2008年には四川大地震に関して、ハリウッド女優のシャロン・ストーンが「チベット弾圧に対するカルマだ」と発言したとして大炎上。彼女を広告に使っていたブランドの不買運動が起こり、中国国内での広告から外される結果となりました。

何れも不用意といえば不用意だったのかもしれませんが、構造は同じです。ある言動が魔女狩りのように部分的に切り取られ、言いがかりのような怒りを浴びせられ、過剰な対応を余儀なくされる…。外国の有名な女性がカメラの前で“俺たち”に謝っているという“ショー”は、まるでポルノのように溜飲を下げてくれるのでしょう。何故、こんな馬鹿げた問題が続出するのかといえば、中国という巨大市場を誰もが無視できなくなったから。モンスター化した客に媚びてでも市場を失いたくないから。これからも益々“ビジネス媚中”は横行するでしょう。日本では今後、アイドルは予め“中国の歴史観”や“中国の人たちが怒る地雷”を養成時代に叩き込まれ、“お客さまサービス”を事前に体得することになるのかもしれません。ただ、これを「中国の民度が低いから」等と上から目線で片付けるのも理屈に合いません。ここまで中国をモンスター化させたのは、何十年間も中国の安い労働力をコンビニエンスに利用してきた西側資本主義陣営だからです。




戦後の資本主義陣営は、自国の経済や外交状況を前に進める為に、絶えず“都合のいい独裁者”を外縁に求め続けてきました。チリのピノチェト、インドネシアのスハルト、チュニジアのベンアリ…。彼らは“大国の下請け”をすることで、強固な構カを維持した。日本も多くの人権蹂躙を横目に見ながら、各国に潤沢なODAを投下した。「内政干渉はしない」と言えば聞こえはいいですが、要は見て見ぬふりで独裁政権側につき、経済活動をしてきた…。残念ながら、これが“憲法9条の国”のもう1つの側面です。そうしてあらゆる不正義に目を瞑ってきた資本主義陣営が生んだ最大にして最後のモンスターが、“社会主義市場経済”という歪んだ制度を維持する今の中国なのです。僕は、資本主義を全面的に批判するつもりはありません。ラディカルな方法で資本主義の歯車を止めても、この世界は破滅を迎えるだけです。今後は、このモンスターとどう対峙していくか、どのように“線引き”をすれば破綻せずに少しずつ改善を期待できるのか、ジリジリとした長い戦いを覚悟でやっていくしかない。因果応報のカルマをただ嘆いても仕方ないのですから。


Morley Robertson 1963年、ニューヨーク生まれ。父はアメリカ人、母は日本人。東京大学理科一類に日本語受験で現役合格するも3ヵ月で中退し、ハーバード大学で電子音楽を学ぶ。卒業後はミュージシャン・国際ジャーナリスト・ラジオDJとして活動。現在、『NEWSザップ!』(BSスカパー!)・『モーリー・ロバートソンチャンネル』(ニコニコ生放送)・『Morley Robertson Show』(Block.FM)・『所さん!大変ですよ』(NHK総合テレビ)・『ユアタイム~あなたの時間~』(フジテレビ系)等に出演中。


キャプチャ  2016年8月15日号掲載

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

送料無料/中国社会のとことん深い闇/湯浅誠
価格:1512円(税込、送料無料) (2016/8/8時点)




スポンサーサイト

テーマ : 中国問題
ジャンル : 政治・経済

Categories
Profile

KNDIC

Author:KNDIC
Welcome to my blog.

Latest articles
Archives
Counter
I'm participating in the ranking.

FC2Blog Ranking

information
Search
RSS Links
Link
QR Code
QR