【私のルールブック】(64) 待機時間のもの思い

私は今、駐車場にいる。正確に述べると、車を100円パーキングに駐車させ、車内で時間を潰している状態。いつものように生放送を終え、朝から身体が重かったのでテレビ局近くの病院へ行き、にんにく注射を打ってもらい、次の番組のロケ現場へ移動。が、収録まで小一時間空きができたので、車内待機となった次第。偶にポカッと時間が空く時がある。ぼ~っとできる貴重な時間。ぼ~っとしていると、日頃考えないようにしている幾つかのことが浮かんでは消える。「いつまで働くんだろうな」だったり、「未だ留学を諦めた訳ではない」だったり、「子供を持つことは諦めたが、本当にそれでいいのだろうか?」だったり、「それ以前に、俺はマジでEDなんじゃないか?」だったり、「流石にそろそろ試したほうがいいんじゃないか?」だったり、「だったら、ウン十年振りにラブホテルに行ってみたいな」だったり、「いや、若しバレたらあの師匠のような気の利いた会見は開けないから、やっぱり止めておこう」だったり…。無駄に“だったり”だらけなのである。

私が駐車している100円パーキングは、只今満車となっている。車が5台しか停められない小さな100パー。坪にして35坪程か…。とはいえ、この辺りだと坪単価は200万ぐらいだろうから、土地だけで7000万~8000万円はする計算になる。やはり、東京都心に家を建てるということは並大抵のことではないのだ。陽が傾いてきた。私は助手席側の後部席に座っているのだが、ほぼ直射を受けている状態。数日前、ドライバーの子に「空いているところに停めればいいというものではない。1時間程車の中で待機する訳で、眩しくないか程度を計算して停めるのが気遣いの常識だ」とダメ出しをした筈なんだが…。携帯電話のバイブレーターがひっきりなしに震えている。どうせ仕事関係のメールに決まっている。手にしたら最後、仕事モードに戻ってしまうのがオチ。折角ぼ~っとできているんだから、優先順位は仕事ではなく“ぼ~”である。電源切っちゃお。




サラリーマンの方々が、ひっきりなしに通り過ぎて行く。皆、ハンカチを片手に忌々しそうに汗を拭っている。Yシャツにネクタイの方もいれば、Yシャツのみのクールビズスタイルの方も…。ネクタイに憧れたな。象徴的な大人のアイテムに映った。初めてサラリーマン役を頂いた際、衣装合わせでネクタイを締めた時の何とも言えないワクワク感を今でも覚えている。だって、役者って制服ってものが無いんですよ。私服なんてどうだっていいんです。どうせ、現場に着いたら衣装に着替えさせられちゃうんだから。だから、私はジャージばかり…。因みに、眼鏡も憧れました。無条件で頭が良さそうに見えたから。で、押し入れに読書スペースを作って、小さな灯りで本を読み、何とか目が悪くならないものかと…。今思えば、悪くならなくて助かりました。不便ですからね。それに、自然と悪くなるものですし…。あ、ドライバー君が戻って来た。再び、お仕事モードに切り替えないとね。たった小一時間の“ぼ~”タイムでしたが、くだらないことを振り返るには丁度いい。だって、時間が緩やかになりますから。偶には緩~くならないと、緩~くね。


坂上忍(さかがみ・しのぶ) 俳優・タレント。1967年、東京都生まれ。テレビ出演多数。子役養成に舞台の脚本・演出等、多方面で活躍中。


キャプチャ  2016年8月25日号掲載

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

世界のエリートがやっている最高の休息法 [ 久賀谷亮 ]
価格:1620円(税込、送料無料) (2016/8/25時点)




スポンサーサイト

テーマ : 俳優・男優
ジャンル : 映画

Categories
Profile

KNDIC

Author:KNDIC
Welcome to my blog.

Latest articles
Archives
Counter
I'm participating in the ranking.

FC2Blog Ranking

information
Search
RSS Links
Link
QR Code
QR