【私のルールブック】(66) メダルに興味はないけれど…

リオオリンピックが無事に(?)幕を閉じた。ブラジルの財政難に端を発し、大統領の不在や治安悪化等、様々な問題を抱えたままスタートを切った大会ではあったが、良くも悪くも始まってしまえばそれなりに盛り上がるのがオリンピック。とはいえ、大きく報じられてこそいないが、やはりそこそこ問題はあったようで、東京オリンピックを控える我々としては、良い教訓にして繋げたいものである。で、肝心の日本の戦績はというと、ロンドンオリンピックを超えるメダル獲得数というのだから、立派の一言。特に柔道とレスリングは出色の活躍ぶりで、東京オリンピックでも相当数のメダルが期待できると言っていいだろう。ただ、“肝心”と綴っておきながら、私はメダルにはそれほど興味が無いのよね。まぁ、獲るに越したことはないんですが、何より嫌いなのが、無責任なメダル獲得予想とか、「吉田沙保里は間違いなく金メダルを獲れる!」発言とか、「何を根拠に、あの人たちは公共の電波を通して言い切ってしまっているんだろう?」と…。

だって、勝負事に絶対はありませんから。確率は出せたとしても、100%という数値だけは存在しないんです。っていうか、そんなもんがあったらギャンブルだって成立しないんだから。私だって、こんなに損しなくて済んでいる訳ですよ! …え~、若干横道に逸れてしまったので、話をオリンピックに戻しますと、そこまでメダルに興味が無い私ではありますが、それでも強く印象に残ったシーンを幾つか挙げてみたいと思います。先ずは、史上初の銀メダルを獲得した卓球男子。中でも水谷選手は凄かった。まさに“鬼神”と化していました。ただ、「喝!」のおじさんにガッツポーズで教育的指導を受けちゃったみたいですが、私は擁護派というか“仕方ない派”でして。だって世界戦ですからね。特に、水谷選手の場合は国を背負うばかりでなく、卓球界に警鐘を発しながらの戦いだった訳で、単なる勝負の域にあらず、色々な意味を含めての戦争だった訳ですから。ガッツポーズぐらい許してやって下さいよ。因みに、私が卓球男子でもう1つ気になったのは、何であのコーチさんの髪型は、いつもビッチリ決まっていたんですかね。




扨て、次に私の印象に残ったシーンはと言いますと、バドミントン女子ダブルスです。こちらも、タカマツペアが日本史上初の金メダルを獲得。最後はどうなるかと思いましたが、勝利した瞬間、髙橋選手は泣き崩れ、松友選手は飛び跳ねて大喜び。対照的な2人の素のリアクションが印象的でしたが、日の丸が掲げられて君が代が流れると、松友選手の目にも涙が…。しつこいようですが、私はそれほどメダルには興味が無い。けど、金メダルに限り、表彰式で日の丸が掲げられるだけでなく、国歌を聴くことができる訳です。私、コレに弱いんですよね。何だか知らないけど感動してしまう。子供の頃には「辛気臭い曲だな~」と感じていた君が代が、何故かオリンピックの舞台で流れると心に染み入っちゃうんです。因みに、バドミントン女子ダブルスのコーチさんの1人が、選手に声を掛ける際にセクハラを気にしてか、指を目一杯反らせて選手の肩に手を添える様は、何だか滑稽で面白いんだけど、可哀相に映って見えたのは私だけでしょうか?


坂上忍(さかがみ・しのぶ) 俳優・タレント。1967年、東京都生まれ。テレビ出演多数。子役養成に舞台の脚本・演出等、多方面で活躍中。


キャプチャ  2016年9月8日号掲載
商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

女性アスリートは何を乗り越えてきたのか [ 読売新聞社 ]
価格:842円(税込、送料無料) (2016/9/8時点)





スポンサーサイト

テーマ : 俳優・男優
ジャンル : 映画

Categories
Profile

KNDIC

Author:KNDIC
Welcome to my blog.

Latest articles
Archives
Counter
I'm participating in the ranking.

FC2Blog Ranking

information
Search
RSS Links
Link
QR Code
QR