【私のルールブック】(76) “遊び方”を知らなかった後輩の末路

数日前のことである。朝、目が覚めると、携帯電話にメールが1件残されていた。「俺、離婚したくないっす」と…。どうやら、私の後輩が離婚の危機にあるらしい。7~8行足らずの文面だったが、ほぼ泣き言で占められており、状況が掴めない。「浮気がバレたか? それ以外か?」と返信してみたものの、待てど暮らせど返事は来ない。仕方がないので、奥さんにメールをしてみました。「旦那から夜中にメールがあったけど、なにかあったのかな?」と…。すると、流石奥さんでございます。10分も経たないうちに返信があり、2~3回のメールのやり取りで、私も詳細に状況を把握することができました。要約すると、浮気+お金+育児放棄…つまり、全部でした。

はぁ~あ、何をやっているんですかね。実は、旦那も奥さんも役者でして、そういった意味で、双方とも私の後輩的存在なのです。披露宴にも出席させて頂きました。結婚を機に、奥さんは役者を辞めました。めでたく子供も授かりました。「さぁ、これから死ぬ気で働いて、奥さんも子供も幸せにしてみせる!」って、それこそ男を上げなきゃならない時なのに…。とはいえ、役者といってもまだまだ駆け出しの身分でして、アルバイトをしながら芝居を続けている状態。奥さんも大変な子育ての隙間を縫って、内職程度の仕事ですが支えていたようで…。なのに、舞台の仕事が決まると、「芝居に専念したい」とか抜かしてアルバイトを辞めてしまうようで、当然、生活は困窮。子育ても手伝わないばかりか、稽古終わりで飲みに行く始末。1つ言っておきますけど、売れない役者の飲みの席での演劇論なんて糞にも劣りますから、稽古終わりで徹夜でアルバイトして、殆ど寝ずに次の日の稽古に参加する子なんて、腐るほどいますから。で、止めは風俗らしいです。お金も無いのに借金してまで風俗にハマっていたらしく、風俗嬢の方と個人的なメールのやり取りもしていたとか。はい、有罪確定! コイツは駄目だわ。遊びが下手過ぎる。救いが1つも無い。




夫婦揃って結婚の報告に来た際に言っといたんですけどね。奥さんには、「コイツは浮気すると思っておいたほうがいいよ」と。旦那には、「ただ最悪、浮気をしてしまったとしても、家族が一番ということを前提に遊べよ」と。説得力があるんだか無いんだか怪しいところですが、嫌な予感ほど当たっちゃうものなんですよね。浮気がどうのではなく、やはり遊び方を知らなかったと言いますか…。ただ、これは飽く迄も奥さん側からの証言ですから、喧嘩両成敗ではないですが、旦那にも言い分はあるでしょうし…。いや、手前勝手な言い分はあったとしても、言い訳のしようがないだろうな。無茶苦茶だもんな。ということは、後は奥さんがどうジャッジするかに掛かっているということで、離婚も視野に入れているというか、ほぼほぼ決心している模様。実は明日、奥さんが「相談したい」ということで、私に会いに来るんです。子供を連れて、旦那は抜きでね。さぁ、どうする? 正直、相談されても困るんですけど。でも、私から離婚を勧めることは無いと思います。何があろうと、他人が勧めるものではないですから。あ~、何か憂鬱だわ。


坂上忍(さかがみ・しのぶ) 俳優・タレント。1967年、東京都生まれ。テレビ出演多数。子役養成に舞台の脚本・演出等、多方面で活躍中。


キャプチャ  2016年11月17日号掲載



スポンサーサイト

テーマ : 俳優・男優
ジャンル : 映画

Categories
Profile

Author:KNDIC
Welcome to my blog.

Latest articles
Archives
Counter
I'm participating in the ranking.

FC2Blog Ranking

information
Search
RSS Links
Link
QR Code
QR