【異論のススメ】(21) エリート・漱石の苦悩…西洋的理論がもたらす分断

この12月9日は、夏目漱石の100回目の命日である。小説も悪くないが、私は随想や小品が特に好きだ。『硝子戸の中』や『思い出す事など』の晩年の随想の味わい等、こちらが年を経るにつれて、しみじみとした感慨を与えてくれる。尤も、漱石は49歳で死去しているから、晩年といっても決して年を取っていたという訳ではない。その漱石が、明治の末に行ったある講演の中で、次のようなことを述べている。「ドイツにオイケンという学者がいて、こういうことを言っている。『近頃、人々は一方で自由や開放を望み、他方では秩序や組織を要求している。しかし、この矛盾するものを両方とも実現することは無理で、どちらかに片付けなければならない』と。これは、一見したところ尤もらしく聞こえるが、実は、こんなことは、この世界を傍観している学者の形式論に過ぎない。実際には、我々は日常生活の中で、この背馳する2つのことを両方行っているではないか」。学者というものは、普通の人より頭もよく、しっかりとものを考えているのだから、「間違う筈はない」と思いがちだが、学者の態度は、対象から身を引き離して、それを観察し、形式論を立てるに過ぎない。しかし、日常の世界の中で活動しているものにとっては、こんな傍観者的な観察はあまり意味は無い。「矛盾に満ちたこの世界を、自分のこととして体験する他ない」というのである。尤もだと思う。だから、漱石は東京帝国大学の学者の地位を捨てて、日常の“普通の人”の心理や人間関係の、それこそ矛盾に満ちた微細を描く小説家に転身したのであった。オイケンを取り上げながら、漱石は、学者の形式主義が、不完全な人間である“普通の人”――つまり、市井の庶民の心理や経験から乖離していくことに不満を漏らしていた。今日的に言えば、人間や社会を対象とした実証的科学が、その対象とする人間や社会の実際とはかけ離れていってしまう。それにも関わらず、社会を指導し、動かすものは、この学者の形式論なのである。各種の専門的な知識人が、傍観者的に、理想的な社会を描き、そちらへ社会を引っ張っていこうとしても、“普通の人”は動かないという訳である。つまり、エリート層と庶民の間に大きな懸隔が出来てしまう。

ここにもう1つ、大事な問題が絡んでくる。それは、「日本の指導的な学者や知識人等のエリート層は、多くの場合、西洋の学問を身に着けた人たちだ」という点である。西洋の近代科学の方法は、正しく対象から距離を取り、それを観察して、論理的で形式的な帰結を得ようとする。そして、その多くは、西洋社会を対象として得られた“理論”である。それを日本社会に適用すればどうなるか。学者やエリート知識人たちの“理論”は、全く庶民の現実からはかけ離れてしまうだろう。それにも関わらず、この方向で社会が動くなら、“理論”とは違う“現実”を生きている“普通の人々”は、益々神経をすり減らしていくだろう。ところが、漱石の生きた明治の時代は、「エリート層による欧化政策こそが進歩だ」と見做され、近代化とされた。当時、一級の英文学者でありながら、イギリス留学で散々な目にあった漱石は、エリート知識人たちが拠り所にする西洋の思考方法は、とてもではないが、そのまま日本に当てはまるものではないことを十二分にわかっていた。とはいえ、漱石もまた1人の知識人である。そこに彼の苦悩があった。こうしたことは、グローバル化や国際化が叫ばれる今日の我々にも無縁ではないと思う。大学で教えていたころ、私は1~2回生向けの少人数講義で屡々、『現代日本の開化』や『私の個人主義』といった漱石のよく知られた文明批評を取り上げたが、大半の学生は、ここでの漱石の問題に共感を示していた。それは、今日の“我々”の問題でもあるという訳だ。




確かに、この20年ほどを見ても、グローバル化へ向けた社会変革を説く専門的学者・官僚・ジャーナリズム等のエリート知識層は、西洋(特にアメリカ)発の学問や知識を母体にした合理主義で、社会を“進歩”させようとしてきた。そして、それがどうやら「エリート層と庶民の間の大きな分断を生み出すであろう」という様相は、日本よりも、先ずはトランプ現象に翻弄されるアメリカを見れば顕著であろう。尤も、アメリカ等よりも社会の一体感の強い日本では、エリート知識層だけではなく、“普通の人”のほうも、西洋発の知識や思想を権威と考える傾向が強い。漱石は、ある“断片”の中で次のようなことを書いている。「近年では、“現代的”という言葉がよく使われる。これに対して、昔の人は古人とか古代を尊敬したものである。だが今日の日本では、西洋の新しい人の名を口にすることが権威になっている。つまり、昔の人ではなく、自分に近い同時代人を持ち出す。この傾向が極限までくれば、自己崇拝ということになる。じっさい、今日の日本人が新しい西洋人の名前を引用するのは、その人を尊敬しているからではなく、その名前を借りて自分を崇拝しているのだろう」と。漱石の死から100年経って、「残念ながら、事態はどうもあまり変わってはいない」と言わざるを得ない。


佐伯啓思(さえき・けいし) 1949年生まれ。京都大学名誉教授。保守の立場から様々な事象を論じる。著書に『反・幸福論』(新潮新書)等。


≡朝日新聞 2016年12月2日付掲載≡



スポンサーサイト

テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも
ジャンル : 政治・経済

Categories
Profile

KNDIC

Author:KNDIC
Welcome to my blog.

Latest articles
Archives
Counter
I'm participating in the ranking.

FC2Blog Ranking

information
Search
RSS Links
Link
QR Code
QR