【カオスを飲み干せ!挑発的ニッポン革命計画】(89) クラブミュージックに“突然変異”を生んだ資本主義の魔力

突然ですが、クラブミュージック専門のストリーミングサービス『Beatport』をご存知でしょうか? 世界中のDJやミュージシャンが次々と楽曲をアップロードする音楽配信サイトです(勿論、曲も購入できます)。アーティスト側は自分の考える最高の新しい音を提供し、リスナーは感性だけで“勝者”を選ぶ。その為、セールスランキングは完全なる自由読争の世界。このサービスに、僕は“正しい資本主義”の姿を見ました。当然、そこには“業界のお偉いさんの思惑”なんてものが入り込む余地はありません。面白いのが、ここが何でもありの弱肉強食の世界で、“パクりパクられ”も当たり前なことです。折角新しい音を作っても直ぐにコモディティー化してしまうので、常に新しい音を提供しないと“過去の人”扱いされ、ランク外に追いやられる。この容赦なき切磋琢磨によって、作品そのものの変異と進化が物凄く早くなり、結果、本当にイノベーションを起こせるような(謂わばスティーブ・ジョブス級の)アーティストだけがランク上位に食い込み続け、それ以外はニシンが餌に群がるように浮動票を奪い合っている状態なのです。

現在、この世界で最強と言われる中の1人に、skrillexというアメリカのミュージシャンがいます。彼は自分の楽曲が売れれば売れるほど、更に危ないチャレンジをする。放っておいても自分の音が模倣されることをわかっているから、敢えて積み上げてきた“自分らしさ”を放棄し、スタイルもスピードもその都度、全部変えてしまう。だから、常にシーンの真ん中にいる。一方、数年前まで絶大な人気を誇ったポーランド出身のXilentというDJは、成功を手放したくないが為に自分のスタイルに固執し、“Xilent節”とも言うべきお馴染みの音作りに終始してしまった。最近では新しく刺激的な音を生み出すことができず、既に“懐メロ”扱いされてしまっています。DJであり、ジャーナリストでもあるという僕の立場からこの世界を見ると、色々な発見があります。考えてみれば、この構造は、ノーベル経済学賞を受賞したミルトン・フリードマンが生きていたら大喜びしたであろう、勝者と敗者のくっきり分かれる新自由主義の世界なのです。




このビジネスモデルが齎した面白さは、ハウス、ダブステップ、ドラムンベースといった細かな音楽ジャンルの壁を取っ払った点にもあります。「マーケットの中で、ジャンル同士が“交配”したほうが儲かる」という資本主義的なインセンティブが働き、それまでお互いに反目し合っていたようなジャンルでも、「カッコよければOK」と簡単に結び付くようになったのです。無節操さが音楽を活性化させて、文化の突然変異を生み出した訳です。この厳しくもエキサイティングな競争と進化を目の当たりにすると、日本のメディアに蔓延する怠惰な空気がどうしても気になります。何故、いい加減な言説をばらまく“自称専門家”や“自称ジャーナリスト”が淘汰されず、大きな顔をしていられるのか? 何故、視聴者や読者はそれを許し続けるのか? そこに純粋な競争原理が働く日は来るのでしょうか?


Morley Robertson 1963年、ニューヨーク生まれ。父はアメリカ人、母は日本人。東京大学理科一類に日本語受験で現役合格するも3ヵ月で中退し、ハーバード大学で電子音楽を学ぶ。卒業後はミュージシャン・国際ジャーナリスト・ラジオDJとして活動。現在、『NEWSザップ!』(BSスカパー!)・『モーリー・ロバートソンチャンネル』(ニコニコ生放送)・『Morley Robertson Show』(Block.FM)・『所さん!大変ですよ』(NHK総合テレビ)・『ユアタイム~あなたの時間~』(フジテレビ系)等に出演中。


キャプチャ  2016年12月12日号掲載



スポンサーサイト

テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも
ジャンル : 政治・経済

Categories
Profile

KNDIC

Author:KNDIC
Welcome to my blog.

Latest articles
Archives
Counter
I'm participating in the ranking.

FC2Blog Ranking

information
Search
RSS Links
Link
QR Code
QR