【私のルールブック】(82) さらば激動の2016年

あと数日で2016年が終わる。連載2度目の年越しである。となると、やはり振り返ったほうがいいんですかね、2016年を…。先ずは芸能界でいうと、悲しいかな、“不倫”ということになってしまうんでしょうか。何たって、年頭のゲス不倫をきっかけに、あっちでもこっちでもって感じでしたからね。連日、生放送のスタジオに立っている身としましては、かなり複雑な心境でして、時事を扱う番組の性質上、取り上げない訳にはいかず、「取り上げたからには中途半端なコメントをするべきではない」って性分ですから、どこかのタイミングで覚悟を決めた記憶があります。薬物関係も多かった。ただ、こちらに関してはれっきとした刑事事件ですから、躊躇は無かったように思います。とはいえ、芸能界という広い括りで見れば同業者ですから、残念な想いと腹立たしさがごちゃ混ぜになったような、何とも言えない後味の悪さでした。

政界も、芸能界に負けず劣らず色々あったな~。舛添さんの一連の不透明な政治資金流用疑惑の際は、「今日も舛添さんですか?」「えっ、明日も舛添さん?」みたいな感じで、「ちょっとしつこ過ぎるんじゃないの?」とも思いつつ、後から後から問題が発覚するので続けざるを得ず、続けるということはそれなりの知識も得ておかないと専門家さんたちには太刀打ちできませんから、慌てて購読新聞を2紙増やす羽目になりました。そういえば、リオデジャネイロオリンピックもありましたね。ブラジルのジルマ・ルセフ大統領が180日間の職務停止の為に不在の中、「本当に大丈夫なの?」と心配になりましたが、開幕してしまえば何事も無かったかのように盛り上がるもので、我が日本もメダルラッシュ。2020年東京オリンピックへの期待が一気に高まりました。一方、私のプライベートはと言いますと…ほぼ無風に等しかった。な~んも無いっすよ。あるとすれば、ワンちゃんが2匹増えて計10匹になったぐらいで、浮いた話もゼロ。キャバクラすら1回も行っていないんじゃないかな?




まぁ、健全と言えばそれまでなんですが、「この世界に身を置かせてもらっておいて、健全でいちゃダメだろ」ってね。いくら忙しかろうが、世知辛い世の中になろうが、意地でも遊ぶぐらいの根性がないと。「写真週刊誌が怖い」だとか、「今や一般の方も週刊誌宛ら、直ぐにスマホで撮ってツイートしちゃう時代ですから」とか、そんなもんはどうでもいいんですよ。どうせ撮られるんだったら、大手を振って遊んでいたほうが、映りも多少はマシになるでしょ。でも、そうもいかないのかな。何から何までイメージの時代ですからね。特に、高い好感度でお仕事をされている方は、暫くは身を潜めざるを得ない時期なのかもしれません。スターが生まれ難い世の中と言われて久しいですが、そりゃそうでしょ。無茶苦茶な論理に聴こえるかもしれませんが、こんだけ遊び辛くなっちゃったんだから。遊ばなきゃ艶なんて出ないんだから。人様ができない事を平気でやれちゃうのがスターでもあるんです。どこかでモラルが欠如しているのがスターの証と言ってもいい。いや、それでも許せてしまうのがスターなのかも。とはいえ、時代のせいにしてはいけません。私はスターになんぞなれませんが、来年こそ遊びましょ。ギャンブルだけでなく、色恋にも勤しみましょ。


坂上忍(さかがみ・しのぶ) 俳優・タレント。1967年、東京都生まれ。テレビ出演多数。子役養成に舞台の脚本・演出等、多方面で活躍中。


キャプチャ 2016年12月29日・2017年1月5日号掲載



スポンサーサイト

テーマ : 俳優・男優
ジャンル : 映画

Categories
Profile

Author:KNDIC
Welcome to my blog.

Latest articles
Archives
Counter
I'm participating in the ranking.

FC2Blog Ranking

information
Search
RSS Links
Link
QR Code
QR