【日日是薩婆訶】(16) 現代に活かすべきは幻住の思想ではないかと思う

前回の原稿の最後で、確か正岡子規と永源寺の寂室元光禅師のことに触れた。正岡子規に纏わるロバート・キャンベル先生との対談は無事に終わったのだが、予想したほど子規の話にはならなかった。キャンベル先生は、「日本人の物語の作り方が、デッドエンド、つまり結論の出そうな日を先に指定することが多い」という話をされた。その象徴的な存在として、脊椎カリエスで残り少ない余命を創作に生きた正岡子規の晩年を例に採ったのである。これまで、日本人の文芸についてそんな風に考えたことはなかっただけに、“期間限定の物語”についてのご指摘はとても面白かった。しかし、如何せん子規の必死な表現欲求は中々に息苦しく、ここではあまりご紹介する気になれない。ただ、俳句という表現法を文学として認知させた功績、及び芭蕉と共に蕪村にスポットライトを当てた功績は大いに賞讃されるべきだろう。扨て、ここでは今年650年遠諱を迎える滋賀県永源寺の寂室元光禅師(1290-1367)の話に絞ろう。寂室禅師には特別な興味がある。それは、禅師が中国の寧波に渡り、杭州北西部にある天目山の中峰明本禅師の許で修行したからだが、実は、同じ天目山でうち(福聚寺)の開山様(復庵宗己禅師)も先輩として修行していたのである。鎌倉時代後期に当たるその頃、元との行き来は非常に盛んである。貿易も盛んだったが、それにつれて人の往来も多くなる。来朝僧としては、既に南宋から蘭渓道隆、元初の無学祖元等が、鎌倉を中心に本場の禅を鼓吹し、また南宋に渡っていた南浦紹明は虚堂智愚の法を伝えていた。『永源開山円応禅師紀年録』によれば、元からの来朝備であった一山一寧禅師に接していた寂室は、「天目の中峰の道が中国と周辺国で盛んだと聞いて(聞天目中修道振華夷)」、中峰への参禅を望んだらしい。これが延祐6(1319)年で、実際の渡航は翌年のことになる。一説によれば、当時、中国への渡航僧は、合計すれば75人にも上るという。既に、寂室より14年も前に天目山に登り、印可を得て帰国していた遠渓祖雄を始め、後に印可を得て戻る無隠元晦・明叟斉哲・業海本浄・古先印元等と共に、我が開山禅師の復庵宗己(1280-1358)も中峰明本の膝下にいた。復庵が中峰に参じたのは、寂室より10年早い1310年。生年も10年早いから、31歳だった寂室禅師は、41歳の復庵禅師に会ったことになる。因みにその時、師匠の中峰禅師は58歳。寂室禅師が謁見する4年前に発病した“渇疾”が悪化し、遍歴の旅を止めて西天目山の幻住庵に住んでいた。渇疾は喉・気管支・肺等が渇く病気で、中薬辞典等には「枇杷の葉の煮汁が効く」とあるが、詳しいことはわからない。ともあれ、入門を許された寂室禅師は、日本で約翁徳倹禅師から嗣法した禅を、そこで更に長養した。

中峰明本の禅の特徴は、幾つかある。これは私の印象とも言うべきかもしれないが、挙げてみよう。1つは、お節介とも思えるほど“言葉を尽くして説く”ということ。換言すれば、それは詩文に優れているのだが、多言とも受け取られ易い側面を持つ。大蔵経に入った『中峰広録』30巻を見れば明らかだろう。2つ目は、彼方此方を遍歴し、決して権力に近寄らないこと。これは“不住持”という言い方もされるが、彼方此方の庵を巡るだけでなく、時には船中での禅定も楽しみ、“船居禅”とも言われる。これらの生き方は、確実に寂室禅師や復庵禅師の生き方に繋がっている。寂室は帰国後、足利将軍家から鎌倉長勝寺住持への要請があったのを断り、更に豊後の万寿寺への入寺も断る。六角氏頼との出逢いにより、永源寺に落ち着いてからも、天龍寺や建長寺への入寺を断り、主に備後・備前・美作・摂津・近江・美濃、更には甲斐まで彼方此方遍歴し続ける人生だったと言えよう。我が復庵禅師も同様で、故郷に近い常陸の国に庵を築き(揚阜庵)、小田氏建立になる法雲寺を中心に、常陸・上総・磐城・岩代、そして武蔵等に庇護者を得て8ヵ所道場を開き、そこを経巡っている。寂室禅師同樣、足利尊氏や後光厳帝から上洛を促す拝請を再三受け取るが、これも悉く断っている。3つ目の特徴は、中峰明本が常々“未悟”を標榜していたことの影響である。今回の遠諱を前に、思文閣出版から児玉修氏の労作『死して厳根にあらば骨も也た清からん 寂室元光の生涯』が刊行されているが、その小説中の言葉がわかり易いからお借りして、ここに示そう。寂室が中国から帰朝した後、両親の法要の為、久しぶりに美作の故郷に戻った場面である。寂室は兄の頼兼に向かって、こう言う。「修行は一生です。私も、まだ修行中の身です」。或いは、こんな台詞もある。「長い修行の果てに辿り着いたのは、悟りなどという境地はないということでした。ただひたすら、歩み続けているだけです」。これは、中峰明本の“未悟の禅”にまっすぐ繋がっている。中峰は「余は固より実悟する者にあらず」(『山房夜話』中)、或いは「余は仏祖の道に於て悟証を欠く」(『山房夜話』下)等と繰り返し述べている。当時の中国禅界では大慧宗杲の看話禅が隆盛であった訳だが、そうした流れの中で、未証を以て“証せり”とする輩が続出したとも言われる。それは、仏陀の生存中から最大の罪とされた。恐らく中峰は、こうした風潮に一石を投ずべく、自ら“未悟”を標傍したのではないか。“未悟”を標傍する師匠の許でいくら修行しても、“悟り”を表明できる筈がない。そういえば、私が入門した当時、天龍寺の平田精耕老師もよく仰っていた。「現実生活での悟りなんて、そんなもんありゃせんわ」。そう、特殊状況におけるある種の禅定体験を、現実に通用する“悟り”と思ってはいけない。拈提すべき問題は、次から次へ脈絡も無く起こり続けるのである。




寂室禅師や、我が開山禅師に纏わる文献を今回読み、実に多くの刺激を受けたのだが、最後に『禅文化研究所』から出た『永源寂室和尚語録』上巻から、中峰和尚と復庵和尚への賛を部分的にご紹介しよう。先ずは中峰和尚。「若し這の老和尚の面前を論ずるときは、則ち山河大地も也た是れ幻、色空明暗も也た是れ幻、三世の諸仏も也た是れ幻、歴代の祖師も也た是れ幻、乃至、菩提涅槃真如実相等、一一、幻に非ずという者有ること靡し」。こうして、全てを“幻”と見る中峰神師は、一人称の代名詞にも“幻”や“幻人”を使った。個々の見方はどうしたって、特定の文化的価値観を脱することができない。結局、「全ては幻に過ぎない」という諦観であろう。「掩光の後三十年、箇の非幻底を留め得て、塵尾払を握り、曲彔牀に踞す」。世を眩まして30年、とうとう幻のうちに幻ならざる風格が現れ、その堂々たる山の如き姿は、西天目と見紛うばかりだ…と結ばれる。続く偈の最後では「仏より已来唯一人」とあり、寂室禅師の心服ぶりが覗える。それでは次に、復庵和尚の賛。「者の老漢、はだはだ人情に近からず。釈迦の脳蓋を掲却し、達磨の眼睛を擉瞎す」。常識外れで、釈迦も達磨も怖れをなして逃げ出す…という描写。これはもう、手放しの褒め様である。最後は、「扶桑夜半金鳥あがる。笑倒す摩霄の天目山」。扶桑(日本)から来た復庵和尚は、夜中に太陽を昇らすだろう。天をつく天目山(の中峰和尚)も、その禅機をうけがい、笑い転げている…。何とも痛快な褒め様ではないか。私の勝手な想像だが、2人の関係は相当に良かったのではないだろうか。寂室の入門から3年後、中峰は61歳で遷化し、復庵和尚は山中に庵を結んで服喪し、更に江湖の尊宿を歴訪してから帰国するのだが、寂室禅師も中国各地の諸山に歴参し、同じ1326年の船で帰国している。因みに当時、印可を得ていた日本僧――業海本浄・明叟斉哲・古先印元、そして北条高時の招きで来朝する清拙正澄等も、復庵宗己と同じ船で朝鮮経由で帰朝したとされる。無論、中峰の遷化から3年で喪が明けたことも大きいだろうが、復庵の動静が皆を牽引したように見えなくもないのである。同書291頁には、『珍上人の常州に之きて、復庵和尚に見ゆるを送る』と題する文章がある。その中で寂室禅師は、「一千七百の欄葛藤を掃わんと欲すれば、先ず去って常州の老活仏に参見せよ」と言い放つ。個人的には、開山和尚について意想外の収穫を齎す資料拝見だったのである。それにしても、永源寂室和尚語録の訓註を纏められた佐々木陵西師・能仁晃道師には、心から敬意を表したい。

扨て、そうこうするうちにお寺の工事も進み、今では“あげ家”の『我妻組』の到来を待つばかりの状態になった。庫裡の骨組みを残した建物を約1.8m持ち上げ、その状態で基礎を作り、また下ろすのである。恐らく、完全に壊して完全に新築したほうが時間も経費もかからないのだろう。しかし、『加藤工匠』の加藤吉男棟梁が自ら天井裏に上がり、「立派な屋組みだし、残しましょう」と言ってくれた。この棟梁、細かい損得は気にしない風情なのがありがたい。庫裡の一部は『雪村庵』を移築したものとも言われ、私はその部分(書院)を「温存したい」と考えていたから、渡りに船。弘前城を持ち上げた我妻組の登場となった次第である。ところで、この雪村庵の雪村周継だが、じつは復庵宗己とほぼ同郷で、復庵の跡を追うように行脚している。福聚寺第七世鶴堂和尚の弟子となり、“鶴船”という道号も戴いている。福聚寺には、雪村の描いた達磨図の他、復庵宗己の頂相も残されており、相当古びて肉眼ではよく見えないが、赤外線で撮影すると見事にその描線が甦った。今回の工事も何となくその作業に似て、色々付着した時代の要請による余計なものが解体され、外され、それこそ復庵禅師の頃の骨格が仄見える気がする。復庵禅師から中峰禅師、そして寂室禅師の生き方を顧みる時、「現代に活かすべきは“幻住”の思想ではないか」と思う。色即是空の意味で、あらゆるものが幻であることは間違いないが、今や仏教の枠組みの中での認識も全て幻と見る見方こそ重要だろう。イスラム教世界とキリスト教世界を融和できるのは、“幻住”の思想しかないのではないか。正しさを競うから争いになる。過剰な自信は自分で打ち消し、「何れも幻でしょう」と認識するところから、真の平和は始まるのだと思う。中峰禅師は、自らを“幻”と呼んだ。どんなに精緻に自己を捉え、空無と理解しても、そこに些かの文化的枠組みが残ることは避けられない。そのことを、中峰明本禅師は熟知されていたのだろう。そして、難しい現実を前にすれば、常に“未悟”として更なる一歩を踏み続けるしかない。必要以上の自信を消去する為にも、それは非常に有効な方法だった筈である。今月は、鵜飼秀徳氏から『無葬社会』(日経BP社)という不穏な本が届き、また島田裕巳氏と一条真也氏という不穏な取り合わせの共著『葬式に迷う日本人』(三五館)も届いているが、今は読む時間が無い。今月は兎に角、寂室元光と中峰明本、そして序でに当山の開山和尚にも、心から「スヴァーハ!」を捧げよう。今や“幻住派”という括りも無くなり、妙心寺派・建長寺派・円覚寺派といった新たなグループに溶け込んでしまったが、草創期の幻住派の繋がりを今後も大事にしたい。ここは纏めて、幻住派にスヴァーハ!


玄侑宗久(げんゆう・そうきゅう) 作家・臨済宗妙心寺派福聚寺住職。1956年、福島県生まれ。慶應義塾大学中国文学科卒業後は職を転々とし、1983年に天龍寺専門僧堂に入門。2001年に『中陰の花』(文藝春秋)で芥川賞、2007年に柳澤桂子との往復書簡『般若心経 いのちの対話』(『文藝春秋』2006年12月号)で文藝春秋読者賞、2014年に『光の山』(新潮社)で芸術選奨文部科学大臣賞を受賞。『アブラクサスの祭』『アミターバ 無量光明』(共に新潮社)・『御開帳綺譚』『龍の棲む家』(共に文藝春秋)・『無功徳』(海竜社)・『福島に生きる』(双葉社)等著書多数。近著に『やがて死ぬけしき』(サンガ新書)。


キャプチャ  2016年12月号掲載



スポンサーサイト

テーマ : 仏教の教えと世界観
ジャンル : 心と身体

Categories
Profile

KNDIC

Author:KNDIC
Welcome to my blog.

Latest articles
Archives
Counter
I'm participating in the ranking.

FC2Blog Ranking

information
Search
RSS Links
Link
QR Code
QR