【カオスを飲み干せ!挑発的ニッポン革命計画】(97) 映画『Repo Man』の名ゼリフを忘れたアメリカの怒れる群衆

1984年にアメリカで公開された映画『Repo Man(レポマン)』(ユーロスペース)をご存知でしょうか? 全米、いや世界を大混乱させているドナルド・トランプ現象について考えていたら、ふと、この映画のことを思い出しました。レポマンとは、自動車ローン滞納者の車を力ずくで回収するチンピラ稼業。ロサンゼルスに住むうだつの上がらない無職のパンクス青年が、中年のレポマンに“仕事”を教わりながら、人生の厳しさを学んでいくというB級青春ムービーなのですが、印象的なのは、中年レポマンがパンクス青年に、こう語りかけるシーンです。“An ordinary person spends his life avoiding tense situations. A repo man spends his life getting into tense situations.(普通の人間はヤバい状況を避けて人生を送る。レポマンはヤバい状況に自ら飛び込んで生きていく)”。要するに、「つまらない人生を送りたくないならリスクを取れ!」という話。当時、この映画を見たアメリカの若者たちの多くは、ある種の人生訓としてこの言葉を受け止めました(※僕もそうです)。

しかし今、50歳前後になった僕と同世代の、嘗てこのセリフに心震わせた元パンクスたちが、グローバリズムが齎す恩恵(※多様なニーズが満たされる、自由な働き方やライフスタイルを追求できる等)を無視し、只々そのリスクに対して怒りの声を上げている。何とも残念な気持ちです。自分が苦しいのは移民や外国のせい。悪いのは社会や政治――。そうやって“諸悪の根源”を他者に求め、只管に責任を転嫁し、排外的なリーダーに依存する。怒りを爆発させるその手に握られたスマホには、事実ですらない“フェイクニュース”が表示されている。理想の世界を追求した最初期の“グローバリズムの設計者たち”は、こんな世の中になるとは想定しなかったでしょう。勿論、グローバリスムを悪用する多国籍企業を擁護したい訳ではありません。バランスを度外視した徹底的なコストカットで利益を極大化し、租税はできる限り回避する等、ルールすれすれのフェアではないやり方で世界の富を強奪していったのは大きな問題です。




但し、グローバリズムには大きなメリットがあるというのも紛れもない事実です。重要なのは、その恩恵をフルに受ける為の条件があるということ。それは、“新しいスキルを追い続ける”ことと、“変化に順応する”ことです。“設計者”たるスーパーエリートたちは、「誰しもそれくらいの努力はする筈だ」と思っていたでしょう。しかし、多くの人々は彼らの想像よりずっと保守的で、昨日と同じ明日を望んだ。その結果、急速な変化に順応できない人たちが“アングリーモブ(怒れる群衆)”と化した…。“レポマン世代”の人々が今更変われないのは兎も角、この時代に若い人が自堕落であり続けるのは本当に損です。少なくとも20年前・30年前に比べれば、人生を好転させるチャンスは彼方此方に転がっている。近い将来、欧米から一歩遅れて、日本が本格的なグローバリズムの波に呑み込まれた時、貴方はアングリーモブになりますか? それとも、ヤバい状況に飛び込んで力強く生きるレポマンになりますか?


Morley Robertson 1963年、ニューヨーク生まれ。父はアメリカ人、母は日本人。東京大学理科一類に日本語受験で現役合格するも3ヵ月で中退し、ハーバード大学で電子音楽を学ぶ。卒業後はミュージシャン・国際ジャーナリスト・ラジオDJとして活動。現在、『NEWSザップ!』(BSスカパー!)・『モーリー・ロバートソンチャンネル』(ニコニコ生放送)・『Morley Robertson Show』(Block.FM)・『所さん!大変ですよ』(NHK総合テレビ)・『ユアタイム~あなたの時間~』(フジテレビ系)等に出演中。


キャプチャ  2017年2月20日号掲載
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

この怒り何とかして!!と思ったら読む本 [ 安藤俊介 ]
価格:1296円(税込、送料無料) (2017/2/13時点)


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

送料無料/レポマン/エミリオ・エステベス
価格:1543円(税込、送料無料) (2017/2/13時点)




スポンサーサイト

テーマ : 国際政治
ジャンル : 政治・経済

Categories
Profile

KNDIC

Author:KNDIC
Welcome to my blog.

Latest articles
Archives
Counter
I'm participating in the ranking.

FC2Blog Ranking

information
Search
RSS Links
Link
QR Code
QR