【カオスを飲み干せ!挑発的ニッポン革命計画】(101) ドナルド・トランプを後押しする“極右のアイドル”が陥落! 次なる標的は…

ドナルド・トランプ大統領の誕生を強力に後押しした極右系インターネットメディア『ブライトバートニュース』のエース編集者で、過激な新興右派政治運動『Alt-Right』のアイドル的存在だったマイロ・ヤノポロスが、遂に“陥落”しました。昨年、人知れず公開されたポッドキャスト番組で、ペドファイル(小児性愛者)を擁護する発言をしていたことが発覚したのです。この騒動に対して、周囲の火消しの動きは迅速でした。マイロはブライトバートニュースの編集職を辞任し、巨額の書籍出版契約も解除され、出席予定だった『保守政治行動会議(CPAC)』の招待も取り消されてしまったのです。問題の番組でマイロは、「神父から手解きを受けたから、今の俺はフェラチオが上手い」と明かしつつ、ペドファイルを容認しているかのような発言を行いました。自分がゲイであるとか、ペドフィリア(小児性愛)の被害者であるという“マイノリティーの立場”を利用して、周囲の人間をマウンティングしたり、悪びれることなく過激発言を連発する――。まさにマイロの常套手段です。

抑々、マイロは“言ってはいけないこと”を口にすることで注目を集めてきた人物。人種差別・ムスリム差別・女性差別…何でも言いたい放題のアナーキーなスタンスが、Alt-Rightの若い人々に熱狂的に支持されました。一方、旧来の保守層からすると、マイロは自分たちの“外では言えない本音”の代弁者であると同時に、民主党からの政権奪取という目的の為に有用な人材でもあり、積極的には支持せずとも黙認してきたという経緯があります。では何故、今回の“暴言”が命取りになったのか。それは、欧米社会においてペドファイルは問答無用のタブーだからです(※これは日本のロリエロアニメやJKビジネスがどう見られているかを理解する際にも重要な視点です)。特に、共和党の支持基盤であるキリスト教右派の人々にとっては、ペドファイル擁護というのはどんな言い訳も許されない“ギロチンもの”の発言なのです。今回、問題の動画を拡散したのは、“The Reagan Battalion(レーガン軍団)”と名乗るSNSアカウントです。先ずは短い動画をアップし、マイロが「これは編集されたものだ」と反論すると、すかさず長尺バージョンを拡散して息の根を止める――。実に周到な“公開処刑”でした。




このレーガン軍団がどこからネタを仕入れたのか、“直ぐに出した”のか“寝かせておいた”のか等、詳細は不明ですが、少なくともマイロにとっては最悪のタイミングでした。広く注目されるCPACへの参加が直前で破談になったことが引き金となり、マイロは保守運動からの撤退を余儀なくされたからです。更に陰謀めいた見方をすれば、トランプ大統領の側近だったマイケル・フリン大統領補佐官の辞任直後というのも、偶然というには都合が良過ぎるようにも思えます。共和党主流派には、「旧来型政治の破壊者として振る舞うトランプ大統領の影響力を削ぎ落とし、“普通の共和党政権”に戻したい」という思惑があります。フリンとマイロを撃ち落とし、残る“本丸”はスティーブ・バノン首席戦略官――。これは穿ち過ぎた見方でしょうか? 次なる展開を注視しましょう。


Morley Robertson 1963年、ニューヨーク生まれ。父はアメリカ人、母は日本人。東京大学理科一類に日本語受験で現役合格するも3ヵ月で中退し、ハーバード大学で電子音楽を学ぶ。卒業後はミュージシャン・国際ジャーナリスト・ラジオDJとして活動。現在、『NEWSザップ!』(BSスカパー!)・『モーリー・ロバートソンチャンネル』(ニコニコ生放送)・『Morley Robertson Show』(Block.FM)・『所さん!大変ですよ』(NHK総合テレビ)・『ユアタイム~あなたの時間~』(フジテレビ系)等に出演中。


キャプチャ  2017年3月20日号掲載
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

JSが俺を取り合って大変なことになっています [ 糸緒思惟 ]
価格:637円(税込、送料無料) (2017/3/13時点)


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

エロマンガ・スタディーズ増補 [ 永山薫 ]
価格:928円(税込、送料無料) (2017/3/13時点)




スポンサーサイト

テーマ : 国際政治
ジャンル : 政治・経済

Categories
Profile

Author:KNDIC
Welcome to my blog.

Latest articles
Archives
Counter
I'm participating in the ranking.

FC2Blog Ranking

information
Search
RSS Links
Link
QR Code
QR