【タブー全開!政界斬鉄剣】(73) “逃げ回りキャラ”の石原氏が突然強気になった本当の理由

池田「今週は、元東京都知事・石原慎太郎氏の喚問で話題の“百条委員会(調査特別委員会)”について解説しましょう。各メディアは、この委員会が超強力な機関であり、豊洲の問題で新事実が判明するかのように報じていますが、とんでもない勘違いです。結論を先に言うと、石原氏の責任が断罪されることなど絶対にありません。百条委員会とは、疑惑を追及する能力も無い機関なのです」

――えっ、そうなの?
池田「確かに、地方議会が設置できる百条委員会には、地方自治法によって刑事罰を伴う権限が与えられています。『召喚は拒否できない』『虚偽の証言をしてはいけない』『資料要求に応じなければならない』等の強制力があります。しかし、これをリアルな政治の言葉に翻訳すると、こうなってしまう。『呼ばれたら行けばよい』『嘘はダメだが、忘れたり黙秘しても罪じゃない』『要求された資料を“のり弁状態”にしたり、隠蔽をしちゃダメだが、資料そのものを捨ててしまった場合は仕方がない』という意味なのです」

――えええ~っ!
池田「百条委員会に呼ばれても、自分に都合のいいことだけを話せばいい。その程度の機関に、隠された不正の真相を暴き出したり、それを裁いたりできる筈がない。メディアが百条委員会を強力な機関だと勘違いしているのは、“現職”の知事や市町村長に対して、議会がマイナスイメージを植えつける道具として使用してきた過去があるからです。“○○市長、××問題で百条委員会に召喚”という新聞の見出しだけで、事実は別として、次の選挙にとって明らかにマイナスですから。しかし、過去の例を見てみると、どの市町村長や知事も刑事罰に問われたことなど聞いたことがないし、次の選挙でも再選を果たしているケースばかりなのです」

――つまり百条委員会は、地方議会が“現職”の知事や市町村長を悪者に仕立て上げ、あわよくば辞任に追い込む為の道具に過ぎないのか…。石原氏は“元知事”だから、余計に怖くない訳だ。
池田「そういうことです。豊洲問題で“逃げ回りキャラ”がすっかり定着していた石原氏が、掌を返したように強気になったのには、明確な理由がある筈です。石原氏に対し、『“都合の悪いことは忘れた”と言えばいいから、百条委員会など“元都知事”にとっては恐れるに足りません』とレクチャーした人物がいると、私はみています」




――誰誰?
池田「石原氏の元秘書であり、元東京都副知事の浜渦武生氏です。私は石原氏が衆議院議員だった時代から、秘書の浜渦氏も含め、非常に近い位置から見続けてきました。だから、彼らの人となりをよく知っています。浜渦氏は、石原氏の知名度を利用して威張り散らすことにかけては、天才的な人物でした」

――そういう人なのか!
池田「浜過氏は、過去に都議会の百条委員会で偽証をした“実績”を持つ札付きのワルです。この偽証が原因で、当時、“現職”の東京都副知事だった浜渦氏は辞任に追い込まれた。しかし、驚くべきことに、辞任の2ヵ月後には東京都の外郭団体に天下りした。更に約1年後には、石原氏から東京都の“参与”という重職を与えられ、6年近くも居座ったのです」

――中々の悪人キャラだ!
池田「そんな浜渦氏からのアドバイスを受け、石原氏は百条委員会の実態を完全に見抜いたのでしょう。小池人気に肖りたい都議会の小物たちが主導する百条委員会では力不足なのです。『小池知事は、都知事の管理下にある警視庁を有効利用するべきだ』と私は思っています。疑惑塗れの豊洲新市場移転問題で、実際に承認を与えたのは石原氏です。石原氏の罪を本気で問いたいのであれば、小池さんは警視庁に特別チームを作らせ、問題の調査をさせればよいのです」


池田和隆(いけだ・かずたか) 元農林水産大臣秘書官・政治評論家・『池田和隆国家基本戦略研究会』代表・一般社団法人『社会基盤省エネルギー化推進協会』主席研究員。1967年、熊本県生まれ。法政大学在籍中に松岡利勝氏(農林水産大臣・故人)の私設秘書。公設第2秘書・政策担当秘書・農林水産大臣秘書官を経て現職。


キャプチャ  2017年3月20日号掲載
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

過去なんて忘れなよ [ 高田純次 ]
価格:1048円(税込、送料無料) (2017/3/13時点)


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

失敗から学ぶ [ 日本金融通信社 ]
価格:1080円(税込、送料無料) (2017/3/13時点)




スポンサーサイト

テーマ : 政治家
ジャンル : 政治・経済

Categories
Profile

Author:KNDIC
Welcome to my blog.

Latest articles
Archives
Counter
I'm participating in the ranking.

FC2Blog Ranking

information
Search
RSS Links
Link
QR Code
QR