【私のルールブック】(93) “身体のメンテ”も仕事のひとつ…今年から“オフ日”を導入します!

毎年言っているような気がしないでもないが、ここ数年働き詰めだった為、今年こそ身体を休める日を設けるようにした。具体的に述べると、週に一度は『バイキング』(フジテレビ系)だけの日を作ること。月に1日は完全オフを確保することである。本当はもっと休みたいのですが、現状ではこれが限界といいますか、レギュラー番組+不定期レギュラー+特番の他に、週末は子役スクールもありますので、正直、これが精一杯。とはいえ、有難い話です。我々はお仕事を頂いてナンボの商売ですので、お声掛け頂いただけで感謝であり、たとえ忙しくなったからといって「もっと休みたい」は言語道断な訳です。ですが、私も今年を以て50歳。まだまだ発展途上の身とはいえ半世紀ですから、そこかしこにガタがきており、“身体のメンテナンスも仕事の内”と割り切らせて頂くことにしました。倒れてからでは、逆に多大なるご迷惑をお掛けしてしまいますからね。

でも、つくづく感じるのは、「芸人さんってマジでタフだな」ってこと。だって、こんな過酷なスケジュールの日々を当たり前のように毎年過ごしている訳ですから。年末年始で漸く休めるかと思ったら、芸人さんにとっては初笑いで逆にかき入れ時だとか。じゃあ一体、いつ休むのよ? 勿論、ハワイに骨休めに行く方もいらっしゃいますが、折角休暇で出向いた旅先でも中継の仕事を入れたりして、完全なオフになっていないんだから。では、滞在先でも付き合い仕事を一切断り、5日間なり1週間なりの完全オフを確保した方がいたとして、その休暇期間を得る為にどれだけ働かなければならないか? 役者育ちの私にとって、バラエティーの世界に足を踏み入れて一番驚いたのは、売れっ子芸人さんの異常とも思えるスケジュールの切り方だったかもしれません。「身体というより、よく頭がおかしくならないね」。私が素朴な疑問をぶつけると、「未だ休める立場じゃありませんから」と殆どの芸人さんが仰います。




「じゃあ、どれだけ売れたら気軽に休みを取る気になるのよ?」とツッコミを入れたくもなりますが、抑々、売れたくて整理がつかないほど仕事に追われたくて芸の世界に足を踏み入れたことでしょうから、中々足を止めて一休みという気にはなれないのかもしれません。まぁ、私はついつい役者業と比べてしまいがちですが、役者は1つの仕事のスパンが長いので、物理的にも仕事を掛け持つには限界がありますし、同じ業界とはいえ比較対象としては適さないのかもしれません。ただ、それにしても「芸人さんは超人だな」と感じるのです。でも、根っこにあるのは、“好きな職を生業にできている”ということなんでしょうね。何よりの元気の源というか、じゃなきゃ身体はさておき、心が持たないと思いますから。そういった意味では、役者も同じと言えるのかな。好きな職に就けたからこそ、走り続けることができる。好きな職に就けたのだから、自分の身体と心と相談しながら休む時は休む。私もそこそこタフなので走り続けることも可能ですが、歳が歳なので今年は後者を選択します。とはいえ、果たして実現できるのかどうか。いや、公言した以上は実現しなくてはいけないのです!


坂上忍(さかがみ・しのぶ) 俳優・タレント。1967年、東京都生まれ。テレビ出演多数。子役養成に舞台の脚本・演出等、多方面で活躍中。


キャプチャ  2017年3月23日号掲載
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ローマの休日 [ グレゴリー・ペック ]
価格:1000円(税込、送料無料) (2017/3/23時点)


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

松本家の休日 1/松本人志【2500円以上送料無料】
価格:4104円(税込、送料無料) (2017/3/23時点)




スポンサーサイト

テーマ : 俳優・男優
ジャンル : 映画

Categories
Profile

KNDIC

Author:KNDIC
Welcome to my blog.

Latest articles
Archives
Counter
I'm participating in the ranking.

FC2Blog Ranking

information
Search
RSS Links
Link
QR Code
QR