【カオスを飲み干せ!挑発的ニッポン革命計画】(105) 森友&豊洲問題、“視聴者はバカだ報道”はメディアの断末魔

学校法人『森友学園』への国有地売却を巡る問題と、築地から豊洲への市場移転問題。どちらの問題に関しても、テレビを中心とするマスメディアは、よく考えてみれば何の正当性もない“正義”を掲げ、ひたすら次元の低い“見せ物報道”を繰り広げました。明らかに危険水域を超えた北朝鮮問題他、国内外の多くの重要問題を差し置いて…。例えば森友学園。はっきり言えば、“おかしな幼稚園”の些末な問題でしょう。それなのに、各メディアは続々出てくる虚実綯い交ぜの情報に振り回され、大きな時間・スペースを割き、報道合戦を展開。軈て、問題の本質はどこかへ消え去り、安倍首相の失脚という“大団円”の為にスクラムを組む…。どう考えても無理筋ですよ。特に森友学園周辺から発信された、マスメディア側にとっては“伝聞”でしかない情報を、注釈も付けずにそのまま報じたことは、ジャーナリズムの本質から逸脱した自傷行為だったと言うしかありません。

豊洲移転問題も同様です。この問題を政治利用したい東京都の小池百合子知事と、そんな知事に乗りたい議員や活動家、更にそれを鵜呑みにする支持者…。よくある構図ですが、メディアがその流れを加速させてどうするんですか。豊洲新市場の安全性が問題ないと科学的にほぼ実証されても、「安心できない」と不安をかき立てる側に回る。原発事故に絡む放射能の問題と構図は似ていますが、ファクトを積み上げればもう少しすっきりする問題を、態々陰謀論的な展開に持っていく。取材も検証も俯瞰も放棄したメディアの成れの果ての姿を見せられている気がします。既に目を通した人も多いと思いますが、インターネット上で活動する一部の論客は、報道合戦が過熱する前から、これらの問題の論点を明確に整理した文章をアップしています。誰にでもアクセス可能なこうした文章を読めば、どちらの問題も基本的には“茶番”に過ぎず、政界を揺るがすような深刻なテーマではないことはわかる筈です。そうした書き手の多くはプロのジャーナリストではなく、普段は別の仕事をしている“素人”。しかし、その指摘はしばしば、どの報道より的確です。




これは一言で言えば、“騒ぎを大きくしたい”・“長引かせたい”メディアと、純粋に問題を俯瞰できる人々の差なのでしょうが、それにしても、どちらがプロかわかったものではありません(※尤も、インターネット上にはトンデモな自説を垂れ流す低レベルな書き手も山ほどいますが)。マスメディアの中にいる人たちが、こうした冷静な指摘を読んでいないとは考え難い。つまり、彼らがどんな与太話にも正義を振り翳すのは、知的怠慢ではなく、確信犯的な悪意あってのことかもしれません。しかし、“権力をお気楽に叩ける立場”という既得権に甘え、正義をポルノのように量産することが、メディア自らの存在価値を毀損していることをどこまで自覚しているでしょう。若しかすると、「視聴者はバカだ」「読者は何もわかっていない」と高を括っているのかもしれませんが、そろそろ襟を正し、“情報を咀嚼する能力”を示さないと、冷静な人たちからどんどん見放され、手遅れになってしまう。そのタイムリミットは刻一刻と近付いています。


Morley Robertson 1963年、ニューヨーク生まれ。父はアメリカ人、母は日本人。東京大学理科一類に日本語受験で現役合格するも3ヵ月で中退し、ハーバード大学で電子音楽を学ぶ。卒業後はミュージシャン・国際ジャーナリスト・ラジオDJとして活動。現在、『NEWSザップ!』(BSスカパー!)・『モーリー・ロバートソンチャンネル』(ニコニコ生放送)・『Morley Robertson Show』(Block.FM)・『所さん!大変ですよ』(NHK総合テレビ)・『ユアタイム~あなたの時間~』(フジテレビ系)等に出演中。


キャプチャ  2017年4月17日号掲載




スポンサーサイト

テーマ : 報道・マスコミ
ジャンル : 政治・経済

Categories
Profile

KNDIC

Author:KNDIC
Welcome to my blog.

Latest articles
Archives
Counter
I'm participating in the ranking.

FC2Blog Ranking

information
Search
RSS Links
Link
QR Code
QR