【タブー全開!政界斬鉄剣】(82) 今と昔の“下半身事情”から見える国会議員の劣化ぶり

池田「今週は、政界の“下半身事情”についてお話ししたいと思います。政治の世界では昔から、“下半身には人格が無い”という言葉が有名です」

――そんな言葉が有名なの?
池田「政治家は国民のお手本となるべき立場ですが、色恋沙汰に関してはやはり“只の人”であり、聖人君子でいることは難しいという意味で使われます。しかし、最近の国会議員の下半身事情は、『人格が破綻しているのではないか?』と思うほど酷いものが多過ぎますね」

――中川俊直議員や宮崎謙介元議員等ですね?
池田「中川氏は、不倫相手とハワイで“重婚式”を挙げた末にストーカー行為に及ぶ鬼畜ぶり。宮崎氏は夫人の金子恵美議員の妊娠中に不倫を暴露されました。最早、下半身だけではなく、上半身の正気をも疑うべきケースばかりです…」

――最近と昔とで、政治家の下半身事情に違いはあるの?
池田「私は政治家の不倫関係や愛人関係の実例を沢山知っていますが、昔は今のように明るみに出ることが少なかったし、表面化しても大きな問題にはならなかった。これは決して時代の差ではありません。昔から不倫や浮気は世間から叩かれたし、どこの奥さんだって猛烈に怒るのは同じ。昔の政治家の共通点は、不倫相手や愛人たちと本当に真剣に付き合っていたことですね。私の知る限り、彼らの不倫は同じ相手と何十年も関係が続くのは当たり前で、殆どが“死ぬまで面倒を見る”覚悟で付き合っているのです。男女の関係であると同時に、人間として深い付き合いをしているので、決して不倫相手と関係が拗れないのです」

――差し支えない範囲で、実名を挙げられませんか?
池田「例えば田中角栄元首相は、元芸者の辻和子さんや、角栄の金庫番と呼ばれた佐藤昭子さんという愛人たちと、終生の関係を続けました。また、“道路族のドン”と呼ばれた自民党の古賀誠元幹事長は、銀座のクラブママが長年の愛人でした。当時、そのママに取材が殺到しましたが、彼女は古賀さんのことを褒めまくった上で、『一生ついていく』と言い切った。古賀さんは不倫が発覚したのに、逆に男を上げる結果になったのです」




――スゲーなぁ! 現役議員で凄い人はいないの?
池田「現役議員の実名を明かすことは難しいですが、女性との深い関係を長年継続できる人は“人間関係の達人”でもあるので、首相や派閥の親分になるほどの実力者ばかりですよ」

――何故、最近の議員は人間関係の達人がいないの?
池田「小泉純一郎政権の頃から与野党で定着した国会議員の公募制が諸悪の根源です。このシステムには、致命的な欠陥がある。候補者を原則として地方の政党支部が選定するところです。つまり、都道府県議会議員や市町村議会議員たちが、“格上”の国会議員を選ぶ訳です。地方議員たちは常に、当選後に自分たちをバカにしないような人を選びたがる。表面的な経歴や見た目の印象がいい人の中から、政治経験の乏しい人を選ぶのです。だから、選挙戦も党や地方議員におんぶに抱っこ。当選後も地方議員たちの影響力が強く残る訳です」

――それと国会議員の下半身事情に何の関係が?
池田「昔の選挙は、候補者と家族の総合力が試される戦いでした。選挙における配偶者の影響力は滅茶苦茶大きい。だから、不倫で配偶者を怒らせようものなら選挙など戦えないんです。異性関係にはリスクを承知で、強い覚悟を持って本気で臨む必要があったのです。しかし、公募制が定着して以降、国会議員は選挙戦の厳しさも人間関係の困難さも痛感しないままに当選回数を重ね、根拠の乏しい自信やプライドだけを身に付けてしまう。だから、自分の交際相手ひとり満足も納得もさせられず、結果的にみっともない下半身事情まで曝すことになるのです」


池田和隆(いけだ・かずたか) 元農林水産大臣秘書官・政治評論家・『池田和隆国家基本戦略研究会』代表・一般社団法人『社会基盤省エネルギー化推進協会』主席研究員。1967年、熊本県生まれ。法政大学在籍中に松岡利勝氏(農林水産大臣・故人)の私設秘書。公設第2秘書・政策担当秘書・農林水産大臣秘書官を経て現職。


キャプチャ  2017年5月29日号掲載




スポンサーサイト

テーマ : 政治家
ジャンル : 政治・経済

Categories
Profile

KNDIC

Author:KNDIC
Welcome to my blog.

Latest articles
Archives
Counter
I'm participating in the ranking.

FC2Blog Ranking

information
Search
RSS Links
Link
QR Code
QR