【カオスを飲み干せ!挑発的ニッポン革命計画】(111) ライブストリーミングの爆発的流行で始まる“ポピュリズム2.0”

全世界でライブストリーミング市場が急拡大しています。『BBC』の報道によると、アメリカでは18歳から34歳の若年層の6割以上がライブストリーミングを視聴し、且つ4割以上が何らかの配信をしているそうです。また、中国のエンターテインメントライブストリーミング市場も、既に約7300億円にまで拡大。「2021年までに、世界全体の市場規模が700億ドル(約8兆円)になる」との予測もあります。その背景には、スマホのコモディティー化、通信インフラの整備、その他諸々の技術革新により、C to Cの動画配信が嘗てないほど“お手軽化”したという事情があります。僕は約20年前、脆弱なインフラとCPUをフル稼働させ、まるでヒマラヤ山脈の山頂同士を糸電話で繋ぐような“綱渡りの動画配信”をして興奮していた記憶がありますが、まさに隔世の感があります。当時は、ITリテラシーが異常に高いギーク層だけが動画配信を嗜んでいました。しかし、今や猫も杓子も動画を手軽に生配信でき、世界中の人がそれをストレスなく視聴できる。

これほどの“革命”は、しばしば混沌を作り出します。プチ炎上くらいなら自己責任でいいと思いますが、10代のポルノ・ストーカー被害・自傷行為や自殺の実況等、あらゆる“負のプライバシー行為”が個人の承認欲求のタネになったり、時には収入源にもなる状況を、「それも時代の進歩だ」と能天気に見過ごすことはできないでしょう。そして、僕が特に恐れているのは、この“人類総配信時代”が世論や人々の意識を歪めていくことです。ユーザーに“場”を提供している新興のインターネット系メディア企業は、往々にして社会的・道義的責任について極めて無頓着だからです。「自分たちはメディアではなく、あくまでもプラットフォームだ」。嘗て、『Facebook』のマーク・ザッカーバーグCEOはそう説明しましたが、その後、“巨大メディア装置”に成長したフェイスブックで拡散されたフェイクニュースが、アメリカ大統領選等に大きな影響を及ぼし、現実の世界を捻じ曲げてしまったのは周知の通りです。しかも、恐らく今後力を持つ多くのライブストリーミング配信事業者は、フェイスブックよりも更に無責任な振る舞いをするでしょう。




数多あるストリーミングサービスの彼方此方で、極端な政治的主張やへイトがお気軽に送受信されるリスクに対して、「それはコンピューターのアルゴリズムで検閲すればいい」というのは、あまりにも楽観的す過ぎる姿勢です。プラットフォームが提供された時点で人の意識は暴れだし、時に制御不能となる。(フェイクとはいえ)ニュース事業者が主体だったアメリカ大統領選やヨーロッパでの極右台頭を“ウェブポピュリズム1.0”とすれば、素人が直接殴り合うストリーミング時代は“ウェブポピュリズム2.0”に突入するのかもしれません。嘗て、統制経済から開放路線に移行する際、国民の3分の1が全財産を失い、大混乱に陥ったアルバニアでは、一般国民たちが軍の武器庫から銃を勝手に奪い、市街戦が行われるというカオス状態に陥りました。今度は全世界規模で、銃ではなくスマホを持った市民たちの“ノールールの戦い”が始まるのでしょうか?


Morley Robertson 1963年、ニューヨーク生まれ。父はアメリカ人、母は日本人。東京大学理科一類に日本語受験で現役合格するも3ヵ月で中退し、ハーバード大学で電子音楽を学ぶ。卒業後はミュージシャン・国際ジャーナリスト・ラジオDJとして活動。現在、『NEWSザップ!』(BSスカパー!)・『モーリー・ロバートソンチャンネル』(ニコニコ生放送)・『Morley Robertson Show』(Block.FM)・『所さん!大変ですよ』(NHK総合テレビ)・『ユアタイム~あなたの時間~』(フジテレビ系)等に出演中。


キャプチャ  2017年6月5日号掲載




スポンサーサイト

テーマ : 大衆迎合政治(ポピュリズム)
ジャンル : 政治・経済

Categories
Profile

KNDIC

Author:KNDIC
Welcome to my blog.

Latest articles
Archives
Counter
I'm participating in the ranking.

FC2Blog Ranking

information
Search
RSS Links
Link
QR Code
QR