FC2ブログ

【タブー全開!政界斬鉄剣】(109) 霞が関官僚らが密かに進めるとんでもない大増税計画とは?

池田「現在行われている与党の税制調査会で、“森林環境税”という増税案が総務省の主導で話し合われています。所得や住所に関係なく、住民税を納めている全員(※約6200万人)が年間500~1000円ずつ、総額で310億~620億円もの増税となります」

――そんな増税案、話題にもなっていないぞ!
池田「森林が国土面積の約70%を占める日本の森林産業は、不況に苦しんでいます。その原因は、輸入木材の増加や化学素材の普及、更に山村の高齢化による人手不足等です。このままでは日本の森林が荒廃する危険性が非常に高く、森林の保護・管理・育成が重要であることは事実です」

――そう言われると必要な税なのかなぁ…。
池田「でも実は、その対策は既に打ってあるのです。37の府県と横浜市で、森林環境や水資源の保全を目的とした地方税を、住民税に加算する形で導入済みなんです。それなのに総務省は、同じ目的の税金を新たに国税として導入しようと躍起になっている」

――二重課税じゃないか!
池田「全くその通りです。抑々、総務省は地方自治と通信行政が主要業務の役所で、森林や水資源なんて専門外。そんな総務省の役人たちが620億円もの税金を手にしても、森林を管理するノウハウも組織も人材も持っていないのです。しかも、林野庁という森林管理を専門とした組織を差し置いてまで主管省庁になろうとしている。その動機は、総務省の権益を強化して、天下り先を増やしたいからに他なりません」




――タチが悪いなぁ。森林環境税で得られる権益って?
池田「東京を除く多くの地方自治体は財政事情が厳しく、中央政府から配られる地方交付金に依存しているのが現実です。総務省は地方交付金の配分を決定する権限を握ることで、自治体に対する絶大な影響力を持っています。今も昔も、全国の知事・副知事・市長・副市長に総務省(※昔は自治省)出身者が多いという事実からも、その影響力の大きさが窺えます。今回の森林環境税が実現すれば、各自治体に配分するお金が増える。これは総務省にとって大きな省益なのです。総務官僚の事実上の天下り先 でもある全国の首長ポストも増えるでしょう」

――誰か反対しないの?
池田「与党内からも、一部の報道でも、『森林環境税が二重課税になるのではないか?』との指摘は出ています。しかし、総務省の役人たちは気にしていない筈です。何故なら、多くの自治体で導入済みの森林環境税にあたる税金を、自治体が自主的に廃止するよう仕向けることが可能だからです。それほどまでに、自治体に対する総務省の“ご威光”は強烈なのです」

――悪い役所だな…。
池田「しかし、総務省の悪巧みを見抜き、水面下で動いている組織がある。財務省です。彼らは税制調査会に影響力のある政治家にこっそりと接触して、森林環境税を潰そうとしているようなのです」

――おっ! 財務省頑張れ!
池田「でも、財務省の役人たちは、国民や森林や水資源を心配している訳ではありません。彼らが憂慮しているのは、自分たちが予定している増税に悪影響が出ることだけです。先ずは再来年の消費税率アップ。そして本丸は、相続税の適用範囲を限りなく拡大しようという、密かに違行中の計画です。これは資産家だけではなく、庶民の財産も根こそぎ強奪しようという究極の大増税プランです。財務省は、総務省の増税がきっかけで国民の問題意識が増税全体に向かうことを恐れているのです」

――なんじゃそりゃ!
池田「財務省の本音は、『総務省め、余計なことすんな!』でしょう。森林環境税も問題ですが、それ以上に相続税の拡大は悪質。国民全体で大騒ぎして潰す必要があると私は思います」


池田和隆(いけだ・かずたか) 元農林水産大臣秘書官・政治評論家・『池田和隆国家基本戦略研究会』代表・一般社団法人『社会基盤省エネルギー化推進協会』主席研究員。1967年、熊本県生まれ。法政大学在籍中に松岡利勝氏(農林水産大臣・故人)の私設秘書。公設第2秘書・政策担当秘書・農林水産大臣秘書官を経て現職。


キャプチャ  2017年12月18日号掲載

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

わるいやつら(上巻)改版 (新潮文庫) [ 松本清張 ]
価格:766円(税込、送料無料) (2017/12/11時点)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

わるいやつら(下巻)改版 (新潮文庫) [ 松本清張 ]
価格:810円(税込、送料無料) (2017/12/11時点)



スポンサーサイト

テーマ : 税金
ジャンル : 政治・経済

Categories
Profile

KNDIC

Author:KNDIC
Welcome to my blog.

Latest articles
Archives
Counter
I'm participating in the ranking.

FC2Blog Ranking

information
Search
RSS Links
Link
QR Code
QR