FC2ブログ

【私のルールブック】(138) 早い時間に仕事が終わったので某競艇場へ行ったのである

珍しく、早い時間に仕事が終わったので、某競艇場へ行ったのである。で、これまた珍しいことに、当社の車で向かったのだが、某競艇場で降ろしてもらうと、車を帰したのだ。偶に早く仕事が終わった訳で、「だったらドライバー君も早めに解放されたいだろう」と思い、「タクシーで帰るからいいよ」と。で、4レースほど勝負し、案の定、4レース共勝負に敗れ、タクシーを拾おうと乗り場へ向かったのだが、これが結構混んでおりまして。でも大丈夫。そんな時は徒歩5分ほどの秘密の場所へ向かえば、余裕でタクシーは拾えるのです。あっ、勿論“白タク”とかじゃありませんよ。言うならば、競艇大好き運転手さんが仕事を放ったらかしにして競艇やっちゃっているよっていうポイント、“タクシー屯場所”ってのがあるんです。で、行ってみると3台ほどのタクシーが、まるで示し合わせたかのように停車しておりまして、ええ。

ただ、非常に便利なんですが、非常に厄介な面もありましてですね。兎に角、お喋りさんなんですよ。当然、競艇の話です。だって、仕事サボって舟券買っちゃっている運転手さんたちなんですから。殆どの運転手さんはスッています。そりゃそうでしょ、ギャンブルって大概スルもんなんですから。スッた運転手さんのタクシーにおけらの客が乗れば、反省会しかありません。「インから買えば捲りが決まり、捲る選手から買えばインが決まる。一体、どっから買えばいいんですかね?」って訊かれても、こっちが訊きたいぐらいでありまして。「コース取りが激しかった頃は、たとえハズレても楽しかったもんですよ。でも、今みたいに枠なりばっかりじゃ買う気にもなりゃしません」って、だったら真面目に働きましょうよって話でしょ。ハズレた者同士の会話が弾む訳もなく…。ただ、偶さか勝った運転手さんに当たった時は、厄介度が更に増してしまいます。「10レースは何が来たんですかね?」と訊かれたので、「364で万券でしたよ」と教えてあげると、「マジですか? いや~取っちゃいましたよ!」と始まる訳です。

抑々、10レースの結果を知らない筈がない。自慢したいが故に態と訊くところから始めるという性質の悪さ。「いやね、『インから売れ過ぎだろ』とは思っていたんですよ。A1の選手ですから、仕方ないっていやあ仕方ないのかもしれませんが、アイツはインに座るとたま~にスタートでポカやるんですよ。そうですか、スタートでまたやりましたか」。因みに、私は「インの選手がスタートで遅れた」とは一言も言っておりません。「じゃああれですね、インがスタートで遅れて2コースの奴が捲りに行って、そこを3コースの選手がズボ差しですか。それで2万付きましたか。そこまで付くとは思わなかったな~」。因みに、私は「2万を超える万券になった」とも一言も言っておりません。でもね、「人の自慢話を聴くのも含めて競艇の醍醐味なのかな」って思ったりもするんです。いい歳こいて初対面の方に自慢する機会なんてありませんから。ってことで、今年こそ私も皆様に大手を振って自慢できるように、本業(=競艇)に精進したいと思います!


坂上忍(さかがみ・しのぶ) 俳優・タレント。1967年、東京都生まれ。テレビ出演多数。子役養成に舞台の脚本・演出等、多方面で活躍中。


キャプチャ  2018年2月22日号掲載
スポンサーサイト

テーマ : 俳優・男優
ジャンル : 映画

Categories
Profile

KNDIC

Author:KNDIC
Welcome to my blog.

Latest articles
Archives
Counter
I'm participating in the ranking.

FC2Blog Ranking

information
Search
RSS Links
Link
QR Code
QR