FC2ブログ

【私のルールブック】(204) 私と共演機会が一番多いのはヒロミさん、では第2位はというと…

先日、『バイキング』(フジテレビ系)の生放送前に、“共演機会が多い人と少ない人”の話になった。裏被り等の事情もあろうが、皆一様に口を揃えて、「会わない人は本当に会わないんですよね~」と。私でいえば、共演機会が多い方で先ず思い浮かぶのはヒロミさんである。バイキングでは火曜日にご一緒させて頂き、『坂上&指原のつぶれない店』(TBSテレビ系)でもレギュラーとして出演して下さっている。『有吉ゼミ』(日本テレビ系)では顔を合わすことは殆どないのですが、私は坂上不動産、ヒロミさんは八王子リホームというコーナーを持つ間柄。その他にも、不定期でやらせて頂いている特番『怒りの追跡バスターズ』(TBSテレビ系)ではダブルMCとして共演と、共演機会が一番多い方であることは間違いないでしょう。では、ヒロミさんに次ぐ方は誰なのかと周りを見渡してみたところ…。一人いたんですよね。

こちらも芸人さんなんですが、ぱっと見た感じは二枚目です。そして兎に角、声がでかい。でも、面白いかというと…恐らくスベり芸にあたる方なんでしょうか。それは、『平成ノブシコブシ』の吉村崇君です。吉村君とは以前、『得する人損する人』(日本テレビ系)という番組で、お互いにレギュラーとしてご一緒させて頂きました。『クイズやさしいね』(フジテレビ系)でも共演。現在は『1番だけが知っている』(TBSテレビ系)という番組で、吉村君はレギュラーとして出演して下さっています。吉村君もヒロミさん同様、共演が途絶えたことがないといいますか、特に彼の場合は、特番では必ずと言っていいほどキャスティングされている印象なんです。私はバラエティーの世界は日が浅いので、偉そうなことは言えないのですが、要するになくてはならないキャラクターと頭脳の持ち主なんでしょうね。兎に角、吉村君がいると安心するんです。“困った時の吉村”ではないですが、彼の場合はどんな状況であれ、振れば気持ちのいい間合いで何かしら返って来ますから。面白いかどうかは別として…。

兎に角、彼は勇気の塊で、前に進むことに迷いがない。役者もそうですが、「正解か不正解かで様子を窺っている暇があったら、問違っていてもいいから、自分が思った通りの芝居を先ずはやってみなさいよ!」と、傍で見ていてイライラする子が結構いるんです。そんな子たちは絶対に吉村君を見習うべきだと思います。彼のめげずに前へ進む推進力は称賛に値しますから。勿論、面白いかどうかは別としてなんですが…。因みに、私は吉村君を見て、レギュラー番組を自ら降板した過去があるんです。吉村君の勇気を目の当たりにし、片や自分は何も番組に貢献できていないなと酷く落ち込み、ならばこの場所にいるべきではないと、迷惑を承知で身を引いたのです。しつこいようですが、あくまでも吉村君の勇気であって、彼がめちゃめちゃ面白かったからではありません(笑)。とのことから、ヒロミさんや吉村君に限らず、私は多くの共演者のお力を借りて、今、仕事ができていることは言うまでもありません。やはり、売れている人には何か理由がある。これだけは間違いないんじゃないでしょうか。


坂上忍(さかがみ・しのぶ) 俳優・タレント。1967年、東京都生まれ。テレビ出演多数。子役養成に舞台の脚本・演出等、多方面で活躍中。


キャプチャ  2019年6月27日号掲載
スポンサーサイト



テーマ : 俳優・男優
ジャンル : 映画

Categories
Profile

KNDIC

Author:KNDIC
Welcome to my blog.

Latest articles
Archives
Counter
I'm participating in the ranking.

FC2Blog Ranking

information
Search
RSS Links
Link
QR Code
QR