FC2ブログ

【私のルールブック】(206) 貴重な休みに舞い込んだ仕事の話、速攻でお断りのつもりが…

7月に入ると、愈々夏休みが現実的になってくる。帯番組を抱える今の私が休めるのは、夏休みと年末年始のお休みを足して2週間程。365日ある内のたったの2週間である。先日の京都旅行のように我が儘を言わない限りは…。とのことから、年末年始のお休みが終わると夏休みを目標に仕事に励み、夏休みが終わると年末年始の休みを唯一の楽しみに、下半期も馬車馬のように働くといった感じ。ただ、ここ2年は夏休みというよりも、寝込んでいただけでした。というのも、2年続けて歯医者さんでインプラントの手術を受けまして…。夏休み初日に手術をし、翌日になると面白いぐらいほっぺたがパンパンに腫れ、「何とか1週間で腫れが引きますように!」と祈る日々。ほぼ寝たきり状態でしたから、確かに身体を休ませることはできたのかもしれませんが、面白いことなんて何一つありゃしない。

だって、美味しい物のひとつも食べられないんですから。ヨーグルト等の流動食ばっかりで、あっという間に下痢ですよ。ただ、おかげ様でもう大きな手術はなく、今年は思いっきり遊べるんです。はい、今からワクワクしております。あれを食べてこれを食べて、あそこに行ってあっちにも足を延ばして…と妄想しまくり状態。そんな時です。悪魔の囁きがあったのは…。とある番組のスタッフさんが私の楽屋を訪れ、「夏休みの日程出ましたね」と。既に嫌な予感はしましたが、「出ましたけど」と平静を装い答えると、「そこでご相談なんですが」ときたもんだ。要は、「夏休みを数日潰して海外に行きませんか?」という相談だったのです。いや、違うな。私の何より貴重な休みを数日奪い取って、私が行ったことのない海外に連れて行くと言いながら、「序でにカメラも入れさせてもらえませんか?」という、大人の世界の厭らし~い囁きだったわけです。速攻でお断りしようと思いました。そりゃそうでしょ。私にとって休みは何人にも邪魔されたくない聖域ですから。

しつこいようですが、これを逃したら次の休みまで半年待たなくちゃならないんですから、お金を積まれたって突っ返しますよ。ところが…なんです。提案してきた先というのが、十何年も前から「一度は行ってみたい」と思っていた国でして、思わず「マジっすか!」と叫んでしまいました。正直、行くだけで丸一日かかるような国なんです。ただ、だからこそ一度は行ってみたいと憧れていたわけで。結局、行かせて頂くことにしました。かなり悩みましたが、長年行きたいと思っていた国に漸く行けるという念願が叶う喜びと、声を掛けて下さったスタッフさんとの信頼関係が一番ですかね。恐らく、それが一番だと思います。だって、行こうと思えばプライベートで行けばいいだけの話ですから。よく、「ただで海外に行けていいですね」と言われますが、やはり仕事である以上はお仕事でしかないんです。でも、折角行くんですから、出来る限り楽しんできたいと思います。いい経験にしないと勿体ないですから。


坂上忍(さかがみ・しのぶ) 俳優・タレント。1967年、東京都生まれ。テレビ出演多数。子役養成に舞台の脚本・演出等、多方面で活躍中。


キャプチャ  2019年7月11日号掲載
スポンサーサイト



テーマ : 俳優・男優
ジャンル : 映画

Categories
Profile

KNDIC

Author:KNDIC
Welcome to my blog.

Latest articles
Archives
Counter
I'm participating in the ranking.

FC2Blog Ranking

information
Search
RSS Links
Link
QR Code
QR