FC2ブログ

【私のルールブック】(239) 我が家の新メンバーを紹介します!

実は内緒にしていたことがありまして…。また、家族が増えてしまいました~! それも一気に2匹。因みに猫ちゃんです。名前は竹原がんもと竹原こんぶ。姉弟でございます。はい、我が家に初めて女の子が来ました~! 出会いはといいますと、観測史上最強クラスと言われた去年のあの台風15号の時だったんです。ご存知の通り、我が家も被災してしまいまして、庭のフェンスは飛ぶわ屋根は捲れるわ。何より停電に苦しめられました。ただ、被災していようがワンちゃんたちの散歩を怠るわけには参りませんので、我が家は朝は私、夕方はおつき合いさせて頂いている彼女さんが担当して下さっているのですが、台風に襲われた夕方のこと、彼女さんがいつも通り、近くの公園で散歩をさせていると、茂みから猫の鳴き声が聞こえたとか。で、声を頼りに茂みの中へ入って行ったところ、ずぶ濡れになった子猫2匹が寄り添って震えていたそうなんです。

彼女さんは咄嗟に、家に連れて帰って毛布と温かいご飯を与えようと思ったらしいのですが、連れて帰ったら一巻の終わりですから。お腹がいっぱいになったら、元の茂みに戻すなんてことはできませんもんね。何より、我が家は既にワンコが14頭にニャンコが1匹の大所帯。「流石にこれ以上は…」の想いから、泣く泣くその場を後にしたようなんです。しかし、ずっと心に残っていたのか、私が帰宅すると…。「今日ね、子猫の姉弟を見たんだけど」と彼女さん。「そうなんだ」と私。「それがずぶ濡れでね。それでも身を寄せ合って何とか生き延びようとしているわけ。でも、食べる物だってないだろうし、あのままだとどうなっちゃうのかな~ってね」と、一気に捲くし立てるのです。漸く彼女さんの意図を察した私は、「若しかして…。若しかして引き取りたいってこと?」と尋ねると、彼女さんはこくりと頷くのでした。正直、保護するのは簡単なんです。ですが、我が家に招くということは、更に2つの命に対する責任を背負うということになるわけで、安易に了解するわけには参りません。

猫は手が掛からないという方もいらっしゃいますが、犬とは違った難しさがありますから。命に対して簡単も楽もないと、私は思っていますので。そういったことも含め、じっくりと膝を突き合わせて彼女さんと話をしました。結果、それでも「引き取りたい!」ということなので、私も納得し、2人で責任を負うことに決めました。翌朝、その公園で猫の保護活動をされているボランティアさんに連絡し、了解を得て保護させて頂きました。ということで、がんも&こんぶを含め、我が家はワンコが14頭にニャンコが3匹という、更なる大所帯となったわけです。でもね、既に馴染んでいるんですよ。がんももこんぶも我が物顔で家中をうろついています。ワンちゃんたちも当たり前のように受け入れてくれて、動物の共生力って本当に凄いなと。とはいえ、どうなることやら。取り敢えずキャットランを制作中です。ニャンコが自由に遊び回れるキャットランを。さぁ、キャットラン代稼ぐぞ~!


キャプチャ  2020年3月12日号掲載
スポンサーサイト



テーマ : 俳優・男優
ジャンル : 映画

Categories
Profile

KNDIC

Author:KNDIC
Welcome to my blog.

Latest articles
Archives
Counter
I'm participating in the ranking.

FC2Blog Ranking

information
Search
RSS Links
Link
QR Code
QR