FC2ブログ

【私のルールブック】(246) 私が楽屋の窓から外を見ない理由

私は今、フジテレビの楽屋にひとりいる。『バイキング』の生放送を終えたところで、時間は14時9分。実は、14時からとある番組の打ち合わせが入っている為、楽屋で待っているのだが…。相手さんが来ないんですよね。嫌な予感がしたのでマネージャーさんにメールしてみたのですが、こちらも返信は無し。扨て、どうする? 待つの、苦手なんだよな。まぁ、好きな人はいないでしょうが、兎に角、苦手なんですよね。どれだけ美味しいものであろうが、行列に並んでまで食べる気はしません。並ぶぐらいならファストフードで充分です。ゲームにしたってスマホにしたって、並ぶぐらいなら廃れるまで待ちます。ただ、今の私が置かれている状況は、打ち合わせといえど大事な仕事に変わりないので、待つしかないんですよね。若かりし頃ならば、速攻でマネージャーさんに電話を掛け、責任の所在を明らかにするまで徹底的に追及していたでしょう。

しかし、50歳を過ぎた私に、その元気は最早無く…。逆に、一度仕事場に足を踏み入れると、ひとりになる時間など皆無に等しいので、どこかホッとしている自分がいます。あっ、マネージャーさんから返信が来ました。ふむふむ、どうやらこちらの責任ではないようです。ということは、相手さんの勘違いか、行き違いかのどちらかなんでしょう。いいんです。こちらに落ち度が無ければ。たとえ相手さんに非があったとしても、責める云々の話にはなりません。こちらがご迷惑さえ掛けていなければ、それでいいんです。いや、そう言ってしまうと良い人過ぎるから、信頼している相手さんだからこそ、そう思えるってことで…はい。それに、待ちぼうけを食らったからこそ原稿を書く気になれたわけですからね。原稿を書くって、そこそこ大変なんですよ。たかだか1頁、「何となく適当なこと書いてりゃいいんだろ」と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、連載ともなると、ジワジワとその1頁が重く伸し掛かってくるんです。

はぁ~、それにしても良い天気だな。めっきり春だな。あっ、ヤバい。空見ちゃった。実は…楽屋の窓から極力、空を見ないようにしているんです。何故かといいますと、空を見ると止まっちゃいそうになるから。わかり易く説明しますと、空を見上げ、雲の流れを追って行くうちに、「いつまでこんな生活続けてんのかな」と、ふと我に返る瞬間に襲われるんですよね。別に我に返ったって構わないのですが、返り過ぎると思考が停止してしまうので、それは頂けない。しかも私の場合、迷うことなく今持っているもの全てを捨てることもできてしまうタイプなので、より頂けません。とはいえ、しつこいようですが、50を過ぎたおじさんですから、そこまで無責任なことはできませんし、してはいけないのでね。なので、極力、空は見ないようにしているんです。あっ、来た。揃いも揃って、ばつが悪そうな顔をしている。ちょっと機嫌が悪い振りでもしてみようかな(笑)。いやいや、それはダメです。じゃ、お仕事に戻りま~す!


坂上忍(さかがみ・しのぶ) 俳優・タレント。1967年、東京都生まれ。テレビ出演多数。子役養成に舞台の脚本・演出等、多方面で活躍中。


キャプチャ  2020年4月30日号掲載
スポンサーサイト



テーマ : 俳優・男優
ジャンル : 映画

Categories
Profile

KNDIC

Author:KNDIC
Welcome to my blog.

Latest articles
Archives
Counter
I'm participating in the ranking.

FC2Blog Ranking

information
Search
RSS Links
Link
QR Code
QR