FC2ブログ

【私のルールブック】(282) 私がYouTubeに進出するとしたら…

去年から矢鱈と『YouTube』のお誘いが多いのです。知り合いのプロデューサーさんから、「坂上さんはYouTubeはやらないんですか?」「一緒にやりませんか?」等々。まぁ、制作会社にとってみたらテレビ番組の枠の数はある程度決まっているわけで、その枠を巡って熾烈な競争が展開されているわけで。そんな中、ここへきてYouTubeというソーシャルメディアに多くの芸人さん、タレントさんがこぞって進出している状況。勿論、新型コロナウイルスの影響も大きかったと思いますが、本当、驚くぐらい皆やっているんですね。確かにテレビよりはかなりお手軽に、テレビよりはそこまで制約がない中で番組作りができると聞いております。ただ、何か気が乗らないんですよね~。私の場合は、物心ついた頃にはもうテレビに出演しておりまして、テレビにお世話になることまる半世紀ですから。

どうしてもテレビという媒体に恩義があるといいますか、YouTubeに進出してまで仕事を増やす必要があるのかという気もしてしまいますし…。一方で、信頼できるスタッフさんたちと気楽にできる番組がひとつぐらいあってもいいのかな~という気もありますし…。ですが、どうせやり始めたら気楽になんかできる筈もなく、いつもの通り真剣勝負になってしまうんだろうなと。となると、『バイキング』(フジテレビ系)が3時間に拡大されたことを機に、仕事を少しずつ減らしていった意味は何なんだろうともなってしまいますし、難しいところなんですよね~。ただ、ひとつだけ言えることは、以前よりもYouTubeに対するアレルギーみたいなものが軽減されているのは間違いないと思います。頭の固い私のようなおじさんでも、「今はそういう時代なんだ」と受け入れることができるようになりました。だって、本当にテレビを観ない子供たちがいるっていうんだもん。私の世代では考えられないことですからね。なので、確率は低いと思いますが、若しかしたらいつの日か私もYouTubeに進出しているかも。

で、例えばどんな番組だったら面白そうかなと考えてみたんです。真っ先に浮かんだのは競艇でした。リアルタイムで舟券買って、当たった外れたでワーワーギャーギャー。でも、この場合、儲けは1円も出ないでしょうね。逆に赤字続きになると思います。だって、ギャンブルで家は建たないんだから。ただ、どうせやるなら、こういった単純なものがいいんですよね。視聴者数? 再生回数? 登録者数? よくわからないんですが、そういったものは一切気にしないで、本当に自分が好きなものをやるだけの番組。結果は後からついてくるという、テレビでは到底通用しない無責任さと気楽さを謳歌したい。今さっき、何やかんやで真剣勝負するって言ってたじゃんですって? だから、ギャンブルは真剣勝負じゃないですか。視聴率獲得も真剣勝負ですけど、どうせYouTubeをやるならギャンブルの真剣勝負をやりたいってことなんですよ。いや、やっぱり止めたほうがいいな。またろくでなしの生活に戻っちゃうもんな。


坂上忍(さかがみ・しのぶ) 俳優・タレント。1967年、東京都生まれ。テレビ出演多数。子役養成に舞台の脚本・演出等、多方面で活躍中。


キャプチャ  2021年1月28日号掲載
スポンサーサイト



テーマ : 俳優・男優
ジャンル : 映画

Categories
Profile

KNDIC

Author:KNDIC
Welcome to my blog.

Latest articles
Archives
Counter
I'm participating in the ranking.

FC2Blog Ranking

information
Search
RSS Links
Link
QR Code
QR