「俺のバックは山口組直参の組長だ」――小室哲哉を使って1億6000万円集めた詐欺師集団

「ある日、自宅に突然“イーミュージック”と名乗る会社の人間から勧誘の電話がかかってきました。『小室哲哉の版権を持っている』とか、『音楽業界は潰れることがないから安心だ』などとセールストークを受けました。配当が1割から1割5分は出るというので、有利な資産運用が出来るかなと安易に700万円分の株券を購入してしまったのが間違いでした。今も『金を返してほしい』と請求し続けているのですが、一向に取り合ってもらえないのです」。老後のための財産を奪われた苦労をこう吐露するのは、西日本在住の60代男性・A氏だ。小室哲哉氏(56)といえば、自らの著作権を餌に投資家男性から5億円を詐取した詐欺事件での逮捕(2008年)、執行猶予付き有罪判決(2009年)で世を騒がせたかつての人気音楽プロデューサー。最近は往時の人気には程遠いが、テレビにもしばしば出演。2011年にくも膜下出血に倒れた妻のKEIKO(歌手)を世話する様をツイッターで呟き、美談として再三メディアに取り上げられている。だが、そんな小室氏の名を借りた詐欺的商法に未だに苦しむ被害者は後を絶たないのだ。

A氏が続ける。「私自身はそもそも、小室哲哉のファンでも何でもありません。ただの資産運用で投資したのですが、金も返してもらえず、『脱会したい』といくら連絡しても何の反応もありません。それなのに、イーミュージックの幹部は今もブログで偉そうなことを書き綴り、羽振りが良さそうなので余計に腹が立ちます。『何とかお金を返してほしい』と先日もメールで請求しましたが梨の礫です」。『株式会社イーミュージック』(笹原雄一社長、以下EM社)。かつての一時期は実際に小室氏が契約していた芸能事務所だ。今もホームページ上では、「社名の由来は『いい音楽を届けたい』との小室の希望」などと小室氏との親密さを強調するが、小室氏は既に契約タレントではない。また、ホームページ上にはどこを探しても所在住所も電話番号も見つからない。登記上の本店所在地を訪ねても事務所も何も存在しない、不可思議な会社である。冒頭のA氏が700万円をつぎ込んだのは、小室氏を応援すると称した『EMサポートクラブ』なる持ち株会。1口10万円(1株)から投資を募り、A氏のように投資する人が相次いだ。小誌が入手した決算書でも、既に1300株が売れており、計1億3000万円が集められている。小室氏の逮捕・有罪判決を経てもなお、1口を半額の5万円にするなどして同クラブは存続。今も火種は至るところで燻ぶっており、「よほど苦情がしつこい人だけは解約・返金に応じている」(同社関係者)という。




2009年にEM社に本部長として入社し、「約半年間無休で働かされた」と語るのは、かつてのアイドル歌手・豊川誕氏(56)だ。「オーナーは、『小室に貸した1億5000万円があと2ヵ月で戻ってくるから待ってくれ』などと逃げて私に1銭も払わなかった。当時の仕事といえば、毎日バンバンかかってくる『カネを返せ』というEMサポーターからの苦情の電話を取ることだけ。オーナーは、『俺のバックは山口組直参の○○組長だ』などと吹聴。一番許せなかったのは、育成目的で受け入れた所属タレントについて『CDを出すと餌をぶら下げて、親から3000万円パクってやった』と自慢していたことです」。オーナーの名前を調べてみると合点がいった。オーナーは早川優氏(65)。1996年にインターネット接続会社『エムティーシーアイ』(MTCI)を立ち上げ、1999年に未公開株公募増資により24億円を集めたが、翌年経営破綻。この手法が詐欺的と注目され、暴力団への資金提供疑惑も浮上。2002年に東京地検特捜部に証券取引法違反容疑で逮捕され、懲役2年の実刑判決を受けているのだ。さらに、現在の笹原社長の前任社長を調べてみると、八木康次氏の名前がある。弁護士時代に依頼人から預かった土地売却代金24億円を着服したとして、1996年に業務上横領容疑で逮捕された人物だ。早川氏は「八木は刑務所仲間だ」と周囲に語っている。

他にも様々な詐欺的手法がある。EXILEのオーディションで最終選考まで残ったことのあるB君は、なかなかデビューするきっかけを掴めずにいた。そこに言葉巧みに近づいたのが早川氏だった。B君の両親が語る。「小室哲哉の名前を出されたのと、オーナーの名刺が“早川照龍”だったので前歴に気付かず、出資金や息子をタレントにするための支援金などの名目で合計3000万円も支払いました。けれど全て嘘だった。絶対に許せません。他の被害者とも連帯していきたい」。前述のEMサポートクラブで集めた1億3000万円と合わせ、少なくとも1億6000万円をかき集めた詐欺師集団の魔の手は、海外スターにも伸びていた。「『300万円払う』との約束でJYJの情報を提供したのに、連絡がつかなくなりました。詐欺罪で刑事告訴するつもりです」。こう語るのは、芸能関係者のC氏だ。JYJとは、韓国の3人組男性グループで、日本でも絶大な人気を誇る。「彼らはマネジメントトラブルで日本での引き受け事務所もはっきりしない。昨年11月から12月にかけて東京・大阪・福岡のドームツアーに漕ぎ着けたのですが、こうした開催情報も入手しにくいのです。笹原社長は、2年ほど前から動画配信チャンネルでJYJ関連の情報を配信し、人気を博して課金登録者を増やしたそうですが、元々JYJに関する何の権利も持っていない。そればかりか、情報入手のパイプも今や無くなり、昨秋に私に接触してきたのです。約束通り、私はツアー開催情報などを伝えましたが、笹原氏は事後に『250万円にしてくれ』『税金滞納で税務署に銀行口座を全て凍結された』などの言い訳を繰り返した挙句、先月から電話にも出なくなり、EM社の本店所在地に郵送した請求書も宛先不明で戻ってきてしまう」(C氏)

早川氏に取材を申し入れると、「対面で取材に応じる」と言う。そして、饒舌にこう語り始めた。「僕は静岡刑務所時代は模範囚で、1200人の中で4人しかいない1級だったんですよ。小室くんとは知人を通して知り合い、『何とか援助してくれないか』ということで生活費から何から面倒を見て、1億5000万円は彼に出している間柄です。EMサポートは、『小室を応援してください』という趣旨でお金を集めたもので、配当の約束など最初からしていません。B君の話は、確かにご両親から3000万円は受け取っていますよ。でも、普通にタレント育成ということでやったけどデビューに至らなかっただけで、騙したなんてとんでもない話です」。小室氏に取材を申し入れると、代理人を通じてこう回答があった。「EMサポートクラブについては、小室は全く関与していません。また、一時期早川氏との間に債権債務関係があったのは事実ですが、3年前に和解しています。守秘義務があり詳細は明かせませんが、もう債務は存在していません」。愛妻との日々をツイッターで呟く前に、小室氏には説明すべきことが多々あるのではないか。


キャプチャ  2015年3月5日号掲載


スポンサーサイト
Categories
Profile

Author:KNDIC
Welcome to my blog.

Latest articles
Archives
Counter
I'm participating in the ranking.

FC2Blog Ranking

information
Search
RSS Links
Link
QR Code
QR