西内まりや、あの手この手で城田優と真剣密会熱愛中継!――カレの部屋へ、どんな方法を使っても会いたい!

「忙しくて恋愛しているヒマが無い」。そんな言い訳めいた言葉は、彼女の辞書には無いのだろう。モデル・女優・歌手として八面六臂の活躍を見せる西内まりや(21)。4月上旬のとある夜、夜景が一望できる都心のダイニングバーに彼女の姿はあった。「西内は“10代女子がなりたい顔No.1”と言われる愛らしい顔立ちと抜群のスタイルで、女子高生の間でカリスマ的な人気を誇っています。歌手としては、昨年デビュー曲“LOVE EVOLUTION”で日本レコード大賞最優秀新人賞を受賞し、5月には自身が作詞作曲を手掛けた新曲“ありがとうForever…”をリリース予定。女優としては、NHK時代劇“かぶき者慶次”でヒロインを好演中で、まさに順風満帆」(レコード会社関係者)。そんな彼女が多忙の合間を縫ってこの店を訪れたのにはワケがあった。西内が入店してから数分後、甘いマスクの男が同じフロアへ入って行く。俳優の城田優(29)だ。そう、彼こそが女子高生の力リスマが恋い焦がれる男なのである。

nishiuchi 01nishiuchi 02
(左)夜9時前、青山で知人女性と合流。この後、連れだってカレとの密会場所であるダイニングバーへ。
(右)大きなマスクで顔を隠し、俯きながら店を出る西内。しかし、人の気配に気付くとサッと裏口へ走った。


2人の出会いは3年前、2012年秋に放送されたドラマ『GTO』(フジテレビ系)での共演だった。「当初、西内は8歳上の城田のことを兄のように慕っていましたが、急接近したのは今年の3月頃。西内が多方面の仕事に取り組むようになり、同じように俳優業と歌手活動を両立している城田に仕事の悩みを打ち明けているうちに、距離が縮まったとか……」(芸能プロ関係者)。深夜1時に2人は店を後にしたが、来店時同様に“時間差”を厳守。先に店を出た西内は、ビルの出口に差し掛かるなり人の気配を感じたのか踵を返し、裏口からタクシーに乗り込む。数分後に出てきた城田も、正面入り口に待機していたタクシーには乗らずビルの奥へ消えるなど、ピリピリした空気が漂っていた。「安田美沙子を始め、これまで錚々たる美女たちと浮き名を流してきた色男の城田は兎も角、西内は今が一番のガンバリ時。本人もその自覚があり、スキャンダルが出ることを非常に恐れているんです」(前出・芸能プロ関係者)




nishiuchi 03nishiuchi 04
(左)西内が退店してから数分後、城田も店を出る。
(右)3月末、西内は夜10時前に仕事を終えて帰宅。この時は帽子もマスクも外し、堂々と歩いていたが……。


しかし、頭ではわかっていても気持ちを抑えられないのが“恋する乙女”というもの。西内は、数々の熱愛現場を目撃してきた本誌記者も感服するほどの警戒ぶりで、度々城田の家を訪れていた。例えば、3月下旬の深夜。自宅へ帰った彼女は、直ぐに帽子とマスクを装着し外出。大通りから細い路地に入ると、突然猛ダッシュ! その先には、迎えに来た城田の愛車が――。西内が素早く車に乗り込むと、「迎えに来てくれて“ありがとうForever……”」なんて愛を語らうヒマもなく、城田は車を発進させ彼の自宅マンションへ。大通りではなく薄暗い路地での待ち合わせを選んだのは、人目を避けるためだろう。西内が直接城田の家へ向かうこともあったが、その際も“ワザ”が次々と繰り出された。ある夜は、自宅前でタクシーに乗り込んだと思いきや、僅か100mほどで降車。直ぐに別のタクシーに乗り換えたものの、停車&再発進を繰り返した末に、またも降車。結局、3台目のタクシーに乗って漸く力レの自宅へ。う~ん、21歳の女の子が恋人と会うのにこんなに苦労するなんて、人気者はツラい。しかしどれほど忙しくても、あの手この手で会いにいく……2人の『LOVE EVOLUTION(愛の進化)』は、もう誰にも止められないのだ!

nishiuchi 05nishiuchi 06
(左)上の写真から1時間後、変装をキメて自宅から出てきた西内。ケータイで誰かとやり取りしつつ、城田の車へ。
(右)城田が西内を迎えにあがる時は、彼女の自宅近くにこの愛車SUVを停め、待機する。



キャプチャ  2015年5月8日号掲載


スポンサーサイト

テーマ : 芸能界のニュース
ジャンル : アイドル・芸能

Categories
Profile

KNDIC

Author:KNDIC
Welcome to my blog.

Latest articles
Archives
Counter
I'm participating in the ranking.

FC2Blog Ranking

information
Search
RSS Links
Link
QR Code
QR